2022/12/09 更新

写真a

カザマ コウキ
風間 皐希
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 0

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 基幹理工学部
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2016年04月
    -
    2022年02月

    早稲田大学   大学院基幹理工学研究科   数学応用数理専攻 博士後期課程  

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   大学院基幹理工学研究科   数学応用数理専攻 修士課程  

  • 2010年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学   基幹理工学部   応用数理学科  

学位

  • 2022年02月   早稲田大学   博士(工学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    湘南工科大学   非常勤講師

  • 2022年04月
    -
    継続中

    横浜商科大学   非常勤講師

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   基幹理工学部 応用数理学科   講師(任期付)

  • 2015年04月
    -
    2016年03月

    早稲田中学校   数学科   非常勤講師

 

研究分野

  • 数理情報学   誤り訂正符号

  • 情報セキュリティ   秘密分散

  • 統計科学   統計的決定理論

研究キーワード

  • 学習理論

  • 実験計画法

  • 符号理論

  • 統計的決定理論

  • 誤り訂正符号

  • 分散処理

  • ネットワーク符号

  • 秘密分散

▼全件表示

論文

  • Gabidulin符号に基づく符号化分散計算方式とその誤り訂正能力の評価

    風間皐希, 鎌塚明, 吉田隆弘, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会論文誌 A(Web)   J104-A ( 6 ) 156 - 159  2021年06月

     概要を見る

    行列の積計算のための符号化分散計算方式を論じる.これは,方式全体を通して積行列を符号化することで,計算中に発生する誤りを訂正可能にする方式である.本研究では,積行列をGabidulin符号化する方式を提案し,その誤り訂正能力を評価する.

    DOI J-GLOBAL

  • 拡張直交配列を用いた混合水準の実験計画法に関する一考察

    山口純輝, 山口純輝, 風間皐希, 鎌塚明, 齋藤翔太, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会論文誌 A(Web)   J103-A ( 1 )  2020年

    J-GLOBAL

Misc

  • An Algorithm for Computing the Stratonovich's Value of Information

    Akira Kamatsuka, Takahiro Yoshida, Koki Kazama, Toshiyasu Matsushima

       2022年05月

     概要を見る

    We propose an algorithm for computing Stratonovich's value of information
    (VoI) that can be regarded as an analogue of the distortion-rate function. We
    construct an alternating optimization algorithm for VoI under a general
    information leakage constraint and derive a convergence condition. Furthermore,
    we discuss algorithms for computing VoI under specific information leakage
    constraints, such as Shannon's mutual information (MI), $f$-leakage, Arimoto's
    MI, Sibson's MI, and Csiszar's MI.

  • 決定木モデルに対するベイズ最適な予測のメタツリーブースティング法による近似

    YU Wenbin, 風間皐希, 中原悠太, 一條尚希, 齋藤翔太, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会技術研究報告(Web)   121 ( 327(IT2021 28-82) )  2022年

    J-GLOBAL

  • クラスタごとに状態遷移確率が異なる複数の対象を同時制御するためのマルコフ決定過程

    本村勇人, 鎌塚明, 風間皐希, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会技術研究報告(Web)   120 ( 395(IBISML2020 34-61) )  2021年

    J-GLOBAL

  • 一般的なアクセス構造を実現する秘密分散方式を用いた行列の積計算のための秘匿符号化分散計算方式に関する一考察

    風間皐希, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   44th  2021年

    J-GLOBAL

  • 高効率なプライバシー保護情報検索システムの構成アルゴリズムの提案

    今津潮, 風間皐希, 松嶋敏泰

    日本経営工学会春季大会予稿集(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • A Note on a Relationship between Smooth Locally Decodable Codes and Private Information Retrieval

    Koki Kazama, Akira Kamatsuka, Takahiro Yoshida, Toshiyasu Matsushima

    IEICE Proceeding Series   65   259 - 263  2020年10月

     概要を見る

    We focus on smooth locally decodable codes (SLDC) and Private Information Retrieval (PIR). Recently, a relationship between SLDC and PIR are studied using information theoretical notations. In this paper, we clarify a relationship between SLDCs and PIR using set theoretical notations mainly.

    DOI CiNii

  • Private Information RetrievalとSmooth Locally Decodable Codesの対応関係に関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 吉田隆弘, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会技術研究報告   119 ( 473(IT2019 90-120) ) 201 - 206  2020年03月

    CiNii J-GLOBAL

  • セキュアな再生成符号に基づく分散ストレージシステムにおける秘匿情報検索

    鎌塚明, 風間皐希, 吉田隆弘, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   42nd  2019年

    J-GLOBAL

  • A Note on a Bound on the Rate of a Locally Recoverable Code with Multiple Recovering Sets

    Koki Kazama, Akira Kamatsuka, Takahiro Yoshida, Toshiyasu Matsushima

    IEICE Proceeding Series   55   520 - 520  2018年10月

     概要を見る

    A locally recoverable code (LRC code) is a code such that each codeword symbol can be recovered from other codeword symbols. In this research, we propose one possible generalization of previous LRC codes and we derive a bound on the rate of the proposed code.

    DOI CiNii

  • 拡張直交配列を利用した多水準の実験計画法に関する一考察

    山口純輝, 風間皐希, 鎌塚明, 齋藤翔太, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   41st  2018年

    J-GLOBAL

  • (n,k,d,r,t,x,y)qLRC符号の最小距離および次元の限界式に関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   41st  2018年

    J-GLOBAL

  • ランク誤りを考慮したcoded computationに関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   40th  2017年

    J-GLOBAL

  • Subspace Unequal Error Protection Codes for Random Linear Network Coding

    Tomohiko Saito, Koki Kazama, Toshihiro Niinomi, Toshiyasu Matsushima

    2016 International Symposium on Multimedia and Communication technology     121 - 124  2016年08月  [査読有り]

  • Array-Errorモデルにおける軟判定復号に関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会技術研究報告   115 ( 394(IT2015 48-100) ) 7 - 12  2016年01月

    CiNii J-GLOBAL

  • ランダムネットワーク符号化における不均一誤り訂正について

    斉藤友彦, 風間皐希, 新家稔央, 松嶋敏泰

    電子情報通信学会技術研究報告   115 ( 394(IT2015 48-100) ) 1 - 6  2016年01月

    CiNii J-GLOBAL

  • シンボルペア通信路における符号のリスト復号に関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 松嶋敏泰

    情報理論とその応用シンポジウム予稿集(CD-ROM)   39th  2016年

    J-GLOBAL

  • A Maximum Likelihood Decoding Algorithm of Gabidulin Codes in Deterministic Network Coding

    Koki Kazama, Akira Kamatsuka, Toshiyasu Matsushima

    PROCEEDINGS OF 2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA 2016)     666 - 670  2016年

     概要を見る

    Recently, studies of linear network coding have attracted attention. This paper considers a probabilistic error model for the deterministic linear network coding. In the previous studies of error-correcting codes, Kaneko et al. proposed a decoding algorithms for probabilistic error model. This is a maximum likelihood decoding algorithm that uses the optimization method called branch and bound method. This paper constructs a new model of deterministic linear network coding and proposes a maximum likelihood decoding algorithm that uses the branch and bound method.

  • A Note on Unequal Elinor Protection in Random Network Coding

    Tomohiko Saito, Koki Kazama, Toshihiro Niinomi, Toshiyasu Matsushima

    PROCEEDINGS OF 2016 INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY AND ITS APPLICATIONS (ISITA 2016)     661 - 665  2016年

     概要を見る

    Linear Unequal Error Protection (UEP) codes were proposed by Masnick et al. and largely developed by Dunning et al. and Gils. On the other hand, random linear network coding is recently studied by many researchers. Kotter et al. proposed a new coding technique named subspace codes and applied it to random linear network coding. Moreover. Silva et al. proposed constructions of subspace codes using rank metric codes. In this paper, we propose subspace UEP codes and apply them to the random linear network coding. Then, we propose rank metric UEP codes and constructions of the subspace UEP codes using the rank metric UEP codes.

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 拡張直交配列を用いた混合水準の実験計画法に関する一考

    山口純輝, 風間皐希, 鎌塚明, 齋藤翔太, 松嶋敏泰

    みずほ銀行・早稲田大学学術交流協定締結1周年記念シンポジウム  

    発表年月: 2019年07月

    開催年月:
    2019年07月
     
     
  • ``On Distance Properties of (r; t; x)-LRC Codes''

    風間皐希, 松嶋敏泰

    第7回誤り訂正符号のワークショップISIT論文紹介セッション  

    発表年月: 2018年09月

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • ランク誤りを考慮したcoded computation に関する一考察

    風間皐希, 鎌塚明, 松嶋敏泰

    早稲田大学データ科学総合研究教育センター第3回シンポジウム  

    発表年月: 2018年07月

    開催年月:
    2018年07月
     
     
 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 情報理論

    湘南工科大学  

    2023年04月
    -
    2023年07月
     

  • 現代数学演習

    早稲田大学  

    2022年10月
    -
    2023年01月
     

  • コンピュータ活用2/旧 コンピュータ活用演習II

    横浜商科大学  

    2022年10月
    -
    2023年01月
     

  • 数学A2(線形代数) 基幹(4)

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    2023年01月
     

  • コンピュータ活用1/旧 コンピュータ活用演習I

    横浜商科大学  

    2022年04月
    -
    2022年07月
     

  • 情報理論

    湘南工科大学  

    2022年04月
    -
    2022年07月
     

  • 基礎の数学 経営

    2022年04月
    -
    2022年07月
     

  • 基礎の数学 電生(1)

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    2022年07月
     

  • 代数

    早稲田中学校  

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

▼全件表示