2022/09/25 更新

写真a

ヤマグチ アヤ
山口 絢
所属
附属機関・学校 高等研究所
職名
講師(任期付)
プロフィール
研究テーマ:高齢者の法的支援、高齢者の法律相談へのアクセスに影響する要因
メールアドレス:ayamaguchi.research[at]gmail.com
※atをアットマークに変換してください。
こちらで公開しているメールアドレスは問い合わせ用のアドレスです。お返事まで数日かかることがあります。ご了承ください。

学歴

  • 2011年04月
    -
    2015年03月

    東京大学大学院   学際情報学府   社会情報学コース博士課程  

学位

  • 東京大学   博士(社会情報学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    國學院大學   非常勤講師(法社会学)

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

  • 2021年04月
    -
    継続中

    芝浦工業大学   非常勤講師

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会   特別研究員RPD

  • 2021年04月
    -
    2021年09月

    東京都立大学   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会   特別研究員PD

  • 2014年04月
    -
    2017年09月

    首都大学東京   非常勤講師

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    日本学術振興会   特別研究員DC2

  • 2012年08月
    -
    2012年12月

    University of Michigan   School of Law   Visiting scholar

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本司法福祉学会

  •  
     
     

    共生社会システム学会

  •  
     
     

    日本老年社会科学会

  •  
     
     

    仲裁ADR法学会

  •  
     
     

    日本法社会学会

 

研究分野

  • 新領域法学

研究キーワード

  • コミュニケーション

  • 裁判外紛争解決

  • 法律相談

  • 高齢者

  • 司法アクセス

  • 法社会学

▼全件表示

論文

  • 高齢者への法的支援に向けた地域の支援ネットワークの実態と機能に関する事例研究

    山口 絢

    立教法学   ( 105 ) 208 - 240  2022年  [招待有り]

  • 法律相談利用前の「ためらい」との関連要因

    山口 絢

    法と実務   ( 16 ) 13 - 43  2020年

  • How Do Japanese Elderly Access Legal Services? An Analysis of Advice-Seeking Behaviour

    Aya Yamaguchi

    Asian Journal of Law and Society   6 ( 2 ) 281 - 305  2019年  [査読有り]

  • 高齢者への法的支援における民生委員の機能に関する研究ー混合研究法アプローチを用いてー

    山口 絢

    法社会学   ( 85 ) 209 - 241  2019年  [査読有り]

  • アメリカにおける高齢者法の動向

    山口 絢

    法と社会研究   ( 3 ) 119 - 133  2017年  [招待有り]

  • <博士論文>高齢者の法律相談へのアクセスに関する実証的研究ー高齢者,法専門家,行政・福祉関係機関を対象としてー

    山口 絢

    東京大学    2017年

  • 法専門家から行政・福祉関係機関への情報提供システムの可能性ーホットラインを事例としてー

    山口 絢

    法と実務   ( 13 ) 185 - 202  2017年

  • Japanese Law Students' Perceptions of Dispute Resolution

    Aya Yamaguchi

    Contemporary Asia Arbitration Journal   7 ( 1 ) 165 - 194  2014年  [査読有り]

  • 自主交渉援助型調停に対する弁護士の意識―理念及びスキルを中心に―

    山口 絢

    東京大学大学院情報学環紀要 情報学研究   82   103 - 118  2012年  [査読有り]

  • 当事者中心の紛争解決に向けたメディエーション教育に関する研究-法科大学院生と弁護士を対象として-<修士論文>

    山口 絢

    東京大学    2011年03月

▼全件表示

書籍等出版物

  • スタンダード法社会学

    佐藤岩夫, 阿部昌樹編著( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 少子高齢化社会と法)

    北大路書房  2022年03月 ISBN: 9784762831843

  • 高齢者のための法的支援 : 法律相談へのアクセスと専門機関の役割

    山口, 絢( 担当: 単著)

    東京大学出版会  2020年04月 ISBN: 9784130361538

  • 博士になったらどう生きる?78名が語るキャリアパス

    栗田佳代子, 吉田塁, 堀内多恵( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 法学)

    勉誠出版  2017年04月

  • 法と実務 13号

    日弁連法務研究( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 地域連携と司法ソーシャルワーク5章、7章)

    商事法務  2017年 ISBN: 9784785725228

Misc

その他

  • 専門社会調査士(第002699号)

    2021年10月
    -
     
  • 東京大学フューチャーファカルティプログラム(FFP)修了

    2013年09月
     
     
  • 法社会学国際会議若手研究者派遣フェローシップ

    2013年
     
     

     概要を見る

    日本法社会学会

  • 法社会学国際会議ホノルル大会若手研究者派遣フェローシップ

    2012年
     
     

     概要を見る

    日本法社会学会

  • 東京大学国際学術交流活動等奨励事業 長島雅則奨学基金奨学生

    2012年
     
     

     概要を見る

    派遣先:ミシガン大学ロースクール

受賞

  • 第5回機関誌優秀論文賞

    2020年05月   日本法社会学会   高齢者への法的支援における民生委員の機能に関する研究:混合研究法アプローチを用いて  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 高齢期の法的課題への中高年者の予防的準備行動及びその支援に関する法社会学的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    山口 絢

  • 高齢者を対象とした成年後見制度利用の規定要因に関する実証的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    山口 絢

  • 高齢者の法的支援におけるインフォーマル・ネットワークの機能に関する研究

    日本学術振興会  特別研究員奨励費

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

    山口 絢

  • 高齢者のための法的支援

    東京大学  2019年度東京大学学術成果刊行助成

    研究期間:

    2019年
    -
     
     

  • 超高齢社会における高齢者の法律相談へのアクセス及びコミュニケーションの課題

    日本学術振興会  特別研究員奨励費

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2015年03月
     

    山口 絢

講演・口頭発表等

  • Access to Justice for the Elderly: What is the Role of the Nonlegal Actor?

    Aya Yamaguchi

    2022 Global Meeting on Law and Society  

    発表年月: 2022年07月

  • Family Members Perception of the Decision-making Process among the Elderly with Dementia

    Aya Yamaguchi

    Asian Law and Society Association Annual Conference (online)  

    発表年月: 2021年09月

  • 若手研究者による国際会議での報告の経験談・心得

    山口 絢  [招待有り]

    日本法社会学会学術大会若手ワークショップ(オンライン)  

    発表年月: 2021年05月

  • 高齢者のための法的支援ー民生委員と地域ネットワークの役割

    山口 絢  [招待有り]

    日本法社会学会関東支部定例研究会(オンライン)  

    発表年月: 2021年04月

  • Exploring the Experiences of Troubles Involving Elderly People in Japan

    Akihiro Tsuchiya, Aya Yamaguchi

    International Online Symposium "Disputing Behavior and Judicial Policy in the Super-Aging Society"  

    発表年月: 2021年02月

  • 地域における高齢者への法的支援ネットワークの実態と機能に関する事例研究

    山口 絢

    日本司法福祉学会2020年度オンライン研究集会  

    発表年月: 2021年02月

  • Web Survey Exploring Support for the Elderly in Utilizing Adult Guardianship by Nursing Care Managers

    Asian Law and Society Association Annual Conference   (大阪大学) 

    発表年月: 2019年12月

  • 高齢者のかかわるトラブルと対応行動に関する分析

    山口 絢

    日本法社会学会学術大会ミニシンポジウム「超高齢社会におけるトラブル経験と司法政策」  

    発表年月: 2019年05月

  • 法律相談利用前のためらいとの関連要因

    山口 絢

    司法アクセス学会学術大会  

    発表年月: 2018年12月

  • An Analysis on Japanese Experiences of Disputes Involving Elderly People

    Aya Yamaguchi

    RCSL (Research Committee on Sociology of Law) Annual Meeting   (Lisbon, Portgal) 

    発表年月: 2018年09月

  • 高齢者の法的支援における法専門家と行政・福祉関係機関の連携の可能性

    山口 絢  [招待有り]

    国立社会保障・人口問題研究所 研究会  

    発表年月: 2017年12月

  • Exploring the Role of Local Community in Solving the Legal Problems of Elderly People

    Aya Yamaguchi

    Asian Law & Society Association Annual Conference   (National Chiao Tung University, Taiwan) 

    発表年月: 2017年12月

  • 高齢者への法的支援アプローチに関する経験的研究ー司法アクセスの観点からー

    山口 絢

    日本法社会学会関東支部定例研究会  

    発表年月: 2017年09月

  • 高齢者の法律相談へのアクセスの現状と課題

    山口 絢

    日本法社会学会学術大会個別報告  

    発表年月: 2016年05月

  • Factors Underlying Japanese Elderly People’s Perceptions of Legal System

    Aya Yamaguchi

    The 4th East Asian Law & Society Conferece  

    発表年月: 2015年08月

  • 高齢者の法的問題経験と相談行動 −高齢者を対象としたインタビュー調査から−

    山口 絢

    日本老年社会科学会  

    発表年月: 2015年06月

  • 60 代女性の健康と運動に関する意識と行動 −大都市圏インターネット調査による「家派」と「外派」の比較−

    菅原育子, 室橋弘人, 前田展弘, 神山祥子, 黒崎恵子, 山口絢, 相田直樹, 秋山弘子

    日本老年社会科学会  

    発表年月: 2015年06月

  • 法テラスと行政機関による「ホットライン」の事例分析

    山口 絢

    日本法社会学会学術大会ミニシンポジウム「法テラスによる地域連携ネットワーク」  

    発表年月: 2015年05月

  • 高齢者の法的支援のための課題―法と法支援を受けるための知識の観点から―

    山口 絢

    日本老年社会科学会  

    発表年月: 2014年06月

  • Exploring Needs of Elderly People for Legal Consulting and their Impressions of Legal Services in Japan

    Aya Yamaguchi

    Law and Society Annual Conference  

    発表年月: 2014年05月

  • Legal Consulting in an Aging Society: Problems of Limited Legal Access in Japan

    Aya Yamaguchi

    Law and Society Annual Conference  

    発表年月: 2013年06月

  • Japanese Law School Students’ Perceptions Regarding Dispute Resolution

    Aya Yamaguchi

    International conference on Law and Society  

    発表年月: 2012年06月

  • 介護コミュニケーション研修へのメディエーションの応用

    田中圭子, 山口絢, 石崎雅人, 安藤信明

    第64回 言語・音声理解と対話処理研究会 (SIG-SLUD) 研究会  

    発表年月: 2012年03月

  • 当事者中心の紛争解決に向けたメディエーション教育に関する研究―法科大学院生と弁護士を対象として―

    山口 絢

    日本法社会学会学術大会  

    発表年月: 2011年05月

  • メディエーションの可能性

    田中圭子, 山口絢

    高齢者介護施設におけるコミュニケーション・デザインシンポジウム-老年学、介護者の経験知、メディエーションが交差するところ-  

    発表年月: 2010年03月

▼全件表示

 

担当経験のある科目(授業)

  • 法社会学A

    國學院大學  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • Aging Society and Elder Law & Policy in Japan

    National Yang Ming Chiao Tung University  

    2022年03月
    -
     
     

     概要を見る

    オムニバス講義の1回分を担当

  • Special Topics on Japanese Law

    国立交通大学(台湾)  

    2021年02月
    -
     
     

     概要を見る

    短期集中・オムニバス講義

  • 日本国憲法

    芝浦工業大学  

    2021年
    -
     
     

  • 情報リテラシー実践I

    首都大学東京, 東京都立大学  

 

委員歴

  • 2013年
    -
    2015年

    日本法社会学会  若手ワークショップ幹事