2022/12/04 更新

写真a

アカイ キミ
赤井 紀美
所属
附属機関・学校 演劇博物館
職名
助手

学歴

  • 2009年04月
    -
    2018年03月

    学習院大学   大学院 人文科学研究科 日本語日本文学専攻博士後期課程  

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    日本女子大学   大学院 文学研究科 日本文学専攻博士課程前期  

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 助手

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    東京文化財研究所客員研究員

 

研究分野

  • 日本文学   日本近代文学/日本演劇

研究キーワード

  • 文学と演劇の領域横断的研究

  • アダプテーション

  • 文学作品の劇化

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • 東海道五十三次をよむ

    鈴木, 健一( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 岡本かの子「東海道五十三次」 (第四章 江戸時代以前・以後の東海道))

    三弥井書店  2020年10月 ISBN: 9784838233748

  • 交差する歌舞伎と新劇

    神山, 彰( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 花柳章太郎の新劇座―─新しい〈現代大衆劇〉を求めて)

    森話社  2016年02月 ISBN: 9784864050906

Misc

講演・口頭発表等

  • 新派からみる森鴎外「玉篋両浦嶼」の上演

    赤井紀美

    第30回楽劇学会大会  

    発表年月: 2022年08月

  • 「文学と演劇の交錯―戦後商業演劇における川端康成『雪国』の劇化について」

    赤井紀美  [招待有り]

    川端康成学会 第48回大会 川端康成没後50周年記念国際シンポジウム(午前の部:新世代の〈川端康成〉)  

    発表年月: 2022年08月

  • 〈毒婦〉と怪異 ― 歌舞伎・講談における〈妲己のお百〉について

    赤井紀美

    第二次怪異怪談研究会  

    発表年月: 2021年05月

  • 近世期における将棋・囲碁表象―人形浄瑠璃・歌舞伎を中心として

    赤井紀美

    将棋と文学研究会  

    発表年月: 2020年01月

  • 川端康成『雪国』の劇化について―戦前・戦後の上演を通して

    赤井紀美  [招待有り]

    近代文学合同研究会 第18回シンポジウム  

    発表年月: 2018年12月

  • 岡本綺堂『番町皿屋敷』論-〈皿屋敷物〉の系譜を視座として―

    赤井紀美

    歌舞伎学会 秋季大会  

    発表年月: 2018年12月

  • 昭和初期における夏目漱石『坊つちやん』の劇化について―二代目市川猿之助による初演を中心として―

    赤井紀美

    昭和文学会 12月研究集会  

    発表年月: 2018年12月

  • 新派の近松研究劇について―上演を中心に―

    赤井紀美

    近松の会  

    発表年月: 2018年07月

  • 新派の近松研究劇―近代における近松受容の一側面

    赤井紀美

    近松の会  

    発表年月: 2018年04月

  • 〈小幡小平次〉の近代―鈴木泉三郎「生きてゐる小平次」を中心として―

    赤井紀美

    歌舞伎学会 秋季大会  

    発表年月: 2017年12月

  • 〈新派復興〉を考える ― 瀬戸英一「二筋道」と新派の昭和初年代

    赤井紀美

    歌舞伎学会 秋季大会  

    発表年月: 2014年12月

  • 新派と能 ― 泉鏡花「歌行燈」の劇化から見えるもの ―

    赤井紀美

    楽劇学会 第22回大会  

    発表年月: 2014年06月

  • 川口松太郎「鶴八鶴次郎」 ― 〈芸道物〉の道筋から ―

    赤井紀美

    芸術至上主義文芸学会 第231回例会  

    発表年月: 2013年01月

  • 大正期長編小説の劇化 ― 長田幹彦「惡魔の鞭」の場合

    赤井紀美

    学習院大学国語国文学会秋季大会  

    発表年月: 2009年11月

▼全件表示