2022/08/10 更新

写真a

イエイリ ユウヤ
家入 祐也
所属
理工学術院 大学院情報生産システム研究科
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科   経営システム工学専攻  

    博士後期課程

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科   経営システム工学専攻  

    博士前期課程

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   創造理工学部   経営システム工学科  

学位

  • 2021年03月   早稲田大学   博士(工学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院情報生産システム研究科   講師

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    University of Surrey,   School of Hospitality & Tourism Management,   Visiting Research Fellow

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員   PD

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員   DC1

所属学協会

  • 2021年04月
    -
    継続中

    Institute of Electrical and Electronics Engineers

  • 2021年04月
    -
    継続中

    電子情報通信学会

  • 2021年04月
    -
    継続中

    情報処理学会

 

研究分野

  • 図書館情報学、人文社会情報学

  • 社会システム工学

  • 知能情報学

研究キーワード

  • 社会システム工学

  • 社会情報学

  • 人工知能

  • ヒューマンコンピュータインタラクション

  • 観光情報学

  • Internet of Things

▼全件表示

論文

  • Individual Excitement Level曲線:観光行動における感情収集による感興度変化の可視化

    家入 祐也, 蔡 弘亞, 菱山 玲子, 藤ノ木 耀平

    ヒューマンインタフェース学会論文誌   23 ( 1 ) 121 - 134  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Toyama de Walking: Practice of Location-Based Data Collection Using Augmented Reality Applications

    Yuya Ieiri, Hung-Ya Tsai, Reiko Hishiyama

    Advances in Intelligent Systems and Computing   1270   805 - 813  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Location-based data is used in a wide variety of applications and can be collected using various methods. Besides these methods, it is expected that a method to collect location-based data by walking applications using augmented reality (AR) will be common in the future. AR has the nature that encourages users to collaborate with the real world, and it is supposed to help collect location-based data about the atmosphere and quality of the city. However, the features of the location-based data collected by walking applications using AR have not yet been revealed. Clarifying the features is important to grasp the position of the collection method using AR. Therefore, we developed an AR walking application “Toyama de Walking” for collecting location-based data and conducted a demonstration experiment using the application. As a result, the features of the location-based data collected by walking applications using AR were revealed.

    DOI

  • Value Creation Framework Based on Designable Evaluation Network

    Yuya Ieiri, Shao Tengfei, Reiko Hishiyama

    Proceedings of the 2020 5th International Conference on Cloud Computing and Internet of Things     20 - 25  2020年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Social innovation is an attempt to solve various social problems. It requires the creation of new value in a local community. However, a concrete method for creating new value in a local community is yet to be established. Therefore, in our study, we aim to construct a framework for creating new value in the local community by designing a social support system of the local community. To construct such a framework, we propose a designable evaluation network (DEN), which is a social network that expresses the evaluation relationship between people/artifacts and people/artifacts in a local community as a network structure. Moreover, the evaluation relationship in a DEN is formed through a designable evaluation model, which is a mathematical model with designability. It is possible to construct a framework by designing a social support system on a computer using a DEN and conducting operations to create new value for a local community.

    DOI

  • A Novel Excavation of Fortuitous Tourism Resources Candidates by Analyzing Emotional Information

    Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama

    Proceedings of the 2020 2nd International Conference on Image, Video and Signal Processing     138 - 143  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Tourism is one of the most important industries in the world. An excavation of tourism resources is an effective approach to promote the tourism industry, and many excavation methods that have been devem Fortuitous Tourism Resources Candidates. Therefore, it is necessary to excavate Fortuitous Tourism Resources loped for Potential Tourism Resources that are resources with low name recognition and high attractiveness. However, an excavation method of Fortuitous Tourism Resources that are resources with high attractiveness by chance, due to influences of environmental factors, has not yet been developed. Fortuitous Tourism Resources are extracted froCandidates in order to find new Fortuitous Tourism Resources. In this paper, an excavation method of Fortuitous Tourism Resources Candidates, by analyzing data focusing on differences in familiarity of tourists, is proposed. Furthermore, we conducted a demonstration experiment in Kyoto, Japan, to practice the proposed method. As a result, three Fortuitous Tourism Resources Candidates are excavated using the proposed method, and the effectiveness of the proposed method is shown by the experiment.

    DOI

  • 消費者行動モデルに基づく商業地域コミュニティにおけるポイント付与効果の分析

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    情報処理学会論文誌   61 ( 1 ) 123 - 133  2020年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Evaluation of a Campus Navigation Application Using an AR Character Guide

    Yamato Kuwahara, Hung-ya Tsai, Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama

    Collaboration Technologies and Social Computing   11677 LNCS   242 - 250  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    In recent years, many studies have been conducted to realize easy route navigation for pedestrians using augmented reality (AR). Many of these studies use methods where the direction or sign is indicated using AR. However, only a few have focused on using AR for route navigation to follow. Our research aims to realize easy route navigation using an AR character agent. We develop a navigation application wherein the user follows an AR character agent. We evaluate it from the behavior of the user. For that purpose, we conduct an experiment at a university festival using the navigation application. We then analyze the experimental data and questionnaire responses. The results show that route navigation by the AR character agent makes route identification easy. However, problems involving many participants feeling uneasy or being lost are encountered. Problems in accuracy caused by errors in the positional information are also observed. In future, a method to indicate directions more accurately must be considered.

    DOI

  • Vision-Based Indoor Positioning (VBIP) - An Indoor AR Navigation System with a Virtual Tour Guide

    Hung-Ya Tsai, Yamato Kuwahara, Yuya leiri, Reiko Hishiyama

    Collaboration Technologies and Social Computing   11677 LNCS   96 - 109  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we describe the structure of a Vision-Based Indoor Positioning (VBIP) system which is a pure software solution without any hardware deployment. We conducted an experiment by providing our VBIP system to navigate visitors through three different buildings with a total length over 350 m during Science and Technology Festival 2018 at Waseda University. This large scale experiment pointed out our incomprehensive thinking while designing the algorithm only based on human behavior, and motivated us to remodify our algorithm based on natural features in the environment. We further conducted another experiment and found out that our VBIP system is improved. VBIP system can now reduce the drift error of VIO (Visual Inertial Odometry) to around 1.4% for over 350 m tracking. For the experiment result, we believe that VBIP is one step closer to perfection.

    DOI

  • A proposal of interaction analysis framework for multilingual discussion

    Yuqi Liao, Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama

    Proceedings of the 10th International Conference on E-Education, E-Business, E-Management and E-Learning - IC4E '19     421 - 426  2019年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Global problems, such as environmental issues, refugee crises, and food shortages, transcend borders and must be addressed at the international level. The goal of our research is to examine ways in which we can clarify common features, similarities, and differences in people's thinking to confront problems among people who speak different languages. In our study, we first designed an interactive analysis framework for analyzing the similarities and differences in thinking among different people. To evaluate the effectiveness of our proposed framework, we conducted experimental discussions combined with making a mind map about environmental issues among Chinese and Japanese-speaking participants. After the discussion activity, we analyzed the logs and mind maps by focusing on keywords and the flow of information. Our results showed that the participants had various ways of thinking about environmental problems and their solutions. We succeeded in summarizing the similarities and differences as discussion points and share them using our framework in a visible form.

    DOI

  • Walk rally application development environment suitable for individual situations

    Yuya leiri, Yuu Nakajima, Reiko Hishiyama

    Proceedings of the 10th International Conference on E-Education, E-Business, E-Management and E-Learning - IC4E '19     438 - 442  2019年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    The Walk Rally application is a mobile application that encourages users to walk around an area using mobile terminals. Several Walk Rally applications have been developed for use in various situations. However, depending on the area and the purpose of use, the information presented in the application and the functions required for it are different. Therefore, it is necessary to individually develop Walk Rally applications suitable for specific situations, and this of course becomes expensive. In this study, we developed a Walk Rally application development environment named Machinavi, where various functions are independently developed as business logic to enable use in various situations. Customizing the business logic to the purpose of use makes it possible to develop Walk Rally applications suitable for various situations. We used Machinavi to develop three Walk Rally applications for three specific situations: an event, a sightseeing spot, and a commercial area. The results of experiments and a questionnaire survey demonstrate the effectiveness of the Walk Rally applications developed using this development environment.

    DOI

  • Walk Rally Application for Revitalizing Shopping Areas

    Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama, Yuu Nakajima

    Proceedings of the Ninth International Symposium on Information and Communication Technology - SoICT 2018     344 - 350  2018年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    We investigated whether shoutengai, old shopping districts in Japan, can be revitalized by solving the disparity problem in the number of customers among shoutengai according to their location and by solving the problem of inequality in popularity among the stores in a shoutengai. We developed the “store appeal value”, which is unique index of showing the attractiveness of a store and developed a walk rally application based on incentives based on the store appeal value. We investigated whether shoutengai can be revitalized by using our walk rally application. To verify the effectiveness of the proposed application , we conducted a demonstration experiment involving three shoutengai in Shinjuku Ward, Tokyo. By analyzing the behavior logs obtained from the experiment, we clarified that our store appeal value is appropriate. We were also able to show that it is possible to revitalize shoutengai by using our walk rally application, that is, to distribute customers among shoutengai and among stores in a shoutengai.

    DOI

  • 情報統合過程にもとづく潜在的観光資源発掘手法の構築

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    電子情報通信学会論文誌D   101 ( 9 ) 1325 - 1333  2018年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Attempt to mitigate congestion by providing latent information with walk-rally application

    Yuya Ieiri, Yuu Nakajima, Reiko Hishiyama

    Proceedings of the 9th International Conference on E-Education, E-Business, E-Management and E-Learning - IC4E '18     80 - 84  2018年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    At events and sightseeing spots, congestion can be a factor that lowers customer satisfaction, so there is need for methods that mitigate congestion. Currently, there are methods for mitigating congestion such as changing the layout of an event and restricting customer behavior. However, there are problems in that it is difficult to reduce congestion at events in which the layout cannot be changed, and there is a risk the satisfaction level will be reduced due to restricting customer behavior. Therefore, we propose a method aimed at reducing congestion by allowing users to voluntarily select a detour to avoid congestion by providing users with not only obvious information but latent information with a walk-rally application. In demonstration experiments at real events and sightseeing spots, we confirmed that the proposed method is effective at reducing congestion and clarified how to use latent information effectively for mitigating congestion.

    DOI

  • Effect of First Impressions in Tourism by Using Walk Rally Application

    Yuya Ieiri, Takuya Mizukami, Yuu Nakajima, Ryota Ayaki, Reiko Hishiyama

    2017 International Conference on Culture and Computing (Culture and Computing)   2017-December   1 - 6  2017年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    In tourism, it is necessary to promote sightseeing areas and tourist amenities as well as to encourage repeat visits by improving the tourists' levels of satisfaction. In this paper, we focus on impressions of sightseeing spots as an important factor in improving tourist satisfaction. Many studies have analyzed the relationship between tourists' impressions of a sightseeing area and their overall evaluation of that area, but few studies have focused on the tourists' first impressions. We analyzed the tourists' first impressions of each sightseeing spot in the area and investigated the relationship between these first impressions and the tourists' overall evaluations of each spot. Our results showed that first impressions contributed to the tourists' satisfaction and increased the tourists' motivation to revisit. We also discovered that first impressions could be significantly changed by altering the way in which tourists navigate between sightseeing spots and the way in which spots are combined.

    DOI

  • Promoting Environmental Education Using a Multilingual Environment: Manufacturing Soap from Waste Oil

    Bo Wang, Hiroshi Suzuki, Yuqi Liao, Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama

    2017 IEEE 41st Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC)   2   625 - 630  2017年07月  [査読有り]

     概要を見る

    China is beset by environmental problems. This study focused on addressing China's environmental problems by using a language grid to provide a Japanese environmental education program, 'manufacturing soap from waste oil,' to Chinese students at home and evaluating their practice. The teaching and work experiments comprised observations of the knowledge-transfer process under a multilingual environment and the students 'work during experimental activities, respectively. The results show that a better training effect was obtained by the family groups who performed both teaching and work experiments than by the student groups who performed the teaching experiment only.

    DOI

  • A Walk Rally Application to Motivate Users to Visit Potential Sightseeing Resources

    Yuya Ieiri, Yuu Nakajima, Ryota Ayaki, Reiko Hishiyama

    2017 IEEE 41st Annual Computer Software and Applications Conference (COMPSAC)   2   637 - 642  2017年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Tourist numbers have increased considerably in recent years and tourism is now a key industry in the world. While major tourism resources are attracting attention, there are other areas that also hold some value as tourist sites but are not recognized as such. In this paper, these sites are called 'potential sightseeing resources'. It is acknowledged that tourist sightseeing satisfaction will increase by visiting potential sightseeing resources. Thus, a method to recognize potential sightseeing resources is required. In this study, to effectively use potential sightseeing resources situated within various local events, we developed an application that acts as a guide system to support tourism, guiding users to potential sightseeing resources situated within the same areas as a local event. We also analyzed accelerated patterns leading users to potential sightseeing resources and verified the effects via an experiment. As a result, it was confirmed that the application was successful in leading users to potential sightseeing resources by the application, however, certain conditions are required for non-monetary incentives to be effective.

    DOI

▼全件表示

Works(作品等)

  • ぶらり戸山イラストマップ

    家入祐也, 早川宏美, 菱山玲子, 中谷礼二  その他 

    2019年03月
    -
     

     概要を見る

    新宿区の戸山地域のためのエリアマップであり,広く一般に配布している.マップの企画,現地調査,店主インタビュー,収集した情報の編集,エッセイ部分の執筆,を担当した.

受賞

  • 奨励賞

    2021年02月   経営情報学会第16回学生論文発表会  

    受賞者: 家入祐也

  • 第7回FOST新人賞

    2020年11月   公益財団法人科学技術融合振興財団  

    受賞者: 家入祐也

  • Best Presentation Award,

    2020年09月   5th International Conference on Cloud Computing and Internet of Things  

    受賞者: Yuya Ieiri, Shao Tengfei, Reiko Hishiyama

  • Best Presentation Award,

    2020年03月   2nd International Conference on Image, Video and Signal Processing  

    受賞者: Yuya Ieiri, Reiko Hishiyama

  • 貢献賞

    2019年09月   合同エージェントワークショップ&シンポジウム2019  

    受賞者: 家入祐也

  • 専攻賞

    2019年03月   早稲田大学創造理工学研究科経営システム工学専攻  

    受賞者: 家入祐也

  • 小野梓記念賞

    2019年03月   早稲田大学  

    受賞者: 家入祐也

  • 学生奨励賞

    2018年03月   第80回情報処理学会全国大会  

    受賞者: 家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

  • Best Oral Presentation Award,

    2018年01月   9th International Conference on E-Education, E-Business, E-Management and E-Learning  

    受賞者: Yuya Ieiri, Yuu Nakajima, Reiko Hishiyama

  • Best Paper Candidates,

    2017年09月   Culture and Computing 2017  

    受賞者: Yuya Ieiri, Takuya Mizukami, Yuu Nakajima, Ryota Ayaki, Reiko Hishiyama

  • 第7回アプリケーションコンテスト優勝

    2016年12月   早稲田大学  

    受賞者: 家入 祐也, 上野 雅敏, 甲斐 あとり

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人工社会アプローチによる賑わい空間マネジメントのシミュレーション科学

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    兼田 敏之, 森山 甲一, 高橋 雅和, 夏目 欣昇, 市川 学, 坂平 文博, 家入 祐也, 菱山 玲子, 倉橋 節也, 壽崎 かすみ, 内田 瑛

     概要を見る

    (1)歩行者エージェントのモデリング枠組みのうち近接作用層モデルの研究成果として、昨年度の国際研究集会において発表したASPFによる歩車混成流シミュレーションの研究成果が国際学術誌で公表された。また、ASPFモデルを用いての中国上海外灘広場の群集事故のモデル分析を学術誌に公表した。
    (2)また、空間認知層モデルの研究成果として、三次元都市空間を表現するUnity上で稼働する視界駆動型歩行者エージェントとして昨年試作したVd18sについて、国際研究集会で成果を発表・公表することができた。また、視界駆動エージェントにはwayfinding状況における標識レイアウトのモデル分析があり、豊田市駅広場を事例にUnity上でVd18sのシミュレーションの実験報告の書籍掲載が決定している状況である。さらに、人間の広場待合せ行動データ採取を支援する仮想空間ゲーミング実験システムの研究成果が国際研究集会で発表されるともに、この論文の書籍掲載が決定している。
    (3)また、視界駆動型歩行者エージェントの規準モデルにあたるUCLグループのEVAの三次元拡張を試みるVD-Walkerの開発を終えており、金山地区を事例としての開発報告が国際研究集会でポスターが発表されるとともに、書籍掲載が決定している状況である。また、EVA(DepthmapにおけるAgent Analysis)の算出する賑わいの空間分布と金山地区でのエンカウンター調査結果を突き合せた分析結果が国内学術誌に掲載された。
    (4)大須地区における回遊行動調査について、20年間5回にわたる調査結果のレビュウの書籍掲載が決定するとともに、ショッピングセンター内のPOSデータの活用状況の研究論文の書籍掲載が決定している。

  • 感性情報を考慮したテンソルデータ分析による意思決定支援システムの構築

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    家入 祐也

     概要を見る

    スマートフォンやセンサデバイスの技術向上によって,多様な性質や粒度を持つ多次元なデータの収集が可能になり,この多次元データの分析によって様々な意思決定支援が取り組まれている.しかし,従来取り扱われてきた多次元データには,取り扱いが難しいが人の意思決定に大きな影響を与えうると考えられる,人の感性情報は考慮されていない.そこで本研究では,感性情報の定量化とエージェント技術による意思決定支援の自動化によって,複数の感性情報を考慮したアンビエントな意思決定支援システムの構築を試みる.特に本研究では, ICT技術を用いたデータ収集に加え,アンケート調査やフィージビリティスタディによるデータ収集を行い,感性情報を考慮したテンソルデータ分析による意思決定支援システムの構築に取り組む.本年度の主な実施内容として,下記に3点をまとめる.
    (1)観光回遊行動時における感性情報の収集と定量化: 観光客の感動の度合いに関するデータを収集することによって,観光客の感興度を定量化した.そのようにして収集されたデータを用いることで,偶発的観光資源の発掘手法を構築した.
    (2)商業地域における感性情報に着目した意思決定支援:顧客の嗜好と店舗の印象に着目した消費者行動モデルを構築した.そして消費者行動モデルを用いたシミュレーション結果と,ウォークラリーアプリケーションを用いた消費者の行動ログ収集結果を比較することによって,商業地域において,ポイント付与というインセンティブがどのように働くかを明らかにした.
    (3)Augmented Reality(AR)技術を用いた誘導時における感性情報を利用した意思決定支援:AR技術を用いた誘導時における戸惑いを考慮した行動モデルを構築し,誘導時における人の戸惑いを解消するための要求条件についてまとめ,AR誘導アプリケーションの開発環境について検討した.

  • 地域における潜在的観光資源の発掘手法の開発-ウォークラリーゲーミングによる観光行動データの活用―

    公益財団法人科学技術融合振興財団  補助金助成

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    家入 祐也

講演・口頭発表等

  • マルチエージェントシミュレーションによる社会的インパクト投資の分析

    檜物 大輝, 菱山 玲子, 家入 祐也

    第83回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • 遺跡修復支援のための形状マッチング手法の提案

    藤ノ木 耀平, 蔡 弘亞, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第83回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Discovering Multiple Clusters of Sightseeing Spots for Improving Tourist Satisfaction Using Network Motif

    邵 騰飛, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第83回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • AI倫理教育におけるケーススタディの適用

    菱山 玲子, 家入 祐也

    第83回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Examination of Interaction between Augmented Reality and Traditional Cultural Experiences

    家入 祐也, 蔡 弘亞, 菱山 玲子

    第83回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • 感性情報に着目した人の行動分析に基づく地域マネジメント

    家入祐也

    第16回経営情報学会学生論文発表会  

    発表年月: 2021年02月

  • AR-PoI を用いた誘導時における被誘導者の行動分析

    檜物 大輝, 家入 祐也, 蔡 弘亞, 菱山 玲子

    第82回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2020年03月
     
     
  • 言語能力の違いに着目したユニバーサルデザインマップの評価と検討

    孫 ゲツ, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第82回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2020年03月
     
     
  • AR-POIによる誘導ターゲットと人の相互作用ダイナミクス分析

    田村 郁人, 家入 祐也, 菱山 玲子

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 拡張現実空間における戸惑いに着目した行動モデルの提案と評価

    家入 祐也, 蔡 弘亞, 田村 郁人, 菱山 玲子

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • ワードウルフにおける発話分類のためのタグセットの設計と評価

    脇田 尚紀, 家入 祐也, 菱山 玲子

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • AR-POIによる誘導ナビゲーションの効果分析

    田村 郁人, 家入 祐也, 菱山 玲子

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • イエポチ:観光におけるカタルシス曲線描画のためのウェアラブルな意思表示ツール

    家入 祐也, 藤ノ木 耀平, 菱山 玲子

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • 馴染み度の違いに着目した偶発的観光資源発掘手法の提案

    家入 祐也, 菱山 玲子

    ヒューマンインタフェースシンポジウム2019  

    開催年月:
    2019年09月
     
     
  • ポイント制度に着目した消費者行動モデルの検証

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第33回人工知能学会全国大会  

    開催年月:
    2019年06月
     
     
  • 顧客属性に着目した消費者行動モデルの検討

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第81回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • 視覚化測位空間における誘導エージェントの効果に関する検討

    桑原 大和, 家入 祐也, 林 厚展, 王 友光, 菱山 玲子

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2018  

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 消費者行動モデルに基づく商圏支援策としてのインセンティブ設計

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2018  

    開催年月:
    2018年09月
     
     
  • 環境問題を対象とした多言語ディスカッションの対話分析

    イクキ ビョウ, 王 博, 家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第32回人工知能学会全国大会  

    開催年月:
    2018年06月
     
     
  • IoTセンサデータの統合による商店街の賑わいの推定モデル

    吉野 碧, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第32回人工知能学会全国大会  

    開催年月:
    2018年06月
     
     
  • 街歩きアプリを用いた商店街活性化のためのインセンティブ設計の提案

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第32回人工知能学会全国大会  

    開催年月:
    2018年06月
     
     
  • アンビエント指向基盤における問題解決サービスの設計と評価

    王 博, イクキ ビョウ, 家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第80回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • 環境問題解決のための異言語間コミュニケーションの分析

    イクキ ビョウ, 王 博, 家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第80回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • IoTセンサを用いたデータの統合的利用による商店街の賑わい推定モデル

    吉野 碧, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第80回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • 街歩きアプリの利用による観光資源の第一印象と評価の関係の分析

    家入 祐也, 中島 悠, 菱山 玲子

    第80回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2018年03月
     
     
  • IoTセンサからの異種データ統合による商店街の賑わい予測モデルの提案

    吉野 碧, 家入 祐也, 菱山 玲子

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017  

    開催年月:
    2017年09月
     
     
  • 散策行動ログによる情報統合過程モデルにもとづく潜在的観光資源の発掘

    家入 祐也, 中島 悠, 綾木 良太, 菱山 玲子, 水上卓哉

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017  

    開催年月:
    2017年09月
     
     
  • ウォークラリーアプリケーションを用いた潜在的観光資源への訪問動機付け効果

    家入 祐也, 中島 悠, 綾木 良太, 菱山 玲子

    第31回人工知能学会全国大会  

    開催年月:
    2017年05月
     
     
  • ビデオを併用した多言語コミュニケーションによる安全な遠隔環境教育プログラム

    王 博, 鈴木 宏, イクキ ビョウ, 家入 祐也, 菱山 玲子

    第79回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2017年03月
     
     
  • ワセナビ:潜在的観光資源への誘導のためのウォークラリーアプリケーション

    家入 祐也, 中島 悠, 綾木 良太, 菱山 玲子

    第79回情報処理学会全国大会  

    開催年月:
    2017年03月
     
     

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2018年
    -
    2019年

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム  学生委員

社会貢献活動

  • Volunteer

    Social Capital Markets Conference 2020 (SOCAP20) 

    2020年10月
     
     

メディア報道

  • 輝く若者たち「アプリで元気な商店街」

    テレビ・ラジオ番組

    テレビ朝日   東京サイト  

    2019年01月

     概要を見る

    商店街でのフィールド研究を通じた地域連携活動について紹介された.

  • 密着 アプリを開発してアントレプレナーを目指せ

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    早稲田理工 by AERA  

    2017年02月

     概要を見る

    第7回早稲田大学アプリケーションコンテストに向けた取り組みについて密着取材を受け,コンテストに向けたミーティングや資料の作成,当日の発表の様子や,コンテストで優勝した後の感想等が本記事で紹介された.

学術貢献活動

  • International Conference on Collaboration Technologies and Social Computing (CollabTech)

    査読等

    2021年
    -
    継続中