Updated on 2024/02/28

写真a

 
KOBAYASHI, Miki
 
Affiliation
Faculty of International Research and Education, Graduate School of Japanese Applied Linguistics
Job title
Research Associate

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    早稲田大学大学院日本語教育研究科 助手

  • 2008.04
    -
    2021.09

    早稲田大学日本語教育研究センター 非常勤インストラクター / 契約講師

  • 2010.04
    -
    2019

    早稲田大学 グローバルエデュケーションセンター ライティングセンター指導員

Education Background

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Japanese Applied Linguistics  

  • 2006.04
    -
    2008.03

    Waseda University  

Committee Memberships

  • 2022.04
    -
    Now

    早稲田大学  日本語教育学会 事務局

  • 2021.04
    -
    2021.09

    早稲田大学  日本語教育学会 大会運営委員長

Professional Memberships

  • 2022
    -
    Now

    言語文化教育研究学会

  • 2021.04
    -
    Now

    日本語教育学会

  • 2006.04
    -
    Now

    早稲田大学日本語教育学会

Research Areas

  • Japanese language education

Research Interests

  • 日本語教育

  • 年少者日本語教育

  • リテラシー

  • アカデミックライティング

 

Papers

▼display all

Books and Other Publications

  • 「移動する子どもたち」の考える力とリテラシー : 主体性の年少者日本語教育学

    川上, 郁雄( Part: Joint author, 分担執筆(担当範囲:第3章 子どもの主体性を重視する年少者日本語教育に向けて―JSL生徒に対する日本語読解支援の分析から))

    明石書店  2009.01 ISBN: 9784750329161

Presentations

  • 複数言語環境で育つ高校生のリテラシーを育成するための日本語教育のあり方を考える

    豪州日本研究学会研究大会 /国際繋生語大会(UNSW Sydney) 

    Presentation date: 2023.09

    Event date:
    2023.09
     
     
  • 日本語の合成音声を用いた講義動画の作成-合成音声の調整方法の報告-

    渡邉咲, 劉羅麟, 伊藤茉莉奈, 小林美希

    東京音声研究会例会(明治大学中野キャンパス)東京音声研究会 

    Presentation date: 2023.05

    Event date:
     
    -
    2023.05
  • JSL高校生は日本語で「書く」ことや「ことばの学び」をどのように捉え、意味づけているか―JSL高校生の大学受験直後と大学入学後の語りから―

    早稲田大学日本語教育学会 2022年秋季大会 口頭発表 

    Presentation date: 2022.11

  • 「子どものキャリア形成を支える日本語教育を考える―JSL高校生の大学受験前後の語りから」

    早稲田大学日本語教育学会 2021年秋季大会 口頭発表 

    Presentation date: 2021.09

  • 「JSL高校生が書くことを通して自分自身を発見するプロセス-言語教育の観点から」

    早稲田大学日本語教育学会 2021年春季大会 口頭発表 

    Presentation date: 2021.03

  • 「自己モニター力の向上を目指した活動クラス「ディスカベーション」の試み」

    山内薫, 青木優子, 小林美希

    早稲田大学日本語教育学会 2007年 秋季大会ポスター発表 

    Presentation date: 2007.10

▼display all

Research Projects

  • JSL生徒に対する「書く」日本語教育実践システムの構築

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    Project Year :

    2022.08
    -
    2024.03
     

    小林 美希

 

Teaching Experience

  • Academic Writing Course

    Waseda University  

  • 短期総合日本語

    早稲田大学  

  • 漢字(非漢字系)

    早稲田大学  

  • 聞いて話そう日本語会話

    早稲田大学  

  • 総合日本語

    早稲田大学  

 

Internal Special Research Projects

  • JSL高校生に対する「書く」日本語教育実践のあり方

    2022  

     View Summary

    本研究では、日本国内の高校に在籍し、日本語を第二言語として学びながら、日本の大学進学を目指す高校生(以下、JSL高校生)に、日本語で小論文を「書く」実践を行った。筆者が行った実践、および先行研究を踏まえ、JSL高校生に対する「書く」実践のあり方について考察を行った。考察の結果、先行研究から、年少者日本語教育における「書く」教育では、「言語重視」か「自己表現重視」か、という二分法的議論に留まっている点を指摘し、①「言語重視」の指導を「成長・発達段階」という視点から捉え直し、②JSL高校生自身がリテラシーを多面的に捉える視点を養うことの重要性を論じた。これらの考察の結果を、展望論文として国内学術誌に投稿した。