2024/05/26 更新

写真a

ウチダ シュウ
内田 州
所属
研究院(研究機関) 地域・地域間研究機構
職名
主任研究員(研究院准教授)
学位
博士(国際公共政策) ( 大阪大学 )
メールアドレス
メールアドレス

経歴

  • 2024年04月
    -
    継続中

    早稲田大学地域・地域間研究機構   研究院准教授 / 主任研究員   Associate Professor

  • 2021年12月
    -
    継続中

    法務省 出入国在留管理庁   難民審査参与員

  • 2021年04月
    -
    2024年03月

    早稲田大学地域・地域間研究機構   研究院講師 / 次席研究員

  • 2015年
    -
    2018年

    コインブラ大学社会学研究所   EUマリー・キュリー・フェロー

  • 2017年
     
     

    ハーバード大学デイビスセンター   客員フェロー

  • 2013年
     
     

    日本政府派遣 欧州安全保障協力機構/民主制度・人権事務所(OSCE/ODIHR)   ジョージア大統領選挙国際監視団監視員

  • 2011年
    -
    2013年

    在グルジア(現ジョージア)日本国大使館   専門調査員

  • 2022年08月
    -
    継続中

    上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科   客員研究員

  • 2018年11月
    -
    継続中

    イリア国立大学   客員准教授

  • 2019年
    -
    2023年

    大阪大学大学院国際公共政策研究科   招へい研究員

  • 2018年
     
     

    在ラトビア日本国大使館   専門調査員

  • 2014年
     
     

    独立行政法人国際協力機構(JICA)   シエラレオネ・フィールドオフィス   企画調査員

  • 2013年
    -
    2014年

    ジョージア戦略研究所   フェロー

▼全件表示

学歴

  • 2014年
    -
    2017年

    大阪大学大学院 国際公共政策研究科 博士後期課程 修了  

  • 2008年
    -
    2010年

    M.A. in International Peace Studies, Department of Peace and Conflict Studies, The United Nations mandated University for Peace  

委員歴

  • 2023年03月
    -
    継続中

    Leaders Lead On-Demand Program Exchange for Rising Think Tank Opinion Leaders from Quad Countries (An initiative of the U.S. State Department’s Leaders Lead on Demand program)  Emerging Quad Think Tank Leader

  • 2021年12月
    -
    継続中

    法務省 出入国在留管理庁 難民審査参与員

  • 2023年06月
    -
     

    早稲田大学学術研究書出版 専門審査員

  • 2023年
    -
     

    Routledge (Taylor & Francis) ジャーナル審査員

所属学協会

  • 2024年04月
    -
    継続中

    グローバル・ガバナンス学会

研究分野

  • 地域研究 / 政治学

研究キーワード

  • 国際政治

  • 安全保障

  • 平和・紛争研究

  • パブリック・リーダーシップ

  • 強制移住(難民、国内避難民)

  • 地域研究

  • 旧ソ連

  • EU

▼全件表示

メディア報道

  • USSC Briefing Room | Four Quad think tank experts walk into the briefing room

    インターネットメディア

    The United States Studies Centre, the University of Sydney (シドニー大学アメリカ研究所)  

    https://www.ussc.edu.au/podcasts/ussc-briefing-room/four-quad-think-tank-experts-walk-into-the-briefing-room  

    2024年02月

  • 特集「侵攻から100日が経過。 ロシアのプーチン政権によるウクライナ軍事侵攻、その震源を探る」

    テレビ・ラジオ番組

    株式会社TBSラジオ   荻上チキ・Session:メインゲスト  

    https://youtu.be/wcKVgaH-Qlg?si=mAm9p7uMS8aset8b  

    2022年06月

 

論文

  • Jus post bellum over Ukraine: What does Ukraine really need in the post-conflict- reconstruction?

    UCHIDA, Shu

    The Journal of Next Generation Forum (No.7), the Organization for Regional and Inter-regional Studies, Waseda University. pp.3 - 9.    2024年03月

  • EU加盟プロセスを通じた地方分権化―ボスニアおよびジョージアの事例を中心に

    中内政貴, 安富淳, 内田州, 田中聡

    コスモポリス(上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科). pp. 29-38.   18  2024年03月  [査読有り]

  • (解説記事・論説等)What Is the Quad?: The grouping’s exact role in the Indo-Pacific is the subject of considerable debate. Here’s what scholars from all four countries could agree on.

    Blake Berger, Victoria Cooper, Lucas Myers, Shu Uchida, and Gaurav Saini

    The Diplomat    2023年06月

  • (解説記事・論説等)Quad Summit: Why India remain committed to Quad despite differences over Russia-Ukraine crisis?

    Rajan Kumar, Shu Uchida

    Financial Express (India)    2022年05月  [招待有り]

  • (論説記事・解説等)ウクライナ紛争に対してわれわれにできることは何か? ――アナーキーな国際社会における戦略と価値

    内田州

    シノドス    2022年03月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 「文明の衝突」を越えて ー EUの倫理的資本主義とパブリック・リーダーシップ

    内田州

    ワセダアジアレビュー『ポスト・コロナ禍と国際公共政策』(明石書店)   ( 24 ) 36 - 44  2022年03月  [招待有り]

  • Public Leadership for Peace and Security: An Analysis on Political Volatility in Georgia

    UCHIDA, Shu

    Proceeding of Scientific Conference for the Professors of the School of Humanities and Law, St.Andrews Georgian University.    2022年03月  [査読有り]  [招待有り]

  • What Kind of Role Should the European Union Play for Achieving Sustainable Peace in Georgia?

    UCHIDA, Shu

    Caucasus Analytical Digest (CAD), the Research Centre for East European Studies at the University of Bremen, Germany, and the Center for Security Studies (CSS) at ETH Zürich, Switzerland   Vol. 99   10 - 13  2017年10月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ロシアによるウクライナ侵攻後のEU・ロシア間の和解・共生

     [招待有り]

    2023年度 早稲田大学ORIS 第9回国際シンポジウム『和解を求めて 分断化と戦争の時代における歴史/記憶の意味』  

    発表年月: 2023年11月

  • ジョージアとウクライナでの戦争~EUとロシアの狭間で~

     [招待有り]

    東京都立大学オープンユニバーシティ(オンライン):悠久のユーラシア 魅惑の国 ジョージアを探訪する  

    発表年月: 2023年11月

  • 難民と国際政治

     [招待有り]

    上智大学総合グローバル学部  

    発表年月: 2023年07月

  • How have the recent global development shaped regionalism in the Indo-Pacific?

    UCHIDA, Shu  [招待有り]

    Regional Stakeholder Validation Meeting of the Council for Strategic and Defense Research (in Bangkok, Thailand) .  

    発表年月: 2023年05月

  • Georgia’s Diplomacy vis-à-vis Ukraine and Russia

    UCHIDA, Shu  [招待有り]

    Along Russia’s Rim: Many ways of dealing with Russia among OSCE member and partner states after the 2022 invasion. IIRAS, Ritsumeikan University  

    発表年月: 2023年01月

  • ジョージアからの見方:ジョージア・ウクライナ関係と国際政治

    内田州  [招待有り]

    2022年度 第8回 早稲田大学地域・地域間硏究機構 国際シンポジウム「ロシアによるウクライナ侵略後の政治経済」  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
    -
     
  • ロシアによるウクライナ侵攻の背景とウクライナ難民の周辺国に於ける状況

    内田州  [招待有り]

    法務省出入国在留管理庁(オンライン)  

    発表年月: 2022年11月

  • On politics and diplomacy of Japan.

    UCHIDA, Shu  [招待有り]

    Public Speech. Japan Center, Ilia State University, Georgia.  

    発表年月: 2022年10月

  • エネルギー安全保障:南コーカサスとバルト三国の天然資源をめぐる対露政策

    内田州  [招待有り]

    国際地域研究所重点プロジェクト、立命館大学  

    発表年月: 2021年07月

  • Public Leadership for Peace and Security: An Analysis on Political Volatility in Georgia

    UCHIDA, Shu  [招待有り]

    Keynote Speaker at Scientific conference for the professors of the School of Humanities and Law, St.Andrews Georgian University  

    発表年月: 2021年06月

  • On Japan’s Contemporary Interaction with Neighboring Countries: Japan's Diplomacy

    内田州  [招待有り]

    Department of International Relations, Free University, Georgia  

    発表年月: 2018年11月

  • On Japanese Politics and Society

    内田州  [招待有り]

    Japan Center, Ilia State University, Georgia  

    発表年月: 2018年11月

  • What Kind of Role Should the European Union Play for Achieving Sustainable Peace in Georgia?: Improving the Effectiveness of the European Union Monitoring Mission in Georgia (EUMM)

    内田州  [招待有り]

    The Conference for Early-Stage Researchers of the ITN „Caspian“ of the EU, University of Coimbra, Portugal  

    発表年月: 2017年04月

  • Human and State Insecurity over Administrative Boundary Lines: The Case of IDPs in Georgia 2011 – 2013

    内田州  [招待有り]

    The Conference for Early-Stage Researchers of the ITN „Caspian“ of the EU, St. Andrews University, U.K.  

    発表年月: 2016年06月

  • A Tug of War Between Georgia and Russia: Why Did the OSCE Mission to Georgia and the UN Observer Mission in Georgia Fail to Prevent the 2008 War?

    内田州  [招待有り]

    The International Workshop: Eurasia – Going East or West? , EDINBURGH EUROPA RESEARCH GROUP, the University of Edinburgh, U.K.  

    発表年月: 2016年06月

  • The Issues in the South Caucasus: Does International Institution Provide Peace?

    内田州  [招待有り]

    Universidade Lusiada de Lisboa, Portugal  

    発表年月: 2016年05月

  • The European Union’s Contribution to the Post Violence Stabilization : the Case of EUMM

    内田州  [招待有り]

    VIII Congresso Associação Ciência Política, Faculdade de Ciências Sociais e Humanas da Universidade de Nova de Lisboa, Portugal  

    発表年月: 2016年05月

  • Seeking Sustainable Peace in Georgia via the 3Ds approach: 1991-2016

    内田州  [招待有り]

    The Conference for Early-Stage Researchers of the ITN „Caspian“ of the EU, Centre for East European Studies, the University of Bremen, Germany  

    発表年月: 2015年12月

  • The Internationally Unrecognized “Lines” Controls and Human Insecurity: the case of IDPs in Georgia from 2011 to 2013

    内田州  [招待有り]

    The 7th Graz Workshop on the Future of Security, Blurring Boundaries: Human Security and Migration, University of Graz, Austria  

    発表年月: 2015年11月

  • 民族の共生と軋轢ーグルジア(ジョージア)の例を中心に

    内田州  [招待有り]

    多文化共生、大阪女学院大学  

    発表年月: 2015年06月

  • Conflict Prevention in Georgia

    内田州  [招待有り]

    Future Global Leaders Camp 2014, the Osaka School of International Public Policy, Osaka University, Osaka, Japan  

    発表年月: 2014年08月

  • 「グルジアに於ける諸問題―ウクライナ問題分析の為の一考察」

    内田州  [招待有り]

    防衛省防衛研究所及び大阪大学大学院国際公共政策研究科共催国際安全保障フォーラム・イン・関西2014  

    発表年月: 2014年

  • Suggestions to Georgian Government on IDPs Protection Policy

    内田州  [招待有り]

    The International Workshop on Forced Migration, the International School in Forced Migration, the University of Oxford, U.K.  

    発表年月: 2013年07月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 普遍的価値と集合的記憶を踏まえた国際和解学の探究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2023年11月
    -
    2030年03月
     

    浅野 豊美

  • 欧州の多元社会における地方分権化の過程と影響に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    中内 政貴, 安富 淳, 内田 州, 田中 聡

  • 紛争後の国家建設と治安部門改革:リベラルな価値導入の理念的妥当性と実現への条件

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    藤重 博美, 上杉 勇司, 古澤 嘉朗, 篠田 英朗, 青木 健太, クロス 京子, 中内 政貴, 小山 淑子, 長谷川 晋, 内田 州, 田辺 寿一郎

Misc

  • ORISシンポジウムインタビュー: 欧州からのウェイクアップコール

    内田州

    早稲田大学地域・地域間硏究機構HP    2023年04月  [招待有り]

  • The Ebola outbreak in Sierra Leone: Did the International Community Tackle the Issue Properly?

    UCHIDA, Shu

    Policy Thoughts, the Centre for Engagement on African Peace and Security (CEAPS)    2015年08月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Beheadings and the News Media : Why Some Conflict Atrocities Receive More Coverage Than Others. Authored by Hawkins, Virgil

    UCHIDA, Shu

    Policy Thoughts, the Centre for Engagement on African Peace and Security (CEAPS) 単訳    2015年02月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • International Crisis Group. “Afghanistan: Getting Disarmament Back on Track”

    UCHIDA, Shu

    日本アフガンNGOネットワーク 単訳    2005年02月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Human Rights Watch World Report 2005 – Afghanistan

    UCHIDA, Shu

    日本アフガンNGOネットワーク 単訳    2005年01月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

その他

  • Ph.D. Candidate in International Politics and Conflict Resolution, FEUC - Faculdade de Economia da Universidade de Coimbra

     
    -
    2022年
  • Training on International Humanitarian Law, International Committee of the Red Cross

    2013年
    -
    2014年
  • Intensive Course in Making Defence Policy, Royal United Services Institute for Defence and Security Studies (RUSI), affiliated with Kings College London

    2013年
     
     
  • Intensive Course in Forced Migration, Refugee Studies Centre of Queen Elizabeth House and Wadham College, University of Oxford

    2013年
     
     
  • Postgraduate Course in Peace Studies, Ateneo De Manila University, the Philippines

    2008年
    -
    2009年
 

担当経験のある科目(授業)

  • 国際関係論a及びb

    東京都市大学理工学部機械工学科  

    2024年04月
    -
    継続中
     

  • 紛争解決論

    東洋英和女学院大学国際社会学部  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 難民と国際政治

    中京大学国際学部  

    2022年
    -
    2024年
     

  • Global Perspectives B

    東洋英和女学院大学国際社会学部  

    2022年
    -
    2023年
     

  • 国際政治特論Ⅰ

    立命館大学大学院政策科学研究科  

    2020年
    -
    2022年
     

  • ヴィジョン特殊講義 ー 日本の国土と国境

    立命館大学政策科学部  

    2020年
    -
    2022年
     

  • 外国法:EU法概論1

    関西大学法学部  

    2020年
    -
    2021年
     

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 米国務省拠出 Leaders Lead On-Demand Program Exchange for Think Tank Opinion Leaders from Quad Countries(in Canberra and Sydney, Australia)

    2024年02月
    -
     

  • 米国務省拠出 Leaders Lead On-Demand Program Exchange for Think Tank Opinion Leaders from Quad Countries(in Tokyo and Osaka, Japan)

    2023年12月
    -
     

  • Regional Stakeholder Validation Meeting of the Council for Strategic and Defense Research (in Bangkok, Thailand)

    The Council for Strategic and Defense Research, New Delhi 

    2023年05月
    -
     

  • 米国務省拠出 Leaders Lead On-Demand Program Exchange for Think Tank Opinion Leaders from Quad Countries(in Washington D.C. and San Francisco, USA)

    2023年03月
    -
     

  • 「ワッセナー・アレンジメント(WA)と弾道ミサイルの拡散に立ち向かうためのハーグ行動規範(ICOC)の現状と課題」

    大阪大学大学院国際公共政策研究科 第67回 OSIPP政策フォーラム  元在ウィーン国際機関日本政府代表部 和爾俊樹参事官 

    2014年11月
    -
     

学術貢献活動

  • Journal of Inter-Regional Studies: Regional and Global Perspectives (Vol. 7) 編纂

    2023年04月
    -
    2024年03月
  • 2023年度 第9回 早稲田大学ORIS 若手国際シンポジウム「The Significance of QUAD in the “Free and Open Indo-Pacific”」

    大会・シンポジウム等

    杉山晋輔元外務次官を基調講演者に迎え実施.  

    2023年12月
    -
     
  • 2023年度 早稲田大学ORIS 第9回国際シンポジウム「和解を求めて 分断化と戦争の時代における歴史/記憶の意味」

    大会・シンポジウム等

    2023年11月
    -
     
  • Journal of Inter-Regional Studies: Regional and Global Perspectives (Vol. 6) 編纂

    2022年10月
    -
    2023年03月
  • 早稲田大学地域・地域間研究機構(ORIS) 2022年度ジャーナル『次世代論集』(No.6) 編纂

    2022年04月
    -
    2023年03月
  • 2022年度 第8回 早稲田大学ORIS 若手国際シンポジウム「Regional and Inter-regional Studies after Russia’s Invasion of Ukraine」

    大会・シンポジウム等

    早稲田大学, ORIS  

    2023年01月
     
     
  • 2022年度 第8回 早稲田大学ORIS 国際シンポジウム「ロシアによるウクライナ侵略後の政治経済」

    大会・シンポジウム等

    トーマス・リッセ(ベルリン自由大学教授)を基調講演者に迎え実施.  

    2022年11月
     
     
  • 早稲田大学地域・地域間研究機構(ORIS) 2021年度ジャーナル『次世代論集』(No.5) 編纂

    その他

    2021年04月
    -
    2022年03月
  • ワセダアジアレビュー『ポスト・コロナ禍と国際公共政策』(明石書店)編纂

    2021年04月
    -
    2022年02月
  • 2021年度 第7回 早稲田大学ORIS 若手国際シンポジウム「Regional and Inter-regional Studies in the Era of “US-China Confrontation”」

    大会・シンポジウム等

    Rajan Kumar (Jawaharlal Nehru University, India)ら、海外の国際政治学者、実務家らを迎え実施  

    2022年01月
     
     
  • 2021年度 第7回 早稲田大学ORIS 国際シンポジウム「米中対立と世界秩序 US-China Confrontation and World Order」

    大会・シンポジウム等

    ジョン・アイケンベリー(プリンストン大学教授)を基調講演者に迎え実施.  

    2021年11月
     
     
  • Authoritarian Regimes in Times of Crises: Strategies of Post-Soviet Authoritarian Leaders to Create Stability and Legitimacy. Paper Presented by Tatia Chikhladze (University of Bremen)

    学会・研究会等

    Uchida, Shu and Ó Beacháin, Donnacha. The Conference for Early-Stage Researchers of the ITN „Caspian“, St. Andrews University, U.K.  

    2016年06月
     
     

▼全件表示