押川 智貴 (オシカワ トモキ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

助教

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科   博士後期課程  

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科   修士課程  

  • 2012年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2021年03月   早稲田大学   博士 (スポーツ科学)

  • 2018年03月   早稲田大学   修士 (スポーツ科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   助教

  • 2021年04月
    -
    継続中

    聖学院大学   基礎総合教育部   非常勤講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本整形外科スポーツ医学会

  •  
     
     

    日本臨床スポーツ医学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 体育、身体教育学

  • スポーツ科学

  • リハビリテーション科学

  • 整形外科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腰痛

  • 体幹筋

  • スポーツ整形外科学

論文 【 表示 / 非表示

  • Coordinate activity of the quadratus lumborum posterior layer, lumbar multifidus, erector spinae, and gluteus medius during single-leg forward landing

    Tomoki Oshikawa, Gen Adachi, Hiroshi Akuzawa, Yu Okubo, Koji Kaneoka

    Journal of Electromyography and Kinesiology     102605 - 102605  2021年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • 投打のパフォーマンスを高めるトレーニングに関するレビュー

    勝亦 陽一, 村上 光平, 押川 智貴

    トレーニング科学   33 ( 2 ) 125 - 134  2021年06月  [招待有り]

  • Change in Regional Activity of the Quadratus Lumborum During Bridge Exercises

    Tomoki Oshikawa, Gen Adachi, Hiroshi Akuzawa, Yu Okubo, Koji Kaneoka

    Journal of Sport Rehabilitation   30 ( 2 ) 226 - 234  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <italic><bold>Context</bold>:</italic> The quadratus lumborum (QL) is expected to contribute to segmental motor control of the lumbar spine to prevent low back pain. It has different layers (anterior [QL-a] and posterior [QL-p] layers), whose functional differences are becoming apparent. However, the difference between the QL-a and QL-p activities during bridge exercises utilized in rehabilitation is unclear. <italic><bold>Objective</bold>:</italic> To compare QL-a and QL-p activities during bridge exercises. <italic><bold>Design</bold>:</italic> Repeated-measurement design was used to assess electromyographic activity of trunk muscles recorded during 14 types of bridge exercises. <italic><bold>Setting</bold>:</italic> University laboratory. <italic><bold>Participants</bold>:</italic> A total of 13 healthy men with no history of lumbar spine disorders participated. <italic><bold>Intervention</bold>:</italic> The participants performed 14 types of bridge exercises (3, 3, and 8 types of side bridge, back bridge, and front bridge [FB], respectively). <italic><bold>Main Outcome Measures</bold>:</italic> Fine-wire electromyography was used for QL-a and QL-p activity measurements during bridge exercises. <italic><bold>Results</bold>:</italic> Both QL-a and QL-p showed the highest activity during the side bridge with hip abduction  (47.3% [29.5%] and 43.0% [32.9%] maximal voluntary isometric contraction, respectively). The activity of the QL-a was significantly higher than that of the QL-p during back bridge with ipsilateral leg lift and FB elbow–toe with ipsilateral arm and contralateral leg lift (<italic>P</italic> &lt; .05). With regard to the QL-p, the activity of the FB hand–knee with contralateral arm and ipsilateral leg lift, the FB elbow–knee with contralateral arm and ipsilateral leg lift, and the FB elbow–toe with contralateral arm and ipsilateral leg lift were significantly higher than that of the FB elbow–knee and FB elbow–toe (<italic>P</italic> &lt; .05). <italic><bold>Conclusion</bold>:</italic> This study indicates different regional activities; the QL-a activated during the back bridge with ipsilateral leg lift and FB with ipsilateral arm lift, and the QL-p activated during the FB with ipsilateral leg lift. These results have implications for the rehabilitation of low back pain or lumbar scoliosis patients based on QL recruitment.

    DOI PubMed

  • Front Squat Increases Lumbar Lordosis Compared to Back Squat without Changing Lower Limb and Trunk Muscles Activity at the Same Absolute Barbell Weight

    Tomoki Oshikawa, Norifumi Takaki, Yasuhiro Morimoto, Hiroshi Akuzawa, Koji Kaneoka

    International Journal of Sport and Health Science   19   39 - 46  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Activity of the Quadratus Lumborum and Trunk Muscles Relates to Pelvic Tilt Angle During Pelvic Tilt Exercises

    Tomoki Oshikawa, Gen Adachi, Hiroshi Akuzawa, Yu Okubo, Koji Kaneoka

    American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation   99 ( 12 ) 1109 - 1115  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 濱野吉生記念褒賞

    2020年09月   早稲田大学  

    受賞者: 押川 智貴

  • 2020年度 奨学生

    2020年   公益財団法人 戸部眞紀財団  

    受賞者: 押川 智貴

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 腰椎椎間板変性を促進させる野球動作の特定

    研究活動スタート支援

    研究期間:

    2021年10月
    -
    2023年03月
     

    押川 智貴

    担当区分: 研究代表者

  • 腰椎椎間板変性を促進させる野球選手の特徴および野球動作の特定

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2022年03月
     

    押川 智貴

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 野球打撃動作時に利き手をバットから放したフォロースルーは腰部回旋角度を減少させる

    押川 智貴, 高木 紀史, 久保田 鍊, 中村 幸次, 阿久澤 弘, 金岡 恒治

    JOSKAS/JOSSM meeting 2021  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • 片脚荷重時の体幹筋活動解析-片脚立位・歩行・走行における左右比較-

    押川 智貴, 安達 玄, 阿久澤 弘, 大久保 雄, 金岡 恒治

    第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2020年12月

  • 体幹筋エクササイズ介入が打撃動作時の体幹挙動に与える影響

    高木 紀史, 押川 智貴, 久保田 鍊, 中村 幸次, 阿久澤 弘, 金岡 恒治

    第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2020年12月

  • Medial tibial stress syndromeの既往の有無によるドロップジャンプ中の運動学

    阿久澤 弘, 押川 智貴, 金岡 恒治

    第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2020年12月

  • 投球動作における前腕筋群の筋活動解析

    久保田 錬, 安達 玄, 押川 智貴, 高木 紀史, 中村 幸次, 阿久澤 弘, 金岡 恒治

    第46回日本整形外科スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2020年12月

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 健康・体⼒づくり実習B (球技(ベースボール型&ターゲット型))

    聖学院大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • ⽣涯スポーツ実習B (バレーボール)

    聖学院大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • スポーツ教養演習II

    早稲田大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • 健康・体⼒づくり実習A (球技(ベースボール型&ターゲット型))

    聖学院大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • ⽣涯スポーツ実習A (ソフトボール)

    聖学院大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>