Updated on 2022/06/26

写真a

 
INOUE, Natsuka
 
Affiliation
Faculty of Sport Sciences, School of Sport and Sciences
Job title
Assistant Professor(without tenure)

Education

  • 2009.04
    -
    2012.03

    早稲田大学大学院   スポーツ科学研究科 博士後期課程  

  • 2007.04
    -
    2009.03

    早稲田大学大学院   スポーツ科学研究科 修士課程  

  • 2003.04
    -
    2007.03

    Waseda University  

Professional Memberships

  • 2021.05
    -
    Now

    日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

  • 2013
    -
    Now

    日本運動器理学療法学会

  • 2013
    -
    Now

    日本スポーツ理学療法学会

  • 2008
    -
    Now

    日本臨床スポーツ医学会

 

Research Areas

  • Rehabilitation science   リハビリテーション医学

  • Sports sciences   スポーツ医科学

Papers

  • 膝前十字靱帯再建術後に再受傷に対する恐怖心が残存する女性アスリートの機能的特徴

    佐藤 正裕, 井上 夏香, 山口 徹, 間瀬 泰克

    JOSKAS   46 ( 3 ) 577 - 583  2021.10  [Refereed]

     View Summary

    【目的】膝前十字靱帯(ACL)再建術後の競技復帰は高率で可能となってきているものの,再受傷に対する恐怖心が残存する例は少なくない.本研究の目的は,ACL 再建術後に競技復帰した女性アスリートを対象に,再受傷に対する恐怖心が残存する症例と残存しない症例の患者背景と機能的特徴を比較し,恐怖心の要因を検討することである.【方法】対象は2014年9月〜2016年3月までに当院にて一側初回のACL 再建術を施行し,術前と同等の活動レベルに競技復帰した女性アスリート17名とした.競技復帰後に再受傷に対する恐怖心の有無を聴取し,恐怖心が残存しない群(NF群)と残存する群(WF群)との2群に分類した.2群間で患者背景(年齢,体型,活動レベル,受傷機転,手術側,半月板処置の有無,競技復帰時期)と機能評価(競技活動時の膝痛,膝関節可動域制限の有無,膝関節不安定性の有無,膝伸展・屈曲筋力および前方・内方・外方片脚ホップ(SLH)の患健比)を比較した.また,膝伸展・屈曲筋力とSLHの関連について相関関係を分析した.【結果】NF群は9名,WF群は8名で,競技活動中に再受傷に対する恐怖心を感じている症例は47%であった.患者背景では有意差を認める項目はなかった.機能評価では外方SLHでのみWF群が有意に低値を示し,その他の項目では有意差を認めなかった.SLHと膝伸展・屈曲筋力との関連では,前方SLHは膝伸展筋力と有意な相関を認めた(r=0.621,p<0.01)が,内方および外方SLHでは有意な相関を認めなかった.膝屈曲筋力はSLHのいずれとも有意な相関を認めなかった.【結語】ACL 再建術後に術前と同等の活動レベルに競技復帰した女性アスリートにおいて,再受傷に対する恐怖心が残存した群では外方SLHが低下していた.外方SLHの低下は膝周囲筋力の影響は受けておらず,今後はその原因解明が待たれる.(著者抄録)

  • 水中運動が中・高齢者の慢性腰痛に及ぼす効果

    井上 夏香, 金岡 恒治, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌   19 ( 3 ) 558 - 564  2011.08

     View Summary

    慢性腰痛者21名(男性2名、女性19名)を対象に、1回60分の水中運動プログラムを週2回、3ヵ月間実施した。運動前後で、身体計測、体幹・下肢の筋力・柔軟性測定、MRIによる筋横断面積計測、バランス能力評価、VAS、JOABPEQ、アンケート調査を行い、運動前後で比較した。その結果、体脂肪率は有意に減少し、腹直筋と大腰筋の横断面積は有意に増加し、下肢筋力・バランス能力・下肢柔軟性は有意に向上し、腰痛程度は有意差を認めないものの改善した。これらの結果より、水中運動は慢性腰痛者に有効な運動療法であることが示唆された。(著者抄録)

  • 水中と陸上運動時における下肢筋群の筋活動量

    井上 夏香, 内藤 健二, 中澤 公孝, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌   18 ( 1 ) 91 - 99  2010.01

     View Summary

    本研究では、水中と陸上における各種の運動時の筋活動を検討した。対象は健常成人男性6名とした。実験試技は、前進歩行、後進歩行、ジャンプ、片足スイング、ランジ、スクワットとし、水中、陸上ともに各対象者の至適速度で行った。また、各運動中に右側の大腿直筋、前脛骨筋、大臀筋、大腿二頭筋長頭、内側腓腹筋、ヒラメ筋の筋電図を測定した。その結果、全体的に水中よりも陸上のほうが大きい筋活動を示す傾向が見られた。しかし、運動の種類により、一部の筋では陸上よりも水中のほうが大きな筋活動を示した。本研究の結果より、水中において運動様式により、関節可動域訓練や筋力トレーニングが有用なことが示唆された。(著者抄録)

  • Effects of Whole Body Vibration on Skeletal Muscle Activity : Electromyography Analysis

    HIGASHIHARA A., SAKURAI T., INOUE N., ITAGAKI K., ARAKI M., UEDA Y., FUKUBAYASHI T.

    Japanese journal of clinical sports medicine   17 ( 1 ) 76 - 83  2009.01

    CiNii

Books and Other Publications

  • 下肢のスポーツ疾患治療の科学的基礎 : 筋・腱・骨・骨膜

    ( Part: Contributor, 第2章pp.67-74)

    ナップ  2015.03 ISBN: 9784905168348

Misc

Awards

  • その他部門最優秀賞

    2010   日本臨床スポーツ医学会  

Presentations

  • 当院の膝前十字靭帯損傷症例における受傷状況の調査

    井上夏香, 佐藤正裕

    第8回日本スポーツ理学療法学会 

    Presentation date: 2021.12

  • 膝前十字靱帯再建術前の競技レベルの違いが術後の競技復帰と筋力回復に及ぼす影響

    井上 夏香, 佐藤 正裕, 山口 徹, 間瀬 泰克

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2021.10

    Event date:
    2021.10
     
     
  • 膝前十字靭帯再建術後の10代患者の競技復帰時の心理的評価

    井上夏香, 佐藤正裕

    第7回日本スポーツ理学療法学会 

    Presentation date: 2021.01

    Event date:
    2021.01
    -
     
  • 10代における膝前十字靱帯再建術後の再受傷調査

    井上 夏香, 佐藤 正裕, 山口 徹, 間瀬 泰克

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2019.11

    Event date:
    2019.11
     
     
  • 当院における膝前十字靭帯再建術後の再受傷状況について

    井上夏香, 佐藤正裕

    第8回日本スポーツ理学療法学会 

    Presentation date: 2018.12

    Event date:
    2018.12
    -
     
  • 当院における膝前十字靱帯再建術後のスポーツ復帰の性差について

    井上 夏香, 佐々木 友里恵, 佐藤 正裕, 山口 徹, 間瀬 泰克

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2017.10

    Event date:
    2017.10
     
     
  • 膝前十字靱帯再建術後の復帰状況調査

    井上 夏香, 佐々木 友里恵, 佐藤 正裕, 山口 徹, 間瀬 泰克

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2015.10

    Event date:
    2015.10
     
     
  • 膝前十字靱帯再建術後の再受傷状況調査

    佐々木 友里恵, 井上 夏香, 佐藤 正裕, 山口 徹, 間瀬 泰克

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2015.10

    Event date:
    2015.10
     
     
  • 水中運動時の速度相違が筋活動に及ぼす影響

    井上 夏香, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2014.12

    Event date:
    2014.12
     
     
  • 水中運動が慢性腰痛者の筋横断面積に及ぼす影響

    井上 夏香, 金岡 恒治, 間瀬 泰克, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2013.10

    Event date:
    2013.10
     
     
  • 反重力トレッドミルの効果 荷重免荷歩行・走行時の科学的基礎研究

    井上 夏香, 武捨 友里恵, 福林 徹

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌  (一社)日本整形外科スポーツ医学会

    Presentation date: 2012.08

    Event date:
    2012.08
     
     
  • Effects of Lower Body Positive-Pressure Exercise on the Lower Extremity Activities, Foot Pressure and Foot Contact Area during Running

    Natsuka INOUE, Koji KANEOKA, Toru FUKUBAYASHI

    Orthopedic Research Society Annual Meeting 

    Presentation date: 2012.02

    Event date:
    2012.02
    -
     
  • スタティックストレッチとレッグストレッチャーのハムストリング柔軟性改善効果の比較

    佐藤 正裕, 和田 桃子, 井上 夏香, 佐々木 友里恵, 間瀬 泰克, 西良 浩一

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2011.12

    Event date:
    2011.12
     
     
  • 荷重免荷型トレッドミル歩行時の下肢筋群の筋活動量

    井上 夏香, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2011.12

    Event date:
    2011.12
     
     
  • 荷重免荷型トレッドミルにおける歩行・走行時の足底圧分布

    武捨 友里恵, 井上 夏香, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2011.10

    Event date:
    2011.10
     
     
  • 水中運動が中・高齢者の慢性腰痛に及ぼす影響

    井上 夏香, 金岡 恒治, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2011.10

    Event date:
    2011.10
     
     
  • Effect of Body Weight Supported Walking on lower-limb muscle activities

    Natsuka INOUE, Toru FUKUBAYASHI

    The 5th International Sport Science Symposium on "Active Life" 

    Presentation date: 2011.08

    Event date:
    2011.08
    -
     
  • Influence of aquatic exercise for elderly people with chronic low back pain

    Natsuka INOUE, Toru FUKUBAYASHI

    The 4th International Sport Science Symposium on "Active Life" 

    Presentation date: 2011.02

    Event date:
    2011.02
    -
     
  • Influence of aquatic exercise for elderly people with chronic low back pain

    Natsuka INOUE, Toru FUKUBAYASHI

    The 3rd International Sport Science Symposium on "Active Life" 

    Presentation date: 2010.07

    Event date:
    2010.07
    -
     
  • 変形性膝関節症患者に対する運動療法介入が歩行時膝関節運動に与える影響

    永野 康治, 内藤 健二, 深野 真子, 井上 夏香, 木村 知弘, 井田 博史, 赤居 正美, 福林 徹

    JOSKAS  (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

    Presentation date: 2010.03

    Event date:
    2010.03
     
     

     View Summary

    45歳〜79歳の女性で膝に痛みがある者を募集し、抽選で抽出され、かつ研究参加に関するインフォームドコンセントに同意した参加者50名を無作為に運動療法介入群25名、経過観察の対照群25名ずつに振り分けた。最終的に介入群20名、対照群19名を対象として、大腿四頭筋の強化、および股関節内外転筋の強化を中心とした運動療法が変形性膝関節症患者における歩行時膝関節運動に及ぼす効果を検討した。その結果、歩行時立脚期における膝関節運動をみると、膝内外転については接地直後に外転し、その後立脚中期にかけて内転した後、立脚後期に再度外転する角度変化がみられた。脛骨内外旋については、外旋位で接地した後に大きく内旋し、立脚中期に軽度外旋した後、再度内旋する角度変化がみられた。膝内外転について接地角度、内外転変化量に有意な交互作用は認めなかったが、50%立脚時の内外転角度に有意な交互作用がみられ、介入群で内転角度が減少し、対照群で内転角度が増加する傾向がみられた。脛骨内外旋について接地時角度、内外旋変化量に有意な交互作用は認めなかったが、50%立脚時の内外旋角度に有意な交互作用がみられ、介入群で外旋角度が減少し、対照群で外旋角度が増加する傾向がみられた。下肢筋力については、膝屈曲・伸展筋力に有意な交互作用は認めなかったが、股外転・内転筋力には有意な交互作用がみられ、介入群で筋力が増加する傾向がみられた。日本版変形性膝関節症患者機能評価表スコアについては有意な交互作用を認め、介入群でスコアが改善する傾向がみられた。

  • 全身振動刺激が下肢の筋疲労回復に及ぼす影響 スポーツ現場における検討

    井上 夏香, 東原 綾子, 櫻井 敬晋, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2009.12

    Event date:
    2009.12
     
     
  • 変形性膝関節症患者における歩行時膝関節微細運動と静的アライメントおよびJKOMスコアとの関係

    内藤 健二, 永野 康治, 深野 真子, 井上 夏香, 井田 博文, 鳥居 俊, 中澤 公孝, 赤居 正美, 福林 徹

    運動療法と物理療法  日本運動器科学会

    Presentation date: 2009.06

    Event date:
    2009.06
     
     
  • Whole Body Vibrationを用いた3ヵ月間のトレーニング効果

    井上 夏香, 東原 綾子, 櫻井 敬晋, 板垣 香里, 荒木 恵, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2008.12

    Event date:
    2008.12
     
     
  • 振動刺激が浮腫発症例に及ぼす影響

    櫻井 敬晋, 笹木 正悟, 井上 夏香, 東原 綾子, 小山 浩司, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2008.12

    Event date:
    2008.12
     
     
  • 下肢の筋疲労回復過程における全身振動刺激の有用性の検討

    東原 綾子, 井上 夏香, 櫻井 敬晋, 笹木 正悟, 小山 浩司, 福田 崇, 福林 徹

    体力科学  (一社)日本体力医学会

    Presentation date: 2008.12

    Event date:
    2008.12
     
     
  • 水深と運動形態の違いが水中運動時の筋活動に及ぼす影響

    井上 夏香, 内藤 健二, 中澤 公孝, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2008.10

    Event date:
    2008.10
     
     
  • Whole Body Vibration Trainingが筋活動に及ぼす効果 筋電図学的検討

    東原 綾子, 井上 夏香, 荒木 恵, 板垣 香里, 櫻井 敬晋, 上田 由紀子, 福林 徹

    日本臨床スポーツ医学会誌  (一社)日本臨床スポーツ医学会

    Presentation date: 2007.10

    Event date:
    2007.10
     
     

▼display all