2022/08/11 更新

写真a

ヒラヤマ ケント
平山 健人
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
助手

学歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   博士後期課程  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科   修士課程  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    昭和大学   保健医療学部   理学療法学科  

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   助手

  • 2013年04月
    -
    2020年07月

    東京湾岸リハビリテーション病院   リハビリテーション   理学療法士

 

研究分野

  • 認知脳科学

論文

  • Efficiency and Stability of Step-To Gait in Slow Walking

    Kento Hirayama, Yohei Otaka, Taichi Kurayama, Toru Takahashi, Yutaka Tomita, Seigo Inoue, Kaoru Honaga, Kunitsugu Kondo, Rieko Osu

    frontiers in Human Neuroscience   15  2022年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • アスリートの外傷と運動学習能力の関係に関する予備的検討

    大須理英子, 早川梨香子, 古賀敬之, 平山健人, 江川陽介

    人間科学研究   33 ( 2 ) 249 - 255  2021年03月  [査読有り]

  • Transcranial direct current stimulation of the posterior parietal cortex biases human hand choice

    Kento Hirayama, Takayuki Koga, Toru Takahashi, Rieko Osu

    Scientific Reports   11 ( 1 )  2021年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <title>Abstract</title>Hand choices—deciding which hand to use to reach for targets—represent continuous, daily, unconscious decisions. The posterior parietal cortex (PPC) contralateral to the selected hand is activated during a hand-choice task, and disruption of left PPC activity with a single-pulse transcranial magnetic stimulation prior to the execution of the motion suppresses the choice to use the right hand but not vice versa. These findings imply the involvement of either bilateral or left PPC in hand choice. To determine whether the effects of PPC’s activity are essential and/or symmetrical in hand choice, we increased or decreased PPC excitability in 16 healthy participants using transcranial direct current stimulation (tDCS; 10 min, 2 mA, 5 × 7 cm) and examined its online and residual effects on hand-choice probability and reaction time. After the right PPC was stimulated with an anode and the left PPC with a cathode, the probability of left-hand choice significantly increased and reaction time significantly decreased. However, no significant changes were observed with the stimulation of the right PPC with a cathode and the left PPC with an anode. These findings, thus, reveal the asymmetry of PPC-mediated regulation in hand choice.

    DOI

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 使用する手の選択に関する神経基盤の解明:前頭・頭頂葉ネットワークに着目して

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2021年08月
    -
    2023年03月
     

    平山 健人

  • 使う手の選択に関する神経基盤の解明ー前頭・頭頂葉ネットワークに着目してー

    早稲田大学  特定課題研究(研究基盤形成)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • The Effect of Risk on Hand-Choice

    日本学術振興会  若手研究者海外挑戦プログラム

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

    Nicolas Schweighofer Rieko Osu

  • 給付型奨学金

    公益財団法人 戸部真紀財団 

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    平山健人

講演・口頭発表等

  • 経頭蓋直流電気刺激による脳活動の変調が人の意思決定に及ぼす影響

    平山健人, 大須理英子

    BioJapan 2021  

    発表年月: 2021年10月

  • Electrical stimulation of the wrist biases human hand choice

    Kento Hirayama, Takayuki Koga, Toru Takahashi, Rieko Osu

    Society for the Neural Control of Movement Meeting 2021  

    発表年月: 2021年04月

    開催年月:
    2021年04月
     
     
  • トレッドミル歩行により下肢の振り出 しの円滑性および歩行速度が向上した頸髄損傷不全麻痺の一症例

    鷹觜紺, 平山健人, 伊藤ゆうき, 菅澤昌史, 紙本貴之, 新藤恵一郎

    第26回千葉県理学療法士学会  

    発表年月: 2021年03月

  • Effect of Median Nerve Electrical Stimulation on Human Hand Choice ‒ Preliminary Experiment -

    平山健人, 古賀敬之, 大須理英子

    第43回日本神経科学大会  

    発表年月: 2020年07月

  • Transcranial Direct Current Stimulation on Posterior Parietal Cortex Biases Human Hand Choice

    Kento Hirayama Takayuki, Koga Rieko Osu

    The 2nd International Symposium on Applied Abstraction and Integrated Design  

    発表年月: 2020年03月

  • 後頭頂葉への経頭蓋直流電気刺激が上肢選択意思決定に与える影響

    平山健人, 古賀敬之, 大須理英子

    第24回基礎理学療法学会学術大会  

    発表年月: 2019年12月

  • 後頭頂葉への直流電気刺激が上肢選択意思決定の選択率・反応時間に与 える影響

    平山健人, 古賀敬之, 大須理英子

    第13回モーターコントロール研究会学術大会  

    発表年月: 2019年08月

  • The characteristics of asymmetric gait in healthy adults

    Kento Hirayama, Yohei Otaka, Taichi Kurayama, Rumi Murakami, Kunitsugu Kondo

    The Scientific Congress of the Centre for Interdisciplinary Research in Rehabilitation (CRIR)  

    発表年月: 2016年09月

  • 揃え型歩行の歩行特性-健常者における検討

    平山健人, 大高洋平, 倉山太一, 村神瑠美, 近藤国嗣

    第10回モーターコントロール研究会  

    発表年月: 2016年08月

  • 通常歩行と揃え型歩行における歩行比の相違-健常者 における検討

    平山健人, 大高洋平, 倉山太一, 村神瑠美, 近藤国嗣

    第45 回日本臨床神経生理学会  

    発表年月: 2015年11月

▼全件表示

特定課題研究

  • 使用する手の選択に関する神経基盤の解明ー前頭・頭頂葉ネットワークに着目してー

    2021年  

     概要を見る

    使用する手の選択は,日常生活において無意識に行なっている意思決定の1つである。先行研究において,脳の後頭頂葉が手の選択に関与していることが報告されている。本研究では,手の選択に関するより広範囲の脳内ネットワークを明らかにするために,手の選択に関連が示唆されている運動前野に着目した。経頭蓋交流電気刺激法は,頭皮上から2つの脳部位に交流電流を流すことで,その脳領域間の機能的結合を促進または抑制できる。この刺激法を使い,左右の後頭頂葉と運動前野の機能的結合を促進または抑制した場合に,手の選択に及ぼす影響を検討した。現在,データ計測中であるが,左後頭頂葉と右運動前野の機能的結合の関与が示唆されている。