2022/07/02 更新

写真a

サトウ ソノコ
佐藤 園子
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
助教

学位

  • 2020年01月   ボルドー・モンテーニュ大学   博士(文学)

  • 2013年03月   東京大学   修士(学術)

  • 2010年03月   国際基督教大学   学士(教養)

  • 2021年05月   ル・マン大学   DUFLE(外国語としてのフランス語教授法)

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    国際基督教大学   非常勤講師

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   助教

  • 2020年09月
    -
    2021年03月

    獨協大学   外国語学部 フランス語学科   非常勤講師

  • 2020年09月
    -
    2021年03月

    国際基督教大学   キリスト教と文化研究所   研究員

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    東京大学   教養学部 フランス語・イタリア語部会   事務補佐員

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    独立行政法人日本学術振興会   特別研究員DC

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    フランス現代詩研究会

  •  
     
     

    ASLE-Japan文学環境学会

  •  
     
     

    日本フランス語フランス文学会

 

研究分野

  • ヨーロッパ文学

研究キーワード

  • FLE(外国語としてのフランス語教育)

  • フランス近現代詩

  • ジュール・シュペルヴィエル

  • フランス文学

論文

  • 1920年代におけるジュール・シュペルヴィエルの詩学の展開

    佐藤園子

    フランス語フランス文学研究   ( 119 ) 193 - 206  2021年08月  [査読有り]

  • 記憶の欠片の歌—ジュール・シュペルヴィエル『忘れがちの記憶』の詩学—

    佐藤園子

    日本フランス語フランス文学会関東支部論集   ( 29 ) 15 - 27  2020年12月  [査読有り]

  • Le verset dans Gravitations de Jules Supervielle : entre la liberté et l’ordre

    Sonoko SATO

    Résonances   ( 11 ) 80 - 92  2020年  [査読有り]

  • L’absence et la communication dans l’œuvre de Jules Supervielle

    Sonoko SATO

    préparée sous la direction de M. le Professeur Éric Benoit en vue de l’obtention du grade de docteur de l’Université Bordeaux Montaigne en Littérature française, francophone et comparée et soutenue à l’Université Bordeaux Montaigne le 16 décembre 2019   - 340  2019年12月  [査読有り]

  • La poétique de la suture : le pèlerinage de Jules Supervielle dans les Pyrénées

    Sonoko SATO

    Les écrivains en Aquitaine, Actes du congrès de Périgueux, 10 et 11 septembre 2016, « Bulletin de la Société Historique et Archéologique du Périgord »   144   479 - 487  2017年06月  [査読有り]

  • 南米あるいは夢の出発点 : ジュール・シュペルヴィエル『船着き場』から『パンパの男』へ

    佐藤 園子

    Résonances : レゾナンス : 東京大学大学院総合文化研究科フランス語系学生論文集   ( 9 ) 42 - 49  2015年12月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • 事物・眠り・言葉 : ジュール・シュペルヴィエルの夢の領域

    佐藤 園子

    ICU比較文化   ( 46 ) 1 - 22  2014年03月  [査読有り]

     概要を見る

    La présente étude porte sur les oeuvres composées par Jules Supervielle(1884-1960) entre 1927 et 1930. Elle a pour but de montrer la structure du rêve denotre poète en examinant la fonction du sommeil et la saisie poétique des choses.Elle implique l'examen du langage poétique de Supervielle par rapport aupremier Manifeste du surréalisme (1924) d'André Breton qui avait un intérêt pourle rêve en tant que source de la création poétique.Nous examinons tout d'abord la saisie poétique des choses en analysant lespoèmes intitulés « Saisir ». Le locuteur cherche à saisir les choses inconsciemmentdans l'espace onirique. Ce n'est pas une possession des choses mais une suite demouvements dont il s'agit ici. Mais, à cause des échecs répétés, le sujet poétiqueattend que le sommeil saisisse les choses à sa place. Or, ces mains, celles dusujet poétique, nous pourrions les identifier aux mains du poète lui-même, quis'engagent dans l'écriture du poème en question. En l'occurrence, on pourraitdire que les poèmes sur l'acte de saisir les choses sont des discours sur la poésieelle-même.Ensuite nous examinons les caractéristiques du sommeil chezSupervielle. L'analyse des poèmes intitulés « Tornade de sommeil » et « Lelac endormi » montre que, dans l'univers poétique de Supervielle, l'oubli estun motif inséparable du sommeil. Dans le sommeil, l'arrêt du temps et del'espace ainsi que le fonctionnement de l'oublie permettent aux choses de semétamorphoser.Après l'analyse du sommeil, nous essayons de mettre au clair le langagepoétique de Supervielle en analysant le poème intitulé « Réveil ». Au moment duréveil, il est impossible que le locuteur s'exprime parce que les mots sont restésdans l'espace onirique. Cette remarque nous permet de dire que, chez Supervielle,il est important de saisir les mots avec la raison pour la connaissance du mondealors qu'il suffit au surréalisme d'écrire directement les mots provenant d'unrêve.Le tâtonnement pour saisir les choses avec une précision onirique dansl'oeuvre de Supervielle nous montre que, bien qu'il affronte une impossibilité, lepoète a confiance aux mots eux-mêmes pour connaître le monde.

    CiNii

▼全件表示

Misc

  • お気に入りのフランス語の本(リレー連載3)・フランス語のアミューズブーシュに舌鼓

    佐藤園子

    ふらんす   ( 2021年12月 ) 71  2021年12月

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

その他

  • 共訳、フランソワ・ビゼ作・演出、マルチメディア・パフォーマンス『渦巻くもの』

     概要を見る

    字幕作成(2021年11月27日上演)

受賞

  • Hommage de la Ville d'Oloron Ste-Marie

    2020年02月   Ville d'Oloron Ste-Marie  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • ジュール・シュペルヴィエル作品における不在と伝達

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    佐藤 園子

     概要を見る

    本研究は、ジュール・シュペルヴィエルの作品を対象に、自伝的な喪失の体験及び、不在と伝達の弁証法を伴う詩的行為そのものとの関連でシュペルヴィエルに固有の詩的言語を考察することを目的として実施された。今年度の研究実施計画は以下の通りであった。第一に、シュペルヴィエルの文学における「透明な難解さ」という概念が、他の作家との交流、とりわけ書簡を通した交流によっていかに形成されていったのかを分析し、ラルボー、ポーラン、エティアンブルがシュペルヴィエルの文学理論構築の中でそれぞれ別の役割を担っていることを明らかにすること。第二に、初期、中期作品における文学概念と形式の相克を、象徴主義、ロマン主義、モデルニスム、シュルレアリスムとの位置関係の中に描き出すこと。第三に、詩句の構造およびテクスト生成過程における詩句の音韻論的修正を考察し、詩句の中でいかに「透明な難解さ」の概念が実践されるかを検討すること。
    研究の実施状況は概ね計画に沿ったものであった。昨年度の学会発表をもとに、『縫合の詩学―ジュール・シュペルヴィエルのピレネー巡礼―』(原題はフランス語)と題する論文を投稿した。この論文では、散文作品である『泉に飲む』の読解を中心にシュペルヴィエルの詩学におけるピレネーの土地の持つ意味を確認し、詩篇『オロロン・サント・マリー』の音韻論的分析へとつなげる形で、共感が死者へと向けられる過程を分析した。また、この論文を展開させる形で、両親の不在がシュペルヴィエルの詩学の方向性を定めていることを、博士論文の第一部にまとめた。今後は、音韻、リズム、イメージの観点から韻文作品の語彙の通時的分析を行い、博士論文にまとめたいと考えている。

講演・口頭発表等

  • シルヴィア・バロン・シュペルヴィエルを読む

    佐藤園子

    フランス現代詩研究会、東京/パリ(オンライン)  

    発表年月: 2021年11月

  • 1920年代におけるジュール・シュペルヴィエルの詩学の展開ー『ユーロープ』誌との関わりを中心にー

    佐藤園子

    日本フランス語フランス文学会2020年度秋季大会  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • 記憶の欠片の歌—ジュール・シュペルヴィエル『忘れがちの記憶』の詩学—

    佐藤園子

    日本フランス語フランス文学会関東支部大会(開催中止、代替措置により音声聴取のみ実施)  

    発表年月: 2020年03月

  • シュペルヴィエルのconte-poèmeについて

    佐藤園子

    フランス現代詩研究会、東京/パリ(オンライン)  

    発表年月: 2018年08月

  • L’espace orphique chez Supervielle

    Journée d’étude de l’équipe TELEM de l’Université Bordeaux-Montaigne  

    発表年月: 2017年01月

  • ジャン・フォランを読む

    佐藤園子

    フランス現代詩研究会、東京/パリ(オンライン)  

    発表年月: 2016年12月

  • La poétique de la suture : le pèlerinage de Jules Supervielle en Aquitaine

    Sonoko Sato

    LXIXᵉ congrès de la FHSO — Les écrivains en Aquitaine —  

    発表年月: 2016年09月

    開催年月:
    2016年09月
     
     
  • ジュール・シュペルヴィエルを読む

    佐藤園子

    フランス現代詩研究会、東京/パリ(オンライン)  

    発表年月: 2016年05月

▼全件表示

特定課題研究

  • ジュール・シュペルヴィエル作品の地理−詩学的研究

    2021年  

     概要を見る

    詩集『船着場』から『引力』に至る1920年代の詩学の展開を、ジュール・シュペルヴィエルと雑誌『ユーロープ』との関わりを中心に分析し、これまで見過ごされがちだったシュペルヴィエルのテクストの社会的背景を明らかにした上で、『船着場』におけるメトニミーの論理が『引力』におけるメタモルフォーズへと変遷する過程を論じた。この成果を『日本フランス語フランス文学会』に投稿した。 

 

担当経験のある科目(授業)

  • フランス詩I、フランス詩II

    国際基督教大学  

  • フランス語 I、フランス語II

    獨協大学  

 

委員歴

  • 2016年
    -
    2017年

    東京大学大学院総合文化研究科フランス語系学生論文集『Résonances』第10 号編集委員