山田 晴也 (ヤマダ セイヤ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

助手

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学研究科   健康・生命医科学研究領域 博士後期過程  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   人間科学研究科   健康・生命医科学研究領域 修士課程  

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   人間科学部   人間情報科学科  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   助手

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会 特別研究員DC1

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   人間科学部   教育コーチ

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本神経科学学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本分子生物学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学

  • 神経科学一般

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 神経幹細胞、ニューロン新生、プリノソーム、翻訳後修飾

論文 【 表示 / 非表示

  • Drp1 SUMO/deSUMOylation by Senp5 isoforms influences ER tubulation and mitochondrial dynamics to regulate brain development

    Seiya Yamada, Ayaka Sato, Hiroki Akiyama, Shin-ichi Sakakibara

    preprint, bioRxiv    2021年04月

     概要を見る

    <title>ABSTRACT</title>Brain development is a highly orchestrated process requiring spatiotemporally regulated mitochondrial dynamics. Drp1, a key molecule in the mitochondrial fission machinery, undergoes various post-translational modifications including conjugation to the small ubiquitin-like modifier (SUMO). However, the functional significance of SUMOylation/deSUMOylation on Drp1 remains controversial. SUMO-specific protease 5 (Senp5L) catalyzes the deSUMOylation of Drp1. We revealed that a splicing variant of Senp5L, Senp5S, which lacks peptidase activity, prevents deSUMOylation of Drp1 by competing against other Senps. The altered SUMOylation level of Drp1 induced by Senp5L/5S affects Drp1 ubiquitination and tubulation of the endoplasmic reticulum (ER), thereby influencing mitochondrial morphology. A dynamic SUMOylation/deSUMOylation balance controls neuronal polarization and migration during the development of the cerebral cortex. These findings suggest a novel role of post translational modification, in which a deSUMOylation enzyme isoform competitively regulates mitochondrial dynamics and ER tubulation via Drp1 SUMOylation levels in a tightly controlled process of neuronal differentiation and corticogenesis.

    DOI

  • Nwd1 Regulates Neuronal Differentiation and Migration through Purinosome Formation in the Developing Cerebral Cortex

    Seiya Yamada, Ayaka Sato, Shin-ichi Sakakibara

    iScience   23 ( 5 ) 101058 - 101058  2020年05月

    DOI PubMed

  • Control of cell migration by the novel protein phosphatase-2A interacting protein inka2

    Hiroki Akiyama, Yumi Iwasaki, Seiya Yamada, Hiroyuki Kamiguchi, Shin-ichi Sakakibara

    Cell and Tissue Research   380 ( 3 ) 527 - 537  2020年01月

    DOI

  • Expression profile of the STAND protein Nwd1 in the developing and mature mouse central nervous system

    Seiya Yamada, Shin-ichi Sakakibara

    Journal of Comparative Neurology (with cover page)   526 ( 13 ) 2099 - 2114  2018年09月

    DOI

受賞 【 表示 / 非表示

  • 小野梓記念賞 (学術賞)

    2020年03月   早稲田大学  

    受賞者: 山田晴也

  • 優秀発表賞

    2019年07月   NEURO2019(第42回日本神経科学大会/第62回神経化学会大会)  

    受賞者: 山田晴也, 秋山博紀, 榊原伸一

  • ジュニア研究者ポスター賞

    2018年07月   第41回日本神経科学大会  

    受賞者: 山田晴也, 秋山博紀, 榊原伸一

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Nwd1遺伝子によるプリノソーム形成を介した新たな大脳皮質発生機構の解明

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

    山田晴也

    担当区分: 研究代表者

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 新規遺伝子Nwd1は大脳皮質発生を制御する

    山田 晴也, 秋山博紀, 榊原伸一

    Neuro2019(第42回日本神経科学学会・ 第62回日本神経化学会大会合同大会)  

    発表年月: 2019年07月

    開催年月:
    2019年07月