2022/08/16 更新

写真a

マツキ ユウマ
松木 祐馬
所属
文学学術院 文学部
職名
助手
メールアドレス
メールアドレス

学位

  • 2013年03月   早稲田大学   学士(社会科学)

  • 2016年03月   早稲田大学   修士(文学)

所属学協会

  • 2019年06月
    -
    継続中

    「宗教と社会」学会

  • 2019年06月
    -
    継続中

    日本パーソナリティ心理学会

  • 2019年05月
    -
    継続中

    法と心理学会

  • 2018年02月
    -
    継続中

    日本中東学会

  • 2018年01月
    -
    継続中

    日本応用心理学会

  • 2017年11月
    -
    継続中

    日本感情心理学会

  • 2017年07月
    -
    継続中

    情報通信学会

  • 2017年06月
    -
    継続中

    日本説得交渉学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本心理学会

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本社会心理学会

  • 2015年01月
    -
    継続中

    日本グループ・ダイナミックス学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 社会心理学

研究キーワード

  • 自己

  • 社会的アイデンティティ

  • 集団同一視

  • 態度変容

  • 社会心理学

  • 犯罪

  • 対人行動

  • インターネット

  • 差別・偏見

  • 集団行動

  • 態度

▼全件表示

論文

  • 死刑への支持と犯罪不安および被害リスク知覚の関連(印刷中)

    向井智哉, 松木祐馬, 湯山祥, 貞村真宏

    法と心理    2021年  [査読有り]

  • 厳罰傾向と自由意志信念の関連における非難の媒介効果

    松木 祐馬, 向井 智哉, 湯山 祥, 貞村 真宏

    パーソナリティ研究   30 ( 1 ) 45 - 47  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 性格の類似性が対人魅力評価に及ぼす影響――被評価者に顕著な性格特性に着目して――

    松木 祐馬, 松本 芳之

    パーソナリティ研究   29 ( 3 ) 141 - 143  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • 犯罪に関するリスク知覚と知識量の関連

    松木 祐馬, 向井 智哉

    法と心理   20 ( 1 ) 159 - 164  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 間接質問法による違法ダウンロード経験者の割合の推定

    西川 開, 向井 智哉, 松木 祐馬

    情報知識学会誌   30 ( 3 ) 349 - 360  2020年09月  [査読有り]

     概要を見る

    <p> 本研究では,違法ダウンロードの実態をより正確に把握することを目的に,日本の大学生を対象に質問紙調査を実施した.「違法ダウンロード経験の有無」について,直接的に経験の有無を問う質問紙と,回答者の回答内容を調査者にも分からないように設定し回答の匿名性を高める手法である間接質問法を用いた質問紙を用意し,両手法間で「経験がある」と回答する割合にどの程度の差がみられるかを比較した.分析の結果,直接的に質問した場合「経験がある」と回答した人の割合は29.1%,間接質問法を用いた場合「経験がある」と回答した人の割合の推定値は57.0%であり,その差は27.9%であった.本研究の結果は,直接的な質問方法を用いている既存の調査で示されるよりもはるかに広く違法ダウンロード行為が行われていることを示すものであると考えられる.</p>

    DOI CiNii

  • 日韓におけるコミュニティ意識の比較

    松木 祐馬, 向井 智哉, 金 信遇, 木村 真利子, 近藤 文哉

    パーソナリティ研究   29 ( 2 ) 71 - 74  2020年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <p>This study aimed to investigate differences in the common factor of community consciousness between Japan and Korea. The scale included four subscales: "solidarity," "self-determination," "attachment," and "dependency on others." Web surveys were conducted in 669 adults (330 Japanese, 339 Koreans). Results of the survey showed that configural invariance was confirmed only for "self-determination" and its latent mean was higher in Korean participants. In sum, the results suggest that Japan and Korea have similarities and differences regarding community consciousness, which may be attributed to various factors such as social mobility and attitudes toward civil rights.</p>

    DOI CiNii

  • 厳罰傾向と帰属スタイルの関連――日韓の比較から――

    向井 智哉, 松木 祐馬, 木村 真利子, 近藤 文哉

    心理学研究   91 ( 3 ) 183 - 192  2020年08月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>This study aims to explore how the relationship between punitiveness and attributional style differs between Japan and Korea. Data from 330 Japanese and 339 Koreans were analyzed. Multi-group structural equation modeling showed that in both Japan and Korea, punitiveness consisted of three factors (support for harsher punishment, greater criminalization, and use of the death penalty) while the attributional style consisted of two factors (dispositional attribution and situational attribution). In both countries, dispositional attribution was related to punitiveness. Regarding differences, the scores for punitiveness on all three subscale scores and for dispositional attribution were higher in Korea whereas the negative relationship between punitiveness subscale scores and situational attribution was stronger in Japan. This suggests that Japanese are less likely to support punitive measures for criminals and to attribute the causes of crime to the criminals themselves than Koreans. In addition, when deciding on the severity of punishment, Japanese are more likely to take situational causes into consideration.</p>

    DOI CiNii

  • 全般的集団同一視傾向尺度(GGIT)の作成と信頼性・妥当性の検証

    松木 祐馬, 下司 忠大

    パーソナリティ研究   29 ( 2 ) 47 - 49  2020年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <p>The purpose of this study is to develop the General Group Identification Tendency (GGIT) scale that measures individual tendency to identify with ingroups regardless of the type of group and examine its reliability and validity. Results of questionnaire surveys that were conducted with university students showed sufficient internal consistency and validity, which was estimated in terms of the relationship with contextualism, degree of identification with the university, collective self-esteem, and allocentric tendency. These results indicated that the GGIT scale is valid.</p>

    DOI CiNii

  • ムスリムに対する受容的態度の日韓における規定要因――統合脅威理論の立場から――

    向井 智哉, 金 信遇, 木村 真利子, 近藤 文哉, 松木 祐馬

    宗教と社会   26 ( 26 ) 1 - 15  2020年06月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

    CiNii

  • 厳罰傾向と犯罪者および被害者に対する感情的反応との関連――犯罪不安,怒り,共感に着目して――

    向井 智哉, 松木 祐馬

    感情心理学研究   27 ( 3 ) 95 - 103  2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    <p>This study aimed to explore how emotional reactions toward criminals and victims affect punitiveness, with special attention to fear, anger, and empathy. Past research on punitiveness has long emphasized the role of emotion in determining individual levels of punitiveness. However, these studies have at least two limitations: 1) varying definitions of punitiveness among studies, and 2) limited scope of research—mainly limited to Western countries. We addressed these limitations by using a validified scale measuring punitiveness in the Japanese context. Questionnaires were distributed to 330 individuals. The results showed that fear of crime, anger toward criminals, and empathy toward criminals and victims were all correlated with two sub-constructs of punitiveness (support for harsher punishment and criminalization). However, once other variables were controlled, only anger toward criminals and fear of crime showed a significant relation with punitiveness, suggesting that these two emotion-related variables play an important role in determining punitiveness. The implications of the study are discussed.</p>

    DOI CiNii

  • 宗教信者イメージと受容的態度の関連

    松木 祐馬, 向井 智哉, 近藤 文哉, 金 信遇, 木村 真利子

    パーソナリティ研究   29 ( 1 ) 17 - 19  2020年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <p>This study examined the relationship between images of religious believers and tolerant attitudes toward them. A questionnaire was administered to 220 respondents via a web survey. Exploratory factor analysis revealed that images of religious believers consisted of three factors: "mentally vulnerable," "pious," and "virtuous." Furthermore, hierarchical multiple regression analysis indicated that, regardless of whether the respondents were themselves religious or not, virtuous images were associated with tolerant attitude toward them. In contrast, the relationship between mentally vulnerable and pious images and a tolerant attitude was different, depending on respondents' religiousness.</p>

    DOI CiNii

  • テキストベースの討議が個人の態度変容に与える影響――ベイジアンANOVAによる平均値の比較――

    松木 祐馬

    実験社会心理学研究   59 ( 2 ) 61 - 73  2020年03月  [査読有り]

    DOI

  • 違法ダウンロードに対する量刑判断――「万引き」との比較から――

    松木 祐馬, 西川 開, 向井 智哉

    情報通信学会誌   38 ( 3 ) 29 - 38  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • ムスリムイメージの因子構造の日韓比較 ―― 質問紙法を用いた実証研究――

    向井 智哉, 金 信遇, 松木 祐馬, 木村 真利子, 近藤 文哉

    日本中東学会年報   35 ( 2 ) 205 - 227  2020年01月  [査読有り]

    CiNii

  • ムスリムに対する受容的態度、イメージ、脅威認知、国家アイデンティティの関連

    松木 祐馬, 向井 智哉, 近藤 文哉, 木村 真利子, 金 信遇

    実践政策学   5 ( 2 ) 121 - 128  2019年12月  [査読有り]

    CiNii

  • ムスリムに対する受容的態度およびイメージに対して情報提示が及ぼす影響―脅威・類似情報の提示とその認知を中心に―

    近藤 文哉, 金 信遇, 松木 祐馬, 向井 智哉, 木村 真利子

    AGLOS   8   1 - 18  2019年05月  [査読有り]

▼全件表示

書籍等出版物

  • たのしいベイズモデリング2 : 事例で拓く研究のフロンティア

    豊田 秀樹, 武藤 拓之, 久保 沙織, 岡 律子, 秋山 隆, 伊東 宏樹, 伊藤 瑛志, 松木 祐馬, 坂本 次郎, 山森 光陽, 宋 財泫, 矢内 勇生, 土田 尚弘, 馬 景昊, 永野 駿太, 五島 光, 松浦 拓也, 小野 滋, 登藤 直弥, 梅垣 佑介, 山根 嵩, 山田 剛史( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第7章 SNSではどのような自分語りが許されるのか? pp.71-80)

    北大路書房  2019年11月 ISBN: 9784762830839

Misc

  • 違法ダウンロード行為を規定する要因のモデル化の試み(印刷中)

    向井智哉, 松木祐馬, 西川開

    知的財産法政策学研究    2021年  [招待有り]

その他

  • 早稲田大学大学院博士後期課程若手研究者養成奨学金 採用

    2016年
    -
    2018年

受賞

  • 論文賞佳作

    2021年06月   情報通信学会   違法ダウンロードに対する量刑判断――「万引き」との比較から――  

    受賞者: 松木祐馬・西川開・向井智哉

  • 優秀論文賞

    2020年12月   日本グループ・ダイナミックス学会   テキストベースの討議が個人の態度変容に与える影響――ベイジアンANOVAによる平均値の比較――  

    受賞者: 松木 祐馬

  • Best Oral Presentation Award

    2017年   East Asian Association of Psychology and Law   Punitiveness is determined by fear of crime and attitudes toward the criminal  

    受賞者: Mukai, T. & Matsuki, Y.

講演・口頭発表等

  • 厳罰傾向と自由意志信念の関連――非難と応報主義の媒介効果――

    湯山祥, 貞村真宏, 松木祐馬, 向井智哉

    法と心理学会第21回大会  

    発表年月: 2020年

  • Attribution style moderates the relation between religiosity and punitiveness: A comparison of Korea and Japan

    Mukai, T, Matsuki, Y

    1st Psychology & Law Open Science Conference  

    発表年月: 2019年

  • ムスリムイメージの日韓における等価性の検討

    向井智哉, 松木祐馬, 木村真利子, 金信遇, 近藤文哉

    日本応用心理学会第86回大会  

    発表年月: 2019年

  • 宗教信者イメージ尺度作成の試み

    松木祐馬, 向井智哉, 近藤文哉, 金信遇, 木村真利子

    日本応用心理学会第86回大会  

    発表年月: 2019年

  • メディア接触と批判的思考態度が犯罪不安及びリスク知覚に与える影響

    松木祐馬・向井智哉・湯山祥

    法と心理学会第20回大会  

    発表年月: 2019年

  • 討議場面の閲覧による態度変容と説得力評価の関連――ベイズ統計を用いた探索的検討――

    松木祐馬

    日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会  

    発表年月: 2019年

  • 集団同一視傾向尺度の開発と信頼性・妥当性の検討

    松木祐馬

    日本社会心理学会第60回大会  

    発表年月: 2019年

  • The determinants of punitiveness and support for capital penalty: A comparison of Korea and Japan

    Mukai, T, Matsuki, Y

    14th Conference of East Asian Association of Psychology and Law  

    発表年月: 2018年

  • ムスリムへの受容的態度に対する情報提示の影響

    向井智哉, 金信遇, 近藤文哉, 松木祐馬

    日本中東学会第34回大会  

    発表年月: 2018年

  • ムスリムに対するテロイメージと受容的態度の関係

    松木祐馬, 向井智哉, 金信遇, 近藤文哉

    日本応用心理学会第85回大会  

    発表年月: 2018年

  • メディアへの接触と批判的思考は犯罪の知識量と治療的司法への支持に影響するか

    松木祐馬, 向井智哉

    日本社会心理学会第59回大会  

    発表年月: 2018年

  • 自己呈示としての流行追及傾向

    松木祐馬

    日本心理学会第82回大会  

    発表年月: 2018年

  • Punitiveness is determined by fear of crime and attitudes toward the criminal

    Mukai, T, Matsuki, Y

    East Asian Association of Psychology and Law 11th Annual Conference  

    発表年月: 2017年

  • 内集団ひいきが評価バイアスに及ぼす非対称性効果

    松木祐馬

    日本グループ・ダイナミックス学会第64回大会  

    発表年月: 2017年

  • 人格の類似性が対人魅力に与える効果を自尊感情が調整するか?

    松木祐馬

    日本社会心理学会第58回大会  

    発表年月: 2017年

  • Reading text-based discussion effects on group polarization

    Matsuki, Y

    The Japanese Psychological Association and 31st International Congress of Psychology  

    発表年月: 2016年

  • SNSにおける自己開示の適切さに関する検討

    松木祐馬

    日本社会心理学会第57回大会  

    発表年月: 2016年

  • 議論閲覧が態度変容に与える影響

    松木祐馬

    日本グループ・ダイナミックス学会第63回大会  

    発表年月: 2016年

  • 漢字三字熟語の出現頻度に対するファミリーサイズの効果の検討

    水越陸太, 吉原将大, 薛俊毅, 井田圭祐, 松木祐馬, 瀧川諒子, 日野泰志

    第18回認知神経心理学研究会  

    発表年月: 2015年

▼全件表示

特定課題研究

  • 集団同一視のしやすさに関する個人差と心理的健康及び差別・偏見の関連

    2021年   下司 忠大

     概要を見る

    In recent years, impacts of multiple social identities has been focused. The purpose of this study was to assess the relationship between awareness of multiple social identities and discrimination, and life satisfaction, considering the mediating effect of attitude toward outgroup members. An online survey was conducted with 386 participants (male = 178, female = 208). Latent profile analysis based on three group identification variables (sex, age, Japanese) suggested two clusters: high and low awareness of multiple social identities. When awareness of multiple social identities was high, life satisfaction and awareness of discrimination were also high, and attitude toward outgroup members was favorable. Additionally, the results of multiple group structural equation modeling indicated that attitude toward outgroup members mediated the relationship between awareness of discrimination and life satisfaction, when awareness of multiple social identities was high. The impact of awareness of multiple social identities on psychological well-being is discussed.

 

担当経験のある科目(授業)

  • 心理学概論

    桐蔭横浜大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 心理学Ⅱ

    桐蔭横浜大学  

    2020年09月
    -
    2021年03月
     

 

委員歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本パーソナリティ心理学会  経常的研究交流委員会 委員