2022/01/23 更新

写真a

タメスエ カズヒコ
爲末 和彦
所属
理工学術院 国際情報通信研究センター
職名
上級研究員(研究院講師)

経歴

  • 2009年10月
    -
    2021年03月

    パナソニック株式会社   コネクティッドソリューションズ社

  • 1999年09月
    -
    2009年09月

    パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)

所属学協会

  •  
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     

    IEEE

 

研究分野

  • 情報ネットワーク   移動体通信システム

論文

  • Optimizing Packet Transmission for Ledger-Based Points Transfer System in LPWAN: Solutions, Evaluation and Standardization

    Xin Qi, Keping Yu, Toshio Sato, Kouichi Shibata, Eric Brigham, Takanori Tokutake, Rikiya Eguchi, Yusuke Maruyama, Zheng Wen, Kazuhiko Tamesue, Yutaka Katsuyama, Kazue Sako, Takuro Sato

    ITU Kaleidoscope 2021    2021年11月  [査読有り]

  • Content-oriented Multicamera Trajectory Forecasting Surveillance Network System

    Xin Qi, Toshio Sato, Keping Yu, San Hlaing Myint, Yutaka Katsuyama, Kazuhiko Tamesue, Kiyohito Tokuda, Zheng Wen, Takuro Sato

    International Conference on Ubiquitous and Future Networks, ICUFN   2021-August   17 - 22  2021年08月  [査読有り]

     概要を見る

    To reduce safety violations in wide-area ranges, there is a need for highly functional multicamera surveillance systems. We introduce a multicamera trajectory forecasting surveillance network system based on a content-oriented suspicious object network system. This system uses multiple cameras in detection and recognition to track persons among different areas and is capable of retracking people. Each camera node has a processing unit and uses information-centric networking technology to build a content-oriented IoT network. We use field-recorded data to support the simulation, and the evaluation result indicates that our trajectory forecasting method is more efficient than conventional surveillance systems.

    DOI

  • Ledger-based Points Transfer System in LPWAN: From Disaster Management Aspect

    Xin Qi, Keping Yu, Toshio Sato, Kouichi Shibata, Eric Brigham, Takanori Tokutake, Rikiya Eguchi, Yusuke Maruyama, Zheng Wen, Kazuhiko Tamesue, Yutaka Katsuyama, Kazue Sako, Takuro Sato

    2021 International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management (ICT-DM) December 2021    2021年08月  [査読有り]

  • Simulation and Evaluation of 28GHz SHF Wave Beamforming with 4x4 Element Configuration Using RF Circuit Phase Control

    Kazuhiko Tamesue, Zheng Wen, Takuro Sato

    JOURNAL OF ADVANCED SIMULATION IN SCIENCE AND ENGINEERING   8 ( 1 ) 1 - 11  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    In the 5th generation mobile communication system (5G), there is a strong demand for higher speed and higher capacity. The beamforming technique using phased-array antennas is effective for long-distance radio propagation and for reducing interference signals in the high SHF (super high frequency) band because the phase shift of the antenna array elements can be controlled to produce a narrow-band beam and to control the directivity. We have developed the 28 GHz array antenna for small cells and evaluated the beamforming characteristics using an RF analog phase shifter control scheme. In this paper, we verify the computer simulation and evaluation results of the beamforming characteristics of a newly developed 4x4 phased array antenna.

    DOI

  • AI Management System to Prevent Accidents in Construction Zones Using 4K Cameras Based on 5G Network

    Daichi Nozaki, Koki Okamoto, Toru Mochida, Xin Qi, Zheng Wen, San Hlaing Myint, Kiyohito Tokuda, Takuro Sato, Kazuhiko Tamesue

    International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications, WPMC   2018-November   462 - 466  2018年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Accident prevention for trucks, cranes and work vehicles at construction sites is important. Here, we use high-precision surveillance cameras with 4K cameras as IoT terminals to implement safe workplace environments. In this research, the system transmits photographic images from trucks, cranes, and other construction equipment fitted with 4K cameras at the work site to a database via 5G wireless networks, and uses AI to assess the interactions and movements of workers in the database. We introduce a system that makes it possible to avoid crashes by informing truck and crane drivers, and notifying automatic driving trucks and crane cars of that information. It is conceivable that uplink traffic could become congested due to many vehicles equipped with 4K cameras simultaneously transmitting images over the 5G uplink. Here, as a basic 5G characteristic evaluation, 4K images from trucks or cranes moving at a low speed are transmitted to the database according to moving speed and distance to the 5G terminal connecting the base station and IoT device. Based on the error environment, we report the relation with the error of the system that judges and identifies the surrounding environment using AI when video quality is deteriorated.

    DOI

  • 次世代無線システムシミュレーションの研究開発

    爲末和彦, 佐藤拓朗

    シミュレーション   36 ( 4 )  2017年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    J-GLOBAL

  • 基地局間連携 MIMO における帯域保証リソース割当方式に関する一考察

    大西健太, 爲末和彦, 佐藤拓朗

    日本シミュレーション学会論文誌(Web)   4 ( 3 )  2012年  [査読有り]

    J-GLOBAL

  • 複数基地局間における帯域保証動的チャネル割当方式

    大西健太, 爲末和彦, 佐藤拓朗

    電子情報通信学会論文誌 B   J94-B ( 11 )  2011年  [査読有り]

    J-GLOBAL

  • SC-FDMA,OFDM変調方式におけるダイレクトコンバージョン受信機の適応切換DCオフセット補償方式の検討

    爲末和彦, 爲末和彦, 佐藤拓朗

    電子情報通信学会論文誌 B   J92-B ( 10 )  2009年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    J-GLOBAL

  • ダイレクトコンバージョン受信機の適応切換DCオフセットキャンセラ方式の検証

    爲末和彦, 森屋正弘, 佐藤拓朗

    電子情報通信学会論文誌 B   J91-B ( 4 )  2008年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    J-GLOBAL

  • ダイレクトコンバージョンを用いたTDMAバーストモード受信におけるDC歪み補償方式に関する研究

    爲末和彦, 佐藤拓朗

    早稲田大学 GITS/GITI紀要 2005-2006     170 - 177  2006年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • MESA符号とマルチバンド分割受信を用いた電灯線伝送方式の提案

    牧昌弘, 爲末和彦, 徳田正満, 桑原伸夫

    電子情報通信学会論文誌A   J85 ( A ) 704 - 714  2002年06月  [査読有り]

▼全件表示

Misc

  • Deep Learning Based Concealed Object Recognition in Active Millimeter Wave Imaging

    San Hlaing Myint, Yutaka Katsuyama, Toshio Sato, Xin Qi, Kazuhiko Tamesue, Zheng Wen, Keping Yu, Tokuda Kiyohito, Takuro Sato

    2021 IEEE Asia-Pacific Microwave Conference (APMC)    2021年10月  [査読有り]

  • Dynamic Channel Allocation Using Exclusive Coordination Among Base Station

    Kenta Onishi, Kazuhiko Tamesue, Takuro Sato

    13th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communication (WPMC 2010)    2010年09月  [査読有り]

  • Adaptive Compensation Scheme of Time-Varying DC Offset for 8-PSK TDMA Burst Mode Direct-Conversion Receiver

    Kazuhiko Tamesue, Takuro Sato

    11th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communication (WPMC 2008), September 8-11 2008    2008年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • ダイレクトコンバージョンにおけるDCオフセット電圧の抑圧に関する検討

    爲末和彦, 森屋正弘, 松本圭介, 中村文, 佐藤拓朗

    電子情報通信学会総合大会講演論文集B-5-127    2005年03月

    担当区分:筆頭著者

  • ダイレクトコンバージョン受信機の適応切替えDCオフセットキャンセラー方式の検証

    爲末和彦, 森屋正弘, 佐藤拓朗

    信学技報,RCS2005-27    2005年

    担当区分:筆頭著者

  • 伝送路特性解析に基づく電灯線伝送変復調方式

    牧昌弘, 爲末和彦, 井形裕司, 羽迫里志, 和田正己, 徳田正満, 桑原伸夫

    信学技報SAT2001-30     63 - 70  2001年

  • 電灯線スペクトラム拡散(SS)通信モデム

    爲末和彦, 井形裕司, 羽迫里志, 岩本幸司, 阪上賢一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 SC-12-6    1999年03月

    担当区分:筆頭著者

  • 二次電池モデルと印加波形による発熱予測

    中尾武寿, 爲末和彦, 八田真一郎

    応用物理学関係連合講演会講演予稿集 30p-NP-11    1997年01月

  • デジタル方式ACサーボドライバのLSI化に関する一検討

    西田要一, 爲末和彦, 山元隆

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 C-546    1996年03月

  • TV,VTR向けステレオ音声用AGC LSIの開発

    永野孝一, 爲末和彦, 中村満寿央, 小林拓

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集 C-492    1995年09月

▼全件表示

産業財産権

  • プロジェクタのオートフォーカス制御システム

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 測位装置、測位方法、映像表示装置

    特許第6704108号

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • ミリ波無線装置

    特許第6255565号

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 送信電力制御方法

    特許第5515494号

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • DCオフセット除去方法及びそれを用いた受信装置

    特許第4495555号

    爲末 和彦, 森屋 正弘

    特許権

    J-GLOBAL

  • 携帯無線装置

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 電気車両の漏電検出装置

    特許第4017770号

    爲末 和彦, 高田 雅弘, 金丸 邦郎

    特許権

    J-GLOBAL

  • データ受信装置及びその制御方法

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 受信品質測定装置及び受信装置

    特許第3805322号

    中村 文, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 伝送装置、携帯端末及び通信システム

    赤岡 康伸, 爲末 和彦, 松本 圭介

    特許権

    J-GLOBAL

  • 回線推定方法およびそれを用いた受信装置

    爲末 和彦, 森屋 正弘

    特許権

    J-GLOBAL

  • 二次電池の使用方法およびその方法を用いた装置

    特許第3700288号

    中尾 武寿, 八田 真一郎, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 電池の残存容量測定装置

    特許第3695444号

    爲末 和彦, 八田 真一郎, 中尾 武寿, 熊本 義則

    特許権

    J-GLOBAL

  • 自動周波数制御装置

    爲末 和彦, 三浦 康夫, 山本 直行

    特許権

    J-GLOBAL

  • 受信レベル測定装置及び受信レベル測定方法

    中村 文, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 同期検波装置および同期検波方法

    爲末 和彦, 林田 敏英

    特許権

    J-GLOBAL

  • 誤り訂正復号装置および誤り訂正復号方法

    特許第3440092号

    爲末 和彦, 金井 宏和

    特許権

    J-GLOBAL

  • 電池の状態解析装置

    特許第3402167号

    爲末 和彦, 八田 真一郎, 中尾 武寿, 熊本 義則

    特許権

    J-GLOBAL

  • D/A変換装置

    爲末 和彦, 東川 牧世, 吉富 隆博

    特許権

    J-GLOBAL

  • アンテナ伸縮装置及び該装置を備える携帯電話装置

    加藤 秀明, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • パケット受信装置

    爲末 和彦, 羽迫 里志, 井形 裕司

    特許権

    J-GLOBAL

  • デジタル通信装置

    羽迫 里志, 井形 裕司, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • PLL回路

    特許第3079943号

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • ハイブリッド制御装置

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 自動利得制御装置

    特許第2901899号

    爲末 和彦, 永野 孝一, 中村 満寿央

    特許権

    J-GLOBAL

  • 電池の状態解析方法及びその装置

    爲末 和彦, 八田 真一郎, 中尾 武寿, 熊本 義則

    特許権

    J-GLOBAL

  • バーチャルリアリティ表示装置

    西田 要一, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • デジタルPWM制御装置

    爲末 和彦, 西田 要一

    特許権

    J-GLOBAL

  • AGC回路

    永野 孝一, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 秘話伝送装置

    爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

  • 絶対値回路

    道正 志郎, 爲末 和彦

    特許権

    J-GLOBAL

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • テラヘルツ帯通信の高密度化・長距離化に関する研究開発

    研究期間:

    2021年08月
    -
    2023年03月
     

  • セキュリティ強化に向けた移動物体高度認識レーダー基盤技術の研究開発

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • LPWAに対応した軽量な分散台帳技術を用いた認証システムの研究開発

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月