2022/06/29 更新

写真a

シリックス エリック ジェームズ
シリックス エリック ジェームズ
所属
附属機関・学校 国際文学館
職名
助手
メールアドレス
メールアドレス

学歴

  • 2015年09月
    -
    2022年03月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校   アジア言語文化学部   日本文学  

  • 2012年08月
    -
    2015年05月

    コロラド大学ボールダー校   アジア言語文化学部   修士号(日本文学)  

  • 2003年09月
    -
    2007年06月

    ローレンス大学   学士号(英米文学)  

学位

  • 2022年03月   UCLA   PhD

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   国際文学館   助手

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    埼玉大学   大学院人文社会科学研究科   非常勤講師

所属学協会

  • 2015年10月
    -
    継続中

    アジア研究協会(AAS)

 

研究分野

  • 日本文学   戦後文学

研究キーワード

  • 戦後文学

  • 地方文学

  • 思想史

  • メディア史

  • 検閲

論文

  • 検閲書類と事後検閲についての一考察 : プランゲ文庫所蔵の岩手地方雑誌を事例として

    エリック・シリックス

    インテリジェンス   ( 19 ) 80 - 90  2019年03月  [査読有り]

受賞

  • ASPAC-Mori Prize

    2016年06月   アジア研究協会西海岸地方学会   「『ごく正直なもんだ』:近代民俗学を抵抗する宮沢賢治」  

    受賞者: エリック・シリックス

講演・口頭発表等

  • 農民文学のデザイン:戦後メデイア史としての『青森農業』

    エリック・シリックス

    日本アジア研究会(新型コロ ナウイルスの影響で中止)  

    開催年月:
    2021年07月
     
     
  • 占領期地方雑誌と諜報制度

    エリック・シリックス  [招待有り]

    立教大学  

    発表年月: 2021年07月

  • ローカル・スケール:北東北の女性文学、2020— 1945

    エリック・シリックス

    アジア研究協会(新型コロ ナウイルスの影響で中止)  

    開催年月:
    2020年03月
     
     
  • 戦後文学の構成/国民文学の再構成:地方雑誌とアーカイブ・スケール、1945− 1955

    エリック・シリックス  [招待有り]

    九州大学IMAP・IDOC  

    発表年月: 2020年01月

  • 環境的なローカル・スケール:北東北の女性文学、戦後から今日まで

    エリック・シリックス  [招待有り]

    ドイツ日本研究所 人文学研究会  

    発表年月: 2019年10月

  • 国家、地方、農場:戦後日本の文芸評論のなかのスケール

    エリック・シリックス

    早稲田大学 第9回 国際フォーラム  

    発表年月: 2019年07月

  • プランゲ文庫所蔵の岩手地方雑誌—検閲書類と事後検閲を巡って

    エリック・シリックス  [招待有り]

    早稲田大学20世紀メディア研究所 第125回研究会  

    発表年月: 2019年01月

  • 検閲された解釈:検閲者の立場からプランゲ文庫を読む

    エリック・シリックス  [招待有り]

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ヤング研究図書館シンポジウム  

    発表年月: 2018年04月

  • 検閲された解釈:検閲者の立場からプランゲ文庫を読む

    エリック・シリックス

    アジア研究協会 2018年度大会  

    発表年月: 2018年03月

  • 『ごく正直なもんだ』:近代民俗学を抵抗する宮沢賢治

    エリック・シリックス

    アジア研究協会 2017年度大会  

    発表年月: 2017年03月

  • 『ごく正直なもんだ』:近代民俗学を抵抗する宮沢賢治

    エリック・シリックス

    アジア研究協会西海岸地方学会 2016年度大会  

    発表年月: 2016年06月

  • グローバル化、トランスナショナル、越境:日本文学のなかの境を超えること

    エリック・シリックス  [招待有り]

    コロラド大学ボルダー校 国際シンポジウム「トランスナショナルへの不満:『境』という空間についての批評方法」  

    発表年月: 2015年03月

▼全件表示

特定課題研究

  • New Critical Approaches to Archival Methodologies: Contemporary Archivization, World Literature, and the Haruki Murakami Library

    2021年  

     概要を見る

    This research funding supported the final stages of my dissertation, “Scaling the Nation: Local Literary Production and National Literature in Postwar Japan, 1946-1955.” This dissertation deploys scalar methodologies to challenge the archivization of postwar Japanese literature as a “national” literature. In doing so, my research shows how the archives of Occupation censorship can reshape our understanding of not only postwar literary history, but also translation and world literature. Occupation censorship could only function if it affirmed the literature’s affective power and translated that literature for a transnational readership. In this warped version of world literature, we discover that translation need not be accurate, substantial, or intelligible. Viewing archives through the lens of scale provides a new perspective on the creation of contemporary archives. In the case of the holdings of the Waseda International House of Literature (The Haruki Murakami Library), scalar research on archivization show the need to contextualize a “global” author through a wide variety of local and historical archival objects.

 

担当経験のある科目(授業)

  • Topics in Japanese Studies II: Literature, Censorship, Archival Research

    埼玉大学  

    2020年09月
    -
    2021年02月
     

  • Topics in Japanese Studies I: Gender in Modern Japanese Literature

    埼玉大学  

    2020年04月
    -
    2020年07月