Updated on 2022/05/25

写真a

 
ZHANG, Weiwei
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Research Associate

Education

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Education  

  • 2014.09
    -
    2016.09

    Waseda University   Graduate School of Japanese Applied Linguistics  

  • 2010.09
    -
    2014.07

    大連外国語大学   日本語学部   日本語(言語文化)学科  

  • 2012.10
    -
    2013.09

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education  

Degree

  • 2016.09   Waseda University   Master

Research Experience

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Research Associate

  • 2020.04
    -
    Now

    至誠館大学   現代社会学部   非常勤講師

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Tokyo International University

  • 2018.10
    -
    2021.03

    National Institute for Japanese Language and Linguistics   JSL Research Division

  • 2018.10
    -
    2019.03

    Tokyo University of Social Welfare

  • 2018.07
    -
    2018.12

    東進ランゲージスクール   非常勤講師

  • 2017.04
    -
    2018.03

    Waseda University   Graduate School of Japanese Applied Linguistics

▼display all

Professional Memberships

  • 2021.04
    -
    Now

    日本語学会

  • 2019.04
    -
    Now

    THE SOCIETY OF JAPANESE GRAMMAR

  • 2018.04
    -
    Now

    THE SOCIETY OF EXPRESSION-FORMATION STUDIES

  • 2018.04
    -
    Now

    THE PRAGMATICS SOCIETY OF JAPAN

  • 2018.04
    -
    Now

    JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES

  • 2018.04
    -
    Now

    THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE

  • 2021.04
    -
    Now

    早稲田大学国文学会

  • 2017.04
    -
    Now

    早稲田大学国語教育学会

  • 2016.09
    -
    Now

    早稲田大学日本語学会

  • 2014.09
    -
    Now

    早稲田大学日本語教育学会

▼display all

 

Research Areas

  • Japanese linguistics

  • Japanese language education

Research Interests

  • 雑談

  • 文章・談話論

  • 異文化間コミュニケーション

  • 接触場面

  • 物語

  • 日本語教育

▼display all

Papers

  • 日本語の雑談の物語開始における談話標識の使用傾向ー「あー,そう,でも,なんか」のしくみー

    張 未未

    日本語の研究   18 ( 2 )  2022.08  [Refereed]

  • 雑談における日本語学習者による不自然な終助詞 「ね」,「よ」,「よね」 ―『BTSJ日本語自然会話コーパス(2020年版)』を用いて―

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    国立国語研究所論集   ( 23 )  2022.07  [Refereed]

  • 観光接触場面における日本語インタラクション-ロシア人留学生の宿泊場面を例に-

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    東海大学大学院日本語教育学論集   1 ( 9 ) 1 - 16  2022.03  [Refereed]  [Invited]

  • 日本語の雑談における「虚構型」物語に関する一考察

    張 未未

    学術研究(人文科学・社会科学編)   ( 70 ) 125 - 138  2022.03

  • The Method of Leading a Japanese Conversational Story into a Subsequent Context: The Difference Between Japanese Native Speakers' Conversations and Japanese-Chinese Contact Situations

      ( 28(2) ) 231 - 242  2021.03  [Refereed]

  • 雑談における物語の外部評価のモダリティの使用傾向-日本語母語場面と日中接触場面の比較から-

    張 未未

    表現研究   ( 111 ) 21 - 30  2020.04  [Refereed]

  • The Method of Introducing a Narrative in Free Conversation: The Difference between Japanese Native Speakers' Conversations and Japanese-Chinese Contact Situation

    ZHANG Weiwei

      ( 26(2) ) 179 - 190  2019.03  [Refereed]

  • 日本語母語場面と接触場面における雑談の話題展開の方法

    張 未未

    早稲田日本語研究   ( 27 ) 25 - 36  2018.03  [Refereed]

  • 日本語の雑談における談話展開の分析-日本語母語場面と日中接触場面の比較-

    張 未未

    早稲田大学大学院日本語教育研究科修士学位論文    2016.09  [Refereed]

▼display all

Misc

  • 雑談における「なんか」の使用実態-日本語母語話者と学習者による使用の違いを中心に-

    張 未未, 宇佐美 まゆみ

    (オンライン)シンポジウム 「日本語教育は,自然会話コーパスで変わる!―『BTSJ日本語自然会話コーパス』の特徴と日本語教育への生かし方―」予稿集     66 - 83  2020.11

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 日中接触場面の雑談における母語話者と非母語話者による「バランスをとるための笑い」の分析-『BTSJ日本語自然会話コ ーパス(2020年版)』を用いて-

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    言語資源活用ワークショップ発表論文集   ( 5 ) 301 - 314  2020.09

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 受講インタビューによる講義理解の要約力

    鈴木 香子, 渡辺 文生, 張 未未, 小林 友美

    佐久間まゆみ研究代表者『講義理解における要約力に関する研究』平成28~令和元年度(2016~2019年度)科学研究費補助金基盤研究(C)(一般)課題番号(16K02825)研究成果報告書     110 - 154  2020.03

    Other  

  • 観光接触場面における日本語インタラクション:ロシア人留学生の宿泊場面を例に

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    多言語社会と言語問題シンポジウム 2020-2021予稿集     32 - 34  2021.03

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 会話物語の導入箇所における談話標識の使用傾向

    張 未未

    第11回 日 本語実用言語学国際会議 (ICPLJ11) 予稿集     168 - 169  2020.12

    Research paper, summary (international conference)  

  • 雑談における母語話者と非母語話者の笑いの使用傾向の分析-『BTSJ日本語自然会話コーパス2018年版』を用いて-

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    日本語学会2020年度春季大会予稿集     245 - 250  2020.04

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 雑談における物語の評価表現-「と思う」をめぐって-

    張 未未

    第1回日本語プロフィシェンシー研究学会国際大会(第12回OPI国際シンポジウム)予稿集     80 - 83  2019.11

    Research paper, summary (international conference)  

  • 日本語の雑談における物語の談話構造

    張 未未

    日本語用論学会第21回大会発表論文集   ( 14 ) 183 - 186  2019.06

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 日本語の雑談における物語の後続文脈への展開方法

    張 未未

    JASS社会言語科学会第42回研究大会予稿集     97 - 100  2018.09

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 雑談において物語はどのように起こるのか-日本語母語場面と日中接触場面-

    張 未未

    JSLS言語科学会第20回年次国際大会予稿集     160 - 163  2018.08

    Research paper, summary (international conference)  

▼display all

Awards

  • 頂新国際集団康師傅控股有限公司奨学金

    2014.09   早稲田大学  

  • 国費外国人留学生(日本語・日本文化研修留学生)奨学金

    2012.10   日本国政府文部科学省(大使館推薦)  

Research Projects

  • 会話教育のための第三者言語接触場面における「物語」の構築方法に関する研究

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    Project Year :

    2022.04
    -
    2026.03
     

  • 雑談における「物語」の構築に関する会話教材開発のための基礎的研究

    早稲田大学  特定課題研究助成費 研究基盤形成 2022C-400

    Project Year :

    2022.06
    -
    2023.03
     

  • 日本語の雑談における「物語」の引用表現に関する研究

    早稲田大学  特定課題研究助成費 アーリーキャリア支援 2022E-012

    Project Year :

    2022.04
    -
    2023.03
     

  • Exploratory Research on How to Tell a "Narrative" in Casual Conversations Aimed for a Multicultural Symbiotic Society

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity Start-up

    Project Year :

    2021.08
    -
    2023.03
     

  • ディスコース・モダリティからみた雑談における「物語」の表現特性

    早稲田大学  特定課題研究助成費 研究基盤形成 2021C-483

    Project Year :

    2021.06
    -
    2022.03
     

  • 日本語学習者のコミュニケーションの多角的解明

    国立国語研究所  機関拠点型基幹研究プロジェクト 共同研究員

    Project Year :

    2019.10
    -
    2022.03
     

▼display all

Presentations

  • 『BTSJ日本語自然会話コーパス(2021年3月版)』の特徴と活用方法

    張 未未, 高山 春花  [Invited]

    第4回 会話・談話研究シンポジウム「『BTSJ日本語自然会話コーパス』と『自然会話を素材とする共同構築型WEB教材NCRB』の展開」 

    Presentation date: 2021.03

  • 観光接触場面における日本語インタラクション:ロシア人留学生の宿泊場面を例に

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    多言語社会と言語問題シンポジウム2020-2021 

    Presentation date: 2021.03

  • 会話物語の導入箇所における談話標識の使用傾向

    張 未未

    NINJAL国際シンポジウム「第11回 日本語実用言語学国際会議 (ICPLJ11) 」 

    Presentation date: 2020.12

  • 雑談における「なんか」の使用実態-日本語母語話者と学習者による使用の違いを中心に-

    張 未未, 宇佐美 まゆみ  [Invited]

    (オンライン)シンポジウム「日本語教育は,自然会話コーパスで変わる!―『BTSJ日本語自然会話コーパス』の特徴と日本語教育への生かし方―」 

    Presentation date: 2020.11

  • 日中接触場面の雑談における母語話者と非母語話者による「バランスをとるための笑い」の分析-『BTSJ日本語自然会話コーパス(2020年版)』を用いて-

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    言語資源活用ワークショップ2020 

    Presentation date: 2020.09

    Event date:
    2020.09
     
     
  • 雑談における日本語学習者による不自然な終助詞「ね」,「よ」,「よね」―『BTSJ日本語自然会話コーパス2018年版』を用いて―

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    国立国語研究所第210回NINJALサロン 

    Presentation date: 2020.05

  • 雑談における母語話者と非母語話者の笑いの使用傾向の分析-『BTSJ日本語自然会話コーパス2018年版』を用いて-

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    日本語学会2020年度春季大会 

    Presentation date: 2020.04

  • 雑談における物語の評価表現-「と思う」をめぐって-

    張 未未

    第1回日本語プロフィシェンシー研究学会国際大会(第12回OPI国際シンポジウム) 

    Presentation date: 2019.11

  • BTSJ日本語自然会話コーパス

    宇佐美 まゆみ, 小川 都, 張 洋子, 張 未未

    計量国語学会第63回大会 国立国語研究所の言語資源の紹介 

    Presentation date: 2019.09

  • 観光接触場面におけるインタラクションーロシア人留学生を例にー

    宇佐美 まゆみ, 張 未未

    SPLaD言語社会心理学研究会 第6回定例研究会 

    Presentation date: 2019.06

  • 親しい友人同士の対話における話題導入のストラテジー-話題志向性に着目して-

    張 未未

    SPLaD言語社会心理学研究会 第5回定例研究会 

    Presentation date: 2019.04

  • 日本語母語場面と日中接触場面の雑談における物語の評価表現-モダリティの観点から-

    張 未未

    表現学会 東京例会第148回 

    Presentation date: 2019.01

  • 中国人上級日本語学習者による雑談における意見表明発話のモダリティの使用

    張 未未

    第12回国際日本語教育・日本語研究シンポジウム 

    Presentation date: 2018.12

  • 日本語の雑談における物語の談話構造

    張 未未

    日本語用論学会 第21回大会 

    Presentation date: 2018.12

  • 日本語の雑談における物語の後続文脈への展開方法

    張 未未

    社会言語科学会 第42回研究大会 

    Presentation date: 2018.09

  • 雑談において物語はどのように起こるのか-日本語母語場面と日中接触場面-

    張 未未

    言語科学会 第20回年次国際大会 

    Presentation date: 2018.08

  • 日本語母語場面と接触場面の雑談における話題展開の異同

    張 未未

    早稲田大学日本語学会 2016年度後期研究発表会 

    Presentation date: 2016.12

▼display all

Specific Research

  • ディスコース・モダリティからみた雑談における「物語」の表現特性

    2021  

     View Summary

    本研究は、日本語の雑談に自然に生じる「物語」の表現特性を、ディスコース・モダリティの観点から解明しようとするものである。具体的には、伝達内容には直接関与しないが、伝達方式に関わる周辺的言語要素に注目し、物語をはじめる際に用いられる「間投詞」「接続詞」「文副詞」などの「談話標識」、物語をまとめる際に用いられる「モダリティ標識」を分析対象とした。それらの使用傾向を分析した結果、日本語母語話者は物語を雑談に組み込む際の心的手続きを言語的指標を用いて相手に知らせるなど、談話が円滑に進むよう心がけていることや、物語に対する自分の感情表出や意見提示にメリハリを付けていることが明らかになった。

 

Teaching Experience

  • BJTビジネス日本語講座

    至誠館大学  

    2021.04
    -
    Now
     

  • JLPT N1受験対策講座

    至誠館大学  

    2020.04
    -
    Now
     

  • 日本語Ⅱ(3年編)(1)

    至誠館大学  

    2020.10
    -
    2021.03
     

  • Elementary Japanese 2

    Tokyo International University  

    2020.09
    -
    2021.03
     

  • Intermediate Japanese 1

    Tokyo International University  

    2020.09
    -
    2021.03
     

  • 日本語Ⅰ(3年編)(1)

    至誠館大学  

    2020.04
    -
    2020.09
     

  • Intermediate Japanese 2

    Tokyo International University  

    2019.09
    -
    2020.08
     

  • Elementary Japanese 1

    Tokyo International University  

    2019.09
    -
    2020.03
     

  • Elementary Japanese 2

    Tokyo International University  

    2019.04
    -
    2019.08
     

  • Elementary Japanese 2

    Tokyo University of Social Welfare  

    2018.10
    -
    2019.03
     

  • Elementary Japanese 1

    Tokyo University of Social Welfare  

    2018.10
    -
    2019.03
     

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2021.04
    -
    Now

    早稲田大学国文学会  事務局

  • 2021.04
    -
    Now

    早稲田大学国語教育学会  事務局・会計担当

  • 2018.09
    -
    2019.08

    早稲田大学日本語学会  学生委員(会計担当)

  • 2015.03
     
     

    早稲田大学日本語教育学会  大会運営委員

Social Activities

  • 学習者の日本語も教材にできる「自然会話リソ ースバンク(NCRB:Natural Conversation Resource Bank)」-新しい形の共同構築型多機能データベース-

    国立国語研究所  国立国語研究所オープンハウス2020 

    2020.09
    -
     

  • 学習者の日本語の話し方がわかる『BTSJ日本語自然会話コーパス』-日本人の話し方との比較を通して-

    国立国語研究所  国立国語研究所オープンハウス2020 

    2020.09
    -