小林 まおり (コバヤシ マオリ)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

助教

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(心理学)

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース、インタラクション

  • データベース

  • 認知科学

  • 実験心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Acoustic features in speech for emergency perception

    Maori Kobayashi, Yasuhiro Hamada, Masato Akagi

    The Journal of the Acoustical Society of America   144 ( 3 ) 1835 - 1835  2018年09月  [査読有り]

    DOI

  • 避難呼びかけ音声の心理的評価

    小林まおり, 赤木正人

    日本音響学会誌   74 ( 12 )  2018年  [査読有り]

    J-GLOBAL

  • ホールにおけるフルート演奏音の聴感印象 : 楽器の個性としての遠鳴り・そば鳴りに関する検証

    小林 まおり, 上野 佳奈子

    日本音響学会誌   73 ( 4 ) 212 - 220  2017年04月  [査読有り]

    DOI CiNii

  • Study on method for protecting speech privacy by actively controlling speech transmission index in simulated room.

    Masashi Unoki, Yuta Kashihara, Maori Kobayashi, Masato Akagi

    2017 Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference, APSIPA ASC 2017, Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2017     1199 - 1204  2017年  [査読有り]

    DOI

  • 聴触覚相互作用が音像の距離弁別精度に与える影響(<特集>VR心理学6)

    近藤 雄治, 寺本 渉, 小林 まおり, 大谷 真

    日本バーチャルリアリティ学会論文誌   21 ( 1 ) 49 - 52  2016年03月  [査読有り]

     概要を見る

    The present study investigated how somatosensory stimuli influence auditory distance perception, by manipulating spatial and temporal consistency between these stimuli. Auditory stimuli were presented in participants&#039; rear space through a dynamic binaural virtual auditory display, while somatosensory stimuli were presented via small electric fans (i.e., air current stimuli). Participants performed an auditory distance discrimination task. Results showed that auditory distance discriminability was decreased when the somatosensory and auditory stimuli occurred at the same time but different azimuthal angles. In contrast, the discriminability was maintained when both stimuli occurred at the same azimuthal angle. These results suggest the contribution of somatosensory cues to auditory distance perception.

    DOI CiNii

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 室内インパルス応答のモデル化とその室内音響特性の検討 (マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント)

    鵜木 祐史, 石川 大介, 柏原 佑太, 小林 まおり, 赤木 正人

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 ( 303 ) 79 - 84  2016年11月

    CiNii

  • 話者の動きの音響情報は実在感を高める―立体音場再生装置を用いた検討―

    小林まおり, 大石悠貴, 榎本成悟, 北川智利, 上野佳奈子, 伊勢史郎, 柏野牧夫

    日本音響学会研究発表会講演論文集(CD-ROM)   2012   ROMBUNNO.3-Q-3  2012年03月

    J-GLOBAL

  • 話者の動きが実在感に及ぼす効果 : 音場再現システムを用いた検討

    小林 まおり, 大石 悠貴, 榎本 成悟

    聴覚研究会資料   42 ( 1 ) 41 - 46  2012年02月

    CiNii

  • 背景音が3次元仮想音空間に与える聴感的影響

    大谷 真, 岩谷 幸雄, 小林 まおり

    聴覚研究会資料   39 ( 5 ) 379 - 384  2009年08月

    CiNii

  • 背景音が3次元仮想音空間に与える聴感的影響(音響信号処理,一般)

    大谷 真, 岩谷 幸雄, 小林 まおり, 矢入 聡, 鈴木 陽一, 千葉 武尊

    電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響   109 ( 166 ) 49 - 54  2009年07月

     概要を見る

    現実世界において我々が普段聴く音には換気システムなどから発生する背景音(ambient sound)が含まれている。しかし,現状の仮想聴覚ディスプレイシステムは特定のオブジェクトの位置に関連付けられる点音源を再現するものの,このような背景音を再現することはできず,結果として呈示される音空間は不自然なものとなる。本稿では,背景音のレンダリング法を提案すると共に,それが音空間に与える聴感的影響について検討を行ったので報告する。

    CiNii

全件表示 >>