2024/06/15 更新

写真a

マツノ タカミチ
松野 敬成
所属
理工学術院 先進理工学部
職名
講師(任期付)
学位
博士(工学) ( 2021年03月 早稲田大学 )
メールアドレス
メールアドレス
ホームページ

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院 先進理工学部   講師(任期付)

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    日本学術振興会特別研究員 (DC2)

  • 2018年02月
    -
    2018年03月

    早稲田大学   各務記念材料技術研究所 研究支援員

  • 2015年04月
    -
    2018年02月

    帝人株式会社

学歴

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院先進理工学研究科   応用化学専攻  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学   大学院先進理工学研究科   応用化学専攻  

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学   先進理工学部   応用化学科  

所属学協会

  • 2021年
    -
    継続中

    日本ゾルゲル学会

  • 2020年
    -
    継続中

    日本ゼオライト学会

  • 2019年
    -
    継続中

    日本熱電学会

  • 2018年
    -
    継続中

    日本セラミックス協会

  • 2018年
    -
    継続中

    日本化学会

研究分野

  • 無機物質、無機材料化学   酸化物ナノ多孔体

研究キーワード

  • メソ多孔体

  • ナノ多孔体

  • ナノ粒子

  • 熱電変換材料

  • 金属酸化物

  • ゼオライト

  • シリカ

  • シロキサン材料

▼全件表示

受賞

  • Best Presenter Award (APL Awards)

    2023年10月   Materials Oceania 2023  

    受賞者: Takamichi Matsuno

  • 第12回 WASEDA e-Teaching Award Good Practice賞

    2023年09月   早稲田大学  

    受賞者: 太田 英介, 須賀 健雄, 菅原 義之, 比護 拓馬, 本間 敬之, 松野 敬成, 武藤 慶, 山口 潤一郎

  • 水野賞

    2021年   早稲田大学 応用化学科   規則配列したシリカナノ粒子集積体を用いた結晶性酸化物ナノ多孔体の合成  

    受賞者: 松野 敬成

  • JXTGエネルギー優秀研究賞

    2019年   早稲田大学-JXTGエネルギー 組織連携活動  

    受賞者: 松野 敬成

  • 第4回CSJ化学フェスタ2014 優秀ポスター賞

    2014年   日本化学会   球状シリカナノ粒子集合体からの結晶性三次元構造体の作製  

    受賞者: 松野 敬成

 

論文

  • Utilization of cage germoxanes as templates for tuning pore characteristics of siloxane-based materials

    Taiki Hayashi, Takamichi Matsuno, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Chemistry Letters    2024年03月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Hexagonal Prismatic Siloxanes Functionalized with Organosilyl Groups as Building Blocks of Nanoporous Materials

    Taiki Hayashi, Miharu Kikuchi, Nanako Murase, Takamichi Matsuno, Natsuhiko Sugimura, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Chemistry – A European Journal    2024年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Utilization of well‐defined siloxane molecules allows for the construction of functional siloxane‐based nanoporous materials based on the molecular design. Herein, a novel class of siloxane‐based porous materials is synthesized via cross‐linking of dimethylsilyl‐ and dimethylvinylsilyl‐functionalized cage siloxanes with double‐6‐ring (D6R) geometry. Compared with double‐4‐ring cage siloxane, this study highlights the characteristics of D6R siloxanes as building blocks, demonstrating their high surface area and chemical stability. Furthermore, density functional theory calculations show their unique cation encapsulation ability.

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Direct cross-linking of silyl-functionalized cage siloxanes via nonhydrolytic siloxane bond formation for preparing nanoporous materials

    Miharu Kikuchi, Taiki Hayashi, Takamichi Matsuno, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Dalton Transactions    2024年  [査読有り]

     概要を見る

    Bottom-up synthesis of siloxane-based nanoporous materials from siloxane oligomers is promising for constructing well-defined structures at a molecular level. Herein, we report the synthesis of nanoporous materials consisting of cage-type...

    DOI

    Scopus

  • Scalable and Stable Manufacture of Molecular-Sized Silica Nanoparticles by Evaporation-Induced Self-Assembly

    Shigeru Sakamoto, Takumi Houya, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    Chemistry of Materials    2023年08月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • Integrated Extrinsic and Intrinsic Self‐Healing of Polysiloxane Materials by Cleavable Molecular Cages Encapsulating Fluoride Ions

    Mai Suzuki, Taiki Hayashi, Takuya Hikino, Masafumi Kishi, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Advanced Science    2023年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Formation of a molecularly and mesoscopically ordered structure from cage siloxanes with a long alkyl chain and dimethylsilanol groups

    Yuta Hattori, Taiki Hayashi, Takuya Hikino, Ryuta Miwa, Yosuke Oka, Koki Fujino, Naoto Sato, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Journal of Sol-Gel Science and Technology    2023年07月  [査読有り]

     概要を見る

    Abstract

    Structural control of siloxane-based materials at multiple length scales is important for various applications. In this study, we report the controlled assembly of cage oligosiloxane building blocks by both intermolecular hydrogen bonding and hydrophobic interactions. A cage siloxane molecule modified with seven dimethylsilanol groups and an octadecyldimethylsilyl group was synthesized by stepwise silylation of double-four-ring (D4R) cage octasilicate anions. This molecule self-assembled to form a molecularly and mesoscopically ordered structure by solvent evaporation. Furthermore, the silanol groups in the assembled solids were cross-linked by silylation with dichlorodimethylsilane. This approach will allow for the creation of various hierarchically ordered siloxane-based materials by molecular design.

    Graphical Abstract

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Preparation of mesoporous nitrogen-doped titania comprising large crystallites with low thermal conductivity

    Yuta Shimasaki, Takamichi Matsuno, Quansheng Guo, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Takao Mori, Kazuyuki Kuroda

    Nanoscale Advances   4 ( 11 ) 2509 - 2520  2022年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Highly ordered mesoporous N-doped TiO2 with large crystallites was prepared by hard-templating method, followed by calcination with urea. The thermal conductivity was lowered by the nanosized pore walls and the ordered pore wall surfaces.

    DOI

    Scopus

  • Preparation of an ordered nanoporous silicone-based material using silica colloidal crystals as a hard template

    Naho Muramoto, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Chemistry Letters   50 ( 5 ) 1038 - 1040  2021年05月  [査読有り]

     概要を見る

    An ordered nanoporous silicone-based material with an inverse opal structure consisting of interconnected spherical pores was prepared by the thiol-ene reaction of linear and cyclic organosiloxanes within the interstitial voids of silica colloidal crystals, followed by removal of the silica template under basic conditions. The silicone-based framework is promising for the design of nanoporous materials with unique properties and functions.

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Preparation of Ordered Nanoporous Indium Tin Oxides with Large Crystallites and Individual Control over Their Thermal and Electrical Conductivities

    Yumi Saito, Takamichi Matsuno, Quansheng Guo, Takao Mori, Makoto Kashiwagi, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    ACS Applied Materials & Interfaces   13 ( 13 ) 15373 - 15382  2021年04月  [査読有り]

     概要を見る

    Metal oxides are considered suitable candidates for thermoelectric materials owing to their high chemical stabilities. The formation of ordered nanopores within these materials, which decreases thermal conductivity (kappa), has attracted significant interest. However, the electrical conductivity (sigma) of reported nanoporous metal oxides is low, owing to electron scattering at the thin pore walls and many grain boundaries formed by small crystallites. Therefore, a novel synthesis method that can control pore walls while forming relatively large crystallites to reduce kappa and retain sigma is required. In this study, we used indium tin oxide (ITO), which is a typical example among metal oxides with high sigma. Nanoporous ITOs with large crystallite sizes of several hundred nanometers and larger were successfully prepared using indium chloride as a source of indium. The pore sizes were varied using colloidal silica nanoparticles with different particle sizes as templates. The crystal phase and nanoporous structure of ITO were preserved after spark plasma sintering at 723 K and 80 MPa. The kappa was significantly lower than that reported for bulk ITO due to the phonon scattering caused by the nanoporous structure and thin pore walls. There was a limited decrease in sigma even with high porosity. These findings show that kappa and sigma are independently controllable through the precise control of the structure. The control of the thickness of the pore walls at tens of nanometers was effective for the selective scattering of phonons, while almost retaining electron mobility. The remarkable preservation of sigma was attributed to the large crystallites that maintained paths for electron conduction and decreased electron scattering at the grain boundaries.

    DOI

    Scopus

    7
    被引用数
    (Scopus)
  • Synthesis of Cristobalite Containing Ordered Interstitial Mesopores using Crystallization of Silica Colloidal Crystals

    Takamichi Matsuno, Takamichi Nakaya, Yoshiyuki Kuroda, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    Chemistry – An Asian Journal   16 ( 3 ) 207 - 214  2021年02月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Preparation of periodic mesoporous organosilica with large mesopores using silica colloidal crystals as templates

    Naho Muramoto, Tomoaki Sugiyama, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    Nanoscale   12 ( 41 ) 21155 - 21164  2020年  [査読有り]

    DOI

  • Preparation of Mesoporous Basic Oxides through Assembly of Monodispersed Mg-Al Layered Double Hydroxide Nanoparticles

    Yuya Oka, Yoshiyuki Kuroda, Takamichi Matsuno, Keigo Kamata, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    Chemistry - A European Journal   23 ( 39 ) 9362 - 9368  2017年06月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    31
    被引用数
    (Scopus)
  • A Single-Crystalline Mesoporous Quartz Superlattice

    Takamichi Matsuno, Yoshiyuki Kuroda, Masaki Kitahara, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    Angewandte Chemie   128 ( 20 ) 6112 - 6116  2016年04月

    DOI

  • A Single-Crystalline Mesoporous Quartz Superlattice

    Takamichi Matsuno, Yoshiyuki Kuroda, Masaki Kitahara, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    Angewandte Chemie International Edition   55 ( 20 ) 6008 - 6012  2016年04月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • The Critical Effect of Niobium Doping on the Formation of Mesostructured TiO2: Single-Crystalline Ordered Mesoporous Nb-TiO2and Plate-like Nb-TiO2with Ordered Mesoscale Dimples

    Masaki Kitahara, Yuta Shimasaki, Takamichi Matsuno, Yoshiyuki Kuroda, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    Chemistry - A European Journal   21 ( 37 ) 13073 - 13079  2015年07月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    13
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Precise synthesis of ordered nanoporous indium tin oxides and their thermal and electrical conductivities

    Takamichi Matsuno  [招待有り]

    International Workshop on Recent Advances in Thermoelectric Materials & Device Development  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年12月
     
     
  • メソポーラス結晶性シリカおよびメソポーラスゼオライトの合成

    松野敬成, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    第39回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年11月
    -
    2023年12月
  • Precise Synthesis of Ordered Nanoporous Crystalline Oxides toward Functional Materials

    Takamichi Matsuno  [招待有り]

    8th International Sol-Gel Society Workshop SUSGEM2023   (Castelló de la Plana) 

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • Zeolite Crystallization inside Three-Dimensionally Ordered Nanoporous Cobalt Oxides

    Takamichi Matsuno  [招待有り]

    Materials Oceania 2023   (Nagoya) 

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • ニオブ酸リチウムナノ多孔体の合成とその圧電触媒活性

    松野敬成, 服部哲也, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • Synthesis of Mesoporous Zeolite inside Three-Dimensionally Ordered Nanoporous Cobalt Oxides

    T. Matsuno, K. Takaoka, M. Koike, H. Wada, K. Kuroda, A. Shimojima  [招待有り]

    The 4th International Conference on NanoMaterials for Health, Energy and the Environment (ICNM2023)   (Caloundra) 

    発表年月: 2023年08月

    開催年月:
    2023年08月
     
     
  • 細孔径を制御したナノ多孔質酸化インジウムスズの合成と熱伝導率の調査

    松野 敬成, 山田 皆瑠, 和田 宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦, 小野寺 奈美子, 橘 信, 森 孝雄

    日本セラミックス協会2023年年会  

    発表年月: 2023年03月

  • Synthesis of silicalite-1 inside ordered nanoporous metal oxides

    Takamichi Matsuno, Kohei Takaoka, Daichi Oka, Masakazu Koike, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    5th Euro-Asia Zeolite Conference  

    発表年月: 2023年02月

  • Crystallization of Silicalite-1 within the Three-dimensionally Ordered Nanoporous Cobalt Oxides

    Takamichi Matsuno, Kohei Takaoka, Masakazu Koike, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    The 5th International Conference on Nanospace Materials (ICNM2022)  

    発表年月: 2022年12月

  • Synthesis of Nanoporous Metal Oxides with Large Crystallite Size using Silica Colloidal Crystals as a Template

    Takamichi Matsuno, Hiroka Fukui, Yumi Saito, Yuta Shimasaki, Quansheng Guo, Takao Mori, Makoto Kashiwagi, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    Pacifichem 2021  

    発表年月: 2021年12月

    開催年月:
    2021年12月
     
     
  • Preparation of Ordered Nanoporous Indium Tin Oxides with Large Crystallites and Their Thermal and Electrical Conductivities

    Takamichi Matsuno, Yumi Saito, Quansheng Guo, Takao Mori, Makoto Kashiwagi, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    International Symposium on Porous Materials 2021  

    発表年月: 2021年11月

    開催年月:
    2021年11月
     
     
  • Preparation of Mesoporous Crystalline Silica with Large Crystallite Domains

    Takamichi Matsuno, Takamichi Nakaya, Yoshiyuki Kuroda, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  

    発表年月: 2019年10月

  • Preparation of mesoporous quartz via crystallization of silica colloidal crystals

    Takamichi Matsuno, Takamichi Nakaya, Yoshiyuki Kuroda, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    10th International Mesostructured Materials Symposium  

    発表年月: 2018年09月

  • 球状シリカナノ粒子集合体からの結晶性三次元構造体の作製

    松野 敬成, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    第4回CSJ化学フェスタ2014  

    発表年月: 2014年10月

  • 球状シリカナノ粒子集合体の結晶化による三次元構造体の作製

    松野 敬成, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2014年09月

    開催年月:
    2014年09月
     
     
  • シリカコロイド結晶の粒子間隙における酸化マンガンの生成

    松野 敬成, 関根 可織, CHOI KwangMin, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    日本セラミックス協会第26回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2013年09月

    開催年月:
    2013年09月
     
     
  • Preparation of porous β-MnO2 by using a hard templating method with size-controlled colloidal silica crystals

    Takamichi Matsuno, Kaori Sekine, Kwang-Min Choi, Kazuyuki Kuroda

    8th International Mesostructured Materials Symposium  

    発表年月: 2013年05月

    開催年月:
    2013年05月
     
     
  • 粒径を制御したシリカコロイド結晶を鋳型に用いた多孔質β-MnO2の合成

    松野 敬成, 関根 可織, 崔 珖敏, 黒田 一幸

    日本化学会第93回春季年会(2013)  

    発表年月: 2013年03月

    開催年月:
    2013年03月
     
     
  • Synthesis of nanoporous aluminosilicates from siloxane-based building blocks consisting of Q and D units

    Takuya Hikino, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    The 20th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS-20)  

    発表年月: 2024年05月

    開催年月:
    2024年05月
     
     
  • Synthesis of silica nanofibers via disassembly of a reverse type 2D hexagonal mesostructure

    Hideaki Bashomatsu, Takumi Houya, Takamichi Matsuno, Shigeru Sakamoto, Atsushi Shimojima

    The 20th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS-20)  

    発表年月: 2024年05月

    開催年月:
    2024年05月
     
     
  • Synthesis of organically bridged siloxane oligomers with controlled structures by hydrolysis and condensation of bis(triethoxysilyl)benzene

    Mayu Suzuki, Miharu Kikuchi, Taiki Hayashi, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    The 20th International Symposium on Silicon Chemistry (ISOS-20)  

    発表年月: 2024年05月

    開催年月:
    2024年05月
     
     
  • アルキルアンモニウム基を有するアルコキシシランを用いた有機シロキサン系メソ構造体薄膜の作製

    Kazutomo Ido, Yuki Saito, Yoshiaki Miyamoto, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    日本化学会 第104春季年会(2024)  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • ビス(トリエトキシシリル)ベンゼンの加水分解・縮合により得られる有機架橋型シロキサンオリゴマーの構造制御

    Mayu Suzuki, Miharu Kikuchi, Taiki Hayashi, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    日本化学会 第104春季年会(2024)  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • シラノール基を有するかご型シロキサンと金属種の縮合反応による多孔質触媒の合成

    Takuya Hikino, Takamichi Matsuno, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    日本化学会 第104春季年会(2024)  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • 結晶性シリカナノシートをビルディングブロックとしたナノ多孔体の作製

    長谷部 颯太, 堀 暖奈, 彌富 昌, 松野敬成, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会2024年年会  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • 有機シロキサン系エラストマーからなるメソ多孔体の作製とナノ粒子分離への利用

    内田諒真, 松野敬成, 黒田一幸, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会2024年年会  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • ナノ多孔質ニオブ酸リチウムへの微小圧力印加による圧電触媒活性の発現

    伊藤 萌々花, 岡 大智, 疋野拓也, 下嶋 敦, 松野敬成

    日本セラミックス協会2024年年会  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • ナノ多孔質酸化鉄内での鉄含有メソポーラスゼオライトの合成

    岡大智, 高岡滉平, 松野敬成, 下嶋 敦

    第39回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年11月
    -
    2023年12月
  • 層状ケイ酸表面SiOH基へのSn修飾による配位不飽和Snサイトの構築

    岩上 健, 片山穂南, 疋野拓也, 彌富 昌, 松野敬成, 下嶋 敦

    第39回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2023年12月

    開催年月:
    2023年11月
    -
    2023年12月
  • かご型ゲルモキサンの有機架橋による無機-有機ハイブリッド材料の作製

    村松奏紀, 林泰毅, 松野敬成, 下嶋敦

    第42会無機高分子研究討論会  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • かご型ドデカシリケートをビルディングブロックとして用いたナノ多孔体の作製

    菊地弥温, 林泰毅, 松野敬成, 黒田一幸, 下嶋敦

    2023年度 第27回 ケイ素化学協会シンポジウム  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • 規則性メソ細孔を有する有機シロキサン系エラストマーの作製

    内田諒真, 松野敬成, 黒田一幸, 下嶋 敦

    2023年度 第27回 ケイ素化学協会シンポジウム  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • アゾベンゼン修飾シルセスキオキサン薄膜の光照射によるメソ構造変化

    三宅寿英, 水野貴大, 宮本佳明, 松野敬成, 下嶋 敦

    2023年度 第27回 ケイ素化学協会シンポジウム  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • Ti–O–Ti結合を有するかご型シロキサン系分子の合成と触媒特性

    川久保 優香, 疋野拓也, 松野敬成, 下嶋 敦

    2023年度 第27回 ケイ素化学協会シンポジウム  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • 有機シリル基で修飾した層状ケイ酸塩の剥離挙動

    脇野莉帆, 鈴木舞, 宮本佳明, 彌富昌, 堀暖奈, 松野敬成, 下嶋敦

    2023年度 第27回 ケイ素化学協会シンポジウム  

    発表年月: 2023年11月

    開催年月:
    2023年11月
     
     
  • アゾベンゼン修飾シルセスキオキサン薄膜の光誘起秩序–無秩序転移挙動

    三宅寿英, 水野貴大, 宮本佳明, 松野敬成, 下嶋 敦

    第13回CSJ化学フェスタ2023  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • 有機シリル基で修飾した層状ケイ酸塩の超音波処理による剥離挙動

    脇野莉帆, 鈴木舞, 宮本佳明, 彌富昌, 堀暖奈, 松野敬成, 下嶋敦

    第13回CSJ化学フェスタ2023  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • ナノ多孔質酸化鉄を鋳型とした規則的なメソ細孔を有する鉄含有ゼオライトの作製

    岡大智, 高岡滉平, 松野敬成, 下嶋 敦

    第13回CSJ化学フェスタ2023  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • 内部空間を有するかご型シロキサンをビルディングブロックとしたナノ多孔体の合成

    菊地弥温, 村瀬菜々子, 林泰毅, 佐藤尚人, 杉村夏彦, 松野敬成, 黒田一幸, 下嶋敦

    第10回ZAIKEN Festa  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • Synthesis of Sn-incorporated Layered Silicates as Lewis Acid Catalysts

    Takeshi Iwakami, Honami Katayama, Masashi Yatomi, Takuya Hikino, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    8th International Sol-Gel Society Workshop SUSGEM2023  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • Nanoporous Aluminosilicates from Siloxane-based Molecular Building Blocks

    Takuya Hikino, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    8th International Sol-Gel Society Workshop SUSGEM2023  

    発表年月: 2023年10月

    開催年月:
    2023年10月
     
     
  • 層状ケイ酸塩層表面へのSiH基の固定化による金属還元場の作製

    堀 暖奈, 彌富昌, 松野敬成, 下嶋 敦

    第66回粘土科学討論会  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • シラノール基を有するオリゴシロキサンをビルディングブロックとしたアルミノシリケートの合成

    望月ひかる, 疋野拓也, 松野敬成, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • アゾベンゼン修飾シルセスキオキサン薄膜の光照射による秩序–無秩序転移挙動

    三宅寿英, 水野貴大, 宮本佳明, 松野敬成, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会 第36回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • Self-Healable polysiloxane-based elastomers cross-linked by fluoride-encapsulated cage germoxanes

    T. Hayashi, M. Suzuki, T. Hikino, T. Matsuno, H. Wada, K. Kuroda, A. Shimojima

    The 4th International Conference on NanoMaterials for Health, Energy and the Environment (ICNM2023)  

    発表年月: 2023年08月

    開催年月:
    2023年08月
     
     
  • 内部空間を有するカゴ型シロキサンを用いたナノ多孔体の構築

    菊地弥温, 村瀬菜々子, 林泰毅, 佐藤尚人, 杉村夏彦, 松野敬成, 黒田一幸, 下嶋敦

    日本ゾル-ゲル学会 第21回討論会  

    発表年月: 2023年07月

    開催年月:
    2023年07月
     
     
  • 規則性ナノ細孔を有する有機シロキサン系エラストマーの作製

    内田諒真, 松野敬成, 村本奈穂, 針ヶ谷 壮啓, 田中亮祐, 黒田一幸, 下嶋 敦

    日本ゾル-ゲル学会 第21回討論会  

    発表年月: 2023年07月

    開催年月:
    2023年07月
     
     
  • メソポーラスシリカナノ粒子で架橋されたシリコーンエラストマーの作製

    齊藤優希, 宮本佳明, 内田梨花, 松野敬成, 下嶋 敦

    日本ゾル-ゲル学会 第21回討論会  

    発表年月: 2023年07月

    開催年月:
    2023年07月
     
     
  • Preparation of Cage Germoxane–Cage Siloxane Composites and Selective Removal of the Germoxane Units

    Taiki Hayashi, Takamichi Matsuno, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    10th European Silicon Days  

    発表年月: 2023年07月

    開催年月:
    2023年07月
     
     
  • Preparation of Siloxane-Based Elastomers Using Mesoporous Silica Nanoparticles as Cross-Linking Points

    Yuki Saito, Yoshiaki Miyamoto, Rika Uchida, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    2023 International Conference on Advanced Nano-Micro Materials  

    発表年月: 2023年05月

    開催年月:
    2023年05月
     
     
  • Hydrothermal Synthesis of Iron-containing Mesoporous Zeolites Using Ordered Nanoporous Iron Oxides as a Template

    Daichi Oka, Kohei Takaoka, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    2023 International Conference on Advanced Nano-Micro Materials  

    発表年月: 2023年05月

    開催年月:
    2023年05月
     
     
  • シリカ–界面活性剤複合体のメソ構造制御によるシリカナノファイバーの合成

    Hideaki Bashomatsu, Takumi Houya, Takamichi Matsuno, Shigeru Sakamoto, Atsushi Shimojima

    日本化学会 第103春季年会(2023)  

    発表年月: 2023年03月

  • ナノ多孔質酸化鉄を鋳型とした鉄含有メソポーラスゼオライトの作製

    Daichi Oka, Kohei Takaoka, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima

    日本化学会 第103春季年会(2023)  

    発表年月: 2023年03月

  • Hydrothermal synthesis of mesoporous zeolites using three-dimensionally ordered nanoporous cobalt oxides as scaffolds

    Kohei Takaoka, Takamichi Matsuno, Masakazu Koike, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    5th Euro-Asia Zeolite Conference  

    発表年月: 2023年02月

  • 多孔質酸化コバルトを結晶成長の足場としたメソポーラスゼオライト合成

    高岡滉平, 松野敬成, 小池正和, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋敦

    第38回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2022年12月

  • メソポーラスシリカナノ粒子を架橋点として用いたシロキサン系エラストマーの作製

    齊藤優希, 宮本佳明, 内田梨花, 松野敬成, 下嶋 敦

    第41回無機高分子研究討論会  

    発表年月: 2022年11月

  • 三次元規則的なナノ細孔を有する有機シロキサン系エラストマーの作製

    内田 諒真, 松野敬成, 村本奈穂, 針ヶ谷壮啓, 田中亮祐, 宮本佳明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    第41回無機高分子研究討論会  

    発表年月: 2022年11月

  • Preparation of Organosiloxane Elastomers with Ordered Nanopores

    Ryoma Uchida, Naho Muramoto, Takehiro Harigaya, Ryosuke Tanaka, Takamichi Matsuno, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    The 8th Asian Silicon Symposium  

    発表年月: 2022年10月

    開催年月:
    2022年10月
     
     
  • ニオブ酸リチウムナノ多孔体の合成と圧電触媒への展開

    服部哲也, 松野敬成, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    2022年度 第9回 ZAIKEN Festa  

    発表年月: 2022年10月

  • 界面活性剤ミセル集合体の表面構造を転写したシリカナノパターンの精密制御

    保谷拓実, 松野敬成, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会 第 35 回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • ニオブ酸リチウムナノ多孔体の合成と圧電触媒への応用

    服部哲也, 松野敬成, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋 敦

    日本セラミックス協会 第 35 回秋季シンポジウム  

    発表年月: 2022年09月

  • 長鎖アルキル基とシラノール基で修飾されたかご型シロキサンの自己集合による結晶性ナノ構造体の作製

    服部雄太, 岡洋介, 藤野康輝, 疋野拓也, 林泰毅, 松野敬成, 和田宏明, 黒田一幸, 下嶋敦

    日本化学会 第102春季年会(2022)  

    発表年月: 2022年03月

    開催年月:
    2022年03月
     
     
  • 多孔質炭素を用いたニオブ酸リチウムナノ多孔体の作製

    服部哲也, 小井沼厳, 松野敬成, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    2021年度 第8回 ZAIKEN Festa  

    発表年月: 2022年03月

  • 層状コバルト酸リチウムナノ多孔体の化学処理によるLi+脱離

    田中亮祐, 松野敬成, 齋藤由実, 福井宏佳, 下嶋 敦, 和田宏明, 森 孝雄, 黒田一幸

    第60回セラミックス基礎科学討論会  

    発表年月: 2022年01月

    開催年月:
    2022年01月
     
     
  • Preparation of Ordered Porous Materials Toward the Development of Thermoelectric Materials

    Kazuyuki Kuroda, Takamichi Matsuno, Yuta Shimasaki, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada

    PacRim 14/GOMD 2021  

    発表年月: 2021年12月

  • 多孔質酸化コバルトを鋳型としたメソポーラスゼオライトの合成

    高岡滉平, 村本奈穂, 松野敬成, 小池正和, 和田宏明, 下嶋敦, 黒田一幸

    第37回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2021年12月

  • 多孔質炭素を鋳型とした規則細孔を有するニオブ酸リチウムナノ多孔体の合成

    服部哲也, 小井沼厳, 松野敬成, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    第11回CSJ化学フェスタ2021  

    発表年月: 2021年10月

  • 界面活性剤ミセル集合体の最表面構造を転写したシリカナノホールパターンの作製

    保谷拓実, 坂本明允, 松野敬成, 原慎太郎, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    第11回CSJ化学フェスタ2021  

    発表年月: 2021年10月

  • Si基板表面でのケイ酸種の溶解再析出によるシリカナノホールパターンの作製

    保谷拓実, 坂本明允, 松野敬成, 原慎太郎, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    日本ゾル-ゲル学会 第20回討論会  

    発表年月: 2021年09月

  • ニオブアルコキシドと多孔質炭素を用いたニオブ酸リチウムナノ多孔体の作製

    服部哲也, 小井沼厳, 松野敬成, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    日本ゾル-ゲル学会 第20回討論会  

    発表年月: 2021年09月

  • 界面活性剤ミセルの最表面構造を転写したシリカ ナノ ホールパターンの作製

    保谷拓実, 坂本明允, 松野敬成, 原慎太郎, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    日本セラミックス協会2021年年会  

    発表年月: 2021年03月

  • 多孔質カーボンを鋳型としたニオブ酸リチウムナノ多孔体の合成

    服部哲也, 小井沼厳, 松野敬成, 和田宏明, 下嶋 敦, 黒田一幸

    日本セラミックス協会2021年年会  

    発表年月: 2021年03月

  • 多孔質カーボンを用いた多孔質酸化ジルコニウムの合成

    小井沼 厳, 松野 敬成, 和田 宏明, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    第36回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2020年11月

  • メソポーラスシリカの結晶化によるメソポーラス石英の作製

    仲谷 孝道, 松野 敬成, 黒田 義之, 和田 宏明, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    日本セラミックス協会2020年年会  

    発表年月: 2020年

  • シリカコロイド結晶を鋳型とした多孔質ZnOの作製

    永江 星香, 松野 敬成, 島崎 佑太, 福井 宏佳, 和田 宏明, 下嶋 敦, 黒田 一幸

    第35回ゼオライト研究発表会  

    発表年月: 2019年12月

  • Preparation of Titania Hollow Spheres with Thin Shell Using Peroxotitanium Complex and Silica Template

    Moe Sasaki, Eisuke Yamamoto, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Atsushi Shimojima, Kazuyuki Kuroda

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  

    発表年月: 2019年10月

    開催年月:
    2019年10月
     
     
  • Preparation of Porous Indium Tin Oxides with Large Crystallite Sizes by Using Silica Colloidal Crystals as a Template

    Yumi Saito, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  

    発表年月: 2019年10月

    開催年月:
    2019年10月
     
     
  • Preparation of Organosiloxane-based Mesoporous Materials using Silica Colloidal Crystals as a Template

    Naho Muramoto, Tomoaki Sugiyama, Takamichi Matsuno, Chihiro Urata, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    The 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies  

    発表年月: 2019年10月

    開催年月:
    2019年10月
     
     
  • シリカコロイド結晶を鋳型に用いた有機シロキサン系メソ多孔体の作製

    村本 奈穂, 杉山 朋陽, 松野 敬成, 和田 宏明, 黒田 一幸, 下嶋 敦

    第9回CSJ化学フェスタ2019  

    発表年月: 2019年10月

    開催年月:
    2019年10月
     
     
  • メソポーラスシリカ薄膜の配向性評価に基づくSub-5 nm周期シリカナノ溝構造の配向規制力

    坂本 明允, 廣田 佳弥, 原 慎太郎, 松野 敬成, 下嶋 敦, 和田 宏明, 黒田 一幸

    第9回CSJ化学フェスタ2019  

    発表年月: 2019年10月

    開催年月:
    2019年10月
     
     
  • N, Nbをドープしたメソポーラスアナターゼ型TiO2の作製

    齋藤 由実, 島崎 佑太, 松野 敬成, 下嶋 敦, 和田 宏明, 黒田 一幸

    日本ゾル-ゲル学会第17回討論会  

    発表年月: 2019年08月

    開催年月:
    2019年08月
     
     
  • シリカナノ粒子集積体を鋳型に用いた有機シロキサン系メソ多孔体の作製

    村本 奈穂, 杉山 朋陽, 松野 敬成, 和田 宏明, 黒田 一幸, 下嶋 敦

    日本ゾル-ゲル学会第17回討論会  

    発表年月: 2019年08月

    開催年月:
    2019年08月
     
     
  • Sub-5 nmの周期構造を有する一軸配向したシリカナノ溝構造の配向規制力の調査

    坂本 明允, 廣田 佳弥, 原 慎太郎, 松野 敬成, 下嶋 敦, 和田 宏明, 黒田 一幸

    日本ゾル-ゲル学会第17回討論会  

    発表年月: 2019年08月

    開催年月:
    2019年08月
     
     
  • 規則的に配列したシリカナノ粒子を鋳型に用いた有機シロキサン系メソ多孔体の作製

    Naho Muramoto, Tomoaki Sugiyama, Takamichi Matsuno, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda, Atsushi Shimojima

    日本化学会第99春季年会(2019)  

    発表年月: 2019年03月

    開催年月:
    2019年03月
     
     
  • シリカコロイド結晶を鋳型とした層状コバルト酸リチウムナノ構造体の作製

    福井宏佳, 島崎佑太, 松野敬成, 庄司美穂, 赤木大二郎, 下嶋敦, 和田宏明, 黒田一幸

    第57回セラミックス基礎科学討論会  

    発表年月: 2019年01月

    開催年月:
    2019年01月
     
     
  • Preparation of Single-Crystalline Mesoporous Quartz Superlattice Using Flux Confined in Nanospace

    Yoshiyuki Kuroda, Takamichi Matsuno, Masaki Kitahara, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    日本化学会第96春季年会(2016)  

    発表年月: 2016年03月

    開催年月:
    2016年03月
     
     
  • 粒径が精密に制御された層状複水酸化物ナノ粒子を前駆体に用いたメソポーラスMg–Al複酸化物の調製

    岡 佑弥, 黒田 義之, 松野 敬成, 下嶋 敦, 和田 宏明, 黒田 一幸

    第59回粘土科学討論会  

    発表年月: 2015年09月

    開催年月:
    2015年09月
     
     
  • Preparation of Mesoporous Mg–Al Mixed Metal Oxides with High Surface Area and Large Pore Volume by Using Uniform Layered Double Hydroxide Nanoparticles as Precursors

    Yuya Oka, Yoshiyuki Kuroda, Takamichi Matsuno, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    International Symposium on Zeolites and MicroPorous Crystals 2015  

    発表年月: 2015年07月

    開催年月:
    2015年06月
    -
    2015年07月
  • Preparation of Highly Ordered Mesoporous Nb-Doped TiO2with Single Crystalline Framework and Plate-like Nb-Doped TiO2with Ordered Mesoscale Dimples

    Yuta Shimasaki, Masaki Kitahara, Takamichi Matsuno, Yoshiyuki Kuroda, Atsushi Shimojima, Hiroaki Wada, Kazuyuki Kuroda

    International Symposium on Zeolites and MicroPorous Crystals 2015  

    発表年月: 2015年07月

    開催年月:
    2015年06月
    -
    2015年07月
  • シリカコロイド結晶を鋳型に用いたNbドープ単結晶性TiO2メソ構造体の作製

    島崎 佑太, 北原 真樹, 黒田 義之, 松野 敬成, 下嶋 敦, 和田 宏明, 黒田 一幸

    日本セラミックス協会2015年年会  

    発表年月: 2015年03月

    開催年月:
    2015年03月
     
     

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 微小な圧力を駆動力としたナノ多孔質圧電触媒の開拓

    科学技術振興機構 (JST)  創発的研究支援事業

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2026年03月
     

  • 熱・電気伝導率の独立制御に向けた金属酸化物ナノ多孔体の細孔壁の精密制御

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    松野 敬成

  • Alドープ結晶性メソポーラスシリカの合成および触媒活性点の調査

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2021年08月
    -
    2023年03月
     

    松野 敬成

     概要を見る

    本研究の目的はAlドープにより固体酸性を有する結晶性メソポーラスシリカの合成手法を確立し、その触媒活性点の分析・評価を行うことである。
    ゼオライトに代表される多孔質結晶性シリカは骨格の一部をAlやTiなどの金属元素で置換することで酸点が生成し、触媒活性を示すことから工業的に利用され、学術研究も幅広くなされている。一方で、細孔壁がシリカの結晶多形からなる多孔質結晶性シリカの合成例は極めて少数であり、酸点を導入して触媒活性を調査した報告は皆無である。したがって、細孔壁の結晶性が触媒活性に与える影響は未知であり、これを明らかにすることは学術・工業双方の観点から重要といえる。結晶性アルミノケイ酸塩であるゼオライトとの比較を考え、本研究ではドープ元素にAlを選択する。
    本年度はAl含有メソポーラスシリカを調製し、その細孔壁を結晶化させることでAlドープ結晶性メソポーラスシリカの合成を試みた。これまでに開発したメソポーラスシリカの細孔壁を結晶化させる手法を適用して検討を行った結果、Al含有メソポーラスシリカを用いた場合でも、シリカの結晶多形である石英へと結晶化が可能であった。得られた結晶性メソポーラスシリカは元々の細孔構造を保持していることが確認された。以上の結果より、今年度の検討で目的物質が得られた可能性があるため、次年度では合成した結晶性メソポーラスシリカ中に存在するAlの化学状態に関する分析及び触媒特性評価を推進する。

  • ナノ構造を保持した組成変換による単結晶性ポーラスチタン酸バリウムの作製

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

    松野 敬成

     概要を見る

    本研究の目的は、単一の結晶子中に複数のナノ細孔を有するような単結晶性BaTiO3ナノ多孔体の合成手法を確立し、特性評価を行うことである。このような圧電物質を合成できれば起電力の向上が期待できるだけではなく、近年注目されている圧電触媒の分野においても貢献が期待できる。しかし単結晶性酸化物ナノ多孔体の合成は、これまで限られた組成でのみ報告されており、BaTiO3での合成は従来の手法では困難である。そのため、本年度は単結晶性酸化物ナノ多孔体を合成する手法について検討した。
    単結晶性TiO2ナノ多孔体を合成し、Ba化合物と共に炭素中に閉じ込め、不活性雰囲気下で加熱することで単結晶性BaTiO3ナノ多孔体が合成できるのではないかと考え、検討を行った。しかし、想定していたBaTiO3の生成は確認されなかった。これはi) Ba化合物がTiO2よりも炭素と優先的に反応したため、ii) Ba化合物とTiO2の接触が少なかったため、という可能性が考えられる。そこで合成手法に関して更なる検討を行った。これまでは炭素鋳型中でナノ多孔体と反応する金属化合物はLi化合物に限られていたが、これはLi化合物以外の金属塩では炭素源への溶解度が小さく、炭素鋳型中でナノ多孔体と均一な反応が進行しないためだと考えられる。本検討では水溶性の炭素源と共に金属塩を溶解させた水溶液を用いることで、炭素鋳型中でナノ多孔体との反応が可能になることを見出した。本手法を用いればBa化合物とTiO2を反応させることができる可能性があり、単結晶性のナノ多孔体を合成する汎用的な手法への発展が期待できる。

Misc

  • ナノ細孔で熱・電子の輸送を制御する

    松野 敬成

    化学   79 ( 5 ) 74 - 75  2024年04月

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • メソポーラスゼオライト合成研究における細孔構造制御の展望

    松野敬成, 高岡滉平, 黒田一幸, 下嶋敦

    ゼオライト   40 ( 3 ) 103 - 108  2023年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI

  • 機能性材料の創出に向けた酸化物ナノ多孔体の 組成・結晶性・細孔構造制御

    松野 敬成, 和田 宏明, 下嶋 敦, 森 孝雄, 黒田 一幸

    セラミックス   57 ( 5 ) 334 - 337  2022年05月

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 理工学基礎実験2B

    早稲田大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験1B

    早稲田大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • ナノスケール科学ジョイントセミナー

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • マテリアルデザイン科学ジョイントセミナー

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 応用化学総論

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 無機固体化学

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験1A

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 応用化学基礎演習A

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    2023年03月
     

▼全件表示

 

学内研究所・附属機関兼任歴

  • 2023年
    -
    2024年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2022年
    -
    2024年

    カーボンニュートラル社会研究教育センター   兼任センター員

  • 2022年
    -
    2024年

    リサーチイノベ オープンイノベーション推進セクション   兼任センター員

  • 2022年
    -
    2024年

    各務記念材料技術研究所   兼任研究員