近藤 あき (コンドウ アキ)

写真a

所属

附属機関・学校 高等研究所

職名

准教授(任期付)

学位 【 表示 / 非表示

  • 京都大学   博士(人間・環境学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   准教授(任期付)

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    京都工芸繊維大学   繊維学系   助教

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    カリフォルニア大学バークリー校 心理学部 Visiting Scholar

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会   海外特別研究員(RRA)

  • 2015年03月
    -
    2018年03月

    京都工芸繊維大学   大学戦略推進機構系グローバルエクセレンス   助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本認知心理学会

  •  
     
     

    日本基礎心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感性情報学

  • 実験心理学

  • 認知科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 顔認知

  • 魅力認知

  • 感性

  • 意思決定

  • 知覚心理学

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of viewing distance on visual and visual-tactile evaluation of fabric.

    Isami, C, Kondo, A, Goto, A, Sukigara, S

    Journal of Fiber Science and Technology   77 ( 2 ) 56 - 65  2021年02月  [査読有り]

  • The relationship between onomatopoeic words of luster sensations and high-grade feel of fabrics

    Aki Kondo, Megumi Yoshikawa, Sachiko Sukigara

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51   193 - 193  2016年07月  [査読有り]

  • Visual impression of fabrics at different viewing distances.

    Goto A, Kondo A, Sukigara S

    Asian Textiles Conference Proceedings   3   950 - 953  2015年01月  [査読有り]

  • Influence of gender membership on sequential decisions of face attractiveness

    Aki Kondo, Kohske Takahashi, Katsumi Watanabe

    ATTENTION PERCEPTION & PSYCHOPHYSICS   75 ( 7 ) 1347 - 1352  2013年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Responses in a current trial are biased by the stimulus and response in the preceding trial. In a mixed-category sequence, the sequential dependency is weaker when the stimuli of the current and preceding trials fall under different categories. In the present study, we investigated the influence of the gender membership of faces on the sequential dependency. Forty-eight pictures of male and female faces were presented successively. Participants rated the attractiveness, roundness, or intelligence of each face on a 7-point scale. The sequential effect was robustly observed, irrespective of the property to be judged. However, between-gender sequential dependency was weaker than within-gender dependency only in the attractiveness judgment. These findings suggest that the gender of faces serves as a cue for forming category representations when face attractiveness is of interest, and hence that the formation of categories in sequential decisions is an adaptive process that depends on the property to be judged.

    DOI PubMed

  • Inter-trial effect in luminance processing revealed by magnetoencephalography

    Aki Kondo, Katsumi Watanabe

    Universitas Psychologica   12 ( 5 ) 1559 - 1565  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we examined whether luminance processing in the human visual system would exhibit any history effect (i.e., inter-trial modulation) in psychophysical and magnetoencephalographic experiments. A disk was presented against a black background at various luminance levels in a randomized order. During the MEG recording, participants were instructed to rate the brightness of the disk (magnitude estimation) and to report it aloud during inter-stimulus interval. The MEG results showed that the neuromagnetic activation around 200-220 ms after the stimulus onset in the left occipito-temporal regions at a given trial was weaker when the disk luminance in the immediately prior trial was higher. An inverse inter-trial effect was also observed in the psychophysical experiment. These findings suggest that the neuromagnetic activity reflects the inter-trial modulation of luminance processing that correlates with the subjective perception of brightness.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 美しさと魅力の心理

    近藤 あき( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 面接で有利になる順番は──順序効果)

    ミネルヴァ書房  2019年 ISBN: 9784623086597

  • 心理学入門 : こころを科学する10のアプローチ

    近藤 あき( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第2章: 知覚心理学—世界が意識にのぼるまで—; 第3章: 認知心理学—対象把握の処理過程—)

    講談社  2017年 ISBN: 9784061548084

Misc 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 基礎心理学会 優秀発表賞

    2013年12月  

    受賞者: 近藤 あき

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 知覚・認知に及ぼす時間文脈効果の個人差とその処理プロセスの解明

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    担当区分: 研究代表者

  • 視覚物体表現の系列依存性に関する認知科学的研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    近藤 あき

    担当区分: 研究代表者

  • 意思決定における判断バイアスの発生メカニズムの解明と除去法の開発

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2020年03月
     

    近藤 あき

    担当区分: 研究代表者

  • 主観的判断の系列効果とその脳内過程の解明

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    近藤 あき

    担当区分: 研究代表者

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 先端ファイブロ科学特論Ⅰ(博士後期課程)

    京都工芸繊維大学  

    2020年
    -
     
     

  • 先端ファイブロ科学特別講義(博士前期課程)

    京都工芸繊維大学  

    2020年
    -
     
     

  • 心理学基礎実験1・2

    立正大学  

  • 心理学実験基礎演習Ⅰ・Ⅱ

    大正大学  

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業

    京都府教育委員会  (京都府立城南菱創高等学校) 

    2020年11月
    -
     

  • 子どもの知的好奇心をくすぐる体験授業

    京都府教育委員会  (京都府立亀岡高等学校) 

    2016年11月
    -