2024/02/28 更新

写真a

フカワ ユウタ
深和 佑太
所属
理工学術院 創造理工学部
職名
助教
学位
博士(工学) ( 2023年07月 早稲田大学 )
修士(工学) ( 2019年03月 首都大学東京 )

経歴

  • 2023年10月
    -
    継続中

    早稲田大学   創造理工学部建築学科   助教

  • 2024年02月
    -
    2024年03月

    The University of Sydney   IEQ lab, School of Architecture, Design, and Planning   Visiting Researcher

  • 2021年04月
    -
    2023年09月

    早稲田大学   創造理工学部建築学科   助手

  • 2019年04月
    -
    2020年03月

    レビ設計室   所員

学歴

  • 2020年04月
    -
    2023年03月

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科   建築学専攻, 博士後期課程  

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    首都大学東京(現東京都立大学)   大学院都市環境科学研究科   建築学域, 博士前期課程  

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    首都大学東京(現東京都立大学)   都市環境学部   建築都市コース  

所属学協会

  • 2023年05月
    -
    継続中

    アメリカ暖房冷凍空調学会

  • 2017年06月
    -
    継続中

    空気調和・衛生工学会

  • 2017年04月
    -
    継続中

    日本建築学会

研究分野

  • 建築環境、建築設備

研究キーワード

  • 建築環境学

  • 建築環境デザイン

  • 熱的快適性

  • 半屋外環境

  • ワークプレイス

  • ウェルビーイング

  • ウェルネス

▼全件表示

受賞

  • 日本建築学会大会(東海)学術講演会 若手優秀発表賞

    2021年11月   日本建築学会 環境工学委員会   情動知能を考慮したオフィス勤務と在宅勤務併用時の知的生産性(第3報)クラスタリングを用いた情動知能特性の分析  

    受賞者: 深和佑太

  • 優秀賞・グローバル賞(特別賞)

    2017年12月   エネマネハウス2017事務局   ZEH Village アジア蒸暑気候下の町屋  

    受賞者: 小泉雅生研究室, 一ノ瀬雅之研究室

  • 優秀学生卒業表彰(首席卒業)

    2017年03月   首都大学東京(現東京都立大学)  

    受賞者: 深和佑太

  • 八雲賞本賞(卒業設計最優秀賞)

    2017年02月   首都大学東京 建築同窓会  

    受賞者: 深和佑太

 

論文

  • 木材への天然系塗料の塗布が揮発性有機化合物放散量および知覚空気質に与える影響

    池内 宏維, 富田 奈歩, 赤松 奈美, 新納 稔樹, 田崎 未空, 深和 佑太, 金 炫兌, 田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   88 ( 811 ) 716 - 725  2023年09月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • 室間移動および暖房方式を考慮した女性冷え性者の足部温冷感に関する被験者実験

    新井 遥, 平間 香菜理, 藤井 香菜子, 深和 佑太, 飯原 康介, 田崎 未空, 小泉 貴子, 二宮 誠英, 田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   88 ( 808 ) 501 - 510  2023年06月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • 半屋外空間における環境グレードが熱的快適性に与える影響

    深和 佑太, 渡邉 侑々子, 小川 裕太郎, 久山 遼, 野元 彬久, 中野 淳太, 中川 純, 田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   88 ( 808 ) 489 - 500  2023年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • Effects of various environmental grades on thermal comfort in semi‐outdoor spaces

    Yuta Fukawa, Yuyuko Watanabe, Yutaro Ogawa, Ryo Hisayama, Akihisa Nomoto, Junta Nakano, Jun Nakagawa, Shin‐ichi Tanabe

    JAPAN ARCHITECTURAL REVIEW   6 ( 1 ) e12414  2023年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI J-GLOBAL

    Scopus

  • エネルギー消費量と健康性を考慮した戸建住宅の部分断熱改修の事例研究

    藤井 香菜子, 新井 遥, 若林 航也, 深和 佑太, 戸邉 亮司, 永井 拓生, 中川 純, 田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   87 ( 802 ) 895 - 906  2022年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

  • オフィス勤務および在宅勤務における執務者の行動と知的生産性

    村上 卓也, 鵜飼 真成, 深和 佑太, 千本 雄登, 飯原 康介, 清田 修, 西田 裕道, 田辺 新一

    日本建築学会環境系論文集   87 ( 802 ) 888 - 894  2022年12月  [査読有り]  [国内誌]

    DOI

    Scopus

  • Thermal Measurement in Insulation-Retrofitted, Downsized House in Cold Region of Japan

    Haruka Arai, Kanako Fujii, Soma Sugano, Yuta Fukawa, Jun Nakagawa, Shin-ichi Tanabe

    17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, INDOOR AIR 2022    2022年  [査読有り]

     概要を見る

    The objective of this study was to design and construct an insulation-retrofitted, downsized house and examine the thermal comfort of the house. In the retrofitted house, the total floor area was reduced, and the thermal insulation of the living area was improved. Field measurement of the thermal environment was conducted in autumn 2021 and winter 2022 in Morioka City, Japan. In this house, a new open-air deck space was constructed by reducing the old outer walls. In autumn, the predicted mean vote (PMV) in the living-dining room was within ±0.5 without running the air conditioner. Furthermore, while the residents lived in the house, the standard new effective temperature remained within the comfort zone in the deck space. In winter, it was shown to have high health benefits by the floor surface temperature increases with running the floor heating.

  • Bayesian Inference for Predicting Occupant Satisfaction in Workplace from Indoor Environment Quality

    Yuta Fukawa, Mayumi Ohba, Shin-ichi Tanabe

    17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, INDOOR AIR 2022    2022年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Occupant satisfaction in workplaces is affected by indoor environment quality (IEQ), such as thermal, visual, and indoor air quality (IAQ) parameters. This study aimed to clarify the effects of spatial impressions on satisfaction. We developed a prediction model of satisfaction considering spatial impressions using Bayesian inference. Regression equations for predicting occupant satisfaction from the measured values were derived using a survey dataset from Japan. The occupants were categorized into three groups according to their degree of spatial satisfaction. The posterior distributions of the regression parameters for predicting satisfaction were estimated using PyStan. We adopted the hierarchical Bayesian model, in which parameters are composed of common parts and group differences. The distribution of overall satisfaction predicted from the measured values partially corresponded to that of the true values. It was concluded that occupant satisfaction in workplaces can be predicted by Bayesian inference considering the differences in spatial impression.

  • Work Environment Considering Emotional Intelligence Quotient of Workers in Hybrid Workstyle

    Kosuke Iihara, Masanari Ukai, Yuta Fukawa, Yuto Chimoto, Takuya Murakami, Shino Kanie, Osamu Kiyota, Osamu Kunitomo, Hitromichi Nishida, Shin-ichi Tanabe

    17th International Conference on Indoor Air Quality and Climate, INDOOR AIR 2022    2022年  [査読有り]

     概要を見る

    Emotional intelligence quotient (EQ) is defined as the ability to perceive, control, and evaluate emotions. Communication and breaks while working in an office and working from home differ. Therefore, in hybrid workstyle, taking EQ into account and enabling workers with various attributes to work actively is important for creating work environment to improve the workplace productivity. This study aims to identify the effects of differences in the EQ of workers on their ease of activities and workplace productivity in hybrid workstyle for creating work environment to improve the workplace productivity. Regardless of EQ of workers, Questionnaires were conducted during the summer of 2020. The results showed that communication was more difficult while working from home than when working in the office in hybrid workstyle. Additionally, while working from home in hybrid workstyle workers with a high EQ engage in intellectual activities more easily than those with a low EQ.

  • Digital Twin Based Evolutionary Building Facility Control Optimization.

    Kohei Fukuhara, Ryo Kumagai, Fukawa Yuta, Shin-ichi Tanabe, Hiroki Kawano, Yoshihiro Ohta, Hiroyuki Sato

    IEEE Congress on Evolutionary Computation(CEC)     1 - 8  2022年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Field study on occupants’ subjective symptoms attributed to overcooled environments in air-conditioned offices in hot and humid climates of Asia

    Yuta Fukawa, Ryota Murakami, Masayuki Ichinose

    Building and Environment   195   107741 - 107741  2021年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Study on the Thermal Performance of Office Spaces in the Tropics: A Case Study in Singapore

    Steve Kardinal Jusuf, Masayuki Ichinose, Yuta Fukawa, Sattayakorn Sutida

    SMART AND HEALTHY WITHIN THE TWO-DEGREE LIMIT (PLEA 2018), VOL 1     403 - 408  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    Commercial and office buildings often have problems on the aspects of indoor thermal environment and energy performances. The actual performance of these types of buildings, most of the time, are different from the desired performance. A data collection was conducted in an office space of a university building in Singapore as part of the ongoing study, measuring the environmental performance of office buildings across Southeast Asian countries. The objective measurement on the thermal condition shows that most measurement points across office space is at the colder side of the comfort zone. This finding is supported by the survey results where only about 65% of occupants voted for "slightly cool", "neutral" and "slightly warm" and about 22% of occupants showed "cold" related symptoms on their legs, hands and body at the end of working hours. The calculated neutral temperature range was generally from 24 degrees C to 26 degrees C, while the measured room temperature was mostly below 24 degrees C.

  • Field investigation on unacceptable sensation of thermal environment in Taiwanoffice

    Yuta Fukawa, Masayuki Ichinose, Eriko Tokuda

    Proceedings of 33rd PLEA International Conference: Design to Thrive, PLEA 2017   1   1076 - 1083  2017年  [査読有り]

     概要を見る

    The average thermal sensation of occupants in the hot and humid region of Asia is different from that of Europeans and Americans. Office occupants in buildings equipped with air conditioners tend to find the thermal environment uncomfortable due to individual differences of thermal sensation. In this research, the thermal environment was measured in two office buildings in Taipei during summer. The Occupants' sensation of the thermal environment was recorded using a voting machine developed by team researchers. Thirty-six occupants were requested to report the feeling of an unacceptable thermal environment by pressing a red or blue button on the voting machine when feeling hot or cold, respectively. The results show that operative temperature and absolute humidity varied at the times an individual was out of the comfort zone based on ASHRAE Standard 55(2013). Although all individuals were in the same environment, some occupants reported feeling unacceptably, even though they were at a temperature and humidity level considered to be within the comfort zone. About 60% of unacceptable votes reported feeling cold while within the comfort zone. This research suggests that it is possible to revise existing comfort criteria in offices in Taiwan or other hot or humid regions in Asia.

▼全件表示

Works(作品等)

  • 部分断熱の家

    中川純, 戸邉亮司, 永井拓生, 冨山正幸, 深和佑太  建築作品 

    2022年09月
    -
    継続中

  • E邸

    中川純, 池原靖史, 深和佑太  建築作品 

    2021年10月
    -
    継続中

講演・口頭発表等

  • 半屋外環境における空間特性を考慮した熱的快適性調査

    深和佑太, 渡邉侑々子  [招待有り]

    自動車技術会 車室内環境技術部門委員会  

    発表年月: 2022年12月

    開催年月:
    2022年12月
     
     

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 機械学習を用いた非定常不均一な半屋外温熱環境における熱的快適性予測に関する研究

    大林財団  奨励研究助成

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

Misc

  • 建築空間における異なる環境グレードが熱的快適性に与える影響

    渡邉侑々子, 久山遼, 久山遼, 小川裕太郎, 野元彬久, 秋元瑞穂, 飯原康介, 松尾和弥, 深和佑太, 中野淳太, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • 停電時における要配慮者の在宅避難を考慮したゼロ・エネルギーハウスに関する研究(第2報)シミュレーションにおける電力自給および温熱環境評価

    今井美奈代, 金ジョンミン, 稲葉愛永, 秋元瑞穂, 天田侃汰, 深和佑太, 小野田亮介, 竹原大暉, 田辺新一, 柏原誠一, 千葉陽輔, 渡辺直哉

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • オフィス勤務と在宅勤務を併用する働き方における執務者のWell-beingと知的生産性(第2報)執務者のWell-beingと知的生産性

    新納稔樹, 鵜飼真成, 深和佑太, 村上卓也, 村上卓也, 飯原康介, 清田修, 國友理, 西田裕道, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • オフィス勤務と在宅勤務を併用する働き方における執務者のWell-beingと知的生産性(第1報)在宅勤務の印象と執務者のWell-being

    飯原康介, 鵜飼真成, 深和佑太, 村上卓也, 村上卓也, 新納稔樹, 清田修, 國友理, 西田裕道, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • 長寿社会に備える住宅の減築断熱改修に関する研究 その2 減築タイプの分類および減築断熱改修手法ごとの室内環境・光熱費の検討

    平間香菜理, 新井遥, 深和佑太, 菅野颯馬, 飯原康介, 田崎未空, 中川純, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • 長寿社会に備える住宅の減築断熱改修に関する研究 その1 実測調査による中間期・冬季の熱的快適性評価

    新井遥, 平間香菜理, 深和佑太, 菅野颯馬, 飯原康介, 田崎未空, 中川純, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • 停電時における要配慮者の在宅避難を考慮したゼロ・エネルギーハウスに関する研究(第1報)停電時の生活スケジュール作成およびシミュレーション概要

    KIM Jungmin, 今井美奈代, 稲葉愛永, 秋元瑞穂, 天田侃汰, 深和佑太, 小野田亮介, 竹原大暉, 田辺新一, 柏原誠一, 千葉陽輔, 渡辺直哉

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2022  2022年

    J-GLOBAL

  • 半屋外環境における空間特性を考慮した熱的快適性調査 (第2報)リアルタイム申告を用いた気流速度が及ぼす快・不快感への影響度の空間別比較

    深和 佑太, 渡邉 侑々子, 小川 裕太郎, 野元 彬久, 秋元 瑞穂, 飯原 康介, 松尾 和弥, 中野 淳太, 中川 純, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.6   281 - 284  2022年

     概要を見る

    本研究では環境グレードが滞在者の熱的快適性に与える影響の把握を目的とした。気流速度の変動が与える快適性への影響を明らかにするため、スマートフォンを用いて快・不快感を継続的に申告させた。階層ベイズモデルを用いた快・不快感に対する気流速度のべき乗回帰式を導出した。上部が天井で覆われたピロティでは屋外グレードに近い空間と比べ気流速度に対する感度が高くなっていた。空間特性が滞在者の快・不快感の発生条件に影響を与えていることが示された。

    DOI

  • 半屋外環境における空間特性を考慮した熱的快適性調査 (第1報)空間の印象評価を用いた環境グレード分類

    渡邉 侑々子, 深和 佑太, 小川 裕太郎, 野元 彬久, 秋元 瑞穂, 飯原 康介, 松尾 和弥, 中野 淳太, 中川 純, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.6   277 - 280  2022年

     概要を見る

    本研究の目的は、異なる環境グレードが滞在者の熱的快適性に与える影響の把握である。半屋外環境5箇所を対象に物理環境測定および空間の印象評価と熱的快適性調査を行った。その結果、空間評価に基づいて半屋外環境を室内側と屋外側の2つにグレード分類できることが分かった。また空間評価のうち特に天面評価が被験者の環境に対する期待感に与える影響は大きく、素材としてガラスを使用し、天井高が高い程、熱的快適域が拡張すると考えられる。

    DOI

  • Well-beingを考慮したオフィス勤務と在宅勤務を併用する働き方に関する研究

    新納 稔樹, 鵜飼 真成, 深和 佑太, 村上 卓也, 飯原 康介, 清田 修, 國友 理, 西田 裕道, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.8   89 - 92  2022年

     概要を見る

    本研究の目的は、オフィス勤務と在宅勤務を併用する働き方が執務者のWell-beingに及ぼす影響を把握し、さらにWell-beingが執務者の知的生産性に及ぼす影響を把握することである。そこで、オフィス勤務および在宅勤務に関する質問項目に加えて、執務者のWell-beingに関する質問項目を含めたアンケート調査を実施した。結果より、在宅勤務を併用することで約5割の執務者のWell-beingが向上することが分かった。また、執務者のWell-beingの変化は、在宅勤務における知的生産性に影響を及ぼす可能性が示された。

    DOI

  • 女性の冷え性者の室間移動を考慮した足部温冷感に関する研究 (第1報)被験者実験による暖房方式別の生理・心理反応の測定

    平間 香菜理, 新井 遥, 深和 佑太, 飯原 康介, 田崎 未空, 田辺 新一, 小泉 貴子, 二宮 誠英

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.6   213 - 216  2022年

     概要を見る

    日本では、居室間欠空調が一般的であり、冬季における非居室は寒冷となっている可能性がある。本研究は、暖房方式別に室間移動時の冷え性者の生理心理に及ぼす影響を明らかにすることを目的とする。本報では、女性の冷え性者を対象とした被験者実験を行い、暖房方式別の生理量・心理量の回復傾向を明らかにした。居室で床暖房を運転することで、非居室への移動時に、皮膚温と温冷感が高く保たれる可能性が示された。

    DOI

  • 女性の冷え性者の室間移動を考慮した足部温冷感に関する研究 (第2報)心理量の評価および足部温冷感推定式の提案

    新井 遥, 平間 香菜理, 深和 佑太, 飯原 康介, 田崎 未空, 田辺 新一, 小泉 貴子, 二宮 誠英

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.6   217 - 220  2022年

     概要を見る

    日本では非居室の温熱環境は劣悪である。特に冷えを感じやすい女性冷え性者について、室間移動時の考慮が求められる。本研究の目的は、室間移動時の心理量を暖房方式別に評価することである。本論文では、被験者実験を行い、5条件の暖房方式別に室間移動時の温冷感の回復傾向を評価した結果を述べる。その結果、居室で床暖房運転かつ非居室で足部を温める暖房を運転することで、冷え性者でも寒さを感じにくく生活できる可能性が示された。また、被験者実験の結果をもとに足部温冷感推定式を提案した。

    DOI

  • ゼロ・エネルギーハウスにおける在宅避難を考慮した停電模擬実験 第1報 対象住宅概要および夏季における電力需給と温熱環境評価

    金 ジョンミン, 今井 美奈代, 天田 侃汰, 秋元 瑞穂, 深和 佑太, 田辺 新一, 千葉 陽輔

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.10   317 - 320  2022年

     概要を見る

    本研究では、蓄電池5.6 kWhを搭載したZEHにおいて健康性を損なわない温熱環境を維持した在宅避難の実現可能性の検証を目的とし、停電を模擬した実証実験を行った。夏季の停電模擬実験では、生活範囲を居間のみに制限することで、エアコンの24時間稼働に加え、24時間換気・照明・テレビ・携帯電話の充電・冷蔵庫、給湯の昼間沸き上げまたは昼食分の高負荷家電を利用する生活を、電力供給を途絶せずに実現可能であることが示された。

    DOI

  • ゼロ・エネルギーハウスにおける在宅避難を考慮した停電模擬実験 第2報 中間期および冬季における電力需給と温熱環境評価

    今井 美奈代, 金 ジョンミン, 天田 侃汰, 秋元 瑞穂, 深和 佑太, 田辺 新一, 千葉 陽輔

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2022.10   321 - 324  2022年

     概要を見る

    近年、日本では停電被害を伴う自然災害が増加しており、停電対策としてゼロ・エネルギーハウス(ZEH)が注目されている。本研究の目的は、停電時に快適な温熱環境を維持した在宅避難の実現可能性を検証することである。本報では、中間期と冬期に実施した停電実験における電力需給および温熱環境の実測結果を示す。容量5.6kWhの蓄電池を搭載したZEHにおいて、炊飯器、電子レンジ、電気ケトルの使用おるいは給湯沸き上げを行うことで、昼間の余剰電力を活用可能であることがわかった。

    DOI

  • オフィス勤務と在宅勤務における執務者の知的生産性

    村上卓也, 鵜飼真成, 深和佑太, 千本雄登, 飯原康介, 清田修, 西田裕道, 田辺新一

    空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 情動知能を考慮したオフィス勤務と在宅勤務併用時の知的生産性(第2報)執務者の情動知能と作業効率

    飯原康介, 鵜飼真成, 深和佑太, 千本雄登, 千本雄登, 村上卓也, 蟹江梓乃, 清田修, 西田裕道, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 在宅避難を考慮したゼロ・エネルギーハウスにおける夏季の停電模擬実験(第1報)対象住宅概要および停電時の生活スケジュール作成

    森戸直美, 天田侃汰, 金ジョンミン, 秋元瑞穂, 稲葉愛永, 蟹江梓乃, 深和佑太, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 情動知能を考慮したオフィス勤務と在宅勤務併用時の知的生産性(第3報)クラスタリングを用いた情動知能特性の分析

    深和佑太, 鵜飼真成, 千本雄登, 千本雄登, 村上卓也, 蟹江梓乃, 飯原康介, 清田修, 西田裕道, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 在宅避難を考慮したゼロ・エネルギーハウスにおける夏季の停電模擬実験(第3報)停電模擬実験における電力自給および温熱環境評価

    天田侃汰, 稲葉愛永, 金ジョンミン, 秋元瑞穂, 蟹江梓乃, 深和佑太, 田辺新一, 森戸直美

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 在宅避難を考慮したゼロ・エネルギーハウスにおける夏季の停電模擬実験(第2報)シミュレーションによる停電実験条件の検討

    稲葉愛永, 天田侃汰, 金ジョンミン, 秋元瑞穂, 蟹江梓乃, 深和佑太, 田辺新一, 森戸直美

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 長寿社会に備える2人世帯を対象としたゾーニング断熱改修に関する研究 その1 断熱改修方法および暖房運転スケジュール条件の検討

    新井遥, 藤井香菜子, 深和佑太, 村上卓也, 稲葉愛永, 中川純, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 長寿社会に備える2人世帯を対象としたゾーニング断熱改修に関する研究 その2 改修費用および健康性改善効果を考慮した断熱改修手法評価

    藤井香菜子, 新井遥, 深和佑太, 村上卓也, 稲葉愛永, 中川純, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 情動知能を考慮したオフィス勤務と在宅勤務併用時の知的生産性(第1報)勤務環境における行動のしやすさと作業効率

    村上卓也, 鵜飼真成, 深和佑太, 千本雄登, 千本雄登, 蟹江梓乃, 飯原康介, 清田修, 西田裕道, 田辺新一

    日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 冬季停電時におけるゼロ・エネルギーハウスの電力自給と温熱環境の評価 第2報 停電模擬実験時の電力需給と温熱環境

    稲葉 愛永, 天田 侃汰, 金 ジョンミン, 秋元 瑞穂, 深和 佑太, 田辺 新一, 森戸 直美

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2021.10   393 - 396  2021年

     概要を見る

    本研究では、冬季停電時に快適な温熱環境を維持した在宅避難の実現可能性を検証することを目的とし、ZEHを満たす対象住宅において、停電模擬実験を行った。本報では、生活スケジュール別の電力需給および温熱環境の実測結果より、在宅避難時に実現可能な居住者行動を把握した。3 日間の停電時において、自立運転により、ACの24時間稼働に加え、就寝時の寝室AC・給湯の昼間沸き上げ・24時間換気・照明・家電を利用する生活を、電力供給を途絶せずに実現可能であった。

    DOI

  • 執務者の情動知能とオフィス勤務および在宅勤務を併用した働き方に関する研究

    飯原 康介, 鵜飼 真成, 深和 佑太, 千本 雄登, 村上 卓也, 清田 修, 西田 裕道, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2021.8   265 - 268  2021年

     概要を見る

    本研究の目的はオフィス勤務と在宅勤務の併用時における執務者の情動知能と行動のしやすさの関係を把握することである。そのため、オフィス勤務と在宅勤務を併用する執務者に対して情動知能を含むアンケート調査を実施した。結果から、オフィス勤務と在宅勤務の併用が継続されると考えられるアフターコロナにおいて、知的生産性向上のために執務者の情動知能および執務内容に適したオフィス勤務と在宅勤務の選択を推奨することが重要であることが推察された。

    DOI

  • 冬季停電時におけるゼロ・エネルギーハウスの電力自給と温熱環境の評価 第1報 対象住宅概要および停電時の生活スケジュール作成

    天田 侃汰, 稲葉 愛永, 金 ジョンミン, 秋元 瑞穂, 深和 佑太, 田辺 新一, 森戸 直美

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2021.10   389 - 392  2021年

     概要を見る

    本研究では、冬季の停電を模擬した実験により、ZEHにおける快適な温熱環境を維持した在宅避難の実現可能性を検証した。本報では、対象住宅の概要を示し、既往研究、災害調査報告書、およびBEST-Hを用いた解析結果をもとに作成した停電時の生活スケジュールを示した。解析結果より、低日射量条件においてもACを24時間稼働し、照明・換気・家電を用いる生活とすることで電力を不足せず、また、ACの稼働により快適な温熱環境が維持できる可能性が示された。

    DOI

  • 居住者の生活範囲および熱的快適性を考慮したゾーニング断熱改修手法に関する研究 (第2報)断熱領域の違いによるエネルギー消費量および冬季の健康性への影響

    藤井 香菜子, 新井 遥, 深和 佑太, 中川 純, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2021.6   229 - 232  2021年

     概要を見る

    既存住宅のほとんどは省エネ基準を満たしておらず、既存住宅の高断熱化が望まれる。しかし、断熱改修の効果を認知しておらず普及率は小さい。本研究の目的は、断熱領域の違いを考慮したゾーニング断熱改修手法の評価を行うことである。BEST-Hというシミュレーションソフトを用いて、断熱領域および暖房運転の違いがエネルギー消費量・居住者の冬季の健康性に与える影響を定量的に示した。隣室を考慮して水回りを含んだ断熱領域の決定が重要である。

    DOI

  • 居住者の生活範囲および熱的快適性を考慮したゾーニング断熱改修手法に関する研究 (第1報)居住者の生活行動による熱的快適域および健康性の改善効果

    新井 遥, 藤井 香菜子, 深和 佑太, 中川 純, 田辺 新一

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2021.6   225 - 228  2021年

     概要を見る

    日本では、省エネルギー対策として高断熱住宅の普及が推進されているため、既存住宅の断熱改修が課題となる。本研究では、改修費用が抑えられるゾーニング断熱改修に着目した。本研究の目的は、ゾーニング断熱改修住宅における年間の居住者の生活行動を考慮し、在室する領域の快適性・健康性を評価することである。本論文では、ゾーニング断熱改修住宅において夏季および冬季実測を行った結果を述べる。温熱環境調整行動により熱的に快適な環境となることを示した。

    DOI

  • 14125 ストック型社会を見据えた住宅設計の実践 (その3)盛岡の改修

    菅野 颯馬, 深和 佑太, 池原 靖史, 中川 純, 永井 拓生

    建築デザイン   ( 2020 ) 250 - 251  2020年09月

    CiNii

  • 14124 ストック型社会を見据えた住宅設計の実践 (その2)野田の改修

    深和 佑太, 冨山 正幸, 戸邉 亮司, 中川 純, 永井 拓生

    建築デザイン   ( 2020 ) 248 - 249  2020年09月

    CiNii

  • 14123 ストック型社会を見据えた住宅設計の実践 (その1)仲六郷の改修

    冨山 正幸, 池原 靖史, 三野 裕太, 深和 佑太

    建築デザイン   ( 2020 ) 246 - 247  2020年09月

    CiNii

  • 41312 逆解析を用いたダクト経路の決定法

    福本 拓人, 河野 良坪, 長谷川 翔也, 中川 純, 遠田 敦, 池原 靖史, 深和 佑太

    環境工学II   ( 2019 ) 641 - 642  2019年07月

    CiNii

  • 41182 アジア蒸暑地域のオフィスビルにおける熱環境とエネルギー消費量の実態調査 その4 気密性能に関する実態調査と省エネルギー効果への影響

    馬渕 由季子, 一ノ瀬 雅之, 山内 朗, 村上 諒太, 深和 佑太, 黒井 聖史

    環境工学II   ( 2019 ) 377 - 378  2019年07月

    CiNii

  • 41179 アジア蒸暑地域のオフィスビルにおける熱環境とエネルギー消費量の実態調査 その1 オフィスビルの環境性能の傾向分析

    天木 剛志, 山内 朗, 一ノ瀬 雅之, 馬渕 由季子, 村上 諒太, 深和 佑太

    環境工学II   ( 2019 ) 371 - 372  2019年07月

    CiNii

  • 14035 ZEH village -アジア蒸暑気候下の町屋- その2 提案住戸の特徴および実証結果

    深和 佑太, 鈴木 匠, 加藤 貴也, 山内 朗, 小泉 雅生, 一ノ瀬 雅之, 川上 隆士, 太田 勇

    建築デザイン   ( 2018 ) 70 - 71  2018年07月

    CiNii

  • 40525 アジア蒸暑地域におけるオフィスビルの熱環境およびエネルギー消費量の実態調査

    山内 朗, 一ノ瀬 雅之, 深和 佑太

    環境工学I   ( 2018 ) 1087 - 1088  2018年07月

    CiNii

  • アジア蒸暑地域のオフィスビルにおける熱環境とエネルギー消費量の実態調査

    山内 朗, 一ノ瀬 雅之, 住吉 大輔, 深和 佑太

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2018.8   161 - 164  2018年

     概要を見る

    アジア蒸暑地域に位置する4つの都市においてオフィスビルの温熱環境、執務者の熱的快適性、エネルギー消費量の実態調査を行うとともにASHRAE Standard90.1(2013)におけるBaseline法のモデルの地域性評価を行った。室内環境はPMVにおいて1から-1まで様々だが、都市でも涼しいと感じている執務者が多い。Baselineモデルは内部負荷が実態よりも大きく、設定温度の違いから、空調負荷が小さくなる事例が見られた。

    DOI CiNii

  • 東南アジア3都市のオフィスビルにおける温熱快適性に関する在室者評価

    深和 佑太, 山内 朗, 一ノ瀬 雅之

    空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2018.6   261 - 264  2018年

     概要を見る

    アジア蒸暑地域における冷房空調下にある執務環境で発生する在室者の温熱快適性と室内温熱環境の乖離の実態把握を目的とし、東南アジア3都市のオフィスビル6棟で温熱環境実測およびアンケート調査、申告装置を用いた非受容申告調査を実施した。実測結果より作用温度や絶対湿度、PMVを従来の快適範囲と比較した。温冷感申告の偏りや不快申告および非受容申告の発生と温熱指標の関係性を分析し、冷房空調に起因する不快感の発生実態を明らかにした。

    DOI CiNii

  • 41151 台湾のオフィスビルにおける温熱環境の非受容申告調査

    深和 佑太, 一ノ瀬 雅之, 徳田 恵理子

    環境工学II   ( 2017 ) 331 - 332  2017年07月

    CiNii

▼全件表示

産業財産権

  • 満足度計算装置、満足度計算方法、および満足度計算プログラム

    濱田和樹, 高橋理子, 橋本昌典, 田辺新一, 永島啓陽, 深和佑太

    特許権

 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 建築環境設備製図

    早稲田大学  

    2023年10月
    -
    継続中
     

  • 設計製図Ⅲb

    早稲田大学  

    2023年10月
    -
    継続中
     

 

社会貢献活動

  • マーク・クーケルバーク著『技術哲学講義』 ホテルのアクリルキーホルダーから「技術」を考える(評者:深和佑太)

    日本建築学会  建築討論 

    2023年09月
    -
     

  • 早稲田建築学報

    早稲田大学建築専攻/建築学科 早稲田大学建築研究所 

    2021年04月
    -
    2023年03月

  • 斎藤幸平著『人新世の「資本論」』 「鎮痛剤」と距離をおく(評者:深和佑太)

    日本建築学会  建築討論 

    2022年01月
    -
     

学術貢献活動

  • Building and Environment

    査読等

    2022年10月
    -
    継続中

特定課題制度(学内資金)

  • 半屋外環境における空間構成の差異が滞在者の心理的適応に与える影響

    2023年   田辺 新一, 中野 淳太, 中川 純, 野元 彬久

     概要を見る

    近年、地域住民の交流や簡易な事務作業を目的として都市空間やオフィスにおける半屋外空間の導入事例が増加している。半屋外空間の用途は単なる緩衝空間としてだけでなく、利用者の長時間滞在を前提とした空間へと多様化しており、今後は利用機会が増加すると予想される。また、屋外環境要素を取り込むことで非定常・不均一な環境を形成する半屋外空間の導入は、冷暖房負荷の削減や滞在者のストレス回復や気分転換に寄与する可能性が示されており、半屋外空間の重要性はさらに高まると考えられる。半屋外環境では空間構成や用途に応じて滞在者の環境に対する心理的適応が変化し、結果として熱的快適性に影響を与える可能性がある。多目的化する半屋外空間の計画・設計のためには、環境グレード区分の1つである半屋外環境を更に細かく分類し、その分類に基づいて滞在者の熱的快適性を把握する必要がある。本研究では半屋外空間における環境グレードが熱的快適性に与える影響を明らかにすることを目的とし、東京都内の半屋外空間5箇所において物理環境実測、熱的快適性評価・空間に対する印象評価を含むアンケート調査およびリアルタイム申告調査を実施した。SET*と不満足申告者率の関係および印象評価の結果を調査場所ごとに比較し、「屋外側グレード」と「室内側グレード」の2つに調査場所を分類した。また、リアルタイム申告調査の結果を用いて、階層ベイズモデルを用いた回帰分析を行い、環境グレードが快・不快と気流速度の相関関係に与える影響を明らかにした。以上の研究成果は、日本建築学会環境系論文集およびJapan Architectural Review (Translated paper)に投稿された。

  • 執務者の幸福度と知的生産性に関する研究

    2022年  

     概要を見る

    ワークプレイスにおける執務者の知的生産性に関する影響構造を明らかにするために、アンケート調査を実施した。ウェルビーイングに関する要素・環境要素・コミュニケーション要素等が知的生産性に与える影響を明らかにすることを目的とした。なお、本研究では、知的生産性を「仕事の中で知的成果物(会計資料・プログラム・企画書・設計図・プレゼン資料等)を生み出す効率のこと」と定義した。アンケート調査結果をもとに、構造方程式モデリング(SEM)を用いて知的生産性モデルを構築した。本研究における分析結果は、オフィス環境の計画・提案のための重要な知見となると考えられる。

  • 機械学習を用いた快不快感の発生トリガー解明に関する研究

    2021年  

     概要を見る

    ワークプレイスにおける執務者の環境満足度は、温熱、光、空気質などの室内環境品質に影響を受けている。本研究では、空間印象が満足度に及ぼす影響を明らかにすることを目的とし、ベイズ推論を用いて空間印象を考慮した満足度予測モデルを構築した。日本におけるオフィスの実測データベースを用いて、実測値から環境満足度を予測するための回帰式を導出した。満足度予測のための回帰パラメータの事後分布はPyStanを用いて推定された。実測値から予測される総合満足度の分布は、満足度分布の真値と概ね一致した。今後、さらなる分析や予測モデルの改良を行い、日本建築学会環境系論文集や海外ジャーナルなどの査読付き論文集に投稿を行う予定である。