2022/10/01 更新

写真a

ヨシナカ ススム
吉中 進
所属
理工学術院 創造理工学部
職名
教授

兼担

  • 理工学術院   大学院創造理工学研究科

学内研究所等

  • 2021年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

学歴

  •  
    -
    1995年03月

    東京大学   工学系研究科   建築学  

  •  
    -
    1995年03月

    東京大学   工学系研究科   建築学  

  •  
    -
    1993年03月

    早稲田大学   理工学部   建築学科  

学位

  • 東京大学   博士(工学)

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   創造理工学部建築   教授

  • 2010年04月
    -
    2021年03月

    大阪市立大学   工学研究科 都市系専攻   准教授

  • 2005年05月
    -
    2008年03月

    東京大学生産技術研究所

  • 2008年
    -
     

    大阪市立大学   特任講師

  • 1995年03月
    -
    2004年09月

    鹿島建設株式会社

  • 1995年03月
    -
    2004年09月

    鹿島建設株式会社

▼全件表示

所属学協会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    日本免震構造協会

  •  
     
     

    国際構造工学会

  •  
     
     

    国際シェル空間構造学会

  •  
     
     

    日本建築学会

 

研究分野

  • 建築構造、材料

研究キーワード

  • 建築構造 空間構造 振動 応答制御 形状決定 吊り天井 ケーブル 非線形振動

論文

  • 累積塑性歪から判断する単層ラチスドームの限界変形に関する研究

    奥野祥光, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究報告集   ( 60 ) 249 - 252  2020年06月

  • 非抗圧性のケーブルで補強された非線形構造システムの最適ケーブル配置

    工藤潤哉, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究報告集   ( 60 ) 277 - 280  2020年06月

  • 逆対称モード制御を用いたラチスドームの応答制御

    宮崎拓哉, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究報告集   ( 60 ) 253 - 256  2020年06月

  • CABLE ARRANGEMENT OF CEILING SUSPENDED BY DIAGONAL CABLES AND ITS APPLICATION TO CEILING WITH CONVENTIONAL METHOD

    Kentaro MATSUSHITA, Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the 12th Pacific Structural Conference     1 - 7  2019年11月  [査読有り]

  • Prediction Method of Bearable PGA for Single Layer Lattice Domes under Vertical Loading

    Yoshiya TANIGUCHI, Tomoya MATSUI, Susumu YOSHINAKA

    Proceedings of the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures     458 - 467  2018年10月  [査読有り]

  • 鉛直荷重下単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    谷口 与史也, 松井 知也, 吉中 進

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   83 ( 747 ) 709 - 716  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    &nbsp;This paper focuses on the elasto - plastic behavior of static and dynamic responses for single layer lattice domes, which are subjected to vertical loads. The purpose is to make clear the relationship between seismic responses and static responses such as static absorbed energy properties after and before yielding, and to estimate bearable seismic levels with the information of static elasto - plastic behaviors. The two responses compared are shown in Fig. 14. The dimensions of both figures are equal in multiplying or dividing by circular frequency.<br>&nbsp;The single layer lattice domes are shown in Fig. 1. Half open angle of members and self-weight are adopted as numerical parameters as shown in Table 3. The static elasto - plastic behaviors are shown in Fig. 3. In the figure, The solid lines are the equivalent velocity of strain energies, the dotted and dashed lines are that of static absorbed energies and the dashed lines are that of potential energy performed by the product of self-weight and vertical displacements. These relationships obtained are simplified into bi-linear relationships as shown in Fig. 4 to obtain the static elasto - plastic property coefficient j. The obtained results of coefficient j are shown in Table 4.<br>&nbsp;Secondary, the dynamic elasto - plastic behaviors are estimated against 4 seismic waves of Fig. 5. The dynamic behavior obtained is the relationships between maximum ground acceleration PGA and strain energies. The obtained results are shown in Figs. 6-9 and simplified into bi-linear relationships to obtain the dynamic elasto - plastic property coefficient q, as shown in Fig. 14(b). The obtained results are shown in Table 5.<br>&nbsp;In comparing the two property coefficients j and q as shown in Fig. 10, BCJ wave is relatively large about the dynamic effect. On the contrary, El Centro wave is the smallest among the four waves. This reason is made clear in considering the input acceleration power history as shown in Fig. 11. BCJ wave of Fig. 11(a) has many peaks during the motions, but El Centro wave of Fig. 11(b) has a few peaks during the first half of motions. These strong characteristics of seismic waves can be considered with the input energy spectrum VE as shown in Fig. 12. Then the ratios q/j are compared with the ratios VE/SV. The ratio q/j decreases as the ratio VE/SV increases.<br>&nbsp;The Eqn. 5 is the regression formula obtained by the data distributed in the quadrangle of Fig. 13, expressed as dotted and dashed line in the figure. The PGA corresponding to the limit state deformations can be estimated with Eqns. 4 and 5. The predicted results are shown in Fig. 15 and Table 6.<br>&nbsp;The following conclusions are obtained in the present study: (1) The relationship of maximum earthquake input acceleration PGA and strain energies of domes shows bi-linear type such as the relationships of static absorbed energies and displacements. (2) In comparing the preceding two relationships as for dynamic and static responses, the change ratios among elastic and plastic ranges are dependent upon the seismic waves. The distribution tendencies are able to be explained with the information of input acceleration power history of seismic waves. (3) The ratios of dynamic property q against static property j becomes smaller, as the ratios of energy spectrum VE against velocity response spectrum SV becomes larger. (4) The present estimation method of PGA corresponding to limit state deformations shows a relatively good accuracy.

    DOI CiNii

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017   ( ID 9205 ) 1 - 10  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017   ( ID 9205 ) 1 - 10  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017   ( ID 9205 ) 1 - 10  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017   ( ID 9205 ) 1 - 10  2017年09月  [査読有り]

     概要を見る

    TMDs (Tuned Mass Dampers) show superior control performance for harmonic responses, but have limited capacity for transient responses. To control transient responses effectively, we propose TMDs with initial displacement. In our previous study, we formulated an equation for initial conditions to release initial TMD displacement. This equation is based on the principle that, under a specific structural initial condition, by giving specific initial displacement to a TMD, the first modal response with low modal damping is eliminated while the the second modal response with high modal damping is only oscillated on a two-degree-of-freedom system. This paper describes a vibration test using an arch model under impulse loading to verify the control performance of the proposed method experimentally. From test results, we can see that the TMD model showed high control performance. On the other hand, the control performance is very sensitive to the length and the release moment of the TMD’s initial displacement.

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定

    吉中 進, 小鶴 桂太, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   82 ( 738 ) 1177 - 1187  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    &amp;nbsp;A TMD (Tuned Mass Damper) is a passive-type control device that consists of a small mass, a spring and a damper. And it absorbs the oscillation energy of structures as the kinetic energy of its mass and disperses it via its damper. The TMD shows high control performance for harmonic responses. On the other hand, the TMD has limited capacity to suppress transient responses. The reason is that there is some time delay before the TMD becomes fully effective because they are initially at rest.&lt;br&gt;&amp;nbsp;Thus, to control the transient response more effectively, we propose TMDs with initial displacement, that is, dampers whose springs are stretched until the release moment.&lt;br&gt;&amp;nbsp;In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode based on the relationship between the TMD damping ratio and the modal damping ratio of a two-degree-of-freedom model. And we proposed the design formulas for the optimal tuning and damping ratios and the initial displacement to attain high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial displ

    DOI CiNii

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定

    吉中進, 小鶴桂太, 谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 738 ) 1177 - 1187  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    In order to control the transient response more effectively, we propose TMDs (Tuned mass dampers) with initial displacement. In our previous study, we formulated the equation for initial conditions to release initial TMD displacement. By using this equation, the structural response of the first mode with the lowest modal damping is eliminated on a two-degrees-of-freedom model. In this paper, we study the effect of the settings of TMDs tuning ratios on the control performance. And we study the causes focusing on the interrelationship between a main mass and two TMDs on the complex plane and the TMD power flow.

  • 初期変位付与型TMDの同調比の設定

    吉中進, 小鶴桂太, 谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 738 ) 1177 - 1187  2017年08月  [査読有り]

     概要を見る

    In order to control the transient response more effectively, we propose TMDs (Tuned mass dampers) with initial displacement. In our previous study, we formulated the equation for initial conditions to release initial TMD displacement. By using this equation, the structural response of the first mode with the lowest modal damping is eliminated on a two-degrees-of-freedom model. In this paper, we study the effect of the settings of TMDs tuning ratios on the control performance. And we study the causes focusing on the interrelationship between a main mass and two TMDs on the complex plane and the TMD power flow.

  • 初期変位付与型TMDを設置したアーチモデルの打撃試験

    谷口与史也, 山川誠

    日本建築学会構造系論文集   ( 722 ) 734 - 745  2016年04月

  • 初期変位付与型TMDを設置したアーチモデルの打撃試験

    谷口与史也, 山川誠

    日本建築学会構造系論文集   ( 722 ) 734 - 745  2016年04月

  • 初期変位付与型TMDを設置したアーチモデルの打撃試験

    吉中 進, 谷口 与史也, 山川 誠

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   81 ( 722 ) 735 - 745  2016年  [査読有り]

     概要を見る

    &amp;nbsp;The TMD (Tuned Mass Damper) is a passive type control device that absorbs oscillation energy of structures as kinetic energy of a weight of the TMD and disperses kinetic energy by damping of a damper of the TMD. However, we recognize that the performance of the TMD in suppressing seismic responses is relatively limited compared to harmonic responses. The reason is that there is some delay before the TMD become fully effective because they are initially at rest.&lt;br&gt;&amp;nbsp;Thus, to effectively control transient response, especially impulsive seismic responses, we propose TMDs with initial displacement, that is to say, dampers whose springs are stretched until the release timing.&lt;br&gt;&amp;nbsp;In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode based on the relationship between the TMD damping ratio and the modal damping ratio of a two-degrees-of-freedom model. And we proposed the design formulas about the TMD tuning and damping ratios and the TMD initial displacement for high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial

    DOI CiNii

  • 70363 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究(構造システム,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

    高天 健臣, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 725 - 726  2015年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20343 トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について(体育館ほか,構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

    奥山 仁嗣, 谷口 雄基, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 685 - 686  2015年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20333 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉中 進, 谷口 与史也, 山川 誠

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 665 - 666  2015年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20332 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その2 実験結果(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉田 力, 大庭 直, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 663 - 664  2015年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20331 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 : その1 実験概要(立体骨組の動的挙動(2),構造I,学術講演会・建築デザイン発表会)

    大庭 直, 吉田 力, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2015 ( 0 ) 661 - 662  2015年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 空間構造におけるTMDシステムの順序統計量に基づく確率的最適化法

    山川誠

    構造工学論文集   61B   531 - 536  2015年04月  [査読有り]

  • 空間構造におけるTMDシステムの順序統計量に基づく確率的最適化法

    山川誠

    構造工学論文集   61B   531 - 536  2015年04月

  • 空間構造におけるTMDシステムの順序統計量に基づく確率的最適化法

    山川誠

    構造工学論文集   61B   531 - 536  2015年04月

  • 空間構造におけるTMDシステムの順序統計量に基づく確率的最適化法

    山川誠

    構造工学論文集   61B   531 - 536  2015年04月

  • 21074 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究(防災(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進, 瀧澤 重志

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 147 - 148  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20467 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究(天井:動的特性,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    中村 志帆, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 933 - 934  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20442 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究(置屋根構造の支承部,構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    植田 泰介, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 883 - 884  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20432 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉中 進, 光藤 龍郎, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 863 - 864  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20429 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究(立体骨組の動的挙動(2),構造I,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会)

    谷口 与史也, 徳田 研多, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2014 ( 0 ) 857 - 858  2014年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件に関する考察

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   79 ( 703 ) 1247 - 1257  2014年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We propose tuned mass dampers with initial displacement that are possible to control impulsive seismic responses effectively. In our previous study, we focused on the considerably high modal damping ratio of the second mode compared to the first mode and proposed the design formulas for high control performance under impulse loading. The proposed design formulas are based on the principle that by giving the specific TMD initial displacement under the specific structural initial condition the structural response of the first mode can be eliminated. In this paper, we introduce a formula for initial conditions to release initial displacement by the theoretical solution and study about TMD initial displacement and structural conditions by using the complex plane. Next, we propose a design method that can change initial structural conditions.

    DOI CiNii

  • 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件に関する考察

    谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 703 ) 1247 - 1258  2014年09月

  • 初期変位付与型TMDの初期変位解放条件に関する考察

    谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 703 ) 1247 - 1258  2014年09月

  • 2055 アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究(構造)

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 54 ) 249 - 252  2014年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 空間構造におけるTMDシステムの順序統計量に基づく確率的最適化法

    新治 若奈, 山川 誠, 吉中 進

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」 理論応用力学講演会 講演論文集   63 ( 0 )  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    空間構造の振動制御におけるTuned Mass Damper(TMD)の設計では、装置特性と空間的配置の両方を決定しなくてはならない。このようなシステムの最適設計は、混合整数計画問題として定式化され、大域的最適解を求めることは一般的に困難である。ただし、大域的最適解は実務的には必ずしも必要とされず、性質の良い局所解が求まれば十分なことが多い。本論では、停止規則に順序統計量を利用したPure Random Search(PRS)と、局所探索法を組み合わせることにより、事前に割り当てられた精度を満たすことが確率的に保証された最適化手法を提案する。アーチフレームモデルを対象とし、周波数応答解析におけるピーク応答値を低減するようなTMD設計を数値例として扱う。定点理論に基づく既往の方法と比較し、提案法の有効性を調べる。さらに、空間構造の振動モード制御において、有効なTMD配置の特徴を考慮する。

    DOI CiNii

  • 21519 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの初期変位の設定(スロッシング・TMD,構造II,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 1037 - 1038  2013年08月  [査読有り]

    CiNii

  • 20536 伸縮膜による可展多面体構造の構成(膜構造・展開構造の形状決定,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 1071 - 1072  2013年08月  [査読有り]

    CiNii

  • 20496 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察(天井:動的特性,構造I,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会)

    谷口 与史也, 吉中 進, 鈴木 秀明

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2013 ( 0 ) 991 - 992  2013年08月  [査読有り]

    CiNii

  • 振動モードに着目したインパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   78 ( 688 ) 1071 - 1079  2013年06月  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, we aim to propose tuned mass dampers with initial displacement that are possible to control impulsive seismic responses effectively for architectural structures. In advance of the study on control of seismic responses, we aim to propose design formulas to control the structural responses subjected to impulse forces. In our previous study, we have proposed the design formulas using the optimal tuning and damping ratios for harmonic ground vibration. But to improve control effect on overall time history responses is difficult, because these formulas are based on the principle of the beating phenomenon. Then, in this paper, we focus on the vibration property when the damping ratio of the tuned mass damper is larger than that of our previous study and propose new design formulas with high control effect on impulse forces. Moreover, we propose design formulas considering the damping of the structure.

    DOI CiNii

  • 振動モードに着目したインパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 688 ) 1071 - 1079  2013年06月

  • 振動モードに着目したインパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    谷口与史也

    日本建築学会構造系論文集   ( 688 ) 1071 - 1079  2013年06月

  • 2132 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究(構造)

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 ) 525 - 528  2013年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2131 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの最適初期変位と制振効果時間(構造)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 ) 521 - 524  2013年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2069 圧縮・曲げを受ける超高強度有機繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究(構造)

    田邉 俊貴, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 53 ) 273 - 276  2013年05月  [査読有り]

    CiNii

  • C03 伸縮膜を用いた展開構造物DCMSの構成(展開構造物)

    加藤 潤一, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人 日本機械学会 スペース・エンジニアリング・コンファレンス講演論文集   2013 ( 0 ) _C03 - 1_-_C03-6_  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    本論文では、伸縮膜を用いた新しい展開構造としてDCMS(Deployable Closed-Membrane StruGture)を紹介する。DCMSは4つの棒材と4つの自由継手によって構成された四角形のフレームの中に伸縮性の膜材を張ることで構成される膜パネルを構成要素とし、これらを棒材、自由継手を共有することで連結して構成させる構造体である。DCMSは膜材の張力が構造体内部で自己釣合い系を形成することで安定し、同時に弾性変形能と展開メカニズムを有する。また、DCMSの基本ユニットの一つである4つの膜パネルから構成される4膜ユニットが空間充填可能であることを示し、これにより4膜ユニットの連結による様々な形状のモジュールが形成可能であることを示し、その例として線状モジュール、および面状モジュールを紹介する。最後にDCMSの適用例としてプロトタイプユニットを用いたパビリオン用のテント型モジュールを紹介し、その折り畳みプロセスを示すことでモジュールに対して展開メカニズムが保存され、効率的な展開構造物が構成可能であることを示す。

    DOI CiNii

  • 21619 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究(津波と避難計画,構造II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 ) 1237 - 1238  2012年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 21440 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 : その2 調和外力と地震力に対する制振効果(マスダンパー,構造II)

    光藤 龍郎, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 ) 879 - 880  2012年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 21439 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究(マスダンパー,構造II)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 ) 877 - 878  2012年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 20426 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類(天井の被害(1),構造I,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会)

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集   2012 ( 0 ) 851 - 852  2012年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 2092 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究(構造)

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 ) 365 - 368  2012年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2091 2種類の吊り下げ実験によって得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究(構造)

    三宅 真彦, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 ) 361 - 364  2012年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2090 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案(構造)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 52 ) 357 - 360  2012年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 大スパン屋根構造への適用と制震効果の向上を目的とした新しいTMD設計法の提案

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部・構造力学部会 構造力学講究録   ( 53 ) 1 - 40  2012年03月  [査読有り]

  • 大スパン屋根構造への適用と制震効果の向上を目的とした新しいTMD設計法の提案

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部・構造力学部会 構造力学講究録   ( 53 ) 1 - 40  2012年03月

  • 大スパン屋根構造への適用と制震効果の向上を目的とした新しいTMD設計法の提案

    日本建築学会近畿支部・構造力学部会 構造力学講究録   ( 53 ) 1 - 40  2012年03月  [査読有り]

  • 大スパン屋根構造への適用と制震効果の向上を目的とした新しいTMD設計法の提案

    日本建築学会近畿支部・構造力学部会 構造力学講究録   ( 53 ) 1 - 40  2012年03月

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本学術会議 「機械工学委員会・土木工学・建築学委員会合同IUTAM分科会」 理論応用力学講演会 講演論文集   61 ( 0 ) 118 - 118  2012年  [査読有り]

     概要を見る

    本論文は、初期変位付与型TMDを用いた建築構造物の応答制御に関するものである。これまでの研究により、TMDに初期変位を付与することにより、従来のTMDで弱点とされてきたインパルス応答を効果的に低減させることを示した。さらに調和外力に対する最適化パラメーターを用いた時の最適初期変位の設計式を提案し、空間構造モデルに対する制振効果を解析的に確認した。また鋼板を用いたモデル実験により、制振効果を実験的に検証するとともに、初期変位付与型TMDを試作し、試作したモデルが有効に機能することを確認した。本論文ではこれまでの研究を発展させ、TMDの減衰比を変化させたときにモード減衰比と固有振動数比に特異な現象が生じることに着目し、これまでの研究と比較して大幅に制振効果の高い初期変位付与型TMDの設計式を新たに提案することを目的とする。

    DOI CiNii

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMD制振効果の確認のための平板モデル実験

    西山秀司, 谷口与史也

    日本建築学会技術報告集   37   835 - 840  2011年10月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMD制振効果の確認のための平板モデル実験

    西山秀司, 谷口与史也

    日本建築学会技術報告集   37   835 - 840  2011年10月

  • 20408 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価(膜・エアビーム,構造I)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   815 - 816  2011年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20335 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果(立体骨組の振動(1),構造I)

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011   669 - 670  2011年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 2042 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について(構造)

    鈴木 秀明, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 51 ) 165 - 168  2011年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 二層立体ラチス平板の弾塑性挙動に及ぼす部材配置の効果

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 構造工学論文集. B   57   133 - 140  2011年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This paper is intended as an investigation of the elasto-plastic behavior of double-layer lattice grids with member layout and various mesh patterms. The treated mesh patterns for each layer are a square pattern and a diagonal pattern. The loading types are an uniformly distributed loading and an asymmetrically distributed loading. The effect of member layout on the elasto-plastic behavior and stress states are investigated for double layer lattice grids. In addition, the usefulness of the method to estimate the effective strength by the segment consisting of 3 x 3 structural units is discussed.

    CiNii

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMD制振効果の確認のための平板モデル実験

    吉中 進, 西山 秀司, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集   17 ( 37 ) 835 - 840  2011年  [査読有り]

     概要を見る

    To effectively control transient responses, we propose TMDs with initial displacement. The initial displacement can change the phases of beat envelope curves resulting from superposition of two vibration modes with closely spaced natural frequencies. In this paper, we describe the vibration test under impulse loading to verify the effect of the proposed system experimentally and that a model of TMD made on an experimental basis works validly. Firstly, we explain the effect of vibration control of the proposed method to the plate model on the analytical basis. Then, we explain experimental results and lastly compared experimental results and analytical results.

    DOI CiNii

  • 20415 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(形態創生・最適化(1),構造I)

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   829 - 830  2010年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20396 初期変位付与型TMDによる空間構造の過渡応答の振動制御 : その3単層円筒ラチスシェルにおける制振効果(立体骨組の振動(1),構造I)

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   791 - 792  2010年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20395 初期変位付与型TMDによる空間構造の過渡応答の振動制御 : その2初期変位設計式の提案(立体骨組の振動(1),構造I)

    吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2010   789 - 790  2010年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 初期変位付与型TMD を用いた空間構造の過渡応答の振動制御:-初期変位設計式に関する基礎的検討-

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   75 ( 653 ) 1299 - 1308  2010年07月  [査読有り]

     概要を見る

    In this paper, we propose tuned mass dampers with initial displacement to control transient response for spatial structures. The initial displacement of the TMD changes the phase of a beat envelope curve resulted from two vibration modes with closely spaced natural frequencies. We propose design formulas of tuned mass dampers with initial displacement and studied analytically the effect of vibration control on an impulse force and an impulsive earthquake force. As a consequence, we could recognize that the proposed system improve especially the control performance of the initial response. Lastly, to confirm the applicability of the proposed design formulas for controlling real structures, we studied analytically the effect of vibration control of the proposed method in this paper by using a single layer lattice shell model.

    DOI CiNii

  • 2078 インパルスを受けた時の初期変位付与型TMDの制振効果に関する平板モデル実験(構造)

    西山 秀司, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 ) 309 - 312  2010年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2076 自重下における曲げのない軸力抵抗型の任意形状格子シェルの形状決定法の提案(構造)

    渡邊 祥, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 ) 301 - 304  2010年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2075 ラチス・トラス・チューブ構造の高層建築の連続体類似法による性能評価に関する研究(構造)

    上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 50 ) 297 - 300  2010年05月  [査読有り]

    CiNii

  • シンポジウム シェル・空間構造の応答制御と減衰 : 最近の取り組みと将来

    吉中 進

    建築雑誌   125 ( 1601 ) 66 - 67  2010年03月  [査読有り]

    CiNii

  • 20457 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する一考察(新素材,構造I)

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   913 - 914  2009年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20385 初期変位付与型TMDによる過渡応答の振動制御 : その1 提案概要と衝撃力に対する制振効果(立体骨組の振動(2),構造I)

    吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   769 - 770  2009年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20384 上下面に剛性差がある複層立体トラスの基本振動性状(立体骨組の振動(2),構造I)

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   767 - 768  2009年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 20371 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果について(立体骨組の座屈(2),構造I)

    閣 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2009   741 - 742  2009年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 2076 木造建物の履歴エネルギー利用型制震装置の開発(構造)

    伊藤 舞衣子, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 301 - 304  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2046 フルグラス・ブリッジの最適形状と接合部に関する研究(構造)

    宮脇 和紀, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 181 - 184  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2043 単層2方向格子シェルの座屈挙動に及ぼすブレースの配置効果に関する研究(構造)

    勝田 大輔, 中島 宏幸, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 169 - 172  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2041 正方形網目と菱形網目からなる二層立体ラチスドームの弾性座屈性状に及ぼす部材配置の効果(構造)

    閻 崇兵, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 161 - 164  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2040 発電所鉄骨ラチス屋根構造の基本振動性状に関する研究(構造)

    松浦 由紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 157 - 160  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • 2039 平行弦平面ラチス梁の個材の弾性座屈と降伏で定まるセグメント有効強度に関する(構造)

    大林 正道, 上口 真路, 谷口 与史也, 吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系   ( 49 ) 153 - 156  2009年05月  [査読有り]

    CiNii

  • Vibration Control of Spatial Structures using Spatially Distributed MTMDs

    吉中 進, 川口 健一

    大阪市立大学 Memoirs of the Faculty of Engineering, Osaka City University   49   19 - 28  2008年12月  [査読有り]

    CiNii

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御に関する研究 : MTMD分割とその制振効果に関する考察

    吉中 進, 川口 健一

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会構造系論文集 = Transactions of AIJ. Journal of structural and construction engineering   ( 631 ) 1551 - 1559  2008年09月  [査読有り]

     概要を見る

    The main objective of this research is to develop the vibration control procedure of several modes for large span structures using spatially distributed MTMDs (multiple tuned mass dampers). We have already proposed the set-up procedure for design parameters and the spatial arrangement of MTMDs to control various vibration modes effectively. In this paper, we studied analytically the influence of division number of MTMDs on the vibration control performance using a spherical shaped spatial structure. As a consequence, we could recognize that increase of division number tends to improve the control performance of the over all structure. And we considered the reason from the point of variation of equivalent mass that is an important parameter to design the multi-degree-of freedom system.

    CiNii

  • フランクフルトにある世界最大の可動式屋根を持つ車輪型構造 Knut Goppert,and Michael Stein : A Spoked Wheel Structure for the World's largest Convertible Roof,The New Commerzbank Arena in Frankfurt,Germany [Journal of the International Association for Bridge and Structural Engineering (IABSE),Vol.17,No.4,pp.282-287,2007.11.](構造,文献抄録)

    吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 建築雑誌   123 ( 1580 ) 105 - 106  2008年09月  [査読有り]

    CiNii

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御に関する研究:-MTMD分割とその制振効果に関する考察-

    吉中 進, 川口 健一

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   73 ( 631 ) 1551 - 1559  2008年09月  [査読有り]

     概要を見る

    The main objective of this research is to develop the vibration control procedure of several modes for large span structures using spatially distributed MTMDs (multiple tuned mass dampers). We have already proposed the set-up procedure for design parameters and the spatial arrangement of MTMDs to control various vibration modes effectively. In this paper, we studied analytically the influence of division number of MTMDs on the vibration control performance using a spherical shaped spatial structure. As a consequence, we could recognize that increase of division number tends to improve the control performance of the over all structure. And we considered the reason from the point of variation of equivalent mass that is an important parameter to design the multi-degree-of freedom system.

    DOI CiNii

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御に関する研究 : 複数モード制御のためのMTMDバンド幅設定法(2008年日本建築学会奨励賞)

    吉中 進

    一般社団法人日本建築学会 建築雑誌   123 ( 1579 )  2008年08月  [査読有り]

    CiNii

  • 20443 分散型MTMDによる空間構造の振動制御 : MTMD分割とその制振効果(ラチスドームの振動,構造I)

    吉中 進, 川口 健一

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2008   885 - 886  2008年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 1106 大規模集客施設内部の非構造材に関する基礎的調査研究 : その2:人体耐性指標を用いた非構造材の安全性評価に関する基礎的検討(内外装部材(2),材料施工)

    大塚 彩, 川口 健一, 吉中 進, 大矢 俊治, 片山 慎一朗

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. A-1, 材料施工   2008   211 - 212  2008年07月  [査読有り]

    CiNii

  • 新潟県中越地震と同中越沖地震における大規模集客施設内部の非構造材(吊り天井)被害の比較

    川口 健一, 吉中 進, 大塚 彩, 片山 慎一朗

    日本建築学会技術報告集 : journal of architecture and building science   14 ( 27 ) 73 - 78  2008年06月

     概要を見る

    One week after the Niigata-Chuetsu-Oki earthquake, 2007, the authors investigated damage to non-structural components, especially suspended ceilings, in six large enclosures at Nagaoka City. All of the six enclosures had damage to suspended ceilings in 2004 Niigata-Chuetsu earthquake and have made certain recovery works and improvements to their ceiling systems. In this paper the authors compare the damage in these six structures in both earthquakes and try to examine the validity of the improvements that have been made between the two earthquakes.

    DOI CiNii

  • 新潟県中越地震と同中越沖地震における大規模集客施設施設内部の非構造材(吊り天井)被害の比較

    川口健一, 川口 健一, 吉中 進, 大塚 彩, 片山 慎一朗

    一般社団法人日本建築学会 日本建築学会大会学術講演梗概集, 2008.9     815 - 816  2008年  [査読有り]

    CiNii

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御-アーチモデルを用いた振動台実験-

    吉中進, 川口健一

    日本建築学会構造系論文集   ( 621 ) 73 - 80  2007年11月  [査読有り]

  • ドーム状スペースフレーム構造における分散型MTMDの制振効果

    吉中進, 川口健一

    鋼構造年次論文報告集   15   499 - 506  2007年11月  [査読有り]

    CiNii

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御-複数モード制御のためのMTMDバンド幅設定法-

    吉中進, 川口健一

    日本建築学会構造系論文集   ( 608 ) 77 - 84  2006年10月  [査読有り]

  • 分散型MTMDによる大スパン建築構造の振動制御-MTMDの空間配置について-

    吉中進, 川口健一

    構造工学論文集   ( 52B ) 44 - 51  2006年03月  [査読有り]

  • NOVEL FRP ARCH SYSTEM USING ADHESIVE JOINTS

    S.YOSHINAKA, H.TSUBOTA, Y.MIHARA, K.OKAMURA

    JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR SHELL AND SPATIAL STRUCTURES   ( 46 ) 11 - 22  2005年04月  [査読有り]

  • 大スパン建築構造における複数モード制御のためのMTMD法に基づく分散型TMDに関する研究

    吉中進, 川口健一

    日本建築学会構造系論文集   69 ( 586 ) 123 - 130  2004年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The purpose of this study is to develop the vibration control system of plural modes of large span structures using spatially dispersed arranged TMDs(tuned mass dampers). In this study, in order to determine the design parameters of TMDs, MTMD(Multiple TMD) method is applied. And to determine the arrangements of MTMD, the method using the superposed shape of controlling modes is newly proposed. The following results of the proposed method compared with the method using the usual single TMD of equal mass were found thorough numerical experiments. 1) The proposed method is especially effective for controlling structures overall and the effect is closely connected with the bandwidth of MTMD. 2) The difference between responses using the equivalent mass and the mass of whole structure for setting up design parameters of MTMD is small and the newly proposed average equivalent mass is useful.

    DOI CiNii

  • 分散型TMDによる空間構造の振動制御に関する一考察

    吉中進, 川口健一

    構造工学論文集   50 ( 50B ) 627 - 634  2004年03月  [査読有り]

    CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • Guide to Earthquake Response Evaluation of Metal Roof Spatial Structures

    SUSUMU YOSHINAKA, TORU TAKEUCHI( 担当: 共著)

    THE INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR SHELL AND SPATIAL STRUCTURES  2019年10月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [アクション編]みんなで備える広域複合災害

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2013年03月

  • いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 単著)

    大阪公立大学共同出版会  2012年03月

  • いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2012年03月

  • いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 単著)

    大阪公立大学共同出版会  2012年03月

  • いのちを守る都市づくり [課題編]東日本大震災から見えてきたもの

    大阪市立大学都市防災研究グループ( 担当: 共著)

    大阪公立大学共同出版会  2012年03月

▼全件表示

Misc

  • 「空間骨組構造の地震被害と耐震設計の新しい展開」 地震応答特性と耐震設計の新しい展開

    中澤祥二, 吉中進

    日本建築学会大会(東北)構造部門(シェル・空間構造)パネルディスカッション資料     31 - 40  2018年09月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 「空間骨組構造の地震被害と耐震設計の新しい展開」 地震応答特性と耐震設計の新しい展開

    中澤祥二, 吉中進

    日本建築学会大会(東北)構造部門(シェル・空間構造)パネルディスカッション資料     31 - 40  2018年09月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(10)

    大野 正人, 豊島 裕樹, 松井 良太, 吉中 進

    鉄構技術   31 ( 360 ) 21 - 27  2018年05月  [招待有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(8)

    吉中進, 田村淳一, 田川浩之, 細見亮太, 木村俊明

    鉄構技術   31 ( 358 ) 23 - 27  2018年03月  [招待有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第8回IASS2016東京シンポジウム報告(8)

    吉中進, 田村淳一, 田川浩之, 細見亮太, 木村俊明

    鉄構技術   31 ( 358 ) 23 - 27  2018年03月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第7回IASS2016東京シンポジウム報告(7)

    山川誠, 西田明美, 箕輪健一, 吉中進

    鉄構技術   31 ( 357 ) 16 - 20  2018年02月  [招待有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第7回IASS2016東京シンポジウム報告(7)

    山川誠, 西田明美, 箕輪健一, 吉中進

    鉄構技術   31 ( 357 ) 16 - 20  2018年02月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第5回IASS2016東京シンポジウム報告(5)

    吉中進, 張景耀, 坂口裕美, 豊島裕樹

    鉄構技術   30 ( 355 ) 21 - 26  2017年12月  [招待有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 21世紀の空間構造の現状と展望 第5回IASS2016東京シンポジウム報告(5)

    吉中進, 張景耀, 坂口裕美, 豊島裕樹

    鉄構技術   30 ( 355 ) 21 - 26  2017年12月  [招待有り]

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    吉中 進

    日本建築学会     40 - 57  2015年11月  [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    吉中 進

    日本建築学会     40 - 57  2015年11月  [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    日本建築学会     40 - 57  2015年11月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    日本建築学会     40 - 57  2015年11月

  • 振動制御の現状と展望 TMD・アクティブ制振のシェル・空間構造への適用とアーチ振動実験

    吉中 進

    日本建築学会     51 - 72  2014年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 振動制御の現状と展望 TMD・アクティブ制振のシェル・空間構造への適用とアーチ振動実験

    吉中 進

    日本建築学会     51 - 72  2014年02月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 振動制御の現状と展望 TMD・アクティブ制振のシェル・空間構造への適用とアーチ振動実験

    吉中 進

    日本建築学会     51 - 72  2014年02月  [査読有り]

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 振動制御の現状と展望 TMD・アクティブ制振のシェル・空間構造への適用とアーチ振動実験

    日本建築学会     51 - 72  2014年02月

  • 1105 大規模集客施設内部の非構造材に関する基礎的調査研究 : その1:フロア面積と天井設置高さに関するアンケート調査(内外装部材(2),材料施工)

    内田 拓見, 川口 健一, 吉中 進, 大塚 彩, 片山 慎一朗

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工   2008   209 - 210  2008年07月

    CiNii

  • 1107 大規模集客施設内部の非構造材に関する基礎的調査研究 : その3:インパクトハンマーによる人頭模型の応答実験(内外装部材(2),材料施工)

    片山 慎一朗, 川口 健一, 吉中 進, 大矢 俊治, 大塚 彩

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工   2008   213 - 214  2008年07月

    CiNii

  • 20395 分散型MTMDによる空間構造の振動制御 : アーチモデルを用いた振動台実験(立体骨組の地震応答性状(1),構造I)

    吉中 進, 川口 健一

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   789 - 790  2007年07月

    CiNii

  • 20428 2007年能登半島地震における体育館施設の被害調査報告(天井材落下被害,構造I)

    大塚 彩, 川口 健一, 吉中 進

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   855 - 856  2007年07月

    CiNii

  • 20429 2005年8月16日の宮城県沖の地震時に発生した大型天井面の落下事故に関する基礎的考察(天井材落下被害,構造I)

    服部 真子, 川口 健一, 吉中 進, 片山 慎一郎

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2007   857 - 858  2007年07月

    CiNii

  • 20389 分散型MTMDによる空間構造の振動制御 : ドーム状構造物へのMTMDの適用(立体骨組の免震・制振, 構造I)

    吉中 進, 川口 健一

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2006   777 - 778  2006年07月

    CiNii

  • 20431 MTMD法を用いた空間構造の振動制御 : MTMDの最適配置について(立体骨組の地震応答評価,構造I)

    吉中 進, 川口 健一

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2005   861 - 862  2005年07月

    CiNii

  • 20406 分散型TMDを用いた空間構造の振動制御 : その2 複数TMDの同調比の設定について(立体骨組構造の制振・免震,構造I)

    吉中 進, 川口 健一

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2003   811 - 812  2003年07月

    CiNii

  • 20455 分散型 TMD を用いた空間構造物の振動制御 : その 1 TMD の変位と配置に対する考察

    吉中 進, 川口 健一

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2002   909 - 910  2002年08月

    CiNii

▼全件表示

受賞

  • 前田工学賞(年間優秀博士論文賞)

    2008年  

  • 日本建築学会奨励賞

    2008年  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • TMDとケーブルを用いた空間構造の耐震性能向上のための統合型応答制御

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

  • 逆対称モード形状に着目した骨組膜構造の振動応答低減技術

    公益財団法人能村膜構造技術振興財団  公益財団法人能村膜構造技術振興財団研究助成

    研究期間:

    2019年02月
    -
    2021年02月
     

    吉中進

     概要を見る

    空間構造の振動性状の大きな特徴は,水平荷重を受けたときに鉛直方向に逆向きの位相で振動する逆対称モードが励起することにあるが,その点に着目した応答制御手法は現在のところ提案されていない。そこで本研究では,膜材を外装材として用いた場合のアーチ構造および3次元立体アーチ構造を対象モデルとして選択し,逆対称モードの形状に着目した振動制御手法を新たに提案することを目的とする。

  • 空間構造の地震応答制御のための複数TMDを用いた設計法の高度化

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    吉中 進, 山川誠, 吉富信太

  • 高難燃性発泡スチロール材を用いた吊り天井の開発

    未設定  独立行政法人科学技術振興機構 研究成果事業マッチングプランナープログラム

    研究期間:

    2016年06月
    -
    2017年03月
     

    吉中 進

  • 軽量天井材の落下時における安全性能の検証

    未設定  吊り天井に関する共同研究

    研究期間:

    2016年02月
    -
    2017年03月
     

    吉中 進

  • 空間構造への適用を目的とした初期変位付与型TMDの地震力に対する設計法の確立の研究

    未設定  一般社団法人免震構造協会研究助成

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2016年03月
     

    吉中 進

  • 空間構造の振動制御のための初期変位付与型TMD設計法の構築

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2015年03月
     

    吉中 進

  • 初期変位付与型TMDを用いた空間構造の過渡応答の制御

    未設定  (財)前田記念工学振興財団 研究助成

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

    吉中 進

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 非抗圧性要素を用いた空間構造の耐震補強 その1 アーチ構造への適用

    吉中進, 谷口与史也

    建築学会大会学術講演会に代わるオンライン発表会  

    発表年月: 2020年09月

  • 非抗圧性要素を用いた空間構造の耐震補強 その2 重層骨組構造における最適ケーブル配置

    工藤潤哉, 吉中進, 谷口与史也

    建築学会大会学術講演会に代わるオンライン発表会  

    発表年月: 2020年09月

  • 逆対称モード制御法を用いたラチスシェル構造の地震応答制御 その1 円筒ラチスシェルにおける制振効果

    髙田愛, 吉中進, 谷口与史也

    建築学会大会学術講演会に代わるオンライン発表会  

    発表年月: 2020年09月

  • 逆対称モード制御法を用いたラチスシェル構造の地震応答制御 その2 ラチスドームにおける制振効果

    宮﨑拓哉, 髙田愛, 吉中進, 谷口与史也

    建築学会大会学術講演会に代わるオンライン発表会  

    発表年月: 2020年09月

  • 斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼす四周に配置した吊りボルトの効果

    松下健太朗, 吉中進, 谷口与史也

    建築学会大会学術講演会に代わるオンライン発表会  

    発表年月: 2020年09月

  • 上部構造のパッシブ制振

    吉中進

    日本建築学会構造委員会・シェル空間構造運営委員会セミナー「シェル・空間構造の耐震設計における最近の発展」  

    発表年月: 2020年07月

  • CABLE ARRANGEMENT OF CEILING SUSPENDED BY DIAGONAL CABLES AND ITS APPLICATION TO CEILING WITH CONVENTIONAL METHOD

    Kentaro MATSUSHITA, Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    the 12th Pacific Structural Conference   (東京工業大学) 

    発表年月: 2019年11月

  • 二層立体トラス平板の面内および面外せん断有効強度 その1 ピン節の場合

    谷口与史也, 田中壱成, 吉中進

    日本建築学会大会(北陸)   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2019年09月

  • 二層立体トラス平板の面内および面外せん断有効強度 その2 剛節の場合

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(北陸)   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2019年09月

  • 層立体トラス平板の面内および面外せん断有効強度 その1 ピン節の場合

    谷口与史也, 田中壱成, 吉中進

    日本建築学会大会(北陸)  

    発表年月: 2019年09月

  • 懸垂型シェルの斜材配置決定法

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(北陸)   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2019年09月

  • 逆対称モードを用いたアーチ構造の振動制御 その2 アーチモデル打撃試験

    高田愛, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(北陸)   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2019年09月

  • 逆対称モードを用いたアーチ構造の振動制御 その1 変位拡大機構の提案

    吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(北陸)   (金沢工業大学) 

    発表年月: 2019年09月

  • 逆対称モード制御を用いたアーチモデル打撃試験

    高田愛, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2019年06月

  • 斜行ケーブル吊り天井のケーブル配置と在来工法天井への応用

    松下健太朗, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2019年06月

  • 二層立体トラス平板の面内および面外せん断有効強度

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2019年06月

  • Prediction Method of Bearable PGA for Single Layer Lattice Domes under Vertical Loading

    Yoshiya TANIGUCHI, Tomoya MATSUI, Susumu YOSHINAKA

    the 12th Asian Pacific Conference on Shell & Spatial Structures   (Universiti Sains Malaysia, Penang) 

    発表年月: 2018年10月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 単層ラチスドームにおける分散型TMD設計への順序統計量に基づく確率的最適化法の適用

    山川 誠, 吉中 進

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する評価式の提案

    小鶴 桂太, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)  

    発表年月: 2018年09月

  • 逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 二方向平行弦ラチスグリッドの載荷性能に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    高田 凌平, 高岡 良輔, 谷口 与史也, 吉中 進

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • 斜材配置による懸垂型ラチスシェルの応力性状の比較

    村口 貴紀, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会大会(東北)   (東北大学) 

    発表年月: 2018年09月

  • ストローク長さに着目した衝撃ダンパ組み込み型TMDの制振効果に関する一考察

    楠本 倖子, 吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2018年06月

  • 逆対称モード形状に着目したアーチ構造の振動制御の提案

    吉中 進, 谷口 与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2018年06月

  • 構造体に取り付けた斜行ケーブル吊り天井の地震応答性状

    多田 光汰, 吉中 進, 大庭 直, 谷口 与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2018年06月

  • 平行弦ラチス構造の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    高岡 良輔, 谷口 与史也, 吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2018年06月

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    IASS Annual Symposium 2017   (ドイツ ハンブルグ) 

    発表年月: 2017年09月

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    IASS Annual Symposium 2017   (ドイツ ハンブルグ) 

    発表年月: 2017年09月

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    IASS Annual Symposium 2017   (ドイツ ハンブルグ) 

    発表年月: 2017年09月

  • Impact test of an arch model using TMDs with initial displacement

    Susumu YOSHINAKA, Yoshiya TANIGUCHI

    IASS Annual Symposium 2017   (ドイツ ハンブルグ) 

    発表年月: 2017年09月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その2 自由振動試験と構造体との連成の影響

    多田光汰, 吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その2 自由振動試験と構造体との連成の影響

    多田光汰, 吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その1 ケーブル配置法の提案

    吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その1 ケーブル配置法の提案

    吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 多自由度系における初期変位付与型TMDの設計法に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 多自由度系における初期変位付与型TMDの設計法に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その2 Tachira Clubを例とした適用性検討

    村口貴紀, 高天健臣, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その2 Tachira Clubを例とした適用性検討

    村口貴紀, 高天健臣, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その1 最適化問題の定式化

    高天健臣, 村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その1 最適化問題の定式化

    高天健臣, 村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その1 最適化問題の定式化

    高天健臣, 村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その2 Tachira Clubを例とした適用性検討

    村口貴紀, 高天健臣, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 多自由度系における初期変位付与型TMDの設計法に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その1 ケーブル配置法の提案

    吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その2 自由振動試験と構造体との連成の影響

    多田光汰, 吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その2 Tachira Clubを例とした適用性検討

    村口貴紀, 高天健臣, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定 その1 最適化問題の定式化

    高天健臣, 村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その2 自由振動試験と構造体との連成の影響

    多田光汰, 吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 斜行ケーブル型吊り天井の水平荷重に対する応答性状 その1 ケーブル配置法の提案

    吉中進, 大庭直, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 多自由度系における初期変位付与型TMDの設計法に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 平面トラスアーチの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    高岡良輔, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性に関する一考察

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会大会(中国)   (広島工業大学) 

    発表年月: 2017年08月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼすケーブル配置の効果

    大庭直, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼすケーブル配置の効果

    大庭直, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定法の提案

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定法の提案

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性について

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性について

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性について

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定法の提案

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼすケーブル配置の効果

    大庭直, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 初期変位付与型TMDの空間配置に関する一考察

    小鶴桂太, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 吊り下げ実験と最適化解析を組み合わせたシェル曲面の形状決定法の提案

    村口貴紀, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 二層立体トラス平板の網目種類と面内および面外方向の強度特性について

    田中壱成, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 斜行ケーブル吊り天井の地震応答に及ぼすケーブル配置の効果

    大庭直, 吉中進, 谷口与史也

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 木構造への適用のためのトーラス型二層立体ラチスの幾何形状と耐荷性能に関する研究

    谷口雄基, 谷口与史也, 吉中進

    日本建築学会近畿支部研究発表会   (大阪工業技術専門学校) 

    発表年月: 2017年06月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その2 TMD power flowによる制振効果の評価と解の存在条件に関する考察

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その1 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その1 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 平行弦トラスの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 平行弦トラスの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的・動的応答に関する弾塑性挙動の比較

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的・動的応答に関する弾塑性挙動の比較

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 初期変位解放条件式の定式化とアーチモデルへの適用

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 初期変位解放条件式の定式化とアーチモデルへの適用

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • ウェブ部材の接合部の偏心が平行弦トラス梁の荷重伝達性能に与える影響

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • ウェブ部材の接合部の偏心が平行弦トラス梁の荷重伝達性能に与える影響

    吉中 進

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • ウェブ部材の接合部の偏心が平行弦トラス梁の荷重伝達性能に与える影響

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 初期変位解放条件式の定式化とアーチモデルへの適用

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的・動的応答に関する弾塑性挙動の比較

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 平行弦トラスの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その1 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その2 TMD power flowによる制振効果の評価と解の存在条件に関する考察

    吉中 進

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その1 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 自由振動における初期変位付与型TMDの制振効果に関する研究 その2 TMD power flowによる制振効果の評価と解の存在条件に関する考察

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 平行弦トラスの耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果について

    日本建築学会大会(九州)  

    発表年月: 2016年09月

  • 初期変位解放条件式の定式化とアーチモデルへの適用

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 単層ラチスドームの静的・動的応答に関する弾塑性挙動の比較

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • ウェブ部材の接合部の偏心が平行弦トラス梁の荷重伝達性能に与える影響

    国際シェル・空間構造学会シンポジウム  

    発表年月: 2016年09月

  • 斜交ケーブルを用いた吊り天井の振動性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 斜交ケーブルを用いた吊り天井の振動性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 斜交ケーブルを用いた吊り天井の振動性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 単層ラチスドームの静的および動的応答における弾塑性挙動の比較考察

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 斜交ケーブルを用いた吊り天井の振動性状に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 平行弦トラス梁の耐荷特性に及ぼすウェブ材の節点偏心の効果

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • 複数の初期変位付与型TMDの個数と同調比がインパルス応答へ与える影響

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2016年06月

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    吉中 進

    「シェル・空間構造」セミナー2015  

    発表年月: 2015年11月

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    吉中 進

    「シェル・空間構造」セミナー2015  

    発表年月: 2015年11月

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    吉中 進

    「シェル・空間構造」セミナー2015  

    発表年月: 2015年11月

  • TMDを用いた空間構造の地震応答制御

    「シェル・空間構造」セミナー2015  

    発表年月: 2015年11月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その2 実験結果

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その2 実験結果

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その1 実験概要

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その1 実験概要

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その1 実験概要

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その2 実験結果

    吉中 進

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その1 実験概要

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 磁気ダンパーを用いた初期変位付与型TMDのアーチ振動実験 その2 実験結果

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 初期変位付与型TMDの地震力に対する制振効果に関する一考察

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部種類について

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 炭素繊維強化熱可塑性樹脂複合材を用いたシェルの形状決定に関する研究

    日本建築学会大会(関東)  

    発表年月: 2015年09月

  • 初期変位付与型TMDの制振効果に関する一考察,AMDとの比較と地震力に対する制振効果

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • 初期変位付与型TMDの制振効果に関する一考察,AMDとの比較と地震力に対する制振効果

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部形状について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部形状について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部形状について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • 初期変位付与型TMDの制振効果に関する一考察,AMDとの比較と地震力に対する制振効果

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • 初期変位付与型TMDの制振効果に関する一考察,AMDとの比較と地震力に対する制振効果

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • トーラス型二層立体ラチス構造の全体形状と接合部形状について

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2015年06月

  • 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 初期変位付与型TMD の初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 初期変位付与型TMD の初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 初期変位付与型TMD の初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 初期変位付与型TMD の初期変位解放条件式とアーチモデルへの適用

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 平面ラチス構造物の地震入力エネルギーと入力加速度に関する研究

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 東北地方太平洋沖地震による鉄骨置屋根構造における支承部破断に関する研究

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 吊り天井の振動応答に及ぼす減衰効果に関する基礎的研究

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究

    日本建築学会大会(近畿)  

    発表年月: 2014年09月

  • 確率的最適化法を用いたMTMDシステムの大域的最適化の評価

    吉中 進

    第11回計算力学に関する国際会議  

    発表年月: 2014年07月

  • 確率的最適化法を用いたMTMDシステムの大域的最適化の評価

    吉中 進

    第11回計算力学に関する国際会議  

    発表年月: 2014年07月

  • 確率的最適化法を用いたMTMDシステムの大域的最適化の評価

    第11回計算力学に関する国際会議  

    発表年月: 2014年07月

  • 確率的最適化法を用いたMTMDシステムの大域的最適化の評価

    第11回計算力学に関する国際会議  

    発表年月: 2014年07月

  • アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2014年06月

  • アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2014年06月

  • アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2014年06月

  • アーチモデルにおける初期変位付与型TMDによる振動制御に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2014年06月

  • 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造ユニット

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造ユニット

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造の構成

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造の構成

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • インパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    免震・制振に関する国際会議  

    発表年月: 2013年09月

  • インパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    免震・制振に関する国際会議  

    発表年月: 2013年09月

  • インパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    免震・制振に関する国際会議  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造の構成

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造ユニット

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2013年09月

  • 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMD の初期変位の設定

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMD の初期変位の設定

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造の構成

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 地震による吊天井落下原因の数値シミュレーションによる一考察

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2013年09月

  • 伸縮膜による可展多面体構造ユニット

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2013年09月

  • インパルス応答制御のための初期変位付与型TMD設計式の提案

    免震・制振に関する国際会議  

    発表年月: 2013年09月

  • 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 圧縮・曲げを受ける超高強度繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 圧縮・曲げを受ける超高強度繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 圧縮・曲げを受ける超高強度繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの最適初期変位と制振効果時間

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 圧縮・曲げを受ける超高強度繊維補強コンクリートの力学性状に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 調和地動加振を受けたときの初期変位付与型TMDの最適初期変位と制振効果時間

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 地震による吊天井落下被害の原因分析に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2013年06月

  • 熱可塑性樹脂の伸び変形と曲げ剛性を利用したシェルの形状決定法に関する研究

    吉中 進

    コロキウム構造形態の解析と創生2012  

    発表年月: 2012年10月

  • 熱可塑性樹脂の伸び変形と曲げ剛性を利用したシェルの形状決定法に関する研究

    吉中 進

    コロキウム構造形態の解析と創生2012  

    発表年月: 2012年10月

  • 熱可塑性樹脂の伸び変形と曲げ剛性を利用したシェルの形状決定法に関する研究

    コロキウム構造形態の解析と創生2012  

    発表年月: 2012年10月

  • 熱可塑性樹脂の伸び変形と曲げ剛性を利用したシェルの形状決定法に関する研究

    コロキウム構造形態の解析と創生2012  

    発表年月: 2012年10月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その1 インパルス外力に対する設計式の提案

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 天井重量に着目した兵庫県南部地震以降の天井落下被害分類

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMDに関する研究 その2 調和外力と地震力に対する制振効果

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 大阪駅周辺地下街の津波避難距離に関する研究

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2012年09月

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 2種類の吊り下げ実験により得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 振動モードが選択可能な初期変位付与型TMD設計式の提案

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 2種類の吊り下げ実験により得られたシェル曲面の数学的表現と力学性状に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 熱可塑性樹脂を用いた自由曲面シェルの実験的形状決定法に関する研究

    日本建築学会近畿支部研究報告  

    発表年月: 2012年06月

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案

    吉中 進

    第61回理論応用力学講演会講演論文集  

    発表年月: 2012年03月

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案

    吉中 進

    第61回理論応用力学講演会講演論文集  

    発表年月: 2012年03月

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案

    吉中 進

    第61回理論応用力学講演会講演論文集  

    発表年月: 2012年03月

  • 振動モードを選択可能な初期変位付与型TMDの提案

    第61回理論応用力学講演会講演論文集  

    発表年月: 2012年03月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 異なる部材配置を有する二層立体ラチスドームの限界耐力

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 異なる部材配置を有する二層立体ラチスドームの限界耐力

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 熱可塑性樹脂を用いたシェルの実験的形状決定

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 熱可塑性樹脂を用いたシェルの実験的形状決定

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 熱可塑性樹脂を用いたシェルの実験的形状決定

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 異なる部材配置を有する二層立体ラチスドームの限界耐力

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • インパルス外力下における初期変位付与型TMDの振動実験

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 熱可塑性樹脂を用いたシェルの実験的形状決定

    吉中 進

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 異なる部材配置を有する二層立体ラチスドームの限界耐力

    国際シェル空間構造学会  

    発表年月: 2011年09月

  • 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果

    吉中 進

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 膜材料のインベントリ分析による膜構造の環境性能評価

    日本建築学会大会  

    発表年月: 2011年08月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2011年06月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2011年06月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について

    吉中 進

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2011年06月

  • 梁型構造物の動的崩壊地震動レベルに及ぼす塑性仕事の効果について

    日本建築学会近畿支部研究報告会  

    発表年月: 2011年06月

  • VIBRATION CONTROL OF LARGE-SPAN ARCHITECTURAL STRUCTURES USING SPATIALLY DISTRIBUTED MTMDs

    Susumu YOSHINAKA, Ken’ichi KAWAGUCHI

    The 7th European Conference on Structural Dynamics  

    発表年月: 2008年07月

  • FLEXIBLE THIN MEMBRANE PV MODULES FOR MEMBRANE STRUCTURES

    S.Yoshinaka, H.Tsubota, J.Kubota, M.Fujita, J.Imanaka

    IASS Symposium 2001  

    発表年月: 2001年09月

  • CONSTRUCTION OF A DOME OVER AN EXISTING STADIUM, PART2:VERIFICATION OF STRUCTURAL SAFETY

    H.Tsubota, S.Yoshinaka, K.Ikeda

    IASS Symposium 1999  

    発表年月: 1999年09月

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 鉄筋コンクリート構造設計1

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 建築静力学2

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 曲面構造特論

    2021年04月
    -
     
     

  • 構造解析

    2021年04月
    -
     
     

  • 鉄筋コンクリート構造設計2

    2021年04月
    -
     
     

 

委員歴

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本建築学会・シェル空間構造運営委員会  幹事

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本建築学会・ラチスシェル屋根構造設計指針改定検討WG  委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    東京大学生産技術研究所  リサーチフェロー

  • 2018年04月
    -
    継続中

    日本建築学会・シェル空間構造運営委員会・耐震設計小委員会  委員

  • 2018年04月
    -
    継続中

    IASS(シェルと空間構造に関する国際学会)WG8  委員

  • 2017年09月
    -
    継続中

    IASS(シェルと空間構造に関する国際学会)WG8  委員

  • 2016年04月
    -
    継続中

    日本建築学会・シェル空間構造運営委員会・耐震設計小委員会  委員

▼全件表示

社会貢献活動

  • 第71回オープンラボラトリー『大阪市立大学の「いのちを守る都市づくり」』

    (大阪産業技術創造館) 

    2017年07月
    -
     

     概要を見る

    「建築構造物の減災技術」という題目で講演を行った

  • 小中高生向け教育活動

    2011年04月
    -
    2012年03月

     概要を見る

    兵庫県立姫路南高校への出張講義
    「建築構造デザインについて学ぶ」