2022/01/19 更新

写真a

ホソ マサキ
細 将貴
所属
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
准教授
プロフィール
生態/進化/行動/左右性

兼担

  • 理工学術院   大学院先進理工学研究科

学歴

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    京都大学   大学院理学研究科   生物科学専攻  

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    京都大学   大学院アジア・アフリカ地域研究研究科  

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    京都大学   総合人間学部  

学位

  • 2008年03月   京都大学   博士

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   教育学部 理学科 生物学専修   准教授

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    武蔵野美術大学   造形学部 教養文化・学芸員課程   准教授

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    東京大学   大学院理学系研究科   特任助教

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    京都大学   白眉センター   特定助教

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    Naturalis Biodiversity Center   日本学術振興会海外特別研究員

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    東北大学   大学院生命科学研究科   日本学術振興会特別研究員(PD)

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    京都大学   大学院理学研究科   日本学術振興会特別研究員(DC2)

▼全件表示

 

研究分野

  • 生態学、環境学

  • 進化生物学

  • 多様性生物学、分類学

論文

  • Life-History Modeling Reveals the Ecological and Evolutionary Significance of Autotomy

    Masaki Hoso, Ichiro K. Shimatani

    The American Naturalist   196 ( 6 ) 690 - 703  2020年12月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Asymmetry of mandibular dentition is associated with dietary specialization in snail-eating snakes

    Masaki Hoso

    PEERJ   5   e3011  2017年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Background, In vertebrates, the left-and-right pairs of homologous organs are generally present in equal numbers. A remarkable exception is known in the snail eating snakes of the family Pareidae: almost all the pareid snakes have much more teeth on the right mandible than on the left for functional specialization in feeding on the dextral majority of land snails. Because the only exceptional species with symmetric dentition has been regarded as a slug-eater, the extent of dietary specialization on slugs could shape the degree of the lateral asymmetry of mandibular dentition (dentition asymmetry) even among snail eaters.
    Methods. To test this, I compared the morphology and behavior of two sympatric species of Taiwanese snail-eating snakes, Pareas atayal and P, formosensis.
    Results. Specimens collected in the same locality showed that the dentition asymmetry of P. formosensis was significantly smaller than that of P. atayal. Congruent to its weak asymmetry, P, formosensis showed a strong preference of slugs to snails in the feeding experiment.
    Discussion. The dietary specialization of P. formosensis on slugs would contribute to niche partitioning from the sympatric congener P. atayal. This study suggests that the diverse variation in the dentition asymmetry of pareid snakes is the result of their dietary specialization and divergence.

    DOI PubMed

  • Roles of maternal effects in maintaining genetic variation: Maternal storage effect

    Masato Yamamichi, Masaki Hoso

    Evolution   71 ( 2 ) 449 - 457  2017年02月

    DOI PubMed

  • Cost of autotomy drives ontogenetic switching of anti-predator mechanisms under developmental constraints in a land snail

    Masaki Hoso

    Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences   279 ( 1748 ) 4811 - 4816  2012年12月

     概要を見る

    Autotomy of body parts offers various prey animals immediate benefits of survival in compensation for considerable costs. I found that a land snail
    <italic>Satsuma caliginosa</italic>
    of populations coexisting with a snail-eating snake
    <italic>Pareas iwasakii</italic>
    survived the snake predation by autotomizing its foot, whereas those out of the snake range rarely survived. Regeneration of a lost foot completed in a few weeks but imposed a delay of shell growth. Imprints of autotomy were found in greater than 10 per cent of
    <italic>S. caliginosa</italic>
    in the snake range but in only less than 1 per cent out of it, simultaneously demonstrating intense predation by the snakes and high efficiency of autotomy for surviving snake predation in the wild. However, in experiments, mature
    <italic>S. caliginosa</italic>
    performed autotomy less frequently. Instead of the costly autotomy, they can use defensive denticles on the inside of their shell apertures. Owing to the constraints from the additive growth of shells, most pulmonate snails can produce these denticles only when they have fully grown up. Thus, this developmental constraint limits the availability of the modified aperture, resulting in ontogenetic switching of the alternative defences. This study illustrates how costs of adaptation operate in the evolution of life-history strategies under developmental constraints

    DOI

  • Non-adaptive speciation of snails by left-right reversal is facilitated on oceanic islands

    Masaki Hoso

    Contributions to Zoology   81 ( 2 ) 79 - 85  2012年05月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    The nearly neutral theory of molecular evolution predicts that small population size is essential for non-adaptive evolution. Evolution of whole-body left-right reversal in snails is generally a compelling example of non-adaptive speciation, because variants with reversed chirality would suffer from reduced mating opportunities within a population. Despite this reproductive disadvantage, sinistral snail species have repeatedly originated from dextral ancestors in terrestrial pulmonates. Here I show that snail speciation by reversal has been accelerated on oceanic islands. Analysing the global biogeography of 995 genera across 84 stylommatophoran families, I found that the proportion of sinistral snail genera was enhanced in genera endemic to oceanic islands. Oceanic islands are relatively small land masses offering highly fragmented habitats for snails. Thus, the upper limit of population size would probably have been small for a long time there. Oceanic islands may have facilitated the fixation of the nonadaptive allele for speciation by reversal, allowing subsequent ecological divergence of sibling species. This study illustrates the potential role of genetic drift in non-adaptive speciation on oceanic islands.

    DOI

  • A speciation gene for left–right reversal in snails results in anti-predator adaptation

    Masaki Hoso, Yuichi Kameda, Shu-Ping Wu, Takahiro Asami, Makoto Kato, Michio Hori

    Nature Communications   1 ( 1 )  2010年12月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI PubMed

  • Divergent Shell Shape as an Antipredator Adaptation in Tropical Land Snails

    Masaki Hoso, Michio Hori

    The American Naturalist   172 ( 5 ) 726 - 732  2008年11月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI PubMed J-GLOBAL

  • Right-handed snakes: convergent evolution of asymmetry for functional specialization

    Masaki Hoso, Takahiro Asami, Michio Hori

    BIOLOGY LETTERS   3 ( 2 ) 169 - U2  2007年04月  [査読有り]

     概要を見る

    External asymmetry found in diverse animals bears critical functions to fulfil ecological requirements. Some snail-eating arthropods exhibit directional asymmetry in their feeding apparatus for foraging efficiency because dextral (clockwise) species are overwhelmingly predominant in snails. Here, we show convergence of directional asymmetry in the dentition of snail-eating vertebrates. We found that snakes in the subfamily Pareatinae, except for non-snail-eating specialists, have more teeth on the right mandible than the left. In feeding experiments, a snail-eating specialist Pareas iwasakii completed extracting a dextral soft body faster with fewer mandible retractions than a sinistral body. The snakes failed in holding and dropped sinistral snails more often owing to behavioural asymmetry when striking. Our results demonstrate that symmetry break in dentition is a key innovation that has opened a unique ecological niche for snake predators.

    DOI PubMed

  • Pareas iwasakii (Iwasaki's snail-eating snake). Diet.

    Masaki Hoso, Takehiro Kakegawa

    Herpetological Review   49 ( 4 ) 760 - 761  2018年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Mitochondrial genomes of Japanese Babina frogs (Ranidae, Anura): unique gene arrangements and the phylogenetic position of genus Babina

    Ryosuke Kakehashi, Atsushi Kurabayashi, Shohei Oumi, Seiki Katsuren, Masaki Hoso, Masayuki Sumida

    Genes & Genetic Systems   88 ( 1 ) 59 - 67  2013年

    DOI PubMed

  • 種間相互作用の島嶼生物地理 展望:島嶼生物地理学で拡散共進化を紐解く

    細将貴

    日本生態学会誌   62 ( 3 ) 339 - 345  2012年11月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    J-GLOBAL

  • 種間関係の生物学 共生・寄生・捕食の新しい姿 第4部 新しい自然史研究の手法 3 博物館標本の活用術

    細将貴, 鈴木まほろ

    種生物学研究   ( 35 ) 357 - 375  2012年03月

    J-GLOBAL

  • 種間関係の生物学 共生・寄生・捕食の新しい姿 第1部 食う‐食われるの新しい姿 第2章 右と左の共進化:追いかけるヘビと逃げるカタツムリ

    細将貴

    種生物学研究   ( 35 ) 53 - 68  2012年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    J-GLOBAL

  • Oviposition and Hatchling Diet of a Snail-eating Snake Pareas iwasakii (Colubridae: Pareatinae)

    Current Herpetology   26 ( 1 ) 41 - 43  2007年06月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Identification of molluscan prey from feces of Iwasaki\\'s slug snake, Pareas iwasakii

    M. Hoso, M. Hori

    Herpetological Review   37 ( 2 ) 174 - 176  2006年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

▼全件表示

書籍等出版物

  • ヘビという生き方

    Lillywhite Harvey B, 細 将貴, 福山 伊吹, 福山 亮部, 児玉 知理, 児島 庸介, 義村 弘仁( 担当: その他)

    東海大学出版部  2019年 ISBN: 9784486021025

  • フィールドノート古今東西

    梶丸 岳, 丹羽 朋子, 椎野 若菜( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第6章 進化生物学者のフィールドノート ―「カタツムリのしっぽ切り」から迫る、幻のヘビの生態―)

    古今書院  2016年 ISBN: 9784772271349

  • 右利きのヘビ仮説―追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化 (フィールドの生物学)

    細 将貴( 担当: 単著)

    東海大学出版会  2012年02月 ISBN: 4486018451

    ASIN

Misc

  • ヘビからカエルへの遺伝子水平伝播:起源系統とその伝播メカニズム

    神林千晶, 掛橋竜祐, 佐藤祐輔, 古野伸明, 水野英明, 大島一彦, 熊澤慶伯, NAGY Zoltan, 森哲, ALLISON Allen, DONNELLAN Stephen, 太田英利, 細将貴, 柳田哲矢, 佐藤宏, VENCES Miguel, 倉林敦

    爬虫両棲類学会報   2019 ( 1 )  2019年

    J-GLOBAL

  • 四季のカガク : 梅雨 進化は繰り返す カタツムリの科学

    細 将貴

    化学 = Chemistry   71 ( 6 ) 41 - 44  2016年06月

    CiNii

  • 愛と分子 7 雌雄はないが裏表と左右はある カタツムリの愛

    細将貴

    現代化学   ( 532 ) 52 - 55  2015年07月

    J-GLOBAL

  • 研究室の片隅で生き物への愛を語る 『右利きのヘビ』で解く,左巻きカタツムリの謎

    細将貴

    生物工学会誌   93 ( 3 ) 170 - 175  2015年03月

    J-GLOBAL

  • 左巻きのカタツムリで検証する「分子進化のほぼ中立説」

    細将貴

    生物の科学 遺伝   67 ( 3 ) 385 - 390  2013年05月

    J-GLOBAL

  • 左巻きのカタツムリと右利きのヘビ

    細 将貴

    緑と水のひろば   72   18 - 19  2013年

  • 右利きのヘビと左巻きのカタツムリ

    細将貴

    生物の科学 遺伝   65 ( 4 ) 2 - 8  2011年07月

    J-GLOBAL

  • ヤエヤマアオガエル卵塊の9月初旬の観察例

    細将貴

    は虫両棲類学会報   2002 ( 1 ) 5 - 6  2002年03月

    DOI J-GLOBAL

▼全件表示

受賞

  • 和歌山県文化表彰 文化奨励賞

    2019年01月   和歌山県  

    受賞者: 細 将貴

  • 宮地賞

    2015年03月   日本生態学会  

    受賞者: 細 将貴

  • 成茂動物科学振興賞

    2014年09月   日本動物学会  

    受賞者: 細 将貴

  • 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

    2014年04月   文部科学省  

    受賞者: 細 将貴

  • 研究奨励賞

    2011年08月   日本進化学会  

    受賞者: 細 将貴

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • カタツムリにおける左右二型現象の起源と進化動態

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2026年03月
     

    細 将貴

  • 「魔法形質」による種分化過程の解明と理論構築

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B))

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2021年03月
     

    細 将貴

  • カタツムリ食ヘビの歯列非対称性は陸産貝類相の地理変異に対してどう進化的に応答するか

    昭和聖徳記念財団  学術研究助成

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    細 将貴

  • 伊豆諸島の植物群における対草食獣被食防衛形質の平行的 退化

    藤原ナチュラルヒストリー振興財団  学術研究助成

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    細 将貴

  • 「魔法形質」による種分化の分子進化過程

    文部科学省  科学研究費補助金(若手研究(A))

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

    細 将貴

  • ヘビからカエルへの遺伝子水平伝播:起源系統と発生地域の解明および媒介生物の特定

    文部科学省  科学研究費補助金(基盤研究(B))

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    倉林 敦

  • 非モデル生物で迫る、歯の発生位置決定機構

    文部科学省  科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    細 将貴

  • 左右非対称性の共進化:究極要因と至近要因の解明

    文部科学省  日本学術振興会海外特別研究員制度

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2013年03月
     

    細 将貴

  • 左右非対称性の共進化:捕食者―被食者間相互作用による種分化機構の解明

    文部科学省  特別研究員奨励費

    研究期間:

    2008年04月
    -
    2011年03月
     

    細 将貴

  • カタツムリ食のヘビとカタツムリの特異的な共進化-左右非対称性に注目して-

    文部科学省  科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

    研究期間:

    2006年04月
    -
    2008年03月
     

    細 将貴

  • イワサキセダカヘビの食性と人里環境への適応に関する研究

    公益信託 増進会  自然環境保全研究活動助成基金

    研究期間:

    2005年07月
    -
    2006年06月
     

    細 将貴

  • 陸産貝類食のヘビにおける下顎形態の特殊化とその適応的意義の実験的検証

    住友財団  基礎科学研究助成

    研究期間:

    2004年11月
    -
    2005年10月
     

    細 将貴

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • 進化生物学特論

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 進化生物学Ⅰ

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 生態学A/B

    武蔵野美術大学  

    2020年10月
    -
    2021年03月
     

  • 動物の身体と進化A/B

    武蔵野美術大学  

    2020年10月
    -
    2021年03月
     

  • 生物自然史A/B

    武蔵野美術大学  

    2020年04月
    -
    2020年09月
     

  • 生命科学A/B

    武蔵野美術大学  

    2020年04月
    -
    2020年09月
     

  • 自然科学史

    龍谷大学  

    2017年04月
    -
    2017年09月
     

▼全件表示

 

委員歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本動物学会  大会実行委員

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日本生態学会  大会企画委員 副委員長

  • 2014年09月
    -
    継続中

    日本動物学会  Associate Editor at Zoological Letters

  • 2014年04月
    -
    継続中

    文部科学省 科学技術政策研究所 科学技術動向研究センター  専門調査員

  • 2018年07月
    -
    2020年06月

    日本進化学会  代議員

  • 2016年01月
    -
    2018年12月

    種生物学会  幹事

  • 2016年01月
    -
    2018年06月

    日本進化学会  評議員

  • 2017年03月
    -
    2018年03月

    日本生態学会  大会企画委員

  • 2015年01月
    -
    2017年12月

    日本生態学会  保全生態学研究編集委員

  • 2017年06月
    -
    2017年11月

    文部科学省  科学研究費審査第三部会専門委員

  • 2016年09月
    -
    2017年08月

    日本進化学会  第19回大会実行委員

  • 2007年01月
    -
    2015年12月

    種生物学会  種生物学研究 編集委員

  • 2013年09月
    -
    2014年08月

    日本進化学会  第16回大会実行委員

  • 2012年01月
    -
    2013年12月

    日本進化学会  評議員

  • 2010年01月
    -
    2012年12月

    種生物学会  幹事

▼全件表示