NOZAKA, Shin

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Assistant Professor(non-tenure-track)

Education 【 display / non-display

  • 2012.04
    -
    2018.03

    Waseda University  

  • 2009.04
    -
    2012.03

    Waseda University  

  • 2005.04
    -
    2009.03

    Kanazawa University  

Degree 【 display / non-display

  • 2021.02   早稲田大学   博士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.10
    -
    Now

    Keio University   Faculty of Letters

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2019.04
    -
    Now

    Senshu University   School of Human Sciences

  • 2018.04
    -
    Now

    早稲田大学総合人文科学研究センター   知の蓄積と活用にむけた方法論的研究 研究部門   招聘研究員

  • 2018.04
    -
    Now

    早稲田大学「地域社会と危機管理」研究所   招聘研究員

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    シニア社会学会

  •  
     
     

    KANTO SOCIETY FOR URBANOLOGY

  •  
     
     

    THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY

  •  
     
     

    JAPAN SOCIETY FOR DISASTER RECOVERY AND REVITALIZATION

  •  
     
     

    INSTITUTE OF SOCIAL SAFETY SCIENCE

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Area studies

  • Sociology

Research Interests 【 display / non-display

  • 災害復興

  • 地域防災

  • 地域産業

  • 災害社会学

  • 地域社会学

Papers 【 display / non-display

  • Victims' Sense of Recovery and Related Background Factors after Rebuilding Their Houses following the Great East Japan Earthquake : A Questionnaire Survey of Disaster Public Housing Residents in Otsuchi Town

      33   55 - 70  2021.06  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Resilient Adaption by Community-based Organizations in a Disaster Process before and after the Great East Japan Earthquake Tsunami : In a Case of the Community-based Disaster Reduction and Archives Project in Otsuchi Town Ando District

      19   55 - 67  2021.06  [Refereed]

  • 地域社会における災害復興と地域存続に関する社会学的研究 ―東日本大震災前後における岩手県・宮城県の津波被災地域を事例として―(博士学位論文)

    野坂 真

       2021.02

  • Disaster/reconstruction Process in the OtsuchiTown, Iwate Prefecture

    Shin Nozaka, Tatsuto Asakawa

    “Comprehensive Research on Local Contexts of Disaster Recovery” Annual Report 2019    2020.12

    Authorship:Lead author

  • Advice for City Planning Disaster Preparation Based Investigations of Each Tsunami Victim: From Tsunami Victim Research in Otsuchi Town, Iwate Prefecture

    Shin Nozaka, Tetsu Mugikura

    Global Conference on the International Network of Disaster Studies in Iwate, Japan “Iwate Conference”(INDS-IWATE) Proceedings Papers    2018.07

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 安渡地域アーカイブ実行委員会活動記録誌 2017年度

    野坂 真, 安渡町内会安渡地域アーカイブ実行委員会

       2018.03

  • コメントとディスカッションの記録 (2016年度春季大会シンポジウム)

    野坂 真, 吉見 俊哉, 近森 高明, 杉平 敦, 松橋 達矢, 中島 直人

    関東都市学会年報   ( 18 ) 33 - 43  2017.03

    CiNii

Other 【 display / non-display

  • 専門社会調査士 取得(A-000266)

    2012.06
     
     

Awards 【 display / non-display

  • 日本都市学会論文賞(第20号)

    2018.10   日本都市学会  

    Winner: 野坂 真

  • 平成26年度特に優れた業績による返還免除の認定(全額免除)

    2015.05   日本学生支援機構  

    Winner: 野坂 真

Research Projects 【 display / non-display

  • 大規模災害からの復興の地域的最適解に関する総合的研究

    Project Year :

    2019.04
    -
    2024.03
     

    浦野 正樹

    Authorship: Coinvestigator(s)

  • 少子高齢時代における地方の災害復興―復元=回復力概念の再検討とともに

    Project Year :

    2019.04
    -
    2023.03
     

    野坂 真

    Authorship: Principal investigator

  • 東日本大震災遺族の生の軌跡と心の復興に関する研究―岩手県大槌町大震災遺族を対象とした学術調査

    Project Year :

    2018.07
    -
    2019.07
     

    麦倉 哲

     View Summary

    共同研究者:野坂 真

  • 複合災害・東日本大震災10年の検証:「想定外」が日常化する時代の災害社会学の構築

    Project Year :

    2018.07
    -
    2019.03
     

    浦野 正樹

     View Summary

    連携研究者:野坂 真

  • 脆弱性と復元=回復力概念から見る地方における災害復興

    Project Year :

    2018.07
    -
    2019.03
     

    野坂 真

    Authorship: Principal investigator

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 東日本大震災前後における災害サイクルと地域存続ビジョンの変遷―津波被災地域でのフィールドワークの結果より―

    野坂真  [Invited]

    早稲田大学総合人文科学研究センター「現代社会における危機の解明と共生社会創出に向けた研究」部門 研究会 

    Presentation date: 2021.07

  • 岩手県における津波被災者の復興感とその背景にある生活状況の経年変化―大槌町における10年間の応急仮設住宅・災害公営住宅全入居者への継続調査の結果を中心に―

    野坂真  [Invited]

    第73回早稲田社会学会大会 

    Presentation date: 2021.07

  • 地域社会における災害復興と地域存続―東日本大震災前後における岩手県大槌町・宮城県気仙沼市の津波被災地域を事例として―

    野坂真

    シニア社会学会「災害と地域社会」研究会、早稲田大学地域社会と危機管理研究所 合同研究会 

    Presentation date: 2021.05

  • 映像で見る津波・原発被災地の推移と現在 概要説明

    野坂真

    総合人文科学研究センター2020年度年次フォーラム「東日本大震災10年の軌跡と大規模災害からの復興をめぐって---新たな「日常」への模索---」 

    Presentation date: 2021.01

  • 2020年度社会調査実習科目における調査事例(速報)―パンデミック下における質問紙調査が持つ可能性―

    野坂真

    日本災害復興学会大会(2020・オンライン) 

    Presentation date: 2020.12

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 脆弱性と復元=回復力概念から見る地方における災害復興

    2018  

     View Summary

    大槌町を主な対象に、脆弱性と復元=回復力の検証を行った。脆弱性の検証では、津波犠牲者の行動分析から多くが、①過去の地域開発によりリスク認識と実際の被害とのズレがあり逃げ遅れたこと、②自身や家族・親族が要支援者なため避難所での困難を想定し避難を諦めたり逃げ遅れたことなどが明らかになった。復元=回復力の検証では、①課題に主体的に取り組むプレイヤー、②取り組みに参加しつつときに支援対象となる生活リスク層、③承認・協力するサポーター、これら三者を領域横断的に適材適所でつなぐ④コーディネーターという四者の連携が有機的になされることで、多様な住民層が地域内で生きていける見通しを構築することが示唆された。

  • 地域アイデンティティの再構築から見る地方における災害の被害と復興

    2017  

     View Summary

    大槌町を中心とした事例分析のため、復興・防災に関わる組織や主体へのヒアリングなどを行った。結果、地域アイデンティティ(防災上の教訓、生活の知恵、地域振興に携わった経験等、地域で共有されてきた記憶)に関して、震災前は世代間の役割分担と、そうした役割分担が可能となる地域組織への段階的なリクルートの仕組みが暗黙の共通認識として成り立っていたが、震災により居住地域が分散し成り立ちにくくなったこと、しかし、町内会の規約変更など制度面で工夫しつつ、地域防災や祭り、慰霊などで実働することで「先の世代や自分たちの経験を後世に継承する・地域外に発信する」という共通認識が再構築されつつあることが観察された。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • Special Topics in Sociology

    Keio University  

    2021.10
    -
    Now
     

  • Seminar on the Social Constitution, History and Culture

    Waseda University  

    2021.09
    -
    Now
     

  • 選択基礎演習

    Waseda University  

    2021.09
    -
    Now
     

  • Regional Industry

    Waseda University  

    2021.09
    -
    Now
     

  • Seminar on the Social Constitution, History and Culture (Local Community and Nation)

    Waseda University  

    2021.04
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.07
    -
    Now

    関東都市学会  事務局

  • 2019.09
    -
    Now

    関東都市学会  編集委員会副委員長

  • 2019.05
    -
    Now

    関東都市学会  幹事

  • 2017.04
    -
    Now

    震災問題研究ネットワーク  幹事

  • 2015.08
    -
    Now

    関東都市学会  編集委員

display all >>

Social Activities 【 display / non-display

  • 安渡地域アーカイブ実行委員会への助言

    安渡町内会 

    2018.01
    -
    Now

  • 大震災を語り継ぐ会のファシリテート

    岩手大学教育学部社会学研究室  大震災を語り継ぐ会 

    2016.09
    -
    Now

  • 大槌町吉里吉里地区自主防災計画案の検討

    吉里吉里地区自主防災計画検討会 

    2013
    -
    Now

  • 大槌町「生きた証回顧録」の作成・編集

    大槌町 

    2014.09
    -
    2016.03

  • 大槌町地域防災計画の見直し

    大槌町 

    2013
    -
    2014

display all >>