SHIRAKAWA, Mayu

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Assistant Professor(non-tenure-track)

Education 【 display / non-display

  • 2008.04
    -
    2013.03

    日本大学大学院   文学研究科   心理学専攻 博士後期課程  

  • 2006.04
    -
    2008.03

    日本大学大学院   文学研究科   心理学専攻 博士前期課程  

Degree 【 display / non-display

  • 2013.03   日本大学   博士(心理学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   Assistant Professor

  • 2019.10
    -
    Now

    東京都立大学   システムデザイン学部   客員研究員

  • 2015.04
    -
    Now

    Nihon University   College of Industrial Technology

  • 2013.10
    -
    Now

    Nihon University   Department of Psychology, College of Humanities and Sciences

  • 2020.10
    -
    2021.03

    国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所   木材加工・特性研究領域   非常勤研究助手

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Environmental Design Research Association

  •  
     
     

    日本環境心理学会

  •  
     
     

    JAPAN SOCIETY OF KANSEI ENGINEERING

  •  
     
     

    ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN

  •  
     
     

    MAN-ENVIRONMENT RESEARCH ASSOCIATION

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Experimental psychology   環境心理学

  • Experimental psychology   実験心理学

Research Interests 【 display / non-display

  • 環境評価

  • カウンセリングルーム

  • 医療施設

Papers 【 display / non-display

  • STUDIES ON THE ENVIIRONMEENNTTAL EVALUATION BY SUBJECTS' OWN TERM (PART 3): METHODOLOGY FOR ANALYZING INDIVIDUAL DIFFERENCES OF EACH OBJECT IN INDIVIDUAL SCALES METHOD USING PARTIAL SCORES - A case study of positioning analysis for dental clinic -

    Takaya KOJIMA, Naoko WAKABAYASHI, Mayu SHIRAKAWA, Bo PENG, Hiromi ITAMI

    The Architectural Institute of Japan’s Journal of Environmental Engineering   86 ( 784 ) 578 - 589  2021.06  [Refereed]  [Domestic journal]

     View Summary

    This study examines the methodology of "individual scaling method" to value each person's vocabulary and viewpoints. In this paper, methodology for analyzing individual differences of each object in individual scales method was studied and proposed. As a case study, a survey on positioning analysis for dental clinic was conducted.
    The results are as follows. 1) An analytical procedure using "biased scores" was proposed. 2) Using HCA (Hierarchical Component Analysis) has been shown to improve the performance of partial scores. 3) Correcting techniques for "ipsative data" was proposed and necessity was discussed.

    DOI

  • Identifying the map representation in crime maps and its effect on viewer's perception - Psychological experiment using multiple maps with different color schemes and classification methods -

      55 ( 3 ) 385 - 392  2020.10  [Refereed]  [Domestic journal]

    DOI

  • 住宅侵入場面の脅威アピールが居住選好,防犯設備に対する支払意思額 および情報探索に与える影響:地域での犯罪予防における情報発信に関する研究(1)

    島田 貴仁, 白川 真裕, 本山 友衣

    環境心理学研究   8 ( 1 ) 39 - 39  2020

    DOI CiNii

  • 犯罪発生マップが犯罪予防行動意図に与える影響:地域での犯罪予防における情報発信に関する研究(2)

    白川 真裕, 島田 貴仁

    環境心理学研究   8 ( 1 ) 40 - 40  2020

    DOI CiNii

  • Big Fiveの開放性と美的評価との関連:媒介変数として審美的価値観に着目して

    宮下達哉, 白川真裕, 木村敦, 岡隆

    日本感性工学会論文誌   17 ( 2 ) 251 - 256  2018.04  [Refereed]

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 最新 社会福祉士養成講座 精神保健福祉士養成講座 2 心理学と心理的支援

    勝又陽太郎, 内藤佳津雄, 藤岡孝志, 相澤裕紀, 安斉順子, 宇野耕司, 遠藤利彦, 加藤尚子, 北村世都, 志村ゆず, 下垣光, 重橋史朗, 白川真裕, 田中恒彦, 野口代, 野崎瑞樹, 長谷川明弘, 針塚進, 平井正三, 望月正哉, 横山由香里( Part: Contributor, 第2章第2節2)

    中央法規出版  2021.02

  • Next教科書シリーズ 発達と学習 第2版

    内藤佳津雄, 北村世都, 鏡直子, 相澤裕紀, 伊藤令枝, 大森馨子, 白川真裕, 田中未央, 玉木賢太郎, 望月正哉( Part: Contributor, 第7章 動機づけ)

    弘文堂  2020.03

  • シリーズ心理学と仕事17 環境心理学

    羽生和紀, 柳瀬亮太, 白川真裕, 高山範理, 大沼進, 萩野谷俊平, 坂伊織( Part: Contributor, 第3章 施設環境)

    北大路書房  2017.09 ISBN: 9784762829895

  • Next教科書シリーズ 発達と学習

    内藤佳津雄, 北村世都, 市川優一郎, 伊藤令枝, 大森馨子, 菊島勝也, 白川真裕, 田中未央, 望月正哉( Part: Contributor, 第8章 動機づけ)

    弘文堂  2016.02 ISBN: 9784335002212

  • 臨床心理学の基礎を学ぶ -実験・面接・検査-

    浅野正, 岡田斉, 名尾典子, 宇根優子, 白川真裕, 仁木千晴, 羽生和紀, 松平友見, 水浪田鶴, 吉川延代( Part: Contributor, 第4章 SD法によるイメージの測定)

    文教大学出版事業部  2014.04 ISBN: 9784904035726

Misc 【 display / non-display

  • 医療施設の評価における環境心理学的研究―木質空間の心理的評価研究への応用可能性―

    白川真裕

    木材工業   76 ( 9 ) 329 - 334  2021.09  [Refereed]  [Invited]  [Domestic journal]

    Authorship:Lead author

    Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 書評 日本造園学会・風景計画研究推進委員会監修 古谷勝則・伊藤弘・高山範理・水内佑輔編「実践風景計画学―読み取り・目標像・実質管理―」

    白川 真裕

    MERA Journal=人間・環境学会誌   22 ( 1 ) 69 - 69  2019.09

    Book review, literature introduction, etc.  

  • Seminars and me (2)(<Special Issue>Looking back on the one hundred seminars)

    Shirakawa Mayu

    MERA Journal   17 ( 2 )  2015.02

    CiNii

  • 授乳室利用の時間間隔に関する研究(人間・環境学会第19回大会発表論文要旨)

    添田 昌志, 陶 真裕, 小林 美紀

    MERA Journal=人間・環境学会誌   15 ( 1 ) 83 - 83  2012.07

    CiNii

  • A poster session: on the 3^<rd> time experience at EDRA(<Feature 2>Invitation to EDRA (EDRA 42 Chicago reports))

    Sue Mayu

    MERA Journal   14 ( 2 )  2011.12

    Meeting report  

    CiNii

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第19回日本感性工学会大会優秀発表賞

    2018   日本感性工学会   パーソナリティの開放性と美的評価との関連:媒介変数として審美的価値観に着目して

    Winner: 宮下達哉, 白川真裕, 木村敦, 岡隆

  • 法と人間科学グランドシンポジウム トラベルアワード

    2016.02   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域」法と人間科学   凶器は視覚的注意を優先的に引きつけるのか?

    Winner: 白川 徹, 白川 真裕, 厳島 行雄

  • 日本大学古田奨学生

    2010.06   日本大学  

    Winner: 陶 真裕

  • 日本大学文理学部奨学生

    2009.07   日本大学  

    Winner: 陶 真裕

     View Summary

    7月9日

Presentations 【 display / non-display

  • 適切に調査研究を実施するために―調査研究の設計・計画の考え方―

    白川真裕  [Invited]

    材料・空間の感性・快適性評価に関する産学連携セミナー  国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所

    Presentation date: 2021.10

    Event date:
    2021.10
     
     
  • 質的データの分析方法-予備的検討および評価構造モデル構築への活用事例-

    白川真裕  [Invited]

    第21回環境心理生理チュートリアル「#キモチの可視化~質的データ分析の作法と技法~」  一般社団法人日本建築学会 環境工学委員会 環境心理生理運営委員会 環境心理小委員会

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Workers' Psychological and Physiological Responses to Worktables Made of Different Materials Introduced into an Office Environment Part 3: Physiological Changes during Regular Worktime and Calculation Task

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Workers' Psychological and Physiological Responses to Worktables Made of Different Materials Introduced into an Office Environment: Part2. A Study Focusing on Productivity and Psychological Evaluations

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Workers' Psychological and Physiological Responses to Worktables Made of Different Materials Introduced into an Office Environment: Part 1. Effects on Fatigue, State Anxiety, and Mood States during Office Work

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 基礎ゼミⅡ

    早稲田大学  

    2021.10
    -
    Now
     

  • データリテラシーⅡ

    早稲田大学  

    2021.10
    -
    Now
     

  • 建築環境学特論(実験的調査法)

    早稲田大学  

    2021.04
    -
    Now
     

  • データリテラシーⅢ

    早稲田大学  

    2021.04
    -
    Now
     

  • データリテラシーⅠ

    早稲田大学  

    2021.04
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    日本建築学会 環境工学委員会(環境心理生理運営委員会)感覚・知覚小委員会 環境要素と複合影響評価検討ワーキンググループ  委員

  • 2021.04
    -
    Now

    日本環境心理学会  運営委員

  • 2019.04
    -
    Now

    人間・環境学会  編集委員

  • 2017.04
    -
    Now

    日本建築学会 環境工学委員会(企画刊行運営委員会) 評価グリッド法とその周辺 刊行小委員会  監事

  • 2017.04
    -
    Now

    日本建築学会 環境工学委員会(環境心理生理運営委員会) 人間環境学の領域検討ワーキンググループ  委員

display all >>