宮地 元彦 (ミヤチ モトヒコ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

プロフィール

健康・スポーツ科学の研究者で、身体活動と食事が健康に及ぼす相互作用を生理学や疫学の手法を用いて明らかにする研究を行っています。

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月
    -
     

    筑波大学   博士(体育科学)  

  • 1988年04月
    -
    1990年03月

    鹿屋体育大学大学院   体育学研究科   修士課程  

  • 1984年04月
    -
    1988年03月

    鹿屋体育大学   体育学部   スポーツ体育課程  

学位 【 表示 / 非表示

  • 1999年03月   筑波大学   博士(体育科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   教授

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    医薬基盤・健康・栄養研究所   身体活動研究部   部長

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    医薬基盤・健康・栄養研究所   健康増進研究部   部長

  • 2011年06月
    -
    2015年03月

    国立健康・栄養研究所   健康増進研究部   部長

  • 2006年04月
    -
    2011年05月

    国立健康・栄養研究所   健康増進プログラム, 運動ガイドラインプロジェクト   プロジェクトリーダー

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    米国心臓学会

  •  
     
     

    米国生理学会

  •  
     
     

    日本公衆衛生学会

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 体育、身体教育学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生理学

  • スポーツ

  • 身体活動

  • トレーニング

  • 体力

論文 【 表示 / 非表示

  • A community-wide intervention to promote physical activity: A five-year quasi-experimental study.

    Yoshinobu Saito, Ayumi Tanaka, Takayuki Tajima, Tomoya Ito, Yoko Aihara, Kaoko Nakano, Masamitsu Kamada, Shigeru Inoue, Motohiko Miyachi, I-Min Lee, Yuko Oguma

    Preventive medicine   150   106708 - 106708  2021年09月  [国際誌]

     概要を見る

    Evidence on the effects of a community-wide intervention (CWI) on population-level physical activity (PA), especially in the long term, is limited. Therefore, we evaluated the five-year effect of CWI on promoting PA through information dissemination, education, and community support primarily targeting older adults, by incorporating Japanese guidelines, in Fujisawa City, from 2013. To assess the effect of the whole-city intervention, we distributed questionnaires in 2013, 2015, and 2018 to three independent random samples of 3,000 community-dwelling adults (aged ≥ 20 years) using a quasi-experimental study design. Three separate samples responded to the survey (41% at baseline, 46% at the two-year mark, and 48% at the five-year follow-up). The primary outcome was change in PA participation. At the five-year follow-up, PA (median: 120 minutes/day) was significantly higher than at baseline (86 minutes/day) and the two-year follow-up (90 minutes/day). The results of the multivariate analysis indicated that PA among older adults-the primary target population of the CWI-increased significantly at the five-year follow-up, compared to those aged 20-64 (mean difference of change between groups: 14.7 minutes/day, P= 0.029). Among older adults, PA was significantly lower in those with poorer perceived economic status than in their more well-off counterparts at the two-year follow-up (P= 0.003); however, there was no significant difference at the five-year follow-up (P= 1.000). There was a positive interaction between group and period (mean difference of change between groups: 40.9 minutes/day, P= 0.001). In conclusion, the five-year CWI targeting older adults, incorporating national guidelines, improved population-level PA.

    DOI PubMed

  • Mother-to-infant transmission of the carcinogenic colibactin-producing bacteria.

    Yuta Tsunematsu, Koji Hosomi, Jun Kunisawa, Michio Sato, Noriko Shibuya, Emiko Saito, Haruka Murakami, Yuko Yoshikawa, Yuji Iwashita, Noriyuki Miyoshi, Michihiro Mutoh, Hideki Ishikawa, Haruhiko Sugimura, Motohiko Miyachi, Keiji Wakabayashi, Kenji Watanabe

    BMC microbiology   21 ( 1 ) 235 - 235  2021年08月  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: The Escherichia coli strain that is known to produce the genotoxic secondary metabolite colibactin is linked to colorectal oncogenesis. Therefore, understanding the properties of such colibactin-positive E. coli and the molecular mechanism of oncogenesis by colibactin may provide us with opportunities for early diagnosis or prevention of colorectal oncogenesis. While there have been major advances in the characterization of colibactin-positive E. coli and the toxin it produces, the infection route of the clb + strain remains poorly characterized. RESULTS: We examined infants and their treatments during and post-birth periods to examine potential transmission of colibactin-positive E. coli to infants. Here, analysis of fecal samples of infants over the first month of birth for the presence of a colibactin biosynthetic gene revealed that the bacterium may be transmitted from mother to infant through intimate contacts, such as natural childbirth and breastfeeding, but not through food intake. CONCLUSIONS: Our finding suggests that transmission of colibactin-positive E. coli appears to be occurring at the very early stage of life of the newborn and hints at the possibility of developing early preventive measures against colorectal cancer.

    DOI PubMed

  • Association between Lifestyle Changes and at-Home Hours during and after the State of Emergency Due to the COVID-19 Pandemic in Japan.

    Chiharu Nishijima, Naoko Miyagawa, Nobuyo Tsuboyama-Kasaoka, Tsuyoshi Chiba, Motohiko Miyachi

    Nutrients   13 ( 8 )  2021年08月  [国際誌]

     概要を見る

    Lifestyle changes during the coronavirus disease (COVID-19) lockdown have been previously examined, but there is limited understanding about changes after such restrictions were lifted. This study examines changes in lifestyle habits and body weight among the Japanese population with regard to the length of at-home hours both during (April to May) and after (September) the nationwide stay-at-home request compared to those before the COVID-19 pandemic (January 2020). An online survey was conducted in September 2020 involving 10,000 Japanese survey monitors, selected according to population distribution. During the stay-at-home request, 34% participants extended their at-home hours. More respondents in the group with extended at-home hours experienced an increase or decrease in total physical activity, snacking, food intake, alcohol drinking, and body weight than those in the group with nonextended at-home hours. Some of these changes had a trend according to age. The prevalence of most of these changes decreased when at-home hours returned to normal after the stay-at-home request period; however, increased alcohol consumption and increased or decreased body weight persisted. Our findings suggest that close monitoring for further health outcomes and age-appropriate measures to encourage favorable health behaviors is needed.

    DOI PubMed

  • Stool pattern is associated with not only the prevalence of tumorigenic bacteria isolated from fecal matter but also plasma and fecal fatty acids in healthy Japanese adults.

    Daiki Watanabe, Haruka Murakami, Harumi Ohno, Kumpei Tanisawa, Kana Konishi, Kikue Todoroki-Mori, Yuta Tsunematsu, Michio Sato, Yuji Ogata, Noriyuki Miyoshi, Naoto Kubota, Jun Kunisawa, Keiji Wakabayashi, Tetsuya Kubota, Kenji Watanabe, Motohiko Miyachi

    BMC microbiology   21 ( 1 ) 196 - 196  2021年06月  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: Colibactin-producing Escherichia coli containing polyketide synthase (pks+ E. coli) has been shown to be involved in colorectal cancer (CRC) development through gut microbiota analysis in animal models. Stool status has been associated with potentially adverse gut microbiome profiles from fecal analysis in adults. We examined the association between stool patterns and the prevalence of pks+ E. coli isolated from microbiota in fecal samples of 224 healthy Japanese individuals. RESULTS: Stool patterns were determined through factorial analysis using a previously validated questionnaire that included stool frequency, volume, color, shape, and odor. Factor scores were classified into tertiles. The prevalence of pks+ E. coli was determined by using specific primers for pks+ E. coli in fecal samples. Plasma and fecal fatty acids were measured via gas chromatography-mass spectrometry. The prevalence of pks+ E. coli was 26.8%. Three stool patterns identified by factorial analysis accounted for 70.1% of all patterns seen (factor 1: lower frequency, darker color, and harder shape; factor 2: higher volume and softer shape; and factor 3: darker color and stronger odor). Multivariable-adjusted odds ratios (95% confidence intervals) of the prevalence of pks+ E. coli for the highest versus the lowest third of the factor 1 score was 3.16 (1.38 to 7.24; P for trend = 0.006). This stool pattern exhibited a significant positive correlation with fecal isobutyrate, isovalerate, valerate, and hexanoate but showed a significant negative correlation with plasma eicosenoic acid and α-linoleic acid, as well as fecal propionate and succinate. No other stool patterns were significant. CONCLUSIONS: These results suggest that stool patterns may be useful in the evaluation of the presence of tumorigenic bacteria and fecal fatty acids through self-monitoring of stool status without the requirement for specialist technology or skill. Furthermore, it may provide valuable insight about effective strategies for the early discovery of CRC.

    DOI PubMed

  • Validating muscle mass cutoffs of four international sarcopenia-working groups in Japanese people using DXA and BIA.

    Yosuke Yamada, Minoru Yamada, Tsukasa Yoshida, Motohiko Miyachi, Hidenori Arai

    Journal of cachexia, sarcopenia and muscle    2021年06月  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: The Asian Working Group for Sarcopenia (AWGS) 2019 recommended the use of dual-energy X-ray absorptiometry (DXA) or bioelectrical impedance analysis (BIA) to assess appendicular lean mass (ALM). AWGS, European Working Group on Sarcopenia in Older People 2 (EWGSOP2), Foundation for the National Institutes of Health Sarcopenia Project (FNIH), and International Working Group on Sarcopenia (IWGS) reported different cutoff values for sarcopenia. We aimed to validate these cutoff values in a Japanese population using DXA and two different devices of segmental multi-frequency BIA (MF-BIA). METHODS: We examined the data of Japanese individuals aged 18-86 years using the DXA (n = 756) and two 8-electrode MF-BIA devices (InBody and TANITA MC) (n = 1884). To validate these cutoff values, we used a population aged 18-40 years, and calculated the 95% confidence intervals (CIs) of [mean-2SD]. RESULTS: In DXA, the 95%CIs of [mean-2SD] for ALM/Ht2 were 5.2-5.8 and 6.6-7.3 kg/m2 in women and men, respectively. The AWGS (<5.4 in women and <7.0 in men), and IWGS (≤5.67 in women and ≤7.23 in men) cutoffs were acceptable. Regarding TANITA MC, the 95%CIs of [mean-2SD] for ALM/Ht2 were 5.6-6.0 and 6.9-7.4 kg/m2 in women and men, respectively. The AWGS (<5.7 in women and <7.0 in men), EWGSOP2 (<6.0 in women and <7.0 in men), and IWGS cutoffs were acceptable. Regarding InBody, the 95%CIs of [mean-2SD] for ALM/Ht2 were 4.8-5.2 and 6.4-6.8 kg/m2 in young women and men, respectively. All cutoff values were too high compared to those measured by InBody. InBody and TANITA MC were highly correlated (P < 0.001), but the values by InBody were significantly lower than those by TANITA MC or DXA. Using Yamada's equation for InBody raw data, the AWGS, EWGSOP2, or IWGS cutoffs were acceptable. The BMI-adjusted muscle mass cutoff values were <0.60 and <0.82 m2 in women and men, respectively. We also obtained the 20th percentile in older adult population (ALM/Ht2 , <6.2 in women and <7.5 in men for TANITA MC; <5.4 in women and <7.0 in men for InBody). CONCLUSIONS: The AWGS and IWGS cutoffs were valid for DXA, and the AWGS, IWGS, and EWGSOP2 cutoffs were valid for TANITA MC in Japanese population. Because the prevalence of sarcopenia is too low particularly in women when using those criteria, the 20th percentile might be a good alternative criteria. If the ALM original InBody values are used, the cutoffs should be <5.0 kg/m2 in women and <6.6 kg/m2 in men.

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 臨床栄養別冊 はじめてとりくむ身体活動支援 メタボ・フレイル時代の栄養と運動

    宮地元彦( 担当: 編集)

    医歯薬出版  2019年07月

  • 運動生理学の基礎と発展

    春日, 規克( 担当: 分担執筆)

    フリースペース,星雲社 (発売)  2018年09月 ISBN: 9784434250231

  • 職場における身体活動・運動指導の進め方 : 産業保健スタッフ必携

    ( 担当: 分担執筆)

    大修館書店  2018年02月 ISBN: 9784469268348

  • 不調が消える!ふりふりストレッチ

    宮地元彦( 担当: 編集)

    宝島社  2015年08月 ISBN: 9784800244147

  • Q&Aでわかる食事・運動指導のエビデンス50

    鈴木, 志保子, 宮地, 元彦( 担当: 編集)

    中央法規出版  2013年07月 ISBN: 9784805838648

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 【体育・スポーツ科学におけるデータサイエンスの広がり】スポーツ科学における文献データサイエンス 系統的レビューとメタ解析について

    渡邉 大輝, 宮地 元彦

    体育の科学   71 ( 6 ) 392 - 397  2021年06月

  • 日本在住成人男女における年齢、性別と認知・実行機能の関係

    小西 可奈, 村上晴香, 宮地元彦

    工業技術 : 東洋大学工業技術研究所報告   ( 42 ) 57 - 62  2020年02月

  • 大麦β-グルカン摂取量と腸内細菌叢の関連 横断研究

    松岡 翼, 村上 晴香, 横道 洋司, 宮地 元彦, 國澤 純, 山縣 然太朗

    日本公衆衛生学会総会抄録集   78回   549 - 549  2019年10月

  • ILSI Japanの取り組み 健康寿命の延伸につなげる栄養科学と運動科学の融合 基礎研究から応用研究へ(Sports Scienee and Nutrition)

    宮地 元彦

    イルシー   ( 140 ) 74 - 77  2019年09月

  • 理学療法士に必要な栄養学の知識 栄養と運動

    宮地 元彦

    理学療法   36 ( 6 ) 551 - 561  2019年06月

     概要を見る

    1.食事や運動に伴う代謝の生化学や生理学の基礎的な知識は、効果的な理学療法に有用である。2.日本人の標準的な栄養摂取・身体活動状況については、国民健康・栄養調査や食事摂取基準および身体活動基準などから知ることができる。3.適切な食事・栄養摂取と身体活動の指導には、食事・栄養摂取や身体活動のアセスメント技術の習得が必要である。4.健康食品や食品表示に関する基礎知識は患者とのコミュニケーションに役立つ。(著者抄録)

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣変動が腸内細菌叢と代謝物に及ぼす影響:N-of-1交差介入試験

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    宮地 元彦, 國澤 純

  • Physical activity in patients with sickle cell disease: Effect on the vascular function, frequency of painful episodes and clinical course of the disease

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2019年10月
    -
    2023年03月
     

    tripette julien, 吉田 司, 宮地 元彦

  • スポーツ傷害(靱帯損傷・筋損傷・疲労骨折)を規定する機能的遺伝子多型の解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2022年03月
     

    福 典之, 宮地 元彦, 膳法 浩史

  • 身体活動量調査の標準プロトコルの作成と各手法間の比較可能性の検証

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    中田 由夫, 井上 茂, 田中 茂穂, 宮地 元彦, 岡 浩一朗, 笹井 浩行, 辻本 健彦

     概要を見る

    身体活動量調査は運動疫学研究の根幹を成す。その調査法には加速度計法、質問紙法等、いくつかの手法があり、それぞれの比較可能性を保つことが重要である。しかしながら、加速度計や質問紙の種類、条件設定等の違いにより、異なる結果が得られ、比較可能性を保つことは容易ではない。本研究では、加速度計法および質問紙法についての標準プロトコルを作成する。そのプロトコルに基づき、ランダムサンプリング集団を対象に調査し、手法間の比較可能性を明らかにする。これらの研究成果を公開することで、今後の身体活動量調査の標準化を目指す。
    平成30年度は、1)標準プロトコルの公開に向けた解説文書の作成、2)ランダムサンプリング集団を対象とした調査研究の実施、3)研究成果を広く周知するための情報発信用のwebサイトの立ち上げの実施およびその準備に向けた協議を進めた。
    1)標準プロトコルの公開に向けた解説文書の作成:標準プロトコルについては、平成29年度に引き続き、研究班で協議を重ね、合意形成を図ってきた。また、プロトコルを理解する上で必要な用語の定義や調査を実施する上での注意点、データを解析する上での注意点などについての解説文書を作成した。さらに、質問紙のデータ入力やデータ解析に役立つExcelファイルなど、公開する価値のある文書・ファイルの充実に努めた。
    2)ランダムサンプリング集団を対象とした調査研究の実施:調査研究については、平成30年度に実施計画書を作成し、わが国の人口構成比を勘案したサンプリング集団約2,000人を対象に、web調査を実施した。得られたデータのクリーニング等を経て、データセットを完成させた。
    3)研究成果を広く周知するための情報発信用のwebサイトの立ち上げ:Webサイトの立ち上げに向けて、掲載する情報の整理を進めるとともに、ページ名称、URL、トップページデザインを決定した。

  • 運動による抗動脈硬化作用:全身への波及メカニズムの解明とその応用

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    福場 良之, 山岡 雅子, 鍛島 秀明, 宮地 元彦, 林 直亨

     概要を見る

    下肢運動中,上肢の上腕動脈(BA)の血流(BF)の様相(順流/逆流)を,前腕部への温冷刺激によって変容した条件を設定し,その変容によって血管内皮機能に急性な影響が及ぶか否かを検討した。
    被験者は健康な男女8名であった。被験者は心拍数が約120拍/分に相当する運動強度で,60分間の下肢サイクリング運動を行った。運動中,水槽を用いて右手の前腕部に43℃の温熱刺激(Warm条件),あるいは15℃の寒冷刺激(Cool条件)を行った。対照として,前腕部を水に浸さない条件を行った(Control条件)。運動の前,終了15分後,および60分後に,血管内皮機能を血流依存性血管拡張反応(以下,%FMD)で評価した。また,超音波ドップラー法により,BAの血流速度(BV)と血管径(D)を順向・逆向別に測定し,それぞれのBFと,SSの大きさの指標となるShear rate(SR)を算出した。
    Control条件において,平均SRは運動前と比較して運動中に有意に増加し,それは主に順向SRの増加によるものであった。Cool条件では順向SRの増加が小さく,逆向SRの増加が顕著であり,結果として運動による平均SRの増加は認められなかった。Warm条件では平均SRは大きく増加し,それは順向SRの著しい増加により,逆向SRはほぼ消失した。%FMDはControl条件では運動前と比較して運動後の両時点で有意な変化は認められなかった。Cool条件では運動前と比較して運動後60分目で有意に減少したのに対して,Warm条件では運動後15分目に増加を示した。
    以上のことから,温冷刺激による運動中の血流様相の変容,いいかえると,順向SRと逆向SRの変容が,直後の血管内皮機能に急性的な影響を及ぼすことが示唆された。

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • サクセスフル・エイジングに向けた健康政策とそのエビデンス 身体活動と栄養の科学からフレイルを考える

    宮地 元彦, 渡邉 大輝, 吉田 司, 山田 陽介

    健康支援   日本健康支援学会  

    発表年月: 2021年02月

    開催年月:
    2021年02月
     
     
  • 健康寿命の延伸・幸福感享受のための人間ドック健診の役割 人間ドックにおけるフレイル・サルコペニア健診と保健指導

    宮地 元彦

    人間ドック   (公社)日本人間ドック学会  

    発表年月: 2020年11月

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • 東日本大震災後の成人における運動習慣と精神的健康状態の関係 福島県県民健康調査

    森山 信彰, 大平 哲也, 前田 正治, 矢部 博興, 高橋 敦史, 針金 まゆみ, 堀越 直子, 岡崎 可奈子, 宮地 元彦, 丸藤 祐子, 神谷 研二, 安村 誠司

    日本公衆衛生学会総会抄録集   日本公衆衛生学会  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • エキストラバージンオリーブオイルの腸内環境に及ぼす影響

    小川 明子, 高木 哲雄, 細見 晃司, 朴 鐘旭, 小西 可奈, 村上 晴香, 宮地 元彦, 水口 賢司, 國澤 純

    日本未病学会学術総会抄録集   (一社)日本未病学会  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • メタボ・フレイル時代の食事と身体活動

    宮地 元彦

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   (公社)日本栄養・食糧学会  

    発表年月: 2020年04月

    開催年月:
    2020年04月
     
     

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 生理・運動生理学

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 応用生涯スポーツ学特殊研究演習

    鹿屋体育大学大学院博士後期課程  

    2013年04月
    -
    継続中
     

  • 応用生涯スポーツ学特殊研究

    鹿屋体育大学大学院博士後期課程  

    2013年04月
    -
    継続中
     

  • 生涯スポーツ学特講

    鹿屋体育大学大学院修士課程  

    2013年04月
    -
    継続中
     

  • 生涯スポーツ学特講演習

    鹿屋体育大学大学院修士課程  

    2013年04月
    -
    継続中
     

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    東京都自転車活用推進検討会  委員

  • 2018年10月
    -
    継続中

    日本学術会議  会員

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    東京都スポーツ振興審議会  委員

  • 2015年10月
    -
    2018年09月

    日本学術会議  連携会員

  • 2017年
    -
    2018年

    国土交通省  自転車活用推進に向けた有識者会議委員

全件表示 >>