Updated on 2022/06/30

写真a

 
YOKOTA, Nobutake
 
Affiliation
Faculty of Commerce
Job title
Professor Emeritus

Education

  •  
    -
    1973

    Waseda University  

  •  
    -
    1973

    Waseda University   Graduate School, Division of Commerce  

  •  
    -
    1968

    Waseda University   School of Commerce  

  •  
    -
    1968

    Waseda University   Faculty of Commerce  

Degree

  • Columbia University   M. A. in Economics

  • Waseda University   (BLANK)

Research Experience

  • 1984
    -
     

    - 早稲田大学商学部教授

  • 1984
    -
     

    - Waseda University, Professor

  • 1979
    -
    1984

    Waseda University   School of Commerce

  • 1979
    -
    1984

    Waseda University, Associate Professor

  • 1977
    -
    1979

    Waseda University   School of Commerce

  • 1977
    -
    1979

    Waseda University, Assistant Professor

  • 1972
    -
    1977

    Waseda University   School of Commerce

  • 1972
    -
    1977

    Waseda University, Research Assistant

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    アメリカ経済学会

  •  
     
     

    日本地方財政学会

  •  
     
     

    日本財政学会

  •  
     
     

    American Economic Association

  •  
     
     

    Japan Local Government Finance Association

  •  
     
     

    Japan Fiscal Science Association

▼display all

 

Research Areas

  • Public economics and labor economics

  • Money and finance

Books and Other Publications

  • 入門ビジネス・エコノミクス

    中央経済社  2006

  • 財政学講義

    中央経済社  2000

  • 入門マクロ経済学

    中央経済社  1999

Misc

  • 消費増税における逆進性緩和策

    横田信武

    早稲田商学   ( 434 ) 269 - 287  2013

  • Introduction to Business Economics

    Kubo, Yokoyama, Takase, Shimamura, Sasaki, Yokota, Kataoka, Hiruma

    Chuokeizai-sha    2006

  • Introduction to Business Economics

    Kubo, Yokoyama, Takase, Shimamura, Sasaki, Yokota, Kataoka, Hiruma

    Chuokeizai-sha    2006

  • National Tax and Local Tax

    Tax Gyousei Publishing Co.     232 - 239  2004

  • 国税と地方税-その役割分担とあるべき姿

    横田信武

    ぎょうせい 『税』     232 - 239  2004

  • National Tax and Local Tax

    Tax Gyousei Publishing Co.     232 - 239  2004

  • The Reform of Asset Transfer Taxes under the Economic Growth and Tax Relief Reconcilation Act of 2001

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 395 ) 1 - 23  2002

  • 2001年経済成長と減税調整法における資産移転税改正

    横田信武

    早稲田商学   ( 395 ) 1 - 23  2002

  • The Reform of Asset Transfer Taxes under the Economic Growth and Tax Relief Reconcilation Act of 2001

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 395 ) 1 - 23  2002

  • Introductory Macroeconomics

    Yokota,Shimamura, Hiruma, Sasaki, Kataoka, Yokoyama

    Chuou-keizai sha    1999

  • 入門マクロ経済学

    横田・嶋村, 昼間, 佐々木, 片岡・横山

    中央経済社    1999

  • Introductory Macroeconomics

    Yokota,Shimamura, Hiruma, Sasaki, Kataoka, Yokoyama

    Chuou-keizai sha    1999

  • Inflation and Capital Gains Taxation

    Yokota, Nobutake

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 371 ) 59 - 102  1997

  • インフレーションとキャピタル・ゲイン課税

    横田信武

    早稲田商学   ( 371 ) 59 - 102  1997

  • Inflation and Capital Gains Taxation

    Yokota, Nobutake

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 371 ) 59 - 102  1997

  • Tax Effects and the Realization of Capital Gains

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 360/361 ) 259 - 192  1994

  • キャピタル・ゲインの実現に及ぼす課税の影響

    横田信武

    早稲田商学   ( 360/361 ) 259 - 292  1994

  • Tax Effects and the Realization of Capital Gains

    WASEDA COMMERCIAL REVIEW   ( 360/361 ) 259 - 192  1994

▼display all

Research Projects

  • 日本の税制

  • 資産課税

  • 資本所得 キャピタルゲイン課税の研究

  • Japanese tax system

  • wealth taxation

  • Study on Capital Income and Capital Gains Tax

▼display all

Specific Research

  • キャピタル・ゲイン課税の経済的効果

    1995  

     View Summary

    インフレーションによって名目的な資産価値が上昇し,そのため通常のキャピタル・ゲイン課税ではその課税ベースに多くの名目的なキャピタル・ゲインが含まれ,その結果,キャピタル・ゲインに対する実効税率は名目(法定)税率を上回ることになってしまう。このような税負担の増加を防ぐための方法の一つにインデクセーションがある。インデクセーションには消費者物価指数等のインフレ測定基準に応じて資産の取得価格を調整し,実質的なキャピタル・ゲインのみを把握する方法や適用税率区分の幅を広げたり,諸控除額を拡大させて税負担を減らす便宜的な方法などがある。 これらインデクセーションの諸方法について分配上(公平性),資源配分上(効率性),税務行政上(簡素さ)の観点等から比較・分析し,その特徴,長所,短所などを明らかにした。 さらに,インデクセーションがもたらす資産売却へのロック・イン効果への影響,投資への危険負担に及ぼす影響,納税者間の税負担分布への影響,政府税収への影響等についてアメリカ議会予算局やOECDの資料に基づいて考察した。とくに,様々なインフレ率と収益率の組合せのもとで,インフレによるキャピタル・ゲインへの実効税率の変化が投資資産の実質収益率にどのような影響を与えるかをモデル化して分析した。

Overseas Activities

  • 資産課税と資本所得課税を巡る諸問題

    2008.10
    -
    2009.03

    アメリカ   コロンビア大学