2022/06/28 更新

写真a

マツモト ススム
松本 將
所属
理工学術院
職名
名誉教授

学歴

  •  
    -
    1970年

    九州大学   工学研究科   生産機械工学専攻  

  •  
    -
    1970年

    九州大学  

  •  
    -
    1968年

    九州大学   工学部   生産機械工学科  

  •  
    -
    1968年

    九州大学  

学位

  • 九州大学   工学博士

経歴

  • 2003年
    -
     

    - 早稲田大学大学院情報生産システム研究科

  • 1970年
    -
    2002年

    三菱重工業株式会社技術本部長崎研究所

所属学協会

  •  
     
     

    日本塑性加工学会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    日本トライボロジー学会

  •  
     
     

    Japan Society of Mechanical Engineers

 

研究分野

  • 設計工学

  • 機械要素、トライボロジー

研究キーワード

  • 機械要素

  • 機械システム設計

  • 工学設計

  • トライボロジー

  • 機械要素設計

  • Mechanical system design

  • Engineering design

  • Tribology

  • Mechine element design

▼全件表示

書籍等出版物

  • 機械工学便覧デザイン編β4、機械要素・トライボロジー(インボリュート円筒歯車の効率、歯車装置の潤滑)

    日本機械学会  2005年

  • トライボロジー故障例とその対策(4.1.2実用の計測・分析技術)

    日本トライボロジー学会編、養賢堂  2003年

  • トライボロジーハンドブック(3.2焼付き)

    日本トライボロジー学会編、養賢堂  2001年

  • JIS B1755平歯車及びはすば歯車の負荷容量計算方法‐材料の強度及び品質

    日本規格協会  1999年

  • 勘どころ設計技術(第1章 伝達要素、(増)減速機:有効!数式による解決)

    日経BP社  1999年

  • 新材料のトライボロジー

    日本潤滑学会編、養賢堂  1991年

  • トライボロジーと環境

    精密工学会編、新樹社  1990年

▼全件表示

Misc

  • コニカルギヤのかみ合い効率解析

    森川邦彦, 永原幹雄, 熊谷幸司, 小森雅晴, 松本將

    日本機械学会論文集   80 ( 815 ) 1 - 11  2014年

    DOI

  • The new estimation formula of coefficient of friction in rolling-sliding contact surface under mixed lubrication condition for power loss reduction of power transmission gears

    Susumu MATSUMOTO, Kunihiko MORIKAWA

    Conference Proceedings,International Gear Conference 2014 ( The Best Paper Award受賞)   Volume 2   1078 - 1088  2014年

  • The new estimation formula of coefficient of friction in rolling-sliding contact surface under mixed lubrication condition for power loss reduction of power transmission gears

    Susumu MATSUMOTO, Kunihiko MORIKAWA

    Conference Proceedings,International Gear Conference 2014 ( The Best Paper Award受賞)   Volume 2   1078 - 1088  2014年

  • Comparison of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting test

    Toshihiko Ichihashi, Hiroshi Fujita, Susumu Matsumoto

    VDI Berichte   2199   841 - 854  2013年

  • Contact -bending fatigue test of gear material against failure due to tribo-cause to fatal subsurface crack propagation

    Aizo Kubo, Ichiro Moriwaki, Susumu Matsumoto

    VDI Berichte   2199  2013年

  • Comparison of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting test

    Toshihiko Ichihashi, Hiroshi Fujita, Susumu Matsumoto

    VDI Berichte   2199   841 - 854  2013年

  • Contact -bending fatigue test of gear material against failure due to tribo-cause to fatal subsurface crack propagation

    Aizo Kubo, Ichiro Moriwaki, Susumu Matsumoto

    VDI Berichte   2199  2013年

  • 円筒歯車の動力損失に及ぼすトラクション油の影響

    森川邦彦, 永原幹雄, 西原隆太, 松本將

    日本機械学会論文集C編   79 ( 803 ) 2609 - 2621  2013年

    DOI

  • 混合潤滑状態にある転がり-すべり接触面の摩擦係数推定式(第2報)-摩擦係数に及ぼす表面粗さ形状の影響-

    松本將, 豊田展光

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   58 ( 9 ) 676 - 684  2013年

  • シリコン粒子分散アルミニウム焼結含油軸受材料の摩擦摩耗に及ぼす潤滑油と固体状潤滑剤の影響

    水流健一, 松本將

    材料(日本材料学会誌)   62 ( 9 ) 579 - 584  2013年

    DOI

  • Comparison of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting test

    Toshihiko Ichihashi, Hiroshi Fujita, Susumu Matsumoto

    Proc. International Conference on Gears ,VDI(2013.10.8)     1 - 20  2013年

  • Contact -bending fatigue test of gear material against failure due to tribo-cause to fatal subsurface crack propagation

    Aizo Kubo, Ichiro Moriwaki, Susumu Matsumoto

    Proc.International Conference on Gears,VDI(2013.10.8)    2013年

  • Comparison of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting of the fatigue life of lubricating oil under different severe conditions with the FZG pitting test

    Toshihiko Ichihashi, Hiroshi Fujita, Susumu Matsumoto

    Proc. International Conference on Gears ,VDI(2013.10.8)     1 - 20  2013年

  • Contact -bending fatigue test of gear material against failure due to tribo-cause to fatal subsurface crack propagation

    Aizo Kubo, Ichiro Moriwaki, Susumu Matsumoto

    Proc.International Conference on Gears,VDI(2013.10.8)    2013年

  • 動圧グルーブ流体軸受用潤滑剤の劣化-潤滑剤の単純熱劣化と軸受ない連続運転による劣化の差異-

    大野英明, 松本將

    精密工学会誌   79 ( 6 ) 523 - 528  2013年

    DOI

  • 転動体に玉を用いたリニア軸受の転がり疲れ寿命に及ぼすグリース基油粘度と摩耗防止剤の影響

    大野英明, 松本將

    精密工学会誌   79 ( 2 ) 159 - 164  2013年

    DOI

  • 円筒歯車のかみあい効率予測とその向上

    森川邦彦, 西原隆太, 松本將

    日本機械学会論文集(C編)   78 ( 788 ) 1250 - 1259  2012年

    DOI

  • 小径転動体を有する転がり軸受の転動疲労寿命に及ぼす転動体サイズと潤滑状態の影響(第2報)-流体潤滑状態での転動疲労寿命-

    安江悠好, 松本將, 吉田悠二

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   57 ( 7 ) 487 - 495  2012年

  • 混合流体潤滑条件下における初期なじみに及ぼすEHL潤滑膜厚さの影響

    安江悠好, 松本將, リムヤンケン

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   56 ( 5 ) 312 - 319  2011年

  • 転動体に玉を用いたリニア軸受の潤滑状態に及ぼすグリース基油粘度の影響

    大野英明, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   56 ( 6 ) 371 - 377  2011年

  • 小径転動体を有する転がり軸受の転動疲労寿命に及ぼす転動体サイズと潤滑状態の影響(第1報)-混合潤滑状態での転動疲労寿命-

    安江悠好, 松本將, 松下貴之

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   56 ( 7 ) 441 - 447  2011年

  • 混合潤滑状態にある転がり-すべり接触面の摩擦係数推定式

    松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   56 ( 10 ) 632 - 638  2011年

  • INVESTIGATION OF EFFECTS OF ADDITIVE FOR ATF AND TEST CONDITION ON PITTING LIFE OF GEAR THOOTH IN THE FZG PITTING TEST

    Toshihiko ICHIHASHI, Yutaka TAKAKURA, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the ASME/STLE 2011 International Joint Tribology Conference   IJTC2011 ( 61166 ) 1 - 3  2011年

  • Effect of EHL Oil Film Thickness Distribution on the Point Contact between Roller and Ball under of EHL Oil Film Thickness Distribution on the Point Contact between Roller and Ball under Mixed Lubricationg Condition

    T.Hou, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   G2-02   1  2011年

  • Effect of Base Oil Viscosity of Grease on Lubricatiing Condition of Ball Type Linear Motion Rolling of Base Oil Viscosity of Grease on Lubricatiing Condition of Ball Type Linear Motion Rolling Bearing

    H.Ohno, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   E2-06   1  2011年

  • Influence of Contact Surface Size and Lubricating Condition on Rolling Fatigue Life of Rolling Contact of Contact Surface Size and Lubricating Condition on Rolling Fatigue Life of Rolling Contact Surface

    Y.Yasue, S.Matsumoto, T.Matsushita, Y.Yoshida

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   A3-06   1  2011年

  • New Method for Evaluation of Elastic and Plastic Deformation of Surface Roughness under Ball on Method for Evaluation of Elastic and Plastic Deformation of Surface Roughness under Ball on Plate Contact Condition

    J.He, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   B4-09   1  2011年

  • INVESTIGATION OF EFFECTS OF ADDITIVE FOR ATF AND TEST CONDITION ON PITTING LIFE OF GEAR THOOTH IN THE FZG PITTING TEST

    Toshihiko ICHIHASHI, Yutaka TAKAKURA, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the ASME/STLE 2011 International Joint Tribology Conference   IJTC2011 ( 61166 ) 1 - 3  2011年

  • Effect of EHL Oil Film Thickness Distribution on the Point Contact between Roller and Ball under of EHL Oil Film Thickness Distribution on the Point Contact between Roller and Ball under Mixed Lubricationg Condition

    T.Hou, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   G2-02   1  2011年

  • Effect of Base Oil Viscosity of Grease on Lubricatiing Condition of Ball Type Linear Motion Rolling of Base Oil Viscosity of Grease on Lubricatiing Condition of Ball Type Linear Motion Rolling Bearing

    H.Ohno, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   E2-06   1  2011年

  • Influence of Contact Surface Size and Lubricating Condition on Rolling Fatigue Life of Rolling Contact of Contact Surface Size and Lubricating Condition on Rolling Fatigue Life of Rolling Contact Surface

    Y.Yasue, S.Matsumoto, T.Matsushita, Y.Yoshida

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   A3-06   1  2011年

  • New Method for Evaluation of Elastic and Plastic Deformation of Surface Roughness under Ball on Method for Evaluation of Elastic and Plastic Deformation of Surface Roughness under Ball on Plate Contact Condition

    J.He, S.Matsumoto

    Proc.International Tribology Conference、Hiroshima2011   B4-09   1  2011年

  • THE EFFECTS OF LUBRICATING OIL ADDITIVES ON THE ROLLING CONTACT FATIGUE STRENGTH OF A ROLLING BEARING FOR AN AUTOMATIC TRANSMISSION

    Toshihiko ICHIHASHI, Hiroshi FUJITA, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the International Brazilian Conference on Triboplogy     571 - 583  2010年

  • スラストニードルベアリングのピッチング寿命に及ぼす潤滑油添加剤の影響

    市橋俊彦, 横溝真人, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   55 ( 2 ) 128 - 135  2010年

  • シリコン粒子分散アルミニウム焼結体の潤滑特性に及ぼす配合量と粒度の影響

    水流健一, 松本將

    材料(日本材料学会誌)   59 ( 11 ) 869 - 874  2010年

    DOI CiNii

  • シリコン粒子分散アルミニウム焼結体の含油率と潤滑特性に及ぼす成形圧力と焼結温度の影響

    水流健一, 松本將

    材料(日本材料学会誌)   59 ( 11 ) 875 - 880  2010年

    DOI CiNii

  • THE EFFECTS OF LUBRICATING OIL ADDITIVES ON THE ROLLING CONTACT FATIGUE STRENGTH OF A ROLLING BEARING FOR AN AUTOMATIC TRANSMISSION

    Toshihiko ICHIHASHI, Hiroshi FUJITA, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the International Brazilian Conference on Triboplogy     571 - 583  2010年

  • Work Hardening and Change in Contact of Rolling Contact Surface with Plastic Deformation

    Takeshi Yoshimi, Susumu Matsumoto, Yasuyoshi Tozaki, Takafumi Yoshida, Hiroyuki Sonobe, Takashi Nishide

    Tribology Online   4 ( 1 ) 1 - 5  2009年

    DOI CiNii

  • FZG歯車試験でのピッチング寿命に及ぼす自動変速機用潤滑油添加剤と試験条件の影響

    市橋俊彦, 高倉豊, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   54 ( 4 ) 293 - 299  2009年

  • Development of New Low-Cost CVT Micro-Traction-Drive System Utilizing Tapered Bearing

    Yasuyoshi TOZAKI, Takeshi YOSHIMI, Shunichi ISAYAMA, Hiroyuki SONOBE, Isamu SHIOTSU, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203   687 - 694  2009年

  • Investigation of Fatigue Life of Lubricating Oil Additives Using Radial Needle Bearing Test

    Toshihiko ICHIHASHI, Masato YOKOMIZO, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203 ( GLE10 ) 519 - 523  2009年

  • Pitting at Contact End, Changing in Contact and Lubricating Condition due to Plastic Deformation

    Susumu MATSUMOTO, Yuko YASUE, Yusuke TSURUTA, Toshihiko YAMAGUCHI, Takeshi YOSHIMI

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203 ( GSD15 ) 386 - 391  2009年

  • ラジアルニードルベアリングのピッチング寿命に及ぼす潤滑油添加剤の影響

    市橋俊彦, 横溝真人, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   54 ( 6 ) 412 - 418  2009年

  • Design Method for Rolling Contact with Plastic Deformation

    Takeshi Yoshimi, Susumu Matsumoto, YUko Yasue, Yasuyoshi Tozaki

    Proceedings of World Tribology Congress 2009   p-314  2009年

  • 変動プロペラ荷重を受ける船尾管軸受の油膜解析に関する研究(コンテナ船による軸心軌跡計測結果と計算値)

    高橋 定, 松本 將, 立石 智裕, 大山 賢二, 黒岩 良太, 諸星 彰三

    日本機械学会論文集(C編)   75 ( 759 ) 3054 - 3061  2009年

    DOI

  • Work Hardening and Change in Contact of Rolling Contact Surface with Plastic Deformation

    Takeshi Yoshimi, Susumu Matsumoto, Yasuyoshi Tozaki, Takafumi Yoshida, Hiroyuki Sonobe, Takashi Nishide

    Tribology Online   4 ( 1 ) 1 - 5  2009年

    DOI CiNii

  • Development of New Low-Cost CVT Micro-Traction-Drive System Utilizing Tapered Bearing

    Yasuyoshi TOZAKI, Takeshi YOSHIMI, Shunichi ISAYAMA, Hiroyuki SONOBE, Isamu SHIOTSU, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203   687 - 694  2009年

  • Investigation of Fatigue Life of Lubricating Oil Additives Using Radial Needle Bearing Test

    Toshihiko ICHIHASHI, Masato YOKOMIZO, Susumu MATSUMOTO

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203 ( GLE10 ) 519 - 523  2009年

  • Pitting at Contact End, Changing in Contact and Lubricating Condition due to Plastic Deformation

    Susumu MATSUMOTO, Yuko YASUE, Yusuke TSURUTA, Toshihiko YAMAGUCHI, Takeshi YOSHIMI

    Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmission(MPT2009-Sendai)   No.09-203 ( GSD15 ) 386 - 391  2009年

  • Design Method for Rolling Contact with Plastic Deformation

    Takeshi Yoshimi, Susumu Matsumoto, YUko Yasue, Yasuyoshi Tozaki

    Proceedings of World Tribology Congress 2009   p-314  2009年

  • マルチレベル法によるだ円接触EHL解析の最小油膜厚さに関する研究

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本 將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   52 ( 2 ) 138 - 147  2007年

  • Rolling Contact Fatigue Durability at Edge of Rolling Contact Suraface

    Susumu MATSUMOTO, Jun KATO

    ICMDT2007(JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology)   C38   1 - 6  2007年

  • ゴシックアーク溝を有するボールねじの静的な荷重分布について

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本 將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   52 ( 11 ) 793 - 800  2007年

  • Rolling Contact Fatigue Durability at Edge of Rolling Contact Suraface

    Susumu MATSUMOTO, Jun KATO

    ICMDT2007(JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing,Machine Design and Tribology)   C38   1 - 6  2007年

  • Performance evaluation of innovative micro-traction-drive-utilized angular-contact bearing

    Y Tozaki, A Umeda, H Sonobe, S Matsumoto, T Yoshimi, Shiotsu, I

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   128 ( 2 ) 262 - 266  2006年04月

     概要を見る

    Traction drive makes oil film between two rollers, and power is transmitted by oil film shearing. It has the following characteristics. (1) Traction drive can be operated at low level of vibration and noise, so the), are more suitable at higher speed rotations than gear (2) Traction drive can change continuously the distance from the contact point of the rotating part to the axis of rotation; it is useful in continuously variable transmission (CVT). Generally-fixed-reduction-ratio-type traction drive is developed for the purpose of use by high-speed rotation taking advantage of the feature of characteristic (1). On the other hand, the authors have developed a micro drive system for transmission; a microtraction-drive based on the structure of an angular ball hearing is advantageous over geared speed reducers, for small scale equipment requiring high numbers of revolutions. A micro-traction-drive is easily manufactured by modifying angular bearings and tapered roller bearings for which preload inner race and outer race act as thrust force. The driving force is transmitted by the contact of the retainer with the rolling element in the rotating direction. The test of the experimental model of micro-traction-drive using an angular ball bearing of 10 nun inner diameter 30 mm outer diameter and 9 mm width was carried out. Power-absorbing-type test equipment was made and the input and output torque, number of revolutions, temperature, noise, and state of lubrication were measured. With the same test equipment, the micro-traction-drive was compared to the equivalent type planetary gear with outer diameter of 32 mm on the market. In comparison with commercially, available speed reducers, the planetary gear system, the new v developed micro-traction was found to bear superior performance in terms of allowable transmission torque, efficiency, noise, and other characteristics.

    DOI CiNii

  • Performance evaluation of innovative micro-traction-drive-utilized angular-contact bearing

    Y Tozaki, A Umeda, H Sonobe, S Matsumoto, T Yoshimi, Shiotsu, I

    JOURNAL OF TRIBOLOGY-TRANSACTIONS OF THE ASME   128 ( 2 ) 262 - 266  2006年04月

     概要を見る

    Traction drive makes oil film between two rollers, and power is transmitted by oil film shearing. It has the following characteristics. (1) Traction drive can be operated at low level of vibration and noise, so the), are more suitable at higher speed rotations than gear (2) Traction drive can change continuously the distance from the contact point of the rotating part to the axis of rotation; it is useful in continuously variable transmission (CVT). Generally-fixed-reduction-ratio-type traction drive is developed for the purpose of use by high-speed rotation taking advantage of the feature of characteristic (1). On the other hand, the authors have developed a micro drive system for transmission; a microtraction-drive based on the structure of an angular ball hearing is advantageous over geared speed reducers, for small scale equipment requiring high numbers of revolutions. A micro-traction-drive is easily manufactured by modifying angular bearings and tapered roller bearings for which preload inner race and outer race act as thrust force. The driving force is transmitted by the contact of the retainer with the rolling element in the rotating direction. The test of the experimental model of micro-traction-drive using an angular ball bearing of 10 nun inner diameter 30 mm outer diameter and 9 mm width was carried out. Power-absorbing-type test equipment was made and the input and output torque, number of revolutions, temperature, noise, and state of lubrication were measured. With the same test equipment, the micro-traction-drive was compared to the equivalent type planetary gear with outer diameter of 32 mm on the market. In comparison with commercially, available speed reducers, the planetary gear system, the new v developed micro-traction was found to bear superior performance in terms of allowable transmission torque, efficiency, noise, and other characteristics.

    DOI CiNii

  • アンギュラ玉軸受を活用した静粛型二重反転変速機構の研究

    松本將

    EMTAF 研究助成成果報告書(メカトロニクス技術高度化財団)   ( 16 ) 16 - 16  2006年

  • 転がり軸受転用型高速マイクロトラクションドライブの開発(第1報.マイクロトラクションドライブの試作と評価)

    塩津勇, 松本將, 東﨑康嘉, 吉見壮司, 梅田彰彦, 園部浩之

    日本機械学会論文集(C編)   72 ( 716 ) 1337 - 1344  2006年

    DOI CiNii

  • 動力伝達歯車装置の非線形シミュレーション手法の研究(第3報、油膜力を考慮した噛み合い対の振動モデル)

    正田功彦, 松本將, 古川豊秋, 東﨑康嘉, 阪口勝彦, 吉田孝文

    日本機械学会論文集(C編)   72 ( 717 ) 1446 - 1453  2006年

    DOI CiNii

  • Effect of Retainer Materials on Efficiency of Micro-Traction-Drive Utilizing Angular Contact Ball Bearings

    Isamu Shiotsu, Susumu Matsumoto, Hiroyuki Sonobe, Yasuyoshi Tozaki

    Tribology Online (Japanese Society of Tribologist)   1 ( 1 ) 25 - 28  2006年

    DOI CiNii

  • Study on the Change of Contact under the Heavy Load by Optical Interference Method

    Takeshi YOSHIMI, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Takafumi YOSHIDA, Hiroyuki SONOBE, Takafumi NISHIDE

    Proceedings of The Third ASIA International Conference on Tribology(ASIATRIB 2006 KANAZAWA,JAPAN)   2   539 - 540  2006年

  • Running Performance of Tandem Stage Type Traction Drive Modified from Angular-Contact Ball Bearings

    Isamu SHIOTSU, Hiroyuki SONOBE, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Takeshi YOSHIMI, Syunichi ISAYAMA

    Proceedings of The Third ASIA International Conference on Tribology(ASIATRIB 2006 KANAZAWA,JAPAN)   2   657 - 658  2006年

  • Development of Micro Traction Drive Modified from Tapered Roller Bearings

    Iamu SHIOTSU, Akihiko UMEDA, Yasuyoshi TOZAKI, Shuichi ISAYAMA, Susumu MATSUMOTO

    ASME,Proc.of IJTC2006   IJTC2006-12115   1 - 7  2006年

  • 円すいころ軸受転用型マイクロトラクションドライブの開発

    塩津勇, 松本將, 東﨑康嘉, 吉見壮司, 諌山秀一

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   51 ( 10 ) 736 - 743  2006年

  • アンギュラ玉軸受転用型2段減速トラクションドライブの負荷運転性能

    塩津勇, 松本將, 園部浩之

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   51 ( 11 ) 812 - 818  2006年

  • Effect of Retainer Materials on Efficiency of Micro-Traction-Drive Utilizing Angular Contact Ball Bearings

    Isamu Shiotsu, Susumu Matsumoto, Hiroyuki Sonobe, Yasuyoshi Tozaki

    Tribology Online (Japanese Society of Tribologist)   1 ( 1 ) 25 - 28  2006年

    DOI CiNii

  • Study on the Change of Contact under the Heavy Load by Optical Interference Method

    Takeshi YOSHIMI, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Takafumi YOSHIDA, Hiroyuki SONOBE, Takafumi NISHIDE

    Proceedings of The Third ASIA International Conference on Tribology(ASIATRIB 2006 KANAZAWA,JAPAN)   2   539 - 540  2006年

  • Running Performance of Tandem Stage Type Traction Drive Modified from Angular-Contact Ball Bearings

    Isamu SHIOTSU, Hiroyuki SONOBE, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Takeshi YOSHIMI, Syunichi ISAYAMA

    Proceedings of The Third ASIA International Conference on Tribology(ASIATRIB 2006 KANAZAWA,JAPAN)   2   657 - 658  2006年

  • Development of Micro Traction Drive Modified from Tapered Roller Bearings

    Iamu SHIOTSU, Akihiko UMEDA, Yasuyoshi TOZAKI, Shuichi ISAYAMA, Susumu MATSUMOTO

    ASME,Proc.of IJTC2006   IJTC2006-12115   1 - 7  2006年

  • 歯車の信頼度設計

    松本將

    日本機械学会 RC205歯車装置に関する実用革新のための調査研究分科会 研究報告書     1 - 50  2005年

  • 動力伝達歯車装置の非線形シミュレーション手法の研究(第2報、ギヤカップリングの剛性および振動減衰の非線形特性)

    正田功彦, 松本將, 古川豊秋, 東﨑康嘉, 梅田彰彦, 高橋定

    日本機械学会論文集(C編)   71 ( 704 ) 1153 - 1160  2005年

    DOI CiNii

  • Evaluation of Ultra High Speed Micro Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Akihiko UMEDA, Takeshi YOSHIMI, Isamu SHIOTSU, Hiroyuki SONOBE, Susumu MATSUMOTO

    ASME, World Tribology Congress Ⅲ, Proceedings WTCⅢ   WTC2005-63288   1 - 8  2005年

  • Evaluation of Ultra High Speed Micro Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Akihiko UMEDA, Takeshi YOSHIMI, Isamu SHIOTSU, Hiroyuki SONOBE, Susumu MATSUMOTO

    ASME, World Tribology Congress Ⅲ, Proceedings WTCⅢ   WTC2005-63288   1 - 8  2005年

  • 動力伝達歯車の非線形シミュレーションの研究(第1報、モード合成法の500kW級遊星歯車装置への適用)

    正田功彦, 松本將, 古川豊秋, 東﨑康嘉

    日本機械学会論文集(C編)   70 ( 697 ) 2715 - 2722  2004年

    DOI CiNii

  • Evaluation of New Model Micro Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Akihiko UMEDA, Susumu MATSUMOTO

    Proc.American Society of Mechanical Engineers   Trib 2004   1 - 8  2004年

  • Evaluation of New Model Micro Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Akihiko UMEDA, Susumu MATSUMOTO

    Proc.American Society of Mechanical Engineers   Trib 2004   1 - 8  2004年

  • トライボロジー戦略と実用技術教育

    松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   48 ( 8 ) 637 - 642  2003年

  • 技術開発段階のリスクマネジメント(1)

    松本將

    機械の研究、養賢堂   55 ( 7 ) 717 - 723  2003年

  • 技術開発段階のリスクマネジメント(2)

    松本將

    機械の研究、養賢堂   55 ( 8 ) 858 - 863  2003年

  • 交叉型トラクションドライブの伝達特性に関する基礎研究

    東﨑康嘉, 林慎之, 松本將, 吉田孝文, 矢野昭彦, 園部浩之

    日本機械学会論文集   69 ( 682 ) 1678 - 1683  2003年

    DOI CiNii

  • ボールネジの負荷分布とボールの運動に関する研究

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   48 ( 8 ) 659 - 666  2003年

  • 次世代歯車技術の動向

    松本將

    歯車装置の次世代設計・製造技術調査研究分科会 研究報告書/日本機械学会    2002年

  • トライボロジー戦略

    松本將

    日本機械学会2002年度年次大会講演資料集(Ⅷ)、基調講演K15   No.02-1   36 - 37  2002年

  • 機械要素のトライボロジー設計の勘どころ

    松本將

    西日本プラントエンジニアリングシンポジウム2002(北九州国際技術協力協会)   2002講演集   1 - 35  2002年

  • O/Wエマルションの弾性流体潤滑特性

    東﨑康嘉, 矢野昭彦, 松本將

    日本機械学会論文集   68 ( 668 ) 1279 - 1283  2002年

    DOI CiNii

  • 弾性流体潤滑下の油膜に及ぼすスピン運動の影響

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 林慎之, 松本將

    日本機械学会論文集   68 ( 676 ) 3727 - 3734  2002年

    DOI CiNii

  • The study on tribological characteristic of traction drives in non-steady condition (Optimal interferometric observations of transient oil film)

    Y. Tozaki, N. Hayashi, S. Matsumoto

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 223 - 229  2001年

     概要を見る

    The purpose of this study is to investigate the effect on oil film thickness and traction coefficient by the sudden change of loaded torque on traction drives. The experimental measurements of oil film thickness and traction force were performed using the optical interferometic observation method. And the comparison of experimental results with calculations of the two dimensional non-steady thermal elastohydrodynamic lubrication (TEHL) was performed. We obtained that oil film thickness and traction coefficient decrease though the rotating speed of roller and disc increase, and our discussion lead that the reason of the decrease is the effect of the increase of oil film temperature by shear. The consideration of frictional heating improved the accuracy of calculations about oil film thickness and traction coefficient.

    DOI CiNii

  • Temperature distribution in teech and blanks of ultra-high-speed gears (2nd report, calculation of temperature distribution in teeth and blanks)

    Yasuyoshi Tozaki, Susumu Matsumoto, Masatoshi Fukutomi

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 210 - 216  2001年

     概要を見る

    Currently in industries, high-speed turbo machineries such as compressors and steam or gas turbines are required to have increased power capacities. Due to this, a large gear size is required which leads to nonuniform temperature distribution. As the result of nonuniform temperature distribution, nonuniform thermal distortion occurs. Change in load distribution due to this thermal distortion is considered to be closely related to scoring and pitting failures. In order to ensure reliability of high-speed gear units, it is necessary to improve the following techniques. (1) The method of predicting the temperature rise of gears and thermal distortion. (2) Tooth correction against thermal distortion. In this paper, a three-dimensional model for calculating the temperature of teeth surfaces and blanks is presented. This model includes the effects of convective cooling by lubricating oil and the change in load distribution due to mechanical deformation. The calculated results of gear teeth temperature and bending stress are in reasonable agreement with the experimental results. It is confirmed that the analytical method is practical and useful.

    DOI CiNii

  • Temperature distribution in teeth and blanks of ultra high-speed gears (1st report, measurement of temperature distribution in teeth and blanks)

    Susumu Matsumoto, Yasuyoshi Tozaki, Masatoshi Fukutomi

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 203 - 209  2001年

     概要を見る

    The purpose of this study are to ensure reliability of the power transmission gears, and to predict operating condition of high speed gears especially with regard to temperature distribution in teeth and blanks. The experiments were carried out using power circulating gear testing machine (1 100 kW) under ultra high pitch line velocity (~150 m/s) and temperature distribution in teeth and blanks were measured. By the experiments, the following facts are known. By increasing line velocity, the temperature of teeth increase parabolically and the distribution of bending stress become nonuniform along face width.

    DOI CiNii

  • アンギュラ玉軸受の玉の三次元運動挙動計測(静止斜交座標配置のホール素子による計測)

    中島晃, 張晨陽, 馬渡俊文, 吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本將

    日本機械学会論文集   67 ( 659 ) 2337 - 2343  2001年

    DOI CiNii

  • Basic Study on Transmitted Characteristic of Cross Axle Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Noriyuki HAYASHI, Susumu MATSUMOTO

    Proc. JSME International Motion and Power Transmission,MPT2001     821 - 825  2001年

  • The study on tribological characteristic of traction drives in non-steady condition (Optimal interferometric observations of transient oil film)

    Y. Tozaki, N. Hayashi, S. Matsumoto

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 223 - 229  2001年

     概要を見る

    The purpose of this study is to investigate the effect on oil film thickness and traction coefficient by the sudden change of loaded torque on traction drives. The experimental measurements of oil film thickness and traction force were performed using the optical interferometic observation method. And the comparison of experimental results with calculations of the two dimensional non-steady thermal elastohydrodynamic lubrication (TEHL) was performed. We obtained that oil film thickness and traction coefficient decrease though the rotating speed of roller and disc increase, and our discussion lead that the reason of the decrease is the effect of the increase of oil film temperature by shear. The consideration of frictional heating improved the accuracy of calculations about oil film thickness and traction coefficient.

    DOI CiNii

  • Temperature distribution in teech and blanks of ultra-high-speed gears (2nd report, calculation of temperature distribution in teeth and blanks)

    Yasuyoshi Tozaki, Susumu Matsumoto, Masatoshi Fukutomi

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 210 - 216  2001年

     概要を見る

    Currently in industries, high-speed turbo machineries such as compressors and steam or gas turbines are required to have increased power capacities. Due to this, a large gear size is required which leads to nonuniform temperature distribution. As the result of nonuniform temperature distribution, nonuniform thermal distortion occurs. Change in load distribution due to this thermal distortion is considered to be closely related to scoring and pitting failures. In order to ensure reliability of high-speed gear units, it is necessary to improve the following techniques. (1) The method of predicting the temperature rise of gears and thermal distortion. (2) Tooth correction against thermal distortion. In this paper, a three-dimensional model for calculating the temperature of teeth surfaces and blanks is presented. This model includes the effects of convective cooling by lubricating oil and the change in load distribution due to mechanical deformation. The calculated results of gear teeth temperature and bending stress are in reasonable agreement with the experimental results. It is confirmed that the analytical method is practical and useful.

    DOI CiNii

  • Temperature distribution in teeth and blanks of ultra high-speed gears (1st report, measurement of temperature distribution in teeth and blanks)

    Susumu Matsumoto, Yasuyoshi Tozaki, Masatoshi Fukutomi

    JSME International Journal, Series C: Mechanical Systems, Machine Elements and Manufacturing   44 ( 1 ) 203 - 209  2001年

     概要を見る

    The purpose of this study are to ensure reliability of the power transmission gears, and to predict operating condition of high speed gears especially with regard to temperature distribution in teeth and blanks. The experiments were carried out using power circulating gear testing machine (1 100 kW) under ultra high pitch line velocity (~150 m/s) and temperature distribution in teeth and blanks were measured. By the experiments, the following facts are known. By increasing line velocity, the temperature of teeth increase parabolically and the distribution of bending stress become nonuniform along face width.

    DOI CiNii

  • Basic Study on Transmitted Characteristic of Cross Axle Traction Drive

    Yasuyoshi TOZAKI, Noriyuki HAYASHI, Susumu MATSUMOTO

    Proc. JSME International Motion and Power Transmission,MPT2001     821 - 825  2001年

  • 工作機械高速主軸用転がり軸受のスピン運動を考慮した潤滑状態の評価法

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本將, 重川英文

    三菱重工技報   37 ( 4 ) 206 - 209  2000年

  • シリンダライナ表面の潤滑油挙動評価試験

    前川和彦, 秋月幸男, 松本將, 本村収, 市丸和徳

    日本舶用機関学会誌   35 ( 4 ) 238 - 244  2000年

    DOI

  • 電気導通法によるピストンリングとシリンダライナの潤滑状態モニタリング

    前川和彦, 後藤敬造, 松本將, 本村収, 市丸和徳

    日本機械学会論文集   66 ( 646 ) 1996 - 2001  2000年

    DOI CiNii

  • 片当たりするニードル軸受のころがり疲れ強さ(第1報、ニードル軸受の転動体荷重分布解析手法)

    東﨑康嘉, 松本將, 野田高司, 平野隆久

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   45,9,697-702 ( 9 ) 697 - 702  2000年

  • 片当たりするニードル軸受のころがり疲れ強さ(第2報、ニードルエッジ面圧と損傷発生限界の関係)

    松本將, 東﨑康嘉, 野田高司, 平野隆久

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   45 ( 9 ) 703 - 708  2000年

  • 負荷トルク変動条件下でのトラクションドライブの性能評価(第3報、遊星トラクションドライブを用いた性能評価)

    林慎之, 東﨑康嘉, 松本將, 高橋文治

    日本機械学会論文集   66 ( 651 ) 703 - 708  2000年

    DOI

  • 潤滑油添加剤によるオリフィス絞り閉そく現象解明と防止技術

    矢野昭彦, 渡辺真太郎, 松本將, 大村隆, 佐木邦夫

    三菱重工技報   36 ( 3 ) 154 - 157  1999年

  • 高周速まがり歯かさ歯車の動荷重評価

    東﨑康嘉, 松本將, 小室隆義, 有浦泰常

    日本機械学会論文集   65 ( 629 ) 283 - 290  1999年

    DOI CiNii

  • 高周速で運転される歯車の温度分布(第1報、温度計測)

    松本將, 東﨑康嘉, 福冨正稔

    日本機械学会論文集   65 ( 629 ) 277 - 282  1999年

    DOI CiNii

  • 大容量まがり歯かさ歯車の動的挙動に関する研究(第2報、動的特性の理論検討)

    東﨑康嘉, 松本將, 小室隆義, 有浦泰常

    日本機械学会論文集   65 ( 630 ) 720 - 724  1999年

    DOI CiNii

  • 大容量まがり歯かさ歯車の動的挙動に関する研究(第1報、運転時の歯元曲げ応力及び温度測定結果)

    東﨑康嘉, 松本將, 小室隆義, 有浦泰常

    日本機械学会論文集   65 ( 630 ) 714 - 719  1999年

    DOI CiNii

  • 高周速で運転される歯車の温度分布(第2報、温度上昇予測解析手法)

    松本將, 東﨑康嘉, 福冨正稔

    日本機械学会論文集   65 ( 630 ) 708 - 713  1999年

    DOI CiNii

  • 負荷トルク変動条件下でのトラクションドライブの性能評価(第1報、負荷トルク変動時の油膜形成状態の観察)

    東﨑康嘉, 林慎之, 松本將

    日本機械学会論文集   65 ( 632 ) 1684 - 1689  1999年

    DOI CiNii

  • 混合油のトラクション特性の研究

    矢野昭彦, 東﨑康嘉, 林慎之, 渡辺真太郎, 松本將

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   44 ( 7 ) 536 - 543  1999年

  • 金属材料の高温摩擦においてタングステン酸塩が示す潤滑効果

    鍵本良実, 松井昭彦, 林慎之, 松本將

    日本機械学会論文集   65 ( 637 ) 3792 - 3797  1999年

    DOI CiNii

  • 負荷トルク変動条件下でのトラクションドライブの性能評価(第2報、負荷トルク変動時のローラ損傷評価)

    林慎之, 東﨑康嘉, 松本將, 吉田孝文

    日本機械学会論文集   65 ( 639 ) 4490 - 4495  1999年

    DOI CiNii

  • 風力タービン増速機用トラクションドライブの挙動

    東﨑康嘉, 山本和裕, 林慎之, 松本將, 岩永洋一

    三菱重工技報   35 ( 3 ) 162 - 165  1998年

  • 工作機械主軸用高速ころがり軸受の温度解析手法

    吉田孝文, 東﨑康嘉, 松本將, 重川英文, 浜中憲二

    三菱重工技報   35 ( 5 ) 358 - 361  1998年

  • カルシウム系清浄剤によるオリフィス絞り閉そくのプロセス解明

    矢野昭彦, 渡辺真太郎, 松本將, 大村隆, 佐木邦夫

    トライボロジスト(日本トライボロジー学会誌)   43 ( 6 ) 500 - 507  1998年

  • Non-Steady State Effects on Oil Film Thickness and Traction Forces

    Yasuyoshi TOZAKI, Noriyuki HAYASHI, Susumu MATSUMOTO

    Elasthydrodynamics’96、 1997 Elsevier Science B.V.   611-616   611 - 616  1997年

  • Non-Steady State Effects on Oil Film Thickness and Traction Forces

    Yasuyoshi TOZAKI, Noriyuki HAYASHI, Susumu MATSUMOTO

    Elasthydrodynamics’96、 1997 Elsevier Science B.V.   611-616   611 - 616  1997年

  • ヘリコプタ用トランスミッションのドライラン性能

    林哲史, 山本博久, 松本將, 東﨑康嘉

    三菱重工技報   33 ( 3 ) 174 - 177  1996年

  • Lubrication Starvation Research Test of Helicopter Transmission

    Tetsushi HAYASHI, Susumu MATSUMOTO, Hirohisa YAMAMOTO, Yasuyoshi TOZAKI

    Proc. ASME Power Transmission and Gearing Conference     97 - 104  1996年

  • Load Distribution Analysis Method for Cylindrical Worm Gear Teeth

    Katsuzo SUDOH, Yasuyuki TANAKA, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI

    JSME Internarional Journal(Ser.C)   39 ( 3 ) 606 - 623  1996年

    DOI

  • Lubrication Starvation Research Test of Helicopter Transmission

    Tetsushi HAYASHI, Susumu MATSUMOTO, Hirohisa YAMAMOTO, Yasuyoshi TOZAKI

    Proc. ASME Power Transmission and Gearing Conference     97 - 104  1996年

  • Load Distribution Analysis Method for Cylindrical Worm Gear Teeth

    Katsuzo SUDOH, Yasuyuki TANAKA, Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI

    JSME Internarional Journal(Ser.C)   39 ( 3 ) 606 - 623  1996年

    DOI

  • 表面微細溝による境界潤滑性能の向上

    東﨑康嘉, 光武章二, 松本將, 渡辺真太郎

    塑性と加工   36,411,313-320 ( 411 ) 313 - 320  1995年

  • 二重反転プロペラ用船尾すべり軸受の研究(第2報、内軸給油静圧軸受の性能)

    佐木邦夫, 朝鍋定生, 福冨正稔, 牧野武朗, 江田政利, 松本將

    日本機械学会論文集   61 ( 590 ) 4041 - 4048  1995年

    DOI CiNii

  • 円筒ウオームギアの歯面焼付き・摩耗の研究(歯面局所摺動条件と損傷発生限界の関係)

    須藤勝蔵, 松本將, 田中保幸, 東﨑康嘉

    日本機械学会論文集   60 ( 576 ) 2817 - 2822  1994年

    DOI CiNii

  • 円筒ウオームギアの歯面荷重分布解析法の研究(第1報、ホログラフィーによる歯のたわみ特性試験)

    須藤勝蔵, 田中保幸, 松本將, 東﨑康嘉

    日本機械学会論文集   59 ( 566 ) 3171 - 3177  1993年

    DOI CiNii

  • 円筒ウオームギアの歯面荷重分布解析法の研究(第2報、歯当り解析プログラムの作成)

    須藤勝蔵, 田中保幸, 松本將, 東﨑康嘉

    日本機械学会論文集   59 ( 566 ) 3178 - 3185  1993年

    DOI CiNii

  • Development of Slide Support for JT- 60U Vacuum Vessel

    Takashi TAKANABE, Hitoshi KAGUCHI, Susumu MATSUMOTO

    IEEE Proc.14th Symposium on Fusion Engineering     1 - 4  1991年

  • Temperature Distribution in Tooth and Blank of Ultra-High Speed Gears

    Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Masatoshi FUKUTOMI

    Proc. JSME International Motion and Power Transmission Conference、MPT’91   8C2   496 - 501  1991年

  • Development of Slide Support for JT- 60U Vacuum Vessel

    Takashi TAKANABE, Hitoshi KAGUCHI, Susumu MATSUMOTO

    IEEE Proc.14th Symposium on Fusion Engineering     1 - 4  1991年

  • Temperature Distribution in Tooth and Blank of Ultra-High Speed Gears

    Susumu MATSUMOTO, Yasuyoshi TOZAKI, Masatoshi FUKUTOMI

    Proc. JSME International Motion and Power Transmission Conference、MPT’91   8C2   496 - 501  1991年

  • エマルションの弾性流体潤滑(EHL)特性を考慮した冷間圧延潤滑メカニズム

    東﨑康嘉, 松本將, 森本和夫, 梶原哲雄, 中野恒夫

    三菱重工技報   29 ( 1 ) 18 - 23  1990年

  • The Effect of Surface Grooves on Interface Temperature and Scoring Limit under Boundary Lubrication

    Susumu MATSUMOTO, Katsuzo SUDOH, Yasuyoshi TOZAKI

    proc. JAST International Tribology Conference     475 - 480  1990年

  • The Effect of Surface Grooves on Interface Temperature and Scoring Limit under Boundary Lubrication

    Susumu MATSUMOTO, Katsuzo SUDOH, Yasuyoshi TOZAKI

    proc. JAST International Tribology Conference     475 - 480  1990年

  • 真空中における潤滑技術の開発(二硫化モリブデン固体潤滑膜の潤滑特性評価と高寿命化)

    松井昭彦, 鍵本良実, 松本將

    三菱重工技報   28 ( 6 ) 573 - 576  1989年

  • Viscosity and EHL Properties of O/W Emulsion for Cold Rolling Operation

    Yasuyoshi TOZAKI, Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE

    European Tribology Conference, Proc.5th International Congress on Tribology   4   388 - 393  1989年

  • Viscosity and EHL Properties of O/W Emulsion for Cold Rolling Operation

    Yasuyoshi TOZAKI, Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE

    European Tribology Conference, Proc.5th International Congress on Tribology   4   388 - 393  1989年

  • セラミックスのトライボロジー部品への適用

    朝鍋定生, 佐木邦夫, 松本將, 河野広, 石橋進

    三菱重工技報   24 ( 2 ) 132 - 137  1987年

  • 高周速歯車の動力損失評価手法

    松本將, 朝鍋定生, 須藤勝蔵, 高野一也, 山本道則

    三菱重工技報   24 ( 2 ) 120 - 124  1987年

  • Experimental Study on the Relation between Erosion Wear Rate and Particle Impact Velocity Measured by LDV

    Yoshimi KAGIMOTO, Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE

    Proc.7th Conference on Erosion by Liquid and Solid Impact   691-698   691 - 698  1987年

  • Experimental Study on the Relation between Erosion Wear Rate and Particle Impact Velocity Measured by LDV

    Yoshimi KAGIMOTO, Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE

    Proc.7th Conference on Erosion by Liquid and Solid Impact   691-698   691 - 698  1987年

  • 冷凍機用圧縮機摺動材料の潤滑特性

    朝鍋定生, 松本將, 渡辺真太郎, 太田優, 平野隆久

    三菱重工技報   23 ( 2 ) 45 - 49  1986年

  • 海洋構造物の防食と機器の潤滑に関する研究

    太田昭三, 朝鍋定生, 佐木邦夫, 松本將

    三菱重工技報   23 ( 4 ) 15 - 20  1986年

  • Evaluation Technique of Wear Properties of Imported Coals

    Fumiya NAKAJIMA, Sadao ASANABE, Susumu MATSUMOTO, Kazuyuki TSUCHIHASHI

    Mitsubishi Technical Review   23 ( 2 ) 81 - 83  1986年

  • Evaluation Technique of Wear Properties of Imported Coals

    Fumiya NAKAJIMA, Sadao ASANABE, Susumu MATSUMOTO, Kazuyuki TSUCHIHASHI

    Mitsubishi Technical Review   23 ( 2 ) 81 - 83  1986年

  • 石炭関連機器のための海外炭摩耗評価

    中島文也, 朝鍋定生, 佐木邦夫, 松本將, 土橋和幸

    三菱重工技報   22 ( 5 ) 148 - 150  1985年

  • Evaluation Method of Power Loss in High-Speed Gears

    Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE, Kazuya TAKANO, Yoshinori YAMAMOTO

    Proc. JSLE International Tribology Conference     1165 - 1170  1985年

  • Evaluation Method of Power Loss in High-Speed Gears

    Susumu MATSUMOTO, Sadao ASANABE, Kazuya TAKANO, Yoshinori YAMAMOTO

    Proc. JSLE International Tribology Conference     1165 - 1170  1985年

  • 新高硬度材の商船用タービン減速機への適用

    高田重熙, 勝呂幸男, 橋口武広, 大黒貴, 朝鍋定生, 松本將, 増山不二光

    三菱重工技報   21 ( 1 ) 19 - 21  1984年

  • 大型高負荷歯車の歯面耐久性向上の研究

    松本將

    九州大学   九州大学学位論文(工博乙451号)   1 - 225  1982年

  • 水門扉巻上機用歯車の高性能化の研究

    寺田溥, 佐々尾裕, 松本將, 力久勝志

    三菱重工技報   18 ( 4 ) 1 - 10  1981年

  • 水門とびら用ローラ・レールころがり接触面の面圧設計(第2報、φ940mm実物大ローラによる塑性変形量ところがり摩擦係数の確認)

    松本將, 力久勝志, 寺田溥, 渋谷八郎, 重永憲明, 佐々尾裕

    日本機械学会論文集   47 ( 417 ) 623 - 631  1981年

    DOI CiNii

  • 水門とびら用ローラ・レールころがり接触面の面圧設計

    松本將, 寺田溥, 渋谷八郎, 重永憲明, 佐々尾裕

    日本機械学会論文集   44 ( 385 ) 3241 - 3250  1978年

    DOI

  • 水門扉戸当り金物の面圧設計

    寺田溥, 渋谷八郎, 重永憲明, 佐々尾裕, 松本將

    三菱重工技報   14 ( 4 ) 55 - 61  1977年

  • On the Design of Surface Durability of Rolling Contact Surface

    Susumu MATSUMOTO

    ASME Design Engineering Technical Conference   77-DET-115   1 - 13  1977年

  • On the Design of Surface Durability of Rolling Contact Surface

    Susumu MATSUMOTO

    ASME Design Engineering Technical Conference   77-DET-115   1 - 13  1977年

  • 海水潤滑歯車の防食と摩擦特性

    松本將, 邑本広志

    三菱重工技報   13 ( 4 ) 58 - 66  1976年

  • ころがり疲労と接触面残留応力との関係

    松本將, 上原勝景

    日本機械学会論文集   42,354,625-634 ( 354 ) 625 - 634  1976年

    DOI

  • The Most Suitable Case Thickness of Casecarburized and Hardened Gears

    Hiroshi KOMICHI, Susumu MATSUMOTO, Toru KOBAYASHI

    Bulletin of MESJ   15,1,31-42 ( 1 ) 31 - 42  1976年

  • ころがり・すべり接触面の温度とスコーリングについて

    松本將, 中村寿夫, 竹田宏造

    潤滑(日本潤滑学会誌)   21 ( 9 ) 580 - 588  1976年

  • Relationship between Rolling Contact Fatigue and Residual Stress on Contact Surfaces

    Susumu MATSUMOTO, Katsuaki UEHARA

    Bulletin of JSME   19,136,1212-1221 ( 136 ) 1212 - 1221  1976年

  • The Most Suitable Case Thickness of Casecarburized and Hardened Gears

    Hiroshi KOMICHI, Susumu MATSUMOTO, Toru KOBAYASHI

    Bulletin of MESJ   15,1,31-42 ( 1 ) 31 - 42  1976年

  • Relationship between Rolling Contact Fatigue and Residual Stress on Contact Surfaces

    Susumu MATSUMOTO, Katsuaki UEHARA

    Bulletin of JSME   19,136,1212-1221 ( 136 ) 1212 - 1221  1976年

  • 海水潤滑歯車の研究(第2報、起動と防食に関する歯車試験)

    松本將, 邑本広志

    潤滑(日本潤滑学会誌)   20 ( 6 ) 456 - 462  1975年

  • 海水潤滑歯車の研究(第1報、ローラによる基礎試験)

    松本將

    潤滑(日本潤滑学会誌)   20,6,448-455 ( 6 ) 448 - 455  1975年

  • 浸炭焼入れ歯車の最適硬化層厚さについて

    小路博, 松本將, 小林徹

    日本舶用機関学会誌   10 ( 8 ) 672 - 680  1975年

    DOI CiNii

  • ころがり疲れに及ぼす銅めっき層厚さの影響

    松本將, 氏田一彦

    潤滑(日本潤滑学会誌)   20 ( 12 ) 852 - 858  1975年

  • 浸炭焼入れ材のころがり疲れに及ぼす接線力の影響

    松本將

    三菱重工技報   11 ( 5 ) 14 - 24  1974年

  • 表面硬化材のころがり疲れの研究(第1報、浸炭焼入れ鋼の損傷発生限界)

    松本將

    潤滑(日本潤滑学会誌)   19 ( 1 ) 27 - 35  1974年

  • 表面硬化材のころがり疲れの研究(第2報、接戦力とごく表面の残留応力の影響)

    松本將

    潤滑(日本潤滑学会誌)   19 ( 6 ) 448 - 458  1974年

  • 浸炭焼入れ材のころがり疲れ

    松本將

    三菱重工技報   10 ( 3 ) 1 - 10  1973年

  • Effects of Surface Roughness and Form Factor on Rolling Contact Fatigue

    Akira ISHIBASHI, Susumu MATSUMOTO

    Bulletin of JSME   15 ( 89 ) 1434 - 1447  1972年

  • Undulation of Caused by Rolling Contact

    Akira ISHIBASHI, Susumu MATSUMOTO

    Bulletin of JSME   15 ( 81 ) 387 - 400  1972年

  • Effects of Surface Roughness and Form Factor on Rolling Contact Fatigue

    Akira ISHIBASHI, Susumu MATSUMOTO

    Bulletin of JSME   15 ( 89 ) 1434 - 1447  1972年

  • Undulation of Caused by Rolling Contact

    Akira ISHIBASHI, Susumu MATSUMOTO

    Bulletin of JSME   15 ( 81 ) 387 - 400  1972年

  • 表面あらさとその形状係数がころがり疲れに及ぼす影響

    石橋彰, 松本將

    日本機械学会論文集   38,307,643-656 ( 307 ) 643 - 656  1971年

    DOI

  • 表面加工法の違いが鋳鉄のなじみところがり疲れ強さに及ぼす影響

    石橋彰, 松本將

    九大工学集報告   42,6,903-910 ( 6 ) 903 - 910  1970年

  • 転がり接触面に生ずる波うちについて

    石橋彰, 松本將

    日本機械学会論文集   37 ( 299 ) 1438 - 1448  1970年

    DOI

  • 以下 「査読なし論文」

     

▼全件表示

受賞

  • 精密工学会高城賞

    2014年  

  • 日本機械学会賞論文賞

    2014年  

  • 日本機械学会2013年度年次大会機素潤滑設計部門 優秀講演表彰

    2014年  

  • 2014国際歯車会議 最優秀論文賞

    2012年  

  • The Best Paper Award ( 2014 International Gear Conference)

    2012年  

  • 日本トライボロジー学会功績賞

    2011年  

  • 日本機械学会110周年記念功労者表彰

    2007年  

  • 日本機械学会MPT2007シンポジウム<伝動装置>優秀講演表彰

    2007年  

  • 日本機械学会賞論文賞

    2003年  

  • 日本機械学会フェロー

    2001年  

  • 日本機械学会機素潤滑設計部門功績賞

    2000年  

  • 日本機械学会賞技術賞

    1995年  

  • 日本舶用機関学会土光賞

    1994年  

  • 日本造船学会賞

    1991年  

  • 科学技術庁長官注目発明選定表彰

    1990年  

  • 日本海事協会会長賞

    1977年  

  • 日本船舶振興会会長賞

    1977年  

  • 日本造船学会賞

    1977年  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 機械要素の極限トライボロジー技術

    受託研究

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • 機械要素の極限トライボロジー技術

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • 極限トライボロジー要素

  • 動力伝達システム高性能化

  • -

特定課題研究

  • 塑性変形進行を考慮した転がり接触面端部のトライボロジー特性評価手法

    2005年  

     概要を見る

    1.研究目的 歯車や転がり軸受の転がり接触面に於いて、材料の弾性限界を超えた接触圧力で使用する場合の設計手法を解明する。具体的には塑性変形量および弾性流体潤滑油膜厚さと初期接触圧力、繰返し数の関係を実験的に明らかにする。2.使用した試験機 光干渉式流体潤滑膜観察試験機を用いた。接触面に半透過膜(クロム)を蒸着した硬質ガラスと、直径6.35mmの鋼球(SUS)、黄銅球を純転がり、塑性域接触圧力条件で接触させ、ガラス背面から接触部の干渉縞を観察して、接触領域と油膜厚さを求めた。3.試験結果 下記のことが明らかとなった。 1)転動繰返しによる塑性変形の進行に伴う接触圧力低下の傾向は、初期接触圧力、材料に依らずほぼ一定の傾向となった。 2)塑性変形にともない潤滑油膜も厚くなる方向に改善されて行く。 3)塑性変形の進行は、初期の材料硬度を基準とした弾性接触限界圧力でほぼ0.4(接触圧力/材料ブリネル硬さ)に漸近する。 4)塑性変形の進行は、変形を考慮した接触圧力が材料の弾性接触限界になるまで継続する。すなわち、塑性変形が飽和する繰返し数は、初期接触圧力に依存する。4.考察 従来、数回で飽和(Shakedown)するといわれていた転動面の塑性変形進行は、形状が材料の弾性接触限界になるまで進行する。すなわち、塑性接触域での転動面の使用は、接触繰返しにともなう接触圧力低減線と、転動疲労発生限界線の交点が運転限界になる。5.今後の課題 転動面塑性変形は接触伴うせん断応力が最大になる転動体内部内部の加工硬化、材料硬度上昇を考慮する必要がある。運転繰返しによる加工硬化の状況を明らかにし、初期硬度基準による転動面塑性域接触面設計手法を取りまとめて行く。

  • 微小集中接触域を有する機械要素のトライボロシー設計手法の研究

    2004年  

     概要を見る

    1.微小接触域を有する転がり接触面の転動疲労寿命の解明 スラスト玉軸受式転動疲労試験機、4ローラ式転動疲労試験機を用い接触息サイズの影響を実験検討した。その結果、接触面が弾性流体潤滑油膜で分離されない状態(混合潤滑状態)では、点接触(スラスト玉試験)では、接触面の相対曲率半径が0.2mmまで、1.0mmまでは、それより大きな相対曲率半径の場合の転動疲労寿命と変わらないことがわかった。 この理由として、接触面が油膜分離されない場合は、表面起点き裂型の転動疲労になり、疲労寿命が材料の応力体積の大小に左右されないことを考察した。本研究により従来は相対曲率半径10mm止まりであった実証サイズ域が広がり、微小領域での転動疲労寿命設計の考え方が明らかになった。 今後は、内部起点き裂型である接触面油膜分離状態での転動疲労寿命検証を行い、微小接触域を有する転がり接触面設計法の確立を目指す。(成果発表:3件)2.転がり軸受活用型マイクロトラクションドライブの開発 アンギュラ玉軸受の保持器を遊星キャリアとした新方式のトラクションドライブを考案し、性能確認を行った。試作諸元は、外径30mm、内径10mm、玉径4.76mm、玉数9個、接触角15degで、キャリアを出力としたスター型遊星方式で、最大伝達トルク8Nmを達成し、同サイズの遊星歯車装置(並行実験確認4.5Nm)を上回る性能が確認できた。 なお本開発トラクションドライブは、(財)メカトロニクス技術高度化財団および三菱重工業(株)の共同研究として、小型飛翔ロボット用として、キャリア固定の二重反転変速装置への適用を進めるベース技術となった。(成果発表:2件)3.微小接触を有するトライボロジー要素の設計手法の改善研究 動力伝達歯車歯面ピッチング(転動疲労)寿命の確立設計手法、および3元アブレシブ摩耗対策としての微小溝効果に関する研究を実施した。(成果発表:2件)

  • 数理的理解に拘束されないマインズアイによる発想の工学的具現化システムの研究

    2004年  

     概要を見る

    1.技術開発段階におけるリスクマネジメントと意思決定手法の研究 最終的に人間の経験と勘によって意思決定する技術開発実行可否問題を、定量的に簡易評価するプログラムを作成した。汎用性を考慮し、Excel(エクセル)を用いたソフトをとりまとめた。試運用として中国における家庭用エアコンを対象にし、中国における300例のニーズアンケート調査とその分析、それを踏まえた試計算を行い、実用できることを確認した。(成果発表:1件)2.マインズアイからの発想の具現化検討 子供用3輪車サイズ(前後輪間隔60cm以内、2輪間隔50cm以内)で、大人が使える3輪車を松本研究室修士1年(6名)で発想し、従来にない3輪車を設計、制作した。発表は福岡県遠賀町の三輪車4時間耐久レースに参加することで行った。マスコミ(毎日新聞)が、早稲田大学のアクションとして採り上げ、準備段階とレース結果の2度にわたり、取組状況を記事にした。 アイデア発想は、6名修士学生のマインズアイからの発想を図面にし、相互情報交換を3回行い、試作アイデアに収束させた。その結果、当初全く予想していなかった形態が生まれ、この手順をシステムとして行くことも具現化の方策になることがわかった。(成果発表(取材):2件)3.松本零士のマインズアイの研究 松本零士の著作を精読し、科学技術的な発想のプロセスを分析した。その結果、発想の原点は、本人の経験と情報蓄積にあることがあり、個人の中に蓄積した膨大な情報を組み合わせてオリジナルな発想へ転換し、絵画として具現化している。特に本人の記憶力に依存するが、幼児から少年時代の蓄積が失われていない。これは、少年時代の体験やアイデアを繰り返すことにより、より強力な個人情報としてマインズアイの力になっていると分析された。経験情報を画像にしてゆくプロセスを今後の課題にしてゆく。なお、少年時代の各種興味と経験がより大きな発想を生み出す駆動力となることが判ったので、松本零士氏の勧めもあり、北九州に早稲田大学を拠点とする宇宙少年団を立上げ、分団長として少年の科学技術啓蒙活動を展開することになった。(成果発表(取材):1件)

  • トラクションドライブ式マイクロトランスミッション成立限界の研究

    2003年  

     概要を見る

     アンギュラ玉軸受のキャリアを出力軸とする新らしいトラクションドライブ構造の検討を行ない、従来多用されている遊星歯車方式を凌駕する性能実現の見通しを得た。 マイクロトランスミッションとして先行しているミニモータ社(スイス)の遊星歯車を購入し、設計試作したアンギュラ玉軸受型トラクションドライブと同条件で比較運転した。変速機外径は約30mmのほぼ同サイズとした。 運転試験の結果、遊星歯車と開発トラクションドライブのデータが次のようになり、マイクロ領域では開発トラクションドライブが圧倒的に優位な性能を発揮することが確認された。    性 能      : 限界トルク(Nm) 動力伝達効率(%) 騒音レベル([dB]re.20μPa) ミニモータ遊星歯車:   4.2       60        66   開発トラクション : 7.6       85        60 基本性能が確認されたので、今後は開発構造の改良と部品耐久性確認研究へ進む。 なお、本研究開発に対して(財)メカトロニクス技術高度化財団より2004年度の研究助成を受けることとなった。

 

委員歴

  • 2008年
    -
     

    日本機械学会 評議員 2008-

  • 2007年
    -
     

    日本機械学会 産官学連携センター研究協力事業委員会所属 RC230「歯車装置の使用範囲拡大のための設計・製造技術に関する調査研究分科会」 主査 2007 -

  • 2007年
    -
     

    メカトロニクス技術高度化財団 評議員 2007 -

  • 2005年
    -
    2006年

    日本機械学会 研究開発事業部RC218[歯車装置の使用限界向上とトラブル未然防止のための設計・製造技術調査研究分科会] 主査 2005 - 2006

  • 2005年
    -
    2006年

    日本トライボロジー学会 校閲委員会 委員長 2005 - 2006

  • 2005年
    -
    2006年

    カーエレクトロニクス拠点構想検討委員会 委員 2005 - 2006

  • 2005年
    -
     

    経済産業省 航空工場検査員 国家試験委員会 委員 2005 -

  • 2005年
    -
     

    日本宇宙少年団 北九州分団長 2005 -

  • 2005年
    -
     

    経済産業省 九州大学ものづくりスーパー中核人材育成推進委員会(歯車製造小委員会、トラブル処理、コミュニケーション小委員会) 委員 2005 -

  • 2005年
     
     

    日本機械学会 日本機械学会賞委員会 5グループ主査 2005 - 2005

  • 2004年
    -
    2005年

    日本機械学会  評議員

  • 2004年
    -
    2005年

    日本トライボロジー学会  理事

  • 2004年
    -
    2005年

    日本トライボロジー学会 理事 理事 2004 - 2005

  • 2004年
    -
    2005年

    日本機械学会 評議員 2004 - 2005

  • 2004年
    -
    2005年

    日本機械学会 論文集編集委員会 校閲委員 2004 - 2005

  • 2004年
    -
    2005年

    日本トライボロジー学会 校閲委員会 副委員長 副委員長 2004 - 2005

  • 2003年
    -
    2004年

    日本機械学会 研究開発事業部RC205「歯車装置に関する実用技術革新のための調査研究分科会」 運営委員 2003 - 2004

  • 2003年
    -
    2004年

    (独法)産業技術総合研究所 評価委員会 レビューボード委員 2003 - 2004

  • 2003年
    -
    2004年

    新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 技術委員 2003 - 2004

  • 2000年
    -
    2004年

    日本塑性加工学会  評議員

  • 1993年
    -
    2004年

    日本機械学会  機素潤滑設計部門運営委員

  • 2003年
     
     

    日本機械学会第3回機素潤滑設計部門講演会実行委員会 委員 2003 - 2003

  • 2002年
    -
    2003年

    日本機械学会  機素潤滑設計部門 部門長

  • 2002年
    -
    2003年

    日本機械学会 日本機械学会論文集の発行形態検討委員会 委員 2002 - 2003

  • 1997年
    -
    2002年

    日本トライボロジー学会  評議員

  • 1999年
    -
    2000年

    日本機械学会  評議員

  • 1995年
    -
    1996年

    日本トライボロジー学会  理事

▼全件表示