MACHIDA, Kazuhiko

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences

Job title

Professor Emeritus

Homepage URL

http://www.kitanet.ne.jp/~m67235

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1976

    The University of Tokyo  

  •  
    -
    1976

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Medical Sciences   Epidemiology  

  •  
    -
    1973

    The University of Tokyo  

  •  
    -
    1973

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Medical Sciences   Epidemiology  

  •  
    -
    1968

    Waseda University   School of Education  

display all >>

Degree 【 display / non-display

  • Yniversity of Tokyo   Doctor of Health Sciences

  • University of Tokyou   Master of Health Sciences

Research Experience 【 display / non-display

  • 1988
    -
    Now

    Waseda University   School of Human Sciences

  • 1988
    -
     

    - Waseda University ,Professor

  • 1987
    -
    1988

    ニューヨーク医科大学 客員教授

  • 1987
    -
    1988

    New York Medical College, Visiting Professor

  • 1980
    -
    1988

    大分医科大学医学部・大学院医学研究科博士課程 助教授

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本レーザースポーツ医学会

  •  
     
     

    体力・栄養免疫学会

  •  
     
     

    日本疫学会

  •  
     
     

    日本民族衛生学会

  •  
     
     

    日本産業ストレス学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Medical management and medical sociology

  • Hygiene and public health (non-laboratory)

  • Hygiene and public health (laboratory)

  • Hygiene and public health (non-laboratory)

  • Hygiene and public health (laboratory)

display all >>

Research Interests 【 display / non-display

  • 感染症

  • 公衆衛生学

  • 健康福祉医療政策

  • 予防医学

  • infectious deisease

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • すぐわかる、よくわかる! 任意後見 サポートキット

    文芸社  2012 ISBN: 9784286115061

  • 21世紀の予防医学・公衆衛生 第2版(大幅な改定)

    杏林書院  2012

  • 新簡明衛生公衆衛生

    南山堂  2010 ISBN: 9784525180560

  • 感染症ワールド 第3版

    早稲田大学  2010 ISBN: 9784657102140

  • 21世紀の予防医学・公衆衛生

    杏林書院  2008 ISBN: 9784764400641

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • Effects of psychological stress on neutrophil phagocytosis and bactericidal activity in humans - a meta-analysis

    Kazumasa Tsukamoto, Kazuhiko Machida

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY   91 ( 2 ) 67 - 72  2014.02

    Book review, literature introduction, etc.  

     View Summary

    Several authors have reviewed the effects of psychological stress on lymphocyte activity. However the effect of psychological stress on neutrophil functions has not been reviewed. The present meta-analysis summarizes evidence of the effects of psychological stress on neutrophil phagocytosis and bactericidal activity collated from a MEDLINE search of the English literature. We searched the database to identify the relevant studies through April 30, 2013. Eleven studies met our inclusion criteria and we divided them into those addressing transient acute stress (3 studies, n = 74), academic examinations (4 studies n = 101) and chronic stress/life events (4 studies, n = 193). We performed a meta-analysis of the data and calculated total standardized mean differences (SMD) to evaluate the effects of chronic stress. Transient acute stressors might both enhance and decrease these neutrophil functions. Academic examinations tended to elevate neutrophil functions. On the other hand, the total SMDs of neutrophil phagocytosis and bactericidal activity altered by chronic stress/life events were -0.589 (95% CI: -0.908 to -0.270, p < 0.05) and -0.547 (95% CI: -0.845 to -0.248, p < 0.05), respectively, indicating suppressive effects on these neutrophil functions. Further systematic review of more pooled studies is warranted to confirm that academic examinations might enhance, whereas chronic stress/life events might suppress these neutrophil functions. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Effects of psychological stress on neutrophil phagocytosis and bactericidal activity in humans - a meta-analysis

    Kazumasa Tsukamoto, Kazuhiko Machida

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY   91 ( 2 ) 67 - 72  2014.02

    Book review, literature introduction, etc.  

     View Summary

    Several authors have reviewed the effects of psychological stress on lymphocyte activity. However the effect of psychological stress on neutrophil functions has not been reviewed. The present meta-analysis summarizes evidence of the effects of psychological stress on neutrophil phagocytosis and bactericidal activity collated from a MEDLINE search of the English literature. We searched the database to identify the relevant studies through April 30, 2013. Eleven studies met our inclusion criteria and we divided them into those addressing transient acute stress (3 studies, n = 74), academic examinations (4 studies n = 101) and chronic stress/life events (4 studies, n = 193). We performed a meta-analysis of the data and calculated total standardized mean differences (SMD) to evaluate the effects of chronic stress. Transient acute stressors might both enhance and decrease these neutrophil functions. Academic examinations tended to elevate neutrophil functions. On the other hand, the total SMDs of neutrophil phagocytosis and bactericidal activity altered by chronic stress/life events were -0.589 (95% CI: -0.908 to -0.270, p < 0.05) and -0.547 (95% CI: -0.845 to -0.248, p < 0.05), respectively, indicating suppressive effects on these neutrophil functions. Further systematic review of more pooled studies is warranted to confirm that academic examinations might enhance, whereas chronic stress/life events might suppress these neutrophil functions. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

  • Flu Vacctination acceptance among children and awareness of mothers in Japan

    Yoko Tsuchiya, Naoki Shida, Kazuhiko Machida

    Procedia on Vaccinology   8   12 - 17  2014

  • Flu Vacctination acceptance among children and awareness of mothers in Japan

    Yoko Tsuchiya, Naoki Shida, Kazuhiko Machida

    Procedia on Vaccinology   8   12 - 17  2014

  • 老人福祉施設入所者におけるハンドトリートメントの心理生理学的効果

    小川奈美子, 黒田久美子, 小笠原聡, 三宅直之, 町田和彦

    日本衛生学雑誌   69   24 - 30  2014

    DOI

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 第1回体力・栄養・免疫学会賞

    2001  

Research Projects 【 display / non-display

  • 飲料水の健康に及ぼす影響に関する研究

    Project Year :

    1991
    -
    2002
     

  • Effect of drinking water on health

    Project Year :

    1991
    -
    2002
     

  • 健康福祉医療対策

    Project Year :

    1996
    -
     
     

  • 健康福祉医療政策

    Project Year :

    1996
    -
     
     

  • Health/welfare/medical Policy

    Project Year :

    1996
    -
     
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 高齢化社会の保健医療政策に及ぼす予防医学の役割-日本と中国の比較研究

    2004   太田冨貴雄, 吉村正

     View Summary

    2003年9月から予定していた本研究費による天津市での調査が2003年冬から夏まで流行した中国のSARS騒動により打ち合わせが十分出来なかったため半年遅れて、3003年12月より医療費の調査を、2004の3月に初回の医療行動調査の検診を行った。検診は天津医科大学看護学部の学生(5年制)の協力により日本での調査同様な方式により以下の項目が行われた。1.面接調査:ストレス度、ADL、モラールテスト、ライフイベント、食生活、酒、タバコ、既往歴、現在の健康状態、運動習慣、居住環境、生活習慣(家族構成等)、2.機能検査:血圧、体温、肺活量、握力、開眼片足立ち、棒反応時間、歩行能力。3.血清生化学検査16項目4.血液・好中球貪食能・活性酸素産生能(標本作りのみ、測定はこれから行う)。5.尿検査.この検診後から1年間万歩計(全員、週3回測定))と血圧計(7人に1台、週1回1日3回測定)を配布し、運動量と家庭内血圧測定による血圧の管理を実施した。この調査を踏まえ、9月と3月に同様な調査を行った。受診率は3月月が95%、9月が85%、20005年3月が70%と日本では考えられないほどの受診率を示した(日本では約20%)。血液の国外持ち出しは禁止されているため血液関係の検査は天津医科大学に頼んだ。膨大なデーターのため現在集計中であるが、一部については未来医療研究所主催の2004年度7月と2005年度3月のシンポジュームおよび2005年3月に新潟市で行われた第74回日本衛生学会で下記のようにいろいろな側面から発表を行い、現在論文にまとめている。中国は共産主義体制をとっているが、医療保険制度の面では完全給付制度は崩れ、毎回実費で支払いを行い、年1回の精算という厳しい保険制度を採っており、政策的によりせっきょぃてきな予防医学的制度の徹底と代替医療の積極的導入の必要性を感じた。検診の結果によると食生活(油の使用の多いためか)拡張期血圧が以上に高く、またHDLコレステロールが低い傾向が認められた。今後の免疫学的結果を見てさらに考察を考えて生きたいと思う。

  • 加齢に伴う非特異免疫能の変化に及ぼす各種ライフスタイルの影響

    2002  

     View Summary

    成人病予防の為には適度な運動、ストレスからの開放、さらに免疫を強化するための食生活や肥満の抑制が重要な鍵を握っている。これ等の要因が加齢に伴い生体防御機能にどのような影響を与えていくのかをラットを用いた研究で明らかにしょうとした。本研究を以下の3つに分け、いずれの研究もFischer系雄性ラットの5周齢(若齢群)、31周齢(壮年期群)、67周齢(高齢群)の3年齢群のラットを用い、各負荷を与えながら4ヶ月間飼育し、その後ラットをネンブタール麻酔下で解剖して各種生体防御機能(NBT法による好中球貪食・活性酸素産生能、肺胞マクロファージ活性酸素産生能、脾臓のNK細胞活性能とリンパ球幼若化能、臨床生化学検査)を調べた。1。加齢に伴う生体防御機能の変化とそれに及ぼす運動の影響:好中球非刺激試験では若齢群、壮年群に比べ高齢群は有意に高値を示 した。また高齢群の運動群は対照群に比べ有意に低値を示した。ブドウ球菌貪食試験では貪職能、活性酸素産生能ともに壮年群が他 の2群に比べ有意に高地を示したが、肺胞マクロファージの活性酸素産生能は若齢群で他の2群より有意に高値を示した。リンパ球幼 若化試験は壮年群がほかの2群より高値を示し、特にPWM刺激では運動群が有意に亢進した。年齢により各免疫反応は異なったが運動 の効果は認められた。  2。加齢に伴う生体防御機能の変化とそれに及ぼす心理的ストレスの影響:心理的ストレスによりどの年齢においても好中球の活性酸 素産生能が抑制されたが、年齢の増加に従い貪食能との相関が低下することから好中球機能とのバランスが衰えてくることが推測さ れた。幼若化では若齢群の亢進が認められたが、ストレスの影響は認められなかった。NK活性、肺胞マクロファージの活性酸素産生 能においては各郡での有意な差は認められなかった。3。加齢に伴う生体防御機能の変化とそれに及ぼす食事制限の影響:食餌制限は若齢群の幼若化能では機能亢進が認められたが、肺胞マクロファージの活性酸素産生能やNK細胞活性能では逆に若齢群では機能低下を示した。しかし、老齢群のNK活性のみは有意に機能亢 進を示した。

  • 高齢者のライフスタイルの向上が個人の健康および医療に及ぼす影響

    2000  

     View Summary

     予防より治療を重視した従来の健康保健制度や老人医療無料化制度のもとで、欧米では考えられないほど安易に医療機関を利用する習慣が形成された結果3分診療や病院の老人ホーム化が促進されたばかりでなく、近年の経済不振の中各種健康保健財政は莫大な赤字をかかへ、更なる医療費の個人負担の増加が検討されようとしている。しかも今後日本は今まで類を見ないほどの急速な高齢社会を迎えることが予想され、従来の医療に対する考えを抜本的に変えないと国民の負担はますます増すばかりになる。それを打開するためには国民一人一人が自分の健康に対する意識改革をし、予防医学的側面からより積極的な健康の維持と増進を図ることが要求される。われわれは平成10年度より埼玉県名栗村にて予防医学を中心に据えた健康増進運動を行ってきており、今年度で3年目を迎えた。今年度も昨年同様7月後半に質問紙(問診、既往歴、ライフスタイル、日常生活動作、QOL、モラールなど)、機能検査(各種運動能力テスト、血圧、肺機能、骨密度など)、健康診断(各種尿検査、臨床生化学検査、血液学検査など)、生態防御機能検査(好中球機能検査、NK活性、フローサイトメトリーによる各種リンパ球検査など)からなる検診を実施した。参加者は70名と少なかったが、以下のような結果を得た。各種ライフスタイルの中でストレスは特に大きな影響を与えQOL、生活満足度、ADL、健康状態などに大きな影響を与えていることが認められた。しかし、BMI、握力、各種臨床検査値とストレスとの関係は見出されなかった。また高齢者の自立度と健康関連指標との関係では自立度の高い人は握力や反射神経に優れ、栄養状態も良好な傾向がうかがわれた。フローサイトメトリーにより測定した各種免疫細胞(CD4,CD8,NK,NKTなど)と質問紙法との関係では男性のNKT細胞とストレスとの間で有意に高い相関が認められた以外は関係は見られなかった。

  • 高齢者のライフスタイルの向上が個人の健康および医療に及ぼす影響(予備調査)

    1998  

     View Summary

     成人病は生活慣習病ともいわれるほど日常生活と密接に結びついていることが明確となり、適切なライフスタイルによりその多くが予防可能と思われてきている。我々は予防医学的見地から、5年前より狭山市の老人クラブ会員と保健衛生センターの協力によりライフスタイルの改善による健康の維持増進と生きがいのある生活をめざし、健康診断と個人指導による健康増進運動を行ってきた。しかし対象者が老人クラブ会員であったためそれを一般の高齢者として普遍化するのは難しいばかりでなく、毎年7月に行う検診以外のデーターを使うことができなかった。そこで今年度より調査地を埼玉県名栗村に移し、全高齢者(約600人)を対象とし、質問紙による全数調査と昨年までと同様に応募者に対する検診をおこない、下記のような調査をおこなった。さらに、昨年はまだその時期ではないので実施をしなかったが、今後は住民検診データーやレセプトの調査も実施し、このような健康増進運動の実施と医療費との関係も含め、多くの視点から研究を行って行くつもりである。今年度は4月に全数調査を実施した後7月に4日間検診を実施した。 調査内容は身長、体重、体温、血圧、呼吸機能、体脂肪、運動能力(握力、肺活量、開眼片足立ち、歩行能力、柔軟性、敏捷性各テスト)、ライフスタイル(栄養、嗜好品、運動習慣、睡眠、趣味、家族構成、ストレス度、生活満足度、既往歴、現在の健康状況等の面接法による質問紙調査、尿検査、採血による15項目の臨床生化学検査・貧血検査及び生体防御機能検査(白血球分類、好中球による貧食・活性酸素産生能、ナチュラルキラー細胞活性)である。これらのすべてのデーターの集計を行い、各個人ごとにまとめ、2月に一人約5分から10分間の面接をし、ライフスタイルと健康・生きがいについての指導を行った。今後データーを集積し5年から10年間の追跡調査を行う予定である。

  • 健康教育を中心とした高齢者の健康増進運動とその効果の把握に関する研究

    1996  

     View Summary

     成人病は生活習慣病ともいわれる程日常生活と密接に結びついていることが明確となり、虚弱老人、寝たきり老人さらに痴呆性老人の多くは適切なライフスタイルによりその多くは予防が可能と思われてきている。我々はそのような予防医学的見地から、4年前より狭山市の老人クラブ会員と保健衛生センターの協力によりライフスタイルの改善による健康の維持増進と生きがいのある生活をめざした健康診断と個人指導による運動を行なってきた。 今年度は5年計画の4年目で以下のような方法により調査を行ない新しい知見をえた。本年度は男性59名、女性66名の参加により以下の項目について調査が行われた。調査内容:身長、体重、体温、血圧、運動能力(握力、肺活量、開眼片足立ち、)ライフスタイル(栄養、嗜好品、運動習慣、睡眠、住居環境、ストレス及びストレス耐性度、日常生活度等の面接法による質問紙調査、尿検査、採血による15項目の臨床生化学検査・貧血検査及び生態防御機能検査(好中球貧食・活性酸素<スーパーオキサイド>産生能、ナチュラルキラー<NK>細胞活性)を実施した。過去年間と同様な比較方法に加え、今年度は家族形態とストレスを含めたライフスタイルとの関係も調べた。その結果ストレス耐性度と活性酸素産生能、NK活性、悩みの解消手段の有無およびストレスと肥満との関係、コルチゾール産生能とNK活性との相関、適度な運動と非特異免疫、臨床検査値(脂質代謝と肝機能)、肥満抑制および生きがいと、また家族形態(独居、配偶者のみ同居、子供とのみ同居、配偶者と子供と同居等)と各種ライフスタイル(睡眠、運動習慣、ストレス耐性度等)との関係が認められた。今後このような結果相互の関係を多変量解析によって明らかにするとともに、これらの結果を生かした個人指導を行ない高齢者が健康で生きがいのある一生を送れるように支援したいと思う。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • ヨーロッパ、中国、日本の都市における高齢者施設の感染症対策と施設利用者の生きがいについて

    2009.03
    -
    2009.09

    ヨーロッパ他  

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 1994
    -
    2008

    日本疫学会  評議員

  • 1997
    -
    2005

    日本レーザースポーツ医学会  評議員

  • 2001
    -
     

    日本予防医学リスクマネージメント学会  理事

  • 1997
    -
     

    体力・栄養免疫学会  監事(1997-2009)、会長(2009-現在)

  • 1991
    -
     

    日本民族衛生学会  評議員

display all >>