南雲 道彦 (ナグモ ミチヒコ)

写真a

所属

理工学術院

職名

名誉教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1960年

    東京大学   数物科学研究科   物理学  

  •  
    -
    1960年

    東京大学   Graduate School, Division of Mathematical and Physical Science  

  •  
    -
    1955年

    東京大学   理学部   物理学  

  •  
    -
    1955年

    東京大学   Faculty of Science   Physics  

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1988年
    -
    2003年

    Professor, Waseda Univ.

  • 2000年
    -
     

    -02 Dir. Lab. Mater. Sci. Tech. Waseda Univ.

  • 1960年
    -
    1988年

    Nippon Steel Corp.

  • 1985年
    -
     

    -87 Dir. First Res. Labs.

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本鉄鋼協会

  •  
     
     

    日本金属学会

  •  
     
     

    The Iron and Steel Institute of Japan

  •  
     
     

    The Japan Institute of Metals

  •  
     
     

    The Japan Society for Technology of Plasticity

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 材料加工、組織制御

  • 構造材料、機能材料

  • 金属材料物性

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

  • Structural and Functional Materials

論文 【 表示 / 非表示

  • Critical Assessment 35: Assessment of the intrinsic susceptibility to hydrogen embrittlement for qualification of steels

    Michihiko Nagumo, Kenichi Takai

    Materials Science and Technology   36 ( 10 ) 1003 - 1011  2020年07月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • The predominant role of strain-induced vacancies in hydrogen embrittlement of steels: Overview

    Michihiko Nagumo, Kenichi Takai

    Acta Materialia   165   722 - 733  2019年02月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • 鋼の新しい耐水素脆化評価法と材料設計にむけて

    南雲道彦, 高井健一

    ふぇらむ   22   442 - 449  2017年  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Promoted generation of damage and premature fracture due to Hydrogen-enhanced creation of strain-induced vacancies

    M. Nagumo, K. Takai

    Materials Performance in Hydrogen Embrittlement,     36 - 44  2017年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • Hydrogen embrittlement of austenitic stainless steels revealed by deformation microstructures and strain-induced creation of vacancies

    M. Hatano, M. Fujinami, K. Arai, H. Fujii, M. Nagumo

    Acta Materialia   67   342 - 353  2014年  [査読有り]

    担当区分:最終著者

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Fundamentals of Hydrogen Embrittlement

    南雲 道彦( 担当: 単著,  担当範囲: Materials Science)

    Springer  2016年

  • Theories of Hydrogen Embrittlement in Steels

    南雲 道彦( 担当: 単著,  担当範囲: Encyclopedia of Iron, Steel, and Their Alloys)

    Taylor & Francis  2015年03月

  • ”水素脆性の力学的機構ー塑性不安定化ー”,水素脆化研究の基盤構築シンポジウム予稿集

    日本鉄鋼協会  2010年

  • 水素製造・吸蔵・貯蔵材料と安全化(4.1水素脆化の機構と対策)

    サイエンス&テクノロジー  2010年 ISBN: 9784864280044

  • ”水素脆性評価法とその意義”,水素脆化研究の基盤構築シンポジウム予稿集

    日本鉄鋼協会  2009年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Conformity between Mechanics and Microscopic Functions of Hydrogen in Failure

    Michihiko Nagumo

    ISIJ INTERNATIONAL   52 ( 2 ) 168 - 173  2012年

    書評論文,書評,文献紹介等  

     概要を見る

    Conformity between macro-mechanics and microscopic functions of hydrogen in failure is reviewed in reference to some models of hydrogen embrittlement (HE), focusing on the role of plasticity. Plastic strain localization, a characteristic feature of HE, is consistent with the hydrogen-enhanced creation of vacancies during plastic deformation. Constitutive relations that take into account the presence of voids describe well the ductile fracture process in HE. The effect of hydrogen on increasing the density of strain-induced vacancies likely promotes plastic instability and decreases ductile crack growth resistance, thus leading to enhanced shear localization and a premature failure.

  • 破壊のメカニズム

    南雲 道彦

    熱処理   50 ( 5 ) 450 - 457  2010年

  • 破壊現象としての水素脆性

    南雲道彦

    圧力技術   46 ( 4 ) 190 - 199  2010年

    DOI

  • オーステナイト系ステンレス鋼の水素脆性

    南雲道彦

    圧力技術   48 ( 3 ) 154 - 165  2010年

    DOI CiNii

  • 鉄鋼の水素脆性

    南雲 道彦

    ふぇらむ   14   222 - 227  2009年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本鉄鋼協会名誉会員

    2005年  

  • 日本塑性加工学会功労賞

    1999年  

  • 日本塑性加工学会功績賞

    1986年  

  • Wire Association International Honorable Mention Award

    1984年  

  • Wire Association International Allan Dove Award

    1983年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 構造材料の環境脆化における水素の機能に関する研究

    研究期間:

    1998年
    -
    2003年
     

     概要を見る

    高強度構造材料の水素脆化機構の解明と材料設計指針の確立

  • 鉄鋼の延性・脆性破壊遷移現象の機構

     概要を見る

    鉄鋼の延性・脆性破壊遷移を支配する材料因子の作用機構解明

  • メカニカルアロイングによる新材料の合成

  • Synthesis of new materials by mechanical alloying

  • Mechanism of hydrogen embrittlement of high strength materials

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Hydrogen Effects on Strain-Induced Defects Pertinent to Embrittlement

    International Hydrogen Energy Development Forum 2011  

    発表年月: 2011年

  • Hydrogen Effects on Strain-Induced Defects Pertinent to Embrittlement

    International Hydrogen Energy Development Forum 2011  

    発表年月: 2011年

  • Characterizing Fracture Process in Hydrogen-Related Failure of Steels

    International Hydrogen Energy Development Forum  

    発表年月: 2010年

  • Characterizing Fracture Process in Hydrogen-Related Failure of Steels

    International Hydrogen Energy Development Forum 2010  

    発表年月: 2010年

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1996年
    -
    1998年

    The Japan Institute of Metals  Editor in Chief(Mater. Trans., JIM)

  • 1991年
    -
    1992年

    日本金属学会  理事

  • 1989年
    -
    1990年

    日本鉄鋼協会  理事,評議員

  • 1989年
    -
     

    The Iron and Steel Institute of Japan  Chairman of Editorial Board