2023/01/29 更新

写真a

ナカジマ ヨシアキ
中島 義明
所属
人間科学学術院
職名
名誉教授

学位

  • 東京大学   文学博士

  • 東京大学   文学修士

所属学協会

  •  
     
     

    日本映像学会

  •  
     
     

    日本生理心理学会

  •  
     
     

    日本応用心理学会

  •  
     
     

    日本アニメ-ション学会

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本基礎心理学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 実験心理学

研究キーワード

  • 実験心理学

  • 認知心理学

  • Experimental Psychology

  • Cognitive Psychology

書籍等出版物

  • 新版 心理学の基礎知識

    有斐閣  2005年

  • 行動科学の手法とその栄養教育の誘導ー『食行動科学』試論ー

    第一出版 坂元元子(編)『栄養教育論』  2004年

  • 人間科学の可能性ー情報・環境・時間からウォッチングする

    放送大学教育振興会  2003年

  • Encyclopedia of Contemporary-Psychological Theories

    Asakura  2001年

  • Encyclopedia of Contemporary-Psychological Theories

    Asakura  2001年

  • 現代心理学[理論]事典(編著)

    朝倉書店  2001年

  • Encyclopedia of Contemporary-Psychological Theories

    Asakura  2001年

  • Encyclopedia of Contemporary-Psychological Theories

    Asakura  2001年

  • Special knowledge of psychology

    1999年

  • The Yuhikaku dictionary of psychology

    1999年

  • 心理学のことば[電子書籍・書斎の窓選集]

    有斐閣, 1999年 電子書籍コンソーシアム・プレ実験コンテンツ  1999年

  • 有斐閣心理学辞典(共編)

    有斐閣  1999年

  • Special knowledge of psychology

    1999年

  • The Yuhikaku dictionary of psychology

    1999年

  • Psychology of visual presentation -Approaches to effective multimedia application

    1996年

  • Changing Media and Education

    1996年

  • メディアにまなぶ心理学(編著)

    有斐閣  1996年

  • 人間行動学講座3 すまう -住行動の心理学 (共編著)

    朝倉書店  1996年

  • 人間行動学講座2 たべる -食行動の心理学 (共編著)

    朝倉書店  1996年

  • 人間行動学講座1 まとう -被服行動の心理学 (共編著)

    朝倉書店  1996年

  • 映像の心理学-マルチメディアの基礎ー

    サイエンス社  1996年

  • 変わるメディアと教育のありかた(共著)

    ミネルヴァ書房  1996年

  • Psychology of visual presentation -Approaches to effective multimedia application

    1996年

  • Changing Media and Education

    1996年

  • Psychology of information-processing-recognition and "standard"-

    1995年

  • 情報処理の心理学-認識と「基準」-

    有斐閣  1995年

  • Psychology of information-processing-recognition and "standard"-

    1995年

  • Study of human behavior.

    1994年

  • 人間行動学(共編著)

    放送大学教育振興会  1994年

  • Study of human behavior.

    1994年

  • Introduction to Experimental Psychology

    1993年

  • 実験心理学への招待(共著)

    サイエンス社  1993年

  • Introduction to Experimental Psychology

    1993年

  • Handbook of Sensation and Perception (new revised edition).

    1992年

  • Introduction to Human Sciences.

    1992年

  • Fundamentals of Experimental Psychology.

    1992年

  • Experimental Psychology Today.

    1992年

  • 新編 感覚・知覚心理学ハンドブック(共著)

    誠信書房  1992年

  • 人間科学への招待(共編著)

    有斐閣  1992年

  • 実験心理学の基礎

    誠信書房  1992年

  • いま実験心理学は

    誠信書房  1992年

  • Handbook of Sensation and Perception (new revised edition).

    1992年

  • Introduction to Human Sciences.

    1992年

  • Fundamentals of Experimental Psychology.

    1992年

  • Experimental Psychology Today.

    1992年

  • Characteristics of Frame of Reference in Motion Perception.

    1988年

  • 運動知覚-基準系とその機能的特性-

    北大路書房  1988年

  • Characteristics of Frame of Reference in Motion Perception.

    1988年

  • Psychology-How does human live, think, and come together?

    1982年

  • 心理学-人はどう生き、考え、集うのか-(共著)

    光生館  1982年

  • Psychology-How does human live, think, and come together?

    1982年

▼全件表示

Misc

  • 「状況」のタクソノミイ『コミュニケーション学がわかる』

    朝日新聞社 AERA Mook   ( 96 ) 124 - 127  2004年

  • Attentional blink with negative stimuli - Serial or parallel processing?

    The Japanese Journal of Psychonomic science   22(1)  2003年

  • Attentional blink with negative stimuli - Serial or parallel processing?

    The Japanese Journal of Psychonomic science   22(1)  2003年

  • Can the analysis of attentional blink phenomenon effectively bridge memory theory and resource theory?

    The Japanese Journal of Psychonomic science   20(2), 130-146  2002年

  • [書評]経験科学における研究方略ガイドブック

    理論心理学研究 江川ビン成(著)   4,13  2002年

  • 〝注意の瞬き〝現象は記憶理論や資源理論の〝連結子〝になり得るか?

    中島 義明

    基礎心理学研究   20(2), 130-146 ( 2 ) 130 - 146  2002年

     概要を見る

    Recently much focus is given to the attentional blink phenomenon (AB phenomenon) which is a proactive interference effect of Target1 on Target2 when dual-task with certain time lag is used under the situation of rapid serial visual presentation (RSVP). Various ideas have been proposed to explain this phenomenon, and they can be grouped roughly into five models (Jolicoeur, 1998). This paper examines the conceptual characteristics of these five models. The author conducted some analysis exploring the interface between the AB phenomenon and memory theory (short-term memory and working memory) as well as resource theory (multiple-resource theory) based on "central interference theory" which is believed to have the strongest explanatory power at the moment. The analysis suggested that the AB phenomenon can be an effective bridge between these theories.

    DOI CiNii

  • Can the analysis of attentional blink phenomenon effectively bridge memory theory and resource theory?

    The Japanese Journal of Psychonomic science   20(2), 130-146  2002年

  • シンポジウムの国際配信方法に関する検討 ー大阪大学創立70周年記念国際シンポジウムのブロード配信を例としてー

    日本教育工学会第17大会講演論文集     629 - 630  2001年

  • Tempo of background sound and performance speed(共著)

    Perceptual and Motor Skills   90/,1122  2000年

  • Tempo of background sound and performance speed(共著)

    Perceptual and Motor Skills   90/,1122  2000年

  • The use of lexical prosody for lexical access of the Japanese lnguage. (共著)

    Journal of Psycholinguistic Research   28/4,439-454  1999年

  • 有斐閣心理学辞典(共編)

    有斐閣 電子書籍・CD-ROM版    1999年

  • The use of lexical prosody for lexical access of the Japanese lnguage. (共著)

    Journal of Psycholinguistic Research   28/4,439-454  1999年

  • Electrophysiological evidence for the typicality effect of human cognitive categorization. (共著)

    International Journal of Psychophysiology   29/,65-75  1998年

    DOI

  • Discussion on factors affecting the expertise of pattern recognition

    Bulletin of the Faculty of Human Sciences   24/,195-212  1998年

  • パターン認知の熟達化の要因の検討(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   24/,195-212  1998年

  • Electrophysiological evidence for the typicality effect of human cognitive categorization. (共著)

    International Journal of Psychophysiology   29/,65-75  1998年

    DOI

  • Discussion on factors affecting the expertise of pattern recognition

    Bulletin of the Faculty of Human Sciences   24/,195-212  1998年

  • The garden-path phenomenon in comprehending structurally ambiguous sentences

    Japanese Psychological Review   40/2,169-187  1997年

  • Roles of hue contrast and luminance contrast in detection of colored lights

      23/,49-67  1997年

  • 構造曖昧文の理解におけるガーデンパス現象(共著)

    心理学評論   40/2,169-187  1997年

  • 色光検出における色相コントラストと輝度コントラストの役割(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   23/,49-67  1997年

  • The garden-path phenomenon in comprehending structurally ambiguous sentences

    Japanese Psychological Review   40/2,169-187  1997年

  • Roles of hue contrast and luminance contrast in detection of colored lights

      23/,49-67  1997年

  • Effects of strategy on P300 amplitudes in a multiple-choice reaction time task. (共著)

    Proceedings of the 11th international conference on event-related potentials   /,168-172  1996年

  • Effect of word typicality on N400. (共著)

    Proceedings of the 11th international conference on event-related potentials   /,201-205  1996年

  • Discussion on experimental studies on the mechanism generating subjective color phenomenon

    Bulletin of the Faculty of Human Sciences   22/,1-20  1996年

  • Experimental research on film impact-cognitive and emotional effect of film-viewing-

    The Research bulletin of the institute of Socio-Information and Communication Studies, The University of Tokyo   7/,97-166  1996年

  • Is information a servant of man ? or Is man a servant of information ? -Interaction of man and information-

      /,1-20  1996年

  • 主観色の発生機構に関する実験的心理的諸研究の検討(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   22/,1-20  1996年

  • 映像インパクトに関する実験的研究-映像視聴の及ぼす認知的・情意的効果

    東京大学社会情報研究所 調査研究紀要   7/,97-166  1996年

  • 情報は人間のしもべ? 人間は情報のしもべ? -人間と情報のかかわり-

    日常文脈における認知とその障害に関する総合的研究、平成6、7年度科学研究費補助金(総合A)研究成果報告書   /,1-20  1996年

  • Effects of strategy on P300 amplitudes in a multiple-choice reaction time task. (共著)

    Proceedings of the 11th international conference on event-related potentials   /,168-172  1996年

  • Effect of word typicality on N400. (共著)

    Proceedings of the 11th international conference on event-related potentials   /,201-205  1996年

  • Discussion on experimental studies on the mechanism generating subjective color phenomenon

    Bulletin of the Faculty of Human Sciences   22/,1-20  1996年

  • Experimental research on film impact-cognitive and emotional effect of film-viewing-

    The Research bulletin of the institute of Socio-Information and Communication Studies, The University of Tokyo   7/,97-166  1996年

  • Is information a servant of man ? or Is man a servant of information ? -Interaction of man and information-

      /,1-20  1996年

  • Visual media and visual literacy : from the study of G. Salomon.

      /,40-46  1995年

  • Visual behavior for visual scenes.

      /,283-300  1995年

  • The investigation of intelligent activity in information-processing theory.

      21/,137-155  1995年

  • 映像メディアと映像リテラシー-G.Salomonの研究から(共著)

    平成5・6年度文部省科学研究費補助金(一般研究B) (課題番号:05451049) 「才能教育に関する基礎的研究-才能教育に関する海外の文献の収集と国内における基礎的実態調査の実施」   /,40-46  1995年

  • 映像に対する視覚行動(共著)

    文部省科学研究費 重点領域研究 研究成果報告書 第2部 研究領域名「高度情報化に伴う社会システムと人間行動の変容に関する研究」(103)研究項目「高度情報化社会における人間行動の変化」   /,283-300  1995年

  • 情報処理過程からみた知的活動についての検討(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   21/,137-155  1995年

  • Visual media and visual literacy : from the study of G. Salomon.

      /,40-46  1995年

  • Visual behavior for visual scenes.

      /,283-300  1995年

  • The investigation of intelligent activity in information-processing theory.

      21/,137-155  1995年

  • What is "synthetic science"? : "human sciences" that is the community bound together by common fate of "social inoformation science", as a example.

      /,23-30  1994年

  • Visual materials and cognitive load.

      /,272-292  1994年

  • P300 and adaptaion level theory : Comparison of physical-and symbolic-stimulus discrimination.

       1994年

  • P300 and the internal level in a physical-stimulus discrimination task.

      /,55  1994年

  • Typicality effect on N400.

      /,54  1994年

  • P300 and adaptarion level theory.

      /,447  1994年

  • Typically in semantic category : An ERP study.

      /,652  1994年

  • About the ability of information-processing for dynamic stimuli.

      /,666  1994年

  • P300 and the internal model in a multiple-choice reaction time task.

    入戸野 宏, 投石 保広, 中島 義明

    生理心理学と精神生理学   12/,29-37 ( 1 ) 29 - 37  1994年

     概要を見る

    事象関連電位のP300成分は, 被験者が持つ環境についての内的モデルを更新する脳活動のあらわれであるといわれている.最近, Ullspergerらのグループが, P300の振幅変化を, Helsonの "順応水準説" の枠組みによって説明しようと試みている.本研究では, 記号的刺激の弁別課題を用いて, 彼らの仮説を検討した.5文字の連続するアルファベット (Q-U) を等確率でランダム順に呈示し, 被験者 (n=8) にそれぞれの文字に対して右手の対応した指で反応するように求めた.順応水準モデルはこのような課題には適用できないにもかかわらず, Ullspergerらの実験と同様に, P300振幅には "U字型" の変化が認められた.本実験で得られた結果を説明できるように彼らのモデルを拡張した.改訂モデルでは, 反応次元と関連した刺激評価プロセスで "基準点" が利用されており, P300振幅はその基準点と事象との隔たりを反映していると仮定した.

    DOI CiNii

  • Internal cognitive variables in problem-solving activity.

      20/,49-70  1994年

  • 『総合学とは何だろうか-「社会情報学」の運命共同体である「人間科学」を例に』

    『社会情報学』シンポジウム -組織・研究・教育の現状と課題- 東京大学社会情報研究所   /,23-30  1994年

  • 映像と認知負荷(共著)

    文部省科学研究費 重点領域研究「情報化社会と人間」(103)第2群「高度情報化社会における人間行動の変化」平成5年度合同成果報告書   /,272-292  1994年

  • P300と順応水準説:物理的刺激と文字刺激による多肢選択反応時間課題におけるP300振幅のU字型変化(共著)

    第13回事象関連電位(ERP)研究会    1994年

  • P300と内的モデル-円の大きさ弁別課題による検討(共著)

    第12回日本生理心理学会学術大会プログラム・予稿集   /,55  1994年

  • 意味カテゴリーの典型性とN400(共著)

    第12回日本生理心理学会学術大会プログラム・予稿集   /,54  1994年

  • P300と順応水準説(共著)

    日本心理学会第58回大会発表論文集   /,447  1994年

  • 意味カテゴリーの典型性に関するERPによる研究(共著)

    日本心理学会第58回大会発表論文集   /,652  1994年

  • 動的刺激に対する情報処理能力について(共著)

    日本心理学会第58回大会発表論文集   /,666  1994年

  • 多肢選択反応時間課題におけるP300と内的モデル(共著)

    生理心理学と精神生理学   12/,29-37  1994年

    DOI

  • 問題解決行動における内的認知変数(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   20/,49-70  1994年

  • What is "synthetic science"? : "human sciences" that is the community bound together by common fate of "social inoformation science", as a example.

      /,23-30  1994年

  • Visual materials and cognitive load.

      /,272-292  1994年

  • P300 and adaptaion level theory : Comparison of physical-and symbolic-stimulus discrimination.

       1994年

  • P300 and the internal level in a physical-stimulus discrimination task.

      /,55  1994年

  • Typicality effect on N400.

      /,54  1994年

  • P300 and adaptarion level theory.

      /,447  1994年

  • Typically in semantic category : An ERP study.

      /,652  1994年

  • About the ability of information-processing for dynamic stimuli.

      /,666  1994年

  • 多肢選択反応時間課題におけるP300と内的モデル

    入戸野 宏, 投石 保広, 中島 義明

    生理心理学と精神生理学   12/,29-37 ( 1 ) 29 - 37  1994年

     概要を見る

    事象関連電位のP300成分は, 被験者が持つ環境についての内的モデルを更新する脳活動のあらわれであるといわれている.最近, Ullspergerらのグループが, P300の振幅変化を, Helsonの "順応水準説" の枠組みによって説明しようと試みている.本研究では, 記号的刺激の弁別課題を用いて, 彼らの仮説を検討した.5文字の連続するアルファベット (Q-U) を等確率でランダム順に呈示し, 被験者 (n=8) にそれぞれの文字に対して右手の対応した指で反応するように求めた.順応水準モデルはこのような課題には適用できないにもかかわらず, Ullspergerらの実験と同様に, P300振幅には "U字型" の変化が認められた.本実験で得られた結果を説明できるように彼らのモデルを拡張した.改訂モデルでは, 反応次元と関連した刺激評価プロセスで "基準点" が利用されており, P300振幅はその基準点と事象との隔たりを反映していると仮定した.

    DOI CiNii

  • Internal cognitive variables in problem-solving activity.

      20/,49-70  1994年

  • Reconsidering of "human research and behavioral metrics"

       1993年

  • Visual behavior in viewing TV-programs.

      /,255-269  1993年

  • Visual behavior in viewing TV-programs.

      /,14-23  1993年

  • P300 and adatation level theory (1)

      21/,350  1993年

  • Kinesiological Psychology

      13/,6-7  1993年

  • P300 and adatation level theory (1)

      /,12  1993年

  • P300 and adaptation level theory : Study in an alphabetic letter descrimi-nation task

      /,63  1993年

  • The monitoring model of stroop effects (2).

      /,824  1993年

  • The study of the aesthetic preerence for double centric circles by using method of adjustment.

      /,782  1993年

  • Psychology of Visuals-Mathemagenic Effects of Visual Materials in Practical Situation-

    Bulletin of Faculty of Human Science Osaka Univ.   19,1-26  1993年

  • Abstraction of Prototypes in Classification Learning

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   12/1,45-50  1993年

  • Psychology of Date and Eating Behavior

    imago   4/10,181-187  1993年

  • Visual Materials and Information Literacy

    Image Arts and Sciences   84,26-30  1993年

  • 「人間研究と行動計量」再考(シンポジウム・討論者)

    日本行動計量学会第21回大会    1993年

  • 映像視聴時と視覚行動(共著)

    文部省科学研究費重点領域研究「情報化社会と人間」(103)第2群「高度情報化社会における人間行動の変化」平成4年度合同成果報告書   /,255-269  1993年

  • 映像視聴時の視覚行動

    平成4年度文部省科学研究費 重点領域研究「情報化社会と人間」(103)第2群・総括班共催シンポジウム 「高度情報化社会と教育」「情報化と日常性」記録集   /,14-23  1993年

  • P300と順応水準仮説(1) (共著)

    脳波と筋電図   21/,350  1993年

  • P300と順応水準仮説(1) (共著)

    第19回「性格・行動と脳波」研究会一般講演抄録集   /,12  1993年

  • P300と順応水準仮説-アルファベット課題による検討-(共著)

    関西心理学会第105回大会発表論文集   /,63  1993年

  • ストループ効果のモニタリングモデル(2)-エラー反応分析からの検討-(共著)

    日本心理学会第57回大会発表論文集   /,824  1993年

  • 調整法による二重円の美的好ましさの研究(共著)

    日本心理学会第57回大会発表論文集   /,782  1993年

  • 映像の心理学-実践場面における映像の効果-(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   19,1-26  1993年

  • カテゴリー学習における抽象概念(プロトタイプ)の利用(共著)

    基礎心理学研究   12/1,45-50  1993年

  • デートと食の心理学

    イマーゴ   4/10,181-187  1993年

  • 映像と情報リテラシー

    イメージアーツとサイエンス   84,26-30  1993年

  • Reconsidering of "human research and behavioral metrics"

       1993年

  • Visual behavior in viewing TV-programs.

      /,255-269  1993年

  • Visual behavior in viewing TV-programs.

      /,14-23  1993年

  • P300 and adatation level theory (1)

      21/,350  1993年

  • Kinesiological Psychology

      13/,6-7  1993年

  • P300 and adatation level theory (1)

      /,12  1993年

  • P300 and adaptation level theory : Study in an alphabetic letter descrimi-nation task

      /,63  1993年

  • The monitoring model of stroop effects (2).

      /,824  1993年

  • The study of the aesthetic preerence for double centric circles by using method of adjustment.

      /,782  1993年

  • Psychology of Visuals-Mathemagenic Effects of Visual Materials in Practical Situation-

    Bulletin of Faculty of Human Science Osaka Univ.   19,1-26  1993年

  • Abstraction of Prototypes in Classification Learning

    The Japanese Journal of Psychonomic Science   12/1,45-50  1993年

  • Psychology of Date and Eating Behavior

    imago   4/10,181-187  1993年

  • Visual Materials and Information Literacy

    Image Arts and Sciences   84,26-30  1993年

  • Experimental psychology and human ergonomics.

      /,16-32  1992年

  • Kinesiological Psychology(講演)

       1992年

  • Visuals and the literacy of information-processing.

       1992年

  • Present situation of experimental psychology.

       1992年

  • Experimental psychology and human ergonomics.

      /,12-16  1992年

  • The theory of relativity on cognition.

      /,33-38  1992年

  • Psychology of information-processing.

      /,28-57  1992年

  • The monitoring model of stroop-effects (1).

      /,779  1992年

  • The study of aesthetic preferences for the double centric regular polygons.

      /,707  1992年

  • Perceived distance of the thorwing pattern of a light spot (5).

      /,507  1992年

  • Does the beauty of double concentric circles depend on the golden ratio effect or the stimulus position effect? (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology. Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,129-130  1992年

  • Processing resources in moving picture cognition. (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology. Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,148  1992年

  • Effects of verbal information on scene memory of TV broadcast programs. (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology, Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,147  1992年

  • Structure an development of semantic network : the effects of contexts and ages on associaive words production.

      18/,137-160  1992年

  • Exploration of possibility of "moving picture".

    imago   3/12,234-241  1992年

  • An Introduction to Psychology of Visual Images.

    Iconics   46  1992年

  • 実験心理学と人間生活工学(基調講演)

    人間生活工学国際シンポジウム報告書 人間生活工学研究センター   /,16-32  1992年

  • 映像と情報処理リテラシー(講演)

    日本映像学会第1回映像心理学研究会    1992年

  • いま実験心理学は(特別講演)

    関西心理学会第104回大会    1992年

  • 実験心理学と人間生活工学

    人間生活工学国際シンポジウム,Proceedings   /,12-16  1992年

  • 認識のおける相対性原理

    第15回大阪大学BME研究会,講演記録集   /,33-38  1992年

  • 情報処理の心理学

    第3回デンタルシミュレーショントレーニングシステム研究会(DSTS),研究発表論文集   /,28-57  1992年

  • ストループ効果のモニタリングモデル(1)-出力次元決定プロセスからの検討-

    日本心理学会第56回大会発表論文集   /,779  1992年

  • 二重正多角形に対する美的好ましさの研究 (共著)

    日本心理学会第56回大会発表論文集   /,707  1992年

  • 光点スローイングパターンによる距離知覚(5) (共著)

    日本心理学会第56回大会発表論文集   /,507  1992年

  • 連想語算出に及ぼす文脈と年齢の効果からみた意味ネットワークの構造と発達(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   18/,137-160  1992年

  • 「映像心理学」の可能性を探る

      3/12,234-241  1992年

  • 映像心理学序説

    映像学   46  1992年

  • Experimental psychology and human ergonomics.

      /,16-32  1992年

  • Kinesiological Psychology(講演)

       1992年

  • Visuals and the literacy of information-processing.

       1992年

  • Present situation of experimental psychology.

       1992年

  • Experimental psychology and human ergonomics.

      /,12-16  1992年

  • The theory of relativity on cognition.

      /,33-38  1992年

  • Psychology of information-processing.

      /,28-57  1992年

  • The monitoring model of stroop-effects (1).

      /,779  1992年

  • The study of aesthetic preferences for the double centric regular polygons.

      /,707  1992年

  • Perceived distance of the thorwing pattern of a light spot (5).

      /,507  1992年

  • Does the beauty of double concentric circles depend on the golden ratio effect or the stimulus position effect? (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology. Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,129-130  1992年

  • Processing resources in moving picture cognition. (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology. Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,148  1992年

  • Effects of verbal information on scene memory of TV broadcast programs. (共著)

    Proceedings of the 22nd International Congress of Applied Psychology, Vol. 2 General Psychology and Environmental Psychology. Lawrence Erlbaum Associates.   /,147  1992年

  • Structure an development of semantic network : the effects of contexts and ages on associaive words production.

      18/,137-160  1992年

  • Exploration of possibility of "moving picture".

    imago   3/12,234-241  1992年

  • An Introduction to Psychology of Visual Images.

    Iconics   46  1992年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (4).

      /,105  1991年

  • The experimental paradigm from the view of perceptual psychology.

      S18/,  1991年

  • Double response to stroop stimuli. (共著)

    Perceptual and Motor Skills   73/,571-574  1991年

  • The pioneering studies and about the "Golden Section".

      17/,71-89  1991年

  • What is "Cognitive Psychology"?

      17/,1-26  1991年

  • 光点スローイングパターンによる距離知覚(4) (共著)

    日本心理学会第55回大会発表論文集   /,105  1991年

  • 知覚心理学からみた実験パラダイム:P300を中心に

    日本心理学会第55回大会発表論文集   S18/,  1991年

  • 「黄金分割」をめぐる先駆的研究(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   17/,71-89  1991年

  • 認知心理学とは何だろうか-伝統的心理学の中でゆらぐ自己内省-

    大阪大学人間科学部紀要   17/,1-26  1991年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (4).

      /,105  1991年

  • The experimental paradigm from the view of perceptual psychology.

      S18/,  1991年

  • Double response to stroop stimuli. (共著)

    Perceptual and Motor Skills   73/,571-574  1991年

  • The pioneering studies and about the "Golden Section".

      17/,71-89  1991年

  • What is "Cognitive Psychology"?

      17/,1-26  1991年

  • The beauty of double concetric circles depends on golden ratio effect or stimulus position effect? (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,37  1990年

  • Processing resources in moving picture cognition. (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,43  1990年

  • Effects of verbal information on scene memory from TV-broadcast programs. (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,42  1990年

  • The investigation of the effects of golden ratio on the beauty of double concentric circles.

      /,510  1990年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (3).

      /,505  1990年

  • Processing resources in moving picture cognition.

      16/,155-180  1990年

  • The effect of verbal information on the processing memory of moving-picture.

      16/,65-89  1990年

  • 二重円の美しさに及ぼす黄金比の効果の検討(共著)

    日本心理学会第54回大会発表論文集   /,510  1990年

  • 光点スローイングパターンによる距離知覚(3) (共著)

    日本心理学会第54回大会発表論文集   /,505  1990年

  • 動画像認知における処理資源について(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   16/,155-180  1990年

  • 動画像情報の処理と記憶に対する言語情報の効果(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   16/,65-89  1990年

  • The beauty of double concetric circles depends on golden ratio effect or stimulus position effect? (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,37  1990年

  • Processing resources in moving picture cognition. (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,43  1990年

  • Effects of verbal information on scene memory from TV-broadcast programs. (共著)

    Abstract of 22nd International Congress of Applied Psychology   /,42  1990年

  • The investigation of the effects of golden ratio on the beauty of double concentric circles.

      /,510  1990年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (3).

      /,505  1990年

  • Processing resources in moving picture cognition.

      16/,155-180  1990年

  • The effect of verbal information on the processing memory of moving-picture.

      16/,65-89  1990年

  • The report of visual impact for family-plan projects Thailand

       1989年

  • The effects of distractor difficulty on long-term recency effects.

      7/,35  1989年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (2)

      /,612  1989年

  • Effects of information conflict and complexity in visual figures on voluntary visual exploration using structural information.

    Perceptual and Motor Skills   69/,575-578  1989年

  • Effect of golden ratio on the beauty of double concentric circles. (共著)

    Perceptual and Motor Skills   69/,767-770  1989年

  • Decision making with probability forecasts of rainfall. (共著)

    Psychological Reports   64/,1051-1055  1989年

  • Developmental change in subjective probability during adolescence. (共著)

    Psychological Reports   64/,243-249  1989年

  • A developmental study of cognitive processes in decision making : Information as a function of task complexity. (共著)

    Psychological Reports   64/,67-79  1989年

  • The psychological approach to the "Golden Section".

      15/,189-206  1989年

  • The analytic-geometrical approach to the Pulfrich stereophenomenon.

      15/,41-60  1989年

  • Distractor Difficulty and the Long-term Recency Effect. (共著)

    American Journal of Psychology   102/4  1989年

  • Autokinetic Movement and Inverted Vision.

    Perceptual and Motor Skills   Jan-69  1989年

  • タイ国家族計画プロジェクト映像インパクト調査報告書

       1989年

  • 妨害課題の難易度が長期新近性効果に及ぼす影響(共著)

    基礎心理学研究   7/,35  1989年

  • 光点スローイングパターンによる距離知覚(2) (共著)

    日本心理学会第53回大会発表論文集   /,612  1989年

  • 「黄金分割」への実験心理学的接近(共著)

    大阪大学人間科学部紀要   15/,189-206  1989年

  • Pulfrich奥行現象への解析幾何学的接近

    大阪大学人間科学部紀要   15/,41-60  1989年

  • The report of visual impact for family-plan projects Thailand

       1989年

  • The effects of distractor difficulty on long-term recency effects.

      7/,35  1989年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (2)

      /,612  1989年

  • Effects of information conflict and complexity in visual figures on voluntary visual exploration using structural information.

    Perceptual and Motor Skills   69/,575-578  1989年

  • Effect of golden ratio on the beauty of double concentric circles. (共著)

    Perceptual and Motor Skills   69/,767-770  1989年

  • Decision making with probability forecasts of rainfall. (共著)

    Psychological Reports   64/,1051-1055  1989年

  • Developmental change in subjective probability during adolescence. (共著)

    Psychological Reports   64/,243-249  1989年

  • A developmental study of cognitive processes in decision making : Information as a function of task complexity. (共著)

    Psychological Reports   64/,67-79  1989年

  • The psychological approach to the "Golden Section".

      15/,189-206  1989年

  • The analytic-geometrical approach to the Pulfrich stereophenomenon.

      15/,41-60  1989年

  • Distractor Difficulty and the Long-term Recency Effect. (共著)

    American Journal of Psychology   102/4  1989年

  • Autokinetic Movement and Inverted Vision.

    Perceptual and Motor Skills   Jan-69  1989年

  • The effects of complexity and ambiguity of figures on spontaneous visual search.

      /,806  1988年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (1).

      /,575  1988年

  • Developmental changes of subjective probability.

      /,72  1988年

  • Effects of up-down visual inversion on motor skills.

    Perceptual and Motor Skills   67/,419-422  1988年

  • Eyeblinking during autokinetic movement observed by a subject living in the up-down inverted visual world.

    Perceptual and Motor Skills   66/,872-874  1988年

  • Induced movement and the frames of reference

      14/,1-24  1988年

  • Effects of Living in the Up-down Inverted Visual World on Apparent Movement.

    Perceptual and Motor Skills   Jan-67  1988年

  • 自発的な視覚的探索に及ぼす複雑性と曖昧性の効果-構造的情報理論を用いて- (共著)

    日本心理学会第52回大会発表論文集   /,806  1988年

  • 光点スローイングパターンによる距離知覚(1) (共著)

    日本心理学会第52回大会発表論文集   /,575  1988年

  • 主観的確率の発達的変化(共著)

    日本心理学会第52回大会発表論文集   /,72  1988年

  • 誘導運動と基準系

    大阪大学人間科学部紀要   14/,1-24  1988年

  • The effects of complexity and ambiguity of figures on spontaneous visual search.

      /,806  1988年

  • Perceived distance of the throwing pattern of a light spot (1).

      /,575  1988年

  • Developmental changes of subjective probability.

      /,72  1988年

  • Effects of up-down visual inversion on motor skills.

    Perceptual and Motor Skills   67/,419-422  1988年

  • Eyeblinking during autokinetic movement observed by a subject living in the up-down inverted visual world.

    Perceptual and Motor Skills   66/,872-874  1988年

  • Induced movement and the frames of reference

      14/,1-24  1988年

  • Effects of Living in the Up-down Inverted Visual World on Apparent Movement.

    Perceptual and Motor Skills   Jan-67  1988年

  • The information-processing of rainfall probability.

      6/,51-52  1987年

  • Intuitive pants of motion.

      /,201  1987年

  • Intuitive physics : cognition of trajectories of moving objects.

      13/,79-107  1987年

  • 降雨確率の情報処理

    基礎心理学研究   6/,51-52  1987年

  • 直観的運動軌道

    日本心理学会第51回大会発表論文集   /,201  1987年

  • 直観物理学-運動軌道の認知-

    大阪大学人間科学部紀要   13/,79-107  1987年

  • The information-processing of rainfall probability.

      6/,51-52  1987年

  • Intuitive pants of motion.

      /,201  1987年

  • Intuitive physics : cognition of trajectories of moving objects.

      13/,79-107  1987年

  • "The frames of reference" as variables of perception.

      12/,25-44  1986年

  • 知覚変数としての「基準系」

    大阪大学人間科学部紀要   12/,25-44  1986年

  • "The frames of reference" as variables of perception.

      12/,25-44  1986年

  • The direction of autokinetic motion when putting on upright inverting glasse

      4/,47  1985年

  • The autokinetic illusion and spontaneous eveblingking when putting on upright ineverting glasses.

      /,352  1985年

  • The visual experience of the subject with putting on upright inverting glasses.

      11/,39-52  1985年

  • 上下反転眼鏡着用事態における自動運動の運動方向

    基礎心理学研究   4/,47  1985年

  • 上下反転眼鏡着用事態における自動運動と自発性まばたき

    日本心理学会第49回大会発表論文集   /,352  1985年

  • 上下反転眼鏡着用被験者の視覚体験

    大阪大学人間科学部紀要   11/,39-52  1985年

  • The direction of autokinetic motion when putting on upright inverting glasse

      4/,47  1985年

  • The autokinetic illusion and spontaneous eveblingking when putting on upright ineverting glasses.

      /,352  1985年

  • The visual experience of the subject with putting on upright inverting glasses.

      11/,39-52  1985年

  • The effect of upright invertion on apparent motion.

      3/,63  1984年

  • The change of VEP when putting ou upright ineverting glasses.

      /,192  1984年

  • The perceptional change of uplight-inverting face figures when putting on upright ineverting glasses.

      /,191  1984年

  • 仮現運動に及ぼす上下反転眼鏡着用の効果

    基礎心理学研究   3/,63  1984年

  • 上下反転眼鏡着用事態におけるVEPの変化(共著)

    日本心理学会第48回大会発表論文集   /,192  1984年

  • 上下反転眼鏡着用事態における上下反転性顔図形の知覚変化(共著)

    日本心理学会第48回大会発表論文集   /,191  1984年

  • The effect of upright invertion on apparent motion.

      3/,63  1984年

  • The change of VEP when putting ou upright ineverting glasses.

      /,192  1984年

  • The perceptional change of uplight-inverting face figures when putting on upright ineverting glasses.

      /,191  1984年

  • The effect of upright invertion on autokinetic motion.

      2/,85  1983年

  • Perception of the form of rotating arcs (2).

      3/,1-16  1983年

  • 自動運動に及ぼす上下反転眼鏡着用の効果

    基礎心理学研究   2/,85  1983年

  • 回転孤の形状の知覚(II)

    金沢大学文学部論集 行動科学科篇   3/,1-16  1983年

  • The effect of upright invertion on autokinetic motion.

      2/,85  1983年

  • Perception of the form of rotating arcs (2).

      3/,1-16  1983年

  • Perceived length of moving figures : The effect of luminance relationship between figure and background upon reduction phenomenon.

      1/,45-50  1982年

  • Perception of the form of rotating arcs (1).

      2/,29-44  1982年

  • 回転孤の形状の知覚(I)

    金沢大学文学部論集 行動科学科篇   2/,29-44  1982年

  • Perceived length of moving figures : The effect of luminance relationship between figure and background upon reduction phenomenon.

      1/,45-50  1982年

  • Perception of the form of rotating arcs (1).

      2/,29-44  1982年

  • Perception of the form of moving objects.

      1/,45-94  1980年

  • 運動対象の形状の知覚-理論モデル設定の一試み-

    金沢大学文学部論集 行動科学科篇   1/,45-94  1980年

  • Perception of the form of moving objects.

      1/,45-94  1980年

  • The processes of development and decrement of short-term motion aftereffect.

      /,282-283  1977年

  • 短期運動残効の発達・減衰過程

    日本心理学会第41回大会発表論文集   /,282-283  1977年

  • The processes of development and decrement of short-term motion aftereffect.

      /,282-283  1977年

  • Viwe of fashion and inclination for fashion (II).

      5/,14-25  1974年

  • 流行観と流行志向性-服飾に関する若い女性の態度の数理解析II-(共著)

    マーケティング・リサーチ   5/,14-25  1974年

  • Viwe of fashion and inclination for fashion (II).

      5/,14-25  1974年

  • The transformation of the length of rotating arcs.

      /,762-763  1973年

  • Form acceptance of two moving figures.

      58/,107-118  1973年

  • Perceving the path of moving light spots.

      58/,71-106  1973年

  • 回転孤の長さの変容

    日本心理学会第37回大会発表論文集   /,762-763  1973年

  • 運動する2図形の形態変容

    東京大学教養学部人文科学科紀要   58/,107-118  1973年

  • 運動光点の描く軌道の知覚-理論モデル設定の-試み-

    東京大学教養学部人文科学科紀要   58/,71-106  1973年

  • The transformation of the length of rotating arcs.

      /,762-763  1973年

  • Form acceptance of two moving figures.

      58/,107-118  1973年

  • Perceving the path of moving light spots.

      58/,71-106  1973年

  • View of fashion and inclination for fashion (I).

      4/,28-49  1972年

  • 流行観と流行志向性-服飾に関する若い女性の態度の数理解析I-(共著)

    マーケティング・リサーチ   4/,28-49  1972年

  • View of fashion and inclination for fashion (I).

      4/,28-49  1972年

  • The relationship between section density and preferences of figures.

      /,243-244  1971年

  • 図形における分割密度と好ましさとの関係(I)

    日本心理学会第35回大会発表論文集   /,243-244  1971年

  • The relationship between section density and preferences of figures.

      /,243-244  1971年

  • Perception of moving figures 1, on the reduction phenomena. (共著)

    Japanese Psychological Research   12/,172-175  1970年

  • Perception of moving figures 1, on the reduction phenomena. (共著)

    Japanese Psychological Research   12/,172-175  1970年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 人間の認知活動に関する基礎的研究

  • 映像情報処理に関する基礎的研究

  • 人間の情報処理過程

  • Fundamental Study on Human Cognitive Processing

  • Fundamental Study on Visual Information Processing

  • Human Informatin Processing

▼全件表示

 

委員歴

  • 1989年
    -
     

    日本基礎心理学会  理事