竜田 邦明 (タツタ クニアキ)

写真a

所属

理工学術院

職名

名誉教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1968年

    慶應義塾大学   工学研究科   応用化学  

  •  
    -
    1968年

    慶應義塾大学  

  •  
    -
    1963年

    慶應義塾大学   工学部   応用化学  

  •  
    -
    1963年

    慶應義塾大学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学   博士(工学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年
    -
     

    - 大学院理工学研究科長

  • 2004年
    -
     

    - Dean of Graduate School of Science and Engineering

  • 2000年
    -
    2002年

    応用化学科 主任教授

  • 2000年
    -
    2002年

    Chairman of Department of Applied Chemistry

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    アメリカ化学会(American Chemical Society)

  •  
     
     

    日本抗生物質学術協議会

  •  
     
     

    有機合成化学協会

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    American Chemical Society

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学

  • 生理活性物質化学

  • 有機工業化学

  • Synthetic Organic Chemistry

  • Bioactive Substances Science

Misc 【 表示 / 非表示

  • The first total synthesis and structural determination of epi-cochlioquinone A

    Seijiro Hosokawa, Kaoru Matsushita, Shinpei Tokimatsu, Tatsuya Toriumi, Yasuaki Suzuki, Kuniaki Tatsuta

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 42 ) 5532 - 5536  2010年10月

     概要を見る

    The first total synthesis of epi-cochlioquinone A has been achieved in a highly convergent manner via [3+3] cycloaddition of catechol 2 and oxadecalin 3 as the key reaction. The synthesis of the catechol segment, possessing the side chain with multi stereogenic centers, features the asymmetric vinylogous Mukaiyama aldol reaction, the stereoselective conjugate addition to the nitroalkene, the stereospecific nitro-Dieckmann condensation, and the transformation of 6-nitrocyclohex-2-enone into catechol 2, using two new methodologies, such as (i) the hydrogen-transfer reaction to o-aminophenol and the subsequent auto-redox-catalysis to catechol and (ii) the direct oxidation of 6-nitrocyclohex-2-enone to o-quinone and the subsequent reduction. The oxadecalin segment was synthesized from a glycosyl cyanide by the [3+3] annulation with a ketone and an acetoacetate. These segments were connected by the [3+3] cyclization, and the resulting tetracyclic compound was subjected to a specific oxidation of the protected hydroquinone to provide epi-cochlioquinone A. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI CiNii

  • The first total synthesis of lactonamycin, a hexacyclic antitumor antibiotic

    Kuniaki Tatsuta, Hiroaki Tanaka, Hitomi Tsukagoshi, Takafumi Kashima, Seijiro Hosokawa

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 42 ) 5546 - 5549  2010年10月

     概要を見る

    The total synthesis of lactonamycin has been achieved. The synthesis includes sequential intramolecular conjugate addition of alcohols to the acetylenic ester, stereoselective glycosylation of the tertiary alcohol, and Michael-Dieckmann type cyclization with the thioester, by which the highly convergent route has been established. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI CiNii

  • The first total synthesis and structural determination of epi-cochlioquinone A

    Seijiro Hosokawa, Kaoru Matsushita, Shinpei Tokimatsu, Tatsuya Toriumi, Yasuaki Suzuki, Kuniaki Tatsuta

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 42 ) 5532 - 5536  2010年10月

     概要を見る

    The first total synthesis of epi-cochlioquinone A has been achieved in a highly convergent manner via [3+3] cycloaddition of catechol 2 and oxadecalin 3 as the key reaction. The synthesis of the catechol segment, possessing the side chain with multi stereogenic centers, features the asymmetric vinylogous Mukaiyama aldol reaction, the stereoselective conjugate addition to the nitroalkene, the stereospecific nitro-Dieckmann condensation, and the transformation of 6-nitrocyclohex-2-enone into catechol 2, using two new methodologies, such as (i) the hydrogen-transfer reaction to o-aminophenol and the subsequent auto-redox-catalysis to catechol and (ii) the direct oxidation of 6-nitrocyclohex-2-enone to o-quinone and the subsequent reduction. The oxadecalin segment was synthesized from a glycosyl cyanide by the [3+3] annulation with a ketone and an acetoacetate. These segments were connected by the [3+3] cyclization, and the resulting tetracyclic compound was subjected to a specific oxidation of the protected hydroquinone to provide epi-cochlioquinone A. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI CiNii

  • The first total synthesis of lactonamycin, a hexacyclic antitumor antibiotic

    Kuniaki Tatsuta, Hiroaki Tanaka, Hitomi Tsukagoshi, Takafumi Kashima, Seijiro Hosokawa

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 42 ) 5546 - 5549  2010年10月

     概要を見る

    The total synthesis of lactonamycin has been achieved. The synthesis includes sequential intramolecular conjugate addition of alcohols to the acetylenic ester, stereoselective glycosylation of the tertiary alcohol, and Michael-Dieckmann type cyclization with the thioester, by which the highly convergent route has been established. (C) 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI CiNii

  • 抗腫瘍性抗生物質lactonamycinの全合成

    第98回有機合成シンポジウム    2010年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本学士院賞

    2009年  

  • Japan Academy Prize

    2009年  

  • 藤原賞(藤原科学財団)

    2008年  

  • 大隈記念学術褒賞

    2008年  

  • Fujihara Award (The Fujihara Foundation of Science)

    2008年  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 有用な生理活性物質の工業的合成法の開発

  • 新規生理活性物質の開発

  • 天然生理活性物質の単離、構造決定

  • 生理活性物質の全合成

  • 生理活性物質科学

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 多様な天然生理活性物質の全合成と活性発現ユニットの解明

    2006年  

     概要を見る

    神経再生作用を有する天然物ビナキサンソンの全合成ビナキサンソンは1991年に日本ロッシュの研究グループにより、Penicillium vinaceumの培養液より単離・構造決定された天然生理活性物質である。近年、大日本住友製薬のグループにより神経再生作用を有することが報告されており、脊髄損傷などに対する神経再生医薬品としての可能性が期待されている。本研究において、生合成過程を考慮した分子間Diels-Alder反応を鍵反応とするビナキサンソンの初の全合成を達成したので以下に概要を述べる。出発原料として入手容易なバニリンより4工程を経て臭化フェノール体を得た。臭化フェノール体をアクリロニトリルに対してMichael付加させ、ニトリル体を得た。これに対しFriedel-Crafts型反応を行い、位置選択的に環化反応を進行させ、目的とする環化体を得た。続いて環化体のカルボニル基を保護したのち、ハロゲン金属交換反応によりメチルエステル基を導入後、保護基を除去し、メチルエステル体へと導いた。メチルエステル体に対してアルファ位のヨウ素化を行った後、Heck反応を用いてビニルメチルケトンを導入し、鍵中間体へと導いた。次にこれに対して、ジ-tert-ブチルメチルフェノール存在下トルエンを溶媒として用い、封管中200℃で加熱することにより付加反応に続く芳香化反応を一挙に進行させ、ビナキサンソン前駆体を得た。このビナキサンソン前駆体に対して塩化アルミニウムを作用させてメチル基を除去した。得られた化合物はあらゆる性状において天然物と完全に一致したので、ビナキサンソンの初の全合成を完成し構造も確証した。本合成法はビナキサンソンの類縁体の合成にも応用可能であるので、今後、さらに体内動態の優れた化合物の合成を行う予定である。

  • 多様な天然生理活性物質の全合成と新規活性物質の創製

    2005年  

     概要を見る

     本研究は、まず、有用な天然生理活性物質の全合成を独自の合成法と戦略を展開して完成する。続いて、その手法を効果的に応用することによって種々の構造ユニットを合成し、構造-活性相関研究から活性発現機構を明らかにする。つぎに、特徴ある活性を構造ユニットごとに分離あるいは増強し、副作用の少ない新薬のリード化合物を創製し工業的合成法も開発することを目的とする。この過程において新しい活性の発見と展開も期待できる。 研究対象物質は、多様な生理活性や絶対構造が未決定のために展開が遅れているが、新規医薬品としての開発が期待されている下記の7種類の天然物である。 合成研究の結果、それぞれの天然物について今年度の所期の目標を達成した。1)免疫抑制作用と制がん作用を示すlymphostinの最初の全合成を完成し、さらに構造-活性相関研究の結果、新たに制がん作用を有する構造ユニットを見いだした。2)制がん作用を有するBE-54238Bの最初の全合成を完成し、絶対構造を決定した。また、中間体のnanaomycin類縁体が強い抗真菌作用を示すことを見いだした。3)抗ウイルス作用とTPO受容体アゴニスト活性を示すxanthocillin X dimethyletherの最初の立体選択的全合成を完成し立体配置を確定した。また、構造-活性相関研究の結果、活性発現の最小ユニットを見いだした。4)制がん作用を有するtrichostatin類の最初の全合成を完成すると共にtrichostatin Aの絶対構造も決定した。5)結核菌に強い活性を示すtubelactomicin Aの全合成を完成した。6)養殖魚の病原菌に有効な活性を有するtetrodecamycinの最初の全合成を完成し絶対構造を確定した。7)中枢神経に関与するGABAの拮抗物質であり、抗菌活性を示すxenovuleneの全合成に必要な構造ユニットの合成を行った。

  • 生理活性物質創製のための新規有機合成反応の開発

    1999年   清水 功雄, 吉本 卓司, 山本 明夫

     概要を見る

     1)HIV活性を示すテルペスタシンの全合成と絶対構造決定:テルペスタシンは、二環性5-15員構造を有しているが、D-ガラクトースを不斉炭素源として5員環部分を合成した後、15員環部分を効率よく結合させ、立体配置と置換基を整備して全合成を完成させた。2)N-メチルD-アスパルタート受容体拮抗物質ES-242類の全合成、絶対構造決定および活性発現機構解明:L-ラムノースを原料にし連続するMichael-Dieckmann反応を経てナフトピラン誘導体を合成した後、酸化的カップリングによる二量化を経てES-242-4およびその類縁体を全合成した。軸不斉によるすべてのジアステレオマーの絶対構造を明らかにすると共に、構造―活性相関研究に基づいて二つの水酸基の距離が活性発現の主要因であることを明らかにした。3)海洋防汚物質シデロキシロナール類の全合成と相対構造決定:2-フェニルベンゾピラン骨格をもち、船底や漁網への貝殻の付着を阻害するシデロキシロナール類を生合成類似の反応、すなわち同一系内で生成させたオルトキノンメチドとオレフィンから[4+2]環状付加反応を用いて合成した。従来、生合成過程は知られていたが、生合成類似の有機化学的合成は報告されていなかった。合成後、2,3:3,4-トランス、トランス体が天然からもシデロキシロナールCとして単離され、すべての構造を決定した。4)光学活性なカルバサイクル類の新規合成法の開発:カルバサイクル類の一般的合成を開発し、代表的な天然物を全合成して、その有用性と汎用性を例証した。その鍵反応は、メチルフェニルスルホンをラクトンに反応して得られるフラノース体をシリル化により一段階で開環し、続いて分子内アルドール縮合によって閉環し、シクロヘキセノン体を得る点にある。本方法論を活用して、抗真菌抗生物質ピラロマイシン類の全合成およびグリコシダーゼ阻害物質(+)-バリエナミンおよびバリダミンの全合成を完成した。

  • 有用なグリコシダーゼ阻害物質の合成と開発

    1997年  

     概要を見る

    近年、グリコシダーゼやグリコシルトランスフェラーゼが生合成や分解を通して糖質の係わる生体機能を支配していることが明らかにされてきた。このことは、これら酵素の阻害剤が生体機能の解明に役立つばかりではなく、これら酵素の異常によって引き起こされる疾病に対する治療薬になる可能性を示唆している。今回、本研究者らは、N - アセチル -β- D - グルコサミニダーゼの強い阻害物質であり、糖尿病薬あるいは抗エイズ薬として期待されているナグスタチンの全合成を初めて完成すると共に工業的合成法を確立した。すなわち、L-リボフラノース誘導体にイミダゾールを反応させた後、分子内求核反応を経て、イミダゾール環の縮環した二環性アザ糖質を合成した。これに、側鎖のアセチル部分を位置選択的に導入して、天然型ナグスタチンを得た。さらに、L-キシロースなどを出発原料にして、ナグスタチンの立体配置および置換基の異なる種々の類縁体を合成し、それらの構造活性ー相関研究を行った。その結果、他のグリコシダーゼ にも特異的に阻害活性を示す化合物が得られることを見いだした。終局的に、それらがそれぞれの基質と拮抗的に作用して酵素阻害活性を示すことを明かにし、理論的にすべてのグリコシダーゼ(糖分解酵素)の阻害物質を合成できることを例証した。 一方、殺ダニ物質グアラマイシンを、D -グルコサミン、D - グルコースおよび L - グルカールなどを出発原料にして全合成することに初めて成功した。しかし、天然のグアラマイシンは、比較的不安定であり、失活するので、安定で且つ強力な殺ダニ活性をもつ類縁体の合成を試みた。その結果、ピロリジン部分をメチル化することによって目的が達成できることを見いだした。また、その活性発現が糖分解酵素の一種であるマルターゼの阻害活性によることを明かにした。 したがって、本研究は、有用なグリコシダーゼの阻害物質の合成と開発を基盤として、有用な医薬品の開発を含め、有機工業化学のみならず有機合成化学的にも意義をもつものである。研究成果の発表1) 1997年4月:Kuniaki Tatsuta, Manabu Itoh, Ryusuke Hirama, Nobuyuki Ar aki and Masayuki Kitagawa: The first total synthesis of calbistrin A a microbial product possessing multiple bioactivities. Tetrahedron Lett., 38 (4), 583-586 (1997). 2) 1997年4月:Kuniaki Tatsuta, Shohei Yasuda, Ken-ichi Kurihara, Kiyoshi Tanabe, Rie Shinei and Tsuneo Okonogi: Total synthesis of progesterone receptor ligands, (-)-PF1092A, B and C. Tetrahedron Lett., 38 (8), 1439 - 1442 (1997).  3) 1997年4月:Kuniaki Tatsuta, Shozo Miura and Hiroki Gunji: The total synthesis of a glycosidase inhibitor, nagstatin. Bull. Chem. Soc. Jpn., 70 (4), 427 - 436 (1997).4) 1997年11月:Kuniaki Tatsuta: Recent progress in total synthesis and development of natural products using carbohydrates. J. Synth. Org. Chem. Jpn., 55 (11), 970 - 981 (1997).5) 1997年1月:Kuniaki Tatsuta, Nobuyuki Masuda and Hidemitsu Nishida: The first total synthesis of (±)-terpestacin, HIV syncytium formation inhibitor. Tetrahedron Lett., 39 (1), 83 - 86 (1998). 6) 1997年2月:Kuniaki Tatsuta, Shohei Yasuda, Nobuyuki Araki, Masaaki Takahashi and Yuko Kamiya: Total synthesis of a glyoxalase I inhibitor and its precursor, (-)-KD16-U1. Tetrahedron Lett., 39 (2), 401 - 402 (1998).

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年
    -
     

    日本化学会  副会長

  • 2004年
    -
     

    有機合成化学協会  副会長

  • 1998年
    -
    2004年

    日本化学会  理事

  • 1998年
    -
    2000年

    有機合成化学協会  理事

  • 1999年
    -
     

    有機合成化学協会  編集委員長

全件表示 >>