首藤 惠 (ストウ メグミ)

写真a

所属

商学学術院

職名

名誉教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1976年

    慶應義塾大学   経済学研究科   経済学  

  •  
    -
    1976年

    慶應義塾大学  

  •  
    -
    1970年

    慶應義塾大学   経済学部   経済学  

  •  
    -
    1970年

    慶應義塾大学  

学位 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学   経済学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
     

    早稲田大学名誉教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学大学院経営管理研究科教授

  • 2004年04月
    -
    2014年03月

    早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授

  • 2004年04月
    -
     

    - Waseda University , Graduate School of Finance, Accounting & Law, Professor

  • 1993年04月
    -
    2004年03月

    Chuo University, Faculty of Economics, Professor 1994/10-1995/3 Hitotsubashi University, Visiting Professor

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本ファイナンス学会

  •  
     
     

    金融学会

  •  
     
     

    日本経済学会

  •  
     
     

    ヨーロッパ・ファイナンス学会

  •  
     
     

    Nippon Finance Association

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金融、ファイナンス

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 金融・証券論

  • 金融システム

  • 企業の社会的責任

  • CorporateGovernance

  • Financial systems

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Corporate social responsibility intensity, management earnings forecast accuracy, and investor trust: Evidence from Japan

    首藤惠, 竹原均

    Corporate Social Responsibility and Environmental Management     1 - 3  2020年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • CSR and cost of capital: evidence from Japan

    首藤惠, 竹原均

    Social Responsibility Journal,   13 ( 4 ) 798 - 816  2017年  [査読有り]

  • Estimating the hidden corporate social performance of Japanese firms

    Megumi Suto, Hitoshi Takehara

    Social Responsibility Journal   12 ( 2 ) 348 - 362  2016年06月  [査読有り]

     概要を見る

    Purpose: Managers sometimes hide their level of corporate social performance (CSP) from investors, intentionally or unintentionally. The purpose of this study is to estimate such "hidden CSP" of firms. Design/methodology/approach: In this study, it is assumed that Japanese public firms can be classified into two groups based on the difference in corporate social responsibility (CSR) awareness. Thus, the respondents to the CSR questionnaire survey are classified as the CSR-aware group, and the non-respondents are treated as the CSR-unaware group. It is further assumed that a significant relationship exists between CSP and a firm's attributes, including financial performance and stock ownership. Under these assumptions, a model to estimate the CSP of non-respondents is constructed using the relationship between CSP and a firm's observable attributes. Findings: There is a significant latent gap between the CSP of respondents and the hidden CSP of non-respondents because of differences in firm size, foreign dependency of business and reputation and trust in the financial markets, rather than because of differences in financial performance. Insider-oriented ownership structures are negatively associated with CSP. Research limitations/implications: The estimation model developed in this study depends on a set of assumptions. In particular, a stable relationship between CSP and firm-specific variables, i.e. there is no structural change during the observation period, is assumed. Despite these limitations, this study extends the CSR research perspective, as it makes it possible to estimate the hidden CSP of public firms. Practical implications: In practice, the findings of this study surface a part of the missing CSR that investors need and that could alert non-respondent firms to the importance of CSR strategy and related disclosures to adapt to rapidly changing social and environmental business settings. Originality/value: This study is the result of academic interest in examining the missing information related to CSR activities to obtain an overall picture of the CSP distribution of Japanese listed firms as a whole.

    DOI

  • The link between corporate social performance and financial performance: empirical evidence from Japanese firms

    首藤惠, 竹原均

    International Journal of Corporate Strategy and Social Responsibility   1 ( 1 ) 4 - 25  2016年  [査読有り]

  • CSR研究の新たなステージ−ビジネス・モデルと資本コスト

    首藤惠

    証券アナリストジャーナル   50 ( 9 ) 54 - 60  2012年

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Corporate Social Responsibility and Corporate Finance in Japan

    首藤惠, 竹原均

    Springer  2018年06月

  • Building New Bridoges between Business and Society, eds.by Lu, Schmidpeter and Capaldi, Zu, pp171-190,Does Foreign Ownership Enhance the Corporate Social Performance of Japanese firmspp171-190,Does Foreign Ownership Enhance the Corporate Social Perfprmance of Japanese firms

    ( 担当: 分担執筆)

    Springer  2018年01月

  • 首藤惠・監修著『金融サービス業のイノベーションと倫理』

    中央経済社  2011年

  • 首藤惠編著『金融サービス業のイノベーションと倫理』

    中央経済社  2011年

  • 首藤惠編『金融サービス業のガバナンス−規律付けメカニズムの再検討』

    金融財政事情研究会  2009年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Corporate social performance and foreign ownership: Evidence from Japanese firms

    首藤惠, 竹原均

    Waseda University Institute of Finance, Working Paper Series   WIF-14-003   1 - 41  2014年12月

  • Impact of Corporate Social Performance on Financial Performance:Evidence from Japan

    首藤惠, 竹原均

    Waseda University Institute of Finance, Working Paper Series   WIF-13-003   1 - 33  2013年05月

  • Stock ownership structure and corporate social performance: Evidence from Japan

    首藤惠, 竹原均

    Proceedings of 10th International Conference on Corporate Governance:“Corporate Governance and Universal Acceptance: Taking Stock of Progress and Indicators of Future Trends”    2012年

  • Behavioural biases of institutional investors under pressure from customer: Japan and Germany vs the US

    Suto,M, L. Menkhoff, Beckmann, D

    Waseda University Institute of Finance Working Paper Series   WIF-05-006   1 - 28  2005年11月

  • Behavioural biases of Japanese institutional investors: Fund management and corporate governance

    Megumi Suto, Masashi Toshino

    Corporate Governance: An International Review   13 ( 4 ) 466 - 477  2005年

     概要を見る

    This study examines the behavioural biases of Japanese institutional investors and discusses implications for their role in corporate governance, based on the findings of a questionnaire survey of fund managers carried out in 2003. Statistical analysis of the survey results reveals a short-term bias in fund managers' investment time horizons, herding and self-marketing to improve the appearance of portfolio performance under the pressure either of customers or of institutional restraints. We conclude that institutional investors' behaviour contradicts their role as shareholders. © Blackwell Publishing Ltd 2005.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀論文賞

    2015年   Society on Interdisciplinary Business Research   Estimating the Hidden Corporate Social Performance of Japanese Firms  

    受賞者: 首藤惠, 竹原均

  • 最優秀論文賞

    2013年   World Business Institute   The Impact of Corporate Social Performance on Financial Performance: Evidence from Japan  

    受賞者: 首藤惠, 竹原均

  • 最優秀論文賞

    2004年   Centre for Corporate Governance Research, Birmingham University   Behavioural Biases of Japanese Istitutional Investors:fund management and corporte governance  

    受賞者: 首藤惠, 俊野雅司

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 長期持続的成長の視点からのCSR活動と研究開発投資の相互関連に関する分析

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2022年03月
     

    首藤 惠

    担当区分: 研究代表者

  • 企業のCSR活動とリスク特性:ステークホルダー・マネジメントと金融パフォーマンス(文部科学省研究所助成基盤C)

    研究期間:

    2014年
    -
     
     

  • 公的年金の直面するよう検討課題に対する理論的・実証的研究(厚生労働省科学研究費)

    研究期間:

    2011年
    -
    2012年
     

  • 金融サービス・イノベーション・マネジメント研究 (文部科学省受託研究)

    研究期間:

    2008年
    -
    2010年
     

  • わが国証券市場の機能と投資家の行動バイアス:アンケート調査と実験の融合による研究

    研究期間:

    2005年
    -
    2007年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Employee-Oriented CSR, Innovation, and Firm Value

    首藤 惠

    7th International Conference on CSR, Sustainability, Ethics & Governance  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • Employee-Oriented CSR, Innovation, and Firm Value

    首藤 惠

    2021年度日本ファイナンス学会第29回大会  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • Innovation, CSR Intensity, and Firm-specific Risk:Evidence from Japan

    首藤惠

    日本ファイナンス学会第28回大会  

    発表年月: 2020年06月

    開催年月:
    2020年06月
     
     
  • Innovation, CSR Intensity, and Market-based Risk: Evidence from Japan,

    首藤 惠

    5th Annual ICGS (International Corporate Governance Society) Conference  

    発表年月: 2019年10月

  • Management Earnings Forecasts and Investor Trust: Signaling Effect of Corporate Social Responsibility

    首藤 惠

    日本金融学会  

    発表年月: 2019年05月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 機関投資家のコーポレート・ガバナンスの国際比較研究-ファンド・マネージメントとガバナンス行動

    2004年  

     概要を見る

    2003年末に、日独米英4カ国のファンド・マネージャーの行動に関するアンケート調査を実施した。 本研究は、このサーベイデータを用いて各国機関投資家のファンド・マネージメント行動の違いを検証し、検証結果をコーポレート・ガバナンスの視点から分析するこことを目的とする国際共同研究である。ドイツ・ハノーバー大学のKukas Mekhoff教授との国際共同研究プロジェクトの一環として進めている。当初、4カ国を対象に比較研究を行う目的であったが、英国のサーベー・データが不十分であるために、日・独・米3カ国に絞って、投資視野、herding, 顧客からのプレッシャーへの弱さ、情報の依存効果など、機関投資家行動の違いに関するノンパラメトリック検定を行った。 暫定的な結果によると、日本の機関投資家は独米に比べて、herding、投資視野の短期性、顧客からのプレッシャー感応性の面で際立っており、企業評価がゆがめられている可能性が示唆されるという、暫定的な結果が得られている。2005年3月のハノーバー大学およびハンブルグ国際経済研究所(HWWA)への出張において、この結果を検討しさらに分析を精緻化して、論文にまとめる手順について意見交換を行うと同時に、ファンド・マネージメントの背景となる各国の機関投資家のガバナンス行動をとりまく制度的環境の違いを明らかにするために、英国およびドイツにおいてコーポレート・ガバナンスに関連する資料収集を行った。研究成果は、統計分析にかけたのち、英文でまとめた。    

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • 企業の社会的パフォーマンスと経済的パフォーマンス:日英の比較

    2013年02月
    -
    2013年03月

    イギリス   University of Stirling

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年09月
    -
    2017年10月

    経済産業省  持続的成長に向けた長期投資(ESG/無形資産投資)研究会委員

  • 2009年09月
    -
    2011年06月

    内閣府  統計委員会委員

  • 2006年06月
    -
    2011年06月

    日本投資顧問業協会  日本投資顧問業協会理事

  • 2003年07月
    -
    2011年06月

    財務省独立行政法人評価委員会  農林漁業信用基金分科会長

  • 2004年05月
    -
    2011年05月

    日本金融学会  日本金融学会理事

全件表示 >>