2024/05/26 更新

写真a

スズキ ヒロマサ
鈴木 宏昌
所属
商学学術院
職名
名誉教授
学位
(BLANK) ( ルーアン大学 )
ルーアン大学 Dr.(doctorat de 3ecycle, 歴史)

経歴

  • 1986年
    -
    2001年

    早稲田大学商学部教授

  • 1986年
    -
    2001年

    Professor, School of Commerce, Waseda Univ.

  • 1970年
    -
    1986年

    国際労働機関(ILO)勤務

  • 1970年
    -
    1986年

    International Labour Office(Geneva)

学歴

  •  
    -
    1969年

    ルーアン大学   人文学科   歴史  

  •  
    -
    1964年

    早稲田大学   政治経済学部  

  •  
    -
    1964年

    早稲田大学  

委員歴

  • 2000年
    -
    2003年

    日本労使関係研究学会  理事

  • 2000年
    -
    2001年

    日仏経済学会  理事

  • 2000年
    -
    2001年

    日仏経営学会  理事

  • 2000年
    -
    2001年

    日本労務学会  理事

所属学協会

  •  
     
     

    社会政策学会

  •  
     
     

    日仏経済学会

  •  
     
     

    日仏経営学会

  •  
     
     

    日本労使関係研究学会

  •  
     
     

    日本労務学会

研究分野

  • 経済政策

研究キーワード

  • 国際比較

  • 労便関係

  • 労働経済学

 

書籍等出版物

  • 開かれたアジアの社会的対話(編・著)

    日本評論社  2002年

Works(作品等)

  • 戦時期の賃金政策

    2003年
    -
    2004年

  • Japanese wage policies during WW(]G0002[)

    2003年
    -
    2004年

  • フランスにおけるワークシェアリング

    2000年
    -
    2002年

  • Worksharing in France

    2000年
    -
    2002年

  • 雇用延長制度について

    2001年
    -
     

  • Reemployment of older workers

    2001年
    -
     

  • フランスにおけるワークシェアリング

    2000年
    -
    2001年

  • 戦時期の賃金政策

    2000年
    -
    2001年

  • Worksharing in France

    2000年
    -
    2001年

  • Japanese wage policies during WW(]G0002[)

    2000年
    -
    2001年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 戦時期の賃金政策

    研究期間:

    1997年
    -
    2005年
     

  • Japanese wage policies during WW(]G0002[)

    研究期間:

    1997年
    -
    2005年
     

  • フランスにおけるワークシェアリング

    研究期間:

    2000年
    -
    2002年
     

  • Worksharing in France

    研究期間:

    2000年
    -
    2002年
     

  • 雇用形態の多様化

  • ワークシェアリング

  • 人的資本と労働経済学

▼全件表示

Misc

  • 先進国における労働時間と労働者の選好

    J. Cメセンジャー

    日本労働研究雑誌   ( 542 ) 81 - 84  2005年

  • 2015年の労働市場・成長の持続可能性:2015年の日本経済

    鈴木宏昌, 早稲田大学商学部産業経営研究会編

    東洋経済新報社     21 - 33  2005年

  • 「外国人労働者問題の展望-国際比較の観点から(Overview of the Issue of Foreign Workers from a Comparative View)」

    季刊労働法   ( 208 ) 95 - 104  2005年

  • ‘Enterprise Unionism in Crisis in Japan’

    Cuadenos de Difusion ESAN   ( 16 ) 7 - 19  2004年

  • ‘Changing Employment Relations in Four East Asian Countries (China, Japan, South Korea and Taiwan)-A Comparative Overview’

    Waseda Business and Economic Studies   ( 40 ) 1 - 23  2004年

  • 国境と外国人労働者

    日労研資料   Vol.57-12 ( 1292 ) 2  2004年

  • これからの賃金・退職金・企業年金

    鈴木宏昌, 神恭一

        13 - 24  2004年

  • 外国人就労の現状と雇用管理の適正なあり方-厚生労働省を踏まえて、外国人就労を考える

    労働法学研究会報   ( 2345 ) 4 - 28  2004年

  • 労働運動の再生にむけて

    スタディ     2 - 5  2004年

  • ILO条約とニッポン労働事情・労働時間

    ひろばユニオン   ( 401 ) 20 - 23  2004年

  • 「人的投資理論と労働経済学-文献サーベイを中心として(Theory of Human Capital and Labour Economics-Survey of Literature )」

    早稲田商学   ( 401 ) 29 - 44  2004年

  • 人事マネジメントハンドブック制作委員会編『人事マネジメントハンドブック』

    日本労務研究会   pp.798-800, pp.849-851  2004年

  • 二神恭一編著『これからの賃金・退職金・企業年金』

    中央経済社   pp.13-24  2004年

  • Could Japanese unions still be a legitimate "Voice" for workers? Enterprise unionism in crisis

    IRRA Annual Meeting, January, San Diego    2004年

  • 西ヨーロッパにおける雇用政策―個人と社会の役割―

    生活経済政策   86, pp.2-8  2004年

  • ‘Enterprise Unionism in Crisis in Japan’

    Cuadenos de Difusion ESAN   ( 16 ) 7 - 19  2004年

  • ‘Changing Employment Relations in Four East Asian Countries (China, Japan, South Korea and Taiwan)-A Comparative Overview’

    Waseda Business and Economic Studies   ( 40 ) 1 - 23  2004年

  • ‘L’emploi du temps au Japon’

    Futuribles   ( 285 ) 53 - 58  2003年

  • L'emploi du temps au Japon

    Futurible   /285, 2003.4  2003年

  • EU諸国における非典型雇用の動向

    『日本労務学会誌』   5 ( 1 ) 12 - 22  2003年

  • ILOってなんだろう―歴史といま 世界と日本(特集 労働法制の規制緩和―働き方の綱引き―)

    まなぶ/労働大学   4,pp.27-31  2003年

  • 戦時期及び戦後初期の賃金政策研究―故金子美雄氏の旧蔵資料の分析(研究代表)

    平成12―13年度科研費研究報告書   総論:pp.1-10,論文(共著)pp.157-165  2003年

  • L' emploi du temps au Japan

    Futuribles(Paris)   285,pp.53-58  2003年

  • EU諸国における非典型雇用の動向

    日本労務学会誌   5;1,pp.12-22  2003年

  • フランスのパートタイム労働―個人の労働時間短縮と半失業の狭間で(特集 パート労働の国際比較(4))

    大原社会問題研究所雑誌   537, pp.1-11  2003年

  • Employment Restructuring After the Asian financial crisis in four East Asian Countries

    IIRA, 13th World Congress, September, Berlin, Germany    2003年

  • L'emploi du temps au Japon

    Futuribles   /285, 2003.4  2003年

  • フランスのパートタイム労働

    大原社会問題研究所雑誌   /537  2003年

  • EU諸国における非典型雇用の動向

    日本労務学会誌   5/1  2003年

  • ‘L’emploi du temps au Japon’

    Futuribles   ( 285 ) 53 - 58  2003年

  • L'emploi du temps au Japon

    Futurible   /285, 2003.4  2003年

  • ‘Development of Atypical Forms of Employment: How Japan Differs from European Countries’

    Hiromasa Suzuki, Kazuya Ogura

    Selected papers from 12th IIRA Congress(Tokyo) Japan Institute of Labour   ( 9 ) 24 - 34  2002年

  • フランス若年層の雇用と失業

    経済社会と社会変動『社会政策学会誌』/社会政策学会編   ( 7 )  2002年

  • 「開かれたアジアの社会的対話」第1章「アジアの社会的発展と社会的対話」

    日本評論社     5 - 23  2002年

  • 21世紀型雇用モデル

    高圧ガス保安協会『高圧ガス』   2月号  2002年

  • フランスの若年層の雇用と失業

    『経済格差と社会変動(社会政策学会誌)』法律文化社    2002年

  • 時評 労働者の退職(リタイアメント)に見る日欧の違い

    日労研資料/(財)日本労働研究所   55-12;1268,p.2  2002年

  • 長期休暇制度の企業経営に与える影響に関する調査研究報告書

    全国労働基準関係団体連合   フランス担当,pp.26-30,89-100  2002年

  • 労働者送出国の状況に関する調査研究報告書(厚生労働省委託研究)

    連合総研(研究代表)   pp.5-11  2002年

  • 欧州のワークシェアリング―フランス、ドイツ、オランダ―(共著)

    調査研究報告書/日本労働研究機構   149,第1章担当,pp.27-46  2002年

  • 21世紀型雇用モデル―国際比較の視点から

    高圧ガス/高圧ガス保安協会   39  2002年

  • H. Suzuki/K. Ogura, "Development of Atypical Forms of Employment: How Japan Differs from European Countries"

    Japan Institute of Labor: Report No. 9. (Hanami, T. ed., Global Integration and Challenges for Industrial Relations and Human Resource Management in the Twenty-First Century―Selected Papers from the IIRA World Congress 2000, Japan Institute of Labour, 200   pp.24-34  2002年

  • 開かれたアジアの社会的対話(共著連合総研)

    日本評論社   pp.1-178,執筆pp.1-23  2002年

  • ‘Development of Atypical Forms of Employment: How Japan Differs from European Countries’

    Hiromasa Suzuki, Kazuya Ogura

    Selected papers from 12th IIRA Congress(Tokyo) Japan Institute of Labour   ( 9 ) 24 - 34  2002年

  • Development of Atypical Forms of Employment : How Japan Differs from European Countries

    The Waseda Bussiness & Economic Studies   /36  2001年

  • フランスの若年層の雇用と失業

    社会政策学会第102回大会    2001年

  • 近年における日本の労働市場の変化

    ソーシャル・アジア・フォーラム   第7回  2001年

  • 近年における日本の労働市場の変化

    ソーシャルアジア研究会『労働の世界における社会的公正』(ソーシャル・アジア・フォーラム報告書)    2001年

  • 解題(フランス)

    日本労働研究機構『諸外国における高齢者の雇用・就業の実態に関する研究』    2001年

  • フランスのワークシェアリング

    日本労働研究機構『欧州のワークシェアリング(調査研究報告書)』   1221  2001年

  • 今日の経営・労働制度の基盤形成:戦時期の賃金とその遺産

    日本労務学会誌   3/1  2001年

  • Development of Atypical Forms of Employment : How Japan Differs from European Countries

    The Waseda Bussiness & Economic Studies   /36  2001年

  • Development of Atypical Forms of Employment : How Japan Differs from European Countries(共著)

    IIRA, 12th World Congress,    2000年

  • 企業保障と社会保障「ヨーロッパの企業保障」

    東京大学出版会    2000年

  • 「長期休暇を進める理由」

    労働省広報室『労働時報』   11月号  2000年

  • 「戦時期の賃金統制とその遺産―戦時期の役割の再評価に向けて―」

    日本労務学会 関東部会    2000年

  • "Development of Atypical Forms of Employment: How Differs from European Countries (France, in particular)

    International Industrial Relations Association 12th World Congress Tokyo 2000    2000年

  • 「戦時期の賃金と統制とその遺産―戦時期の役割の再評価に向けて―」

    日本労務学会 第30回全国大会    2000年

  • 「松村文人『現代フランスの労使関係』」

    日本労働研究機構『日本労働研究雑誌』   10月号  2000年

  • 「Development of Atypical Forms of Employment: HowJapan Differs from European Countries (France, in particular)

    早稲田大学大学院商学研究科The Waseda Bussiness & Economic Studies   No.36  2000年

  • 「今日の経営・労働制度の基盤形成:戦時期の賃金とその遺産」

    日本労務学会『日本労務学会誌』   第3巻第1号  2000年

  • 「休暇のグローバルスタンダード」

    日本労働大学研究所調査研究所『月刊労働組合』   8月号  2000年

  • 「ヨーロッパの企業経営」

    鈴木典比古『グローバリゼーションの中の企業』/八千代出版    2000年

  • 「アジアの雇用と労使関係」

    初岡昌一郎・連合総合生活開発研究所『グローバル・アジアの社会的発展』/日本評論社    2000年

  • 休暇のグローバルスタンダード

    月刊労働組合   /第483  2000年

  • 現代フランスの労使関係 雇用・賃金と企業交渉

    日本労働研究雑誌   /483  2000年

  • ヨーロッパの企業経営

    グローバリゼーションの中の企業 八千代出版    2000年

  • アジアの雇用と労使関係

    グローバル・アジアの社会的発展 日本評論社    2000年

  • ヨーロッパの企業保障

    企業保障と社会保障 東京大学出版会    2000年

  • ILOと国際労働政策

    新版 労働経済 ミネルヴァ書房    2000年

  • Development of Atypical Forms of Employment : How Japan Differs from European Countries(共著)

    IIRA, 12th World Congress,    2000年

  • Atypical employment ; a Comparison

    between Europe and Japan. (conference paper)    1999年

  • アジアにおける労働市場制度の構築

    創価経営論集/創価大学   23;3  1999年

  • 海外の雇用・失業の情勢について

    ジュリスト/有斐閣    1999年

  • 契約就業者問題についての調査研究報告書

    日本労務研究会    1999年

  • 定年退職者等の就業と生活実態に関する調査報告

    高齢者雇用開発協会    1999年

  • ヨーロッパの雇用形態の多様化

    日仏経営学会   1999年16号  1999年

  • 規制緩和と弾力化・ヨーロッパの視点

    季刊労働法/総合労働研究所   労働研究所 190号、191号  1999年

  • 日欧シンポジウム「雇用形態の多様化」「非典型雇用の日欧比較」

    社会経済生産性本部   社会経済生産性本部  1999年

  • 講座ILO「労働時間・賃金」

    ILO協会    1999年

  • 新社会政策を学ぶ(第2版)

    有斐閣    1999年

  • Minimum Wage Fixing in Japan Neglected role as a mechanism of workers participation.

    Waseda Business and Economic studies Graduae School of Commerce, Waseda University   33号  1998年

  • Economic Development and International Labour standards in Asia

    早稲田大学社会科学研究所研究シリーズ   39号  1998年

  • ヨーロッパ通貨統合の周辺

    季刊労働法   184号  1998年

  • L'evolution des marchés du travail eu Asie.

    日仏シンポジウム(日仏経済学会)サンマロ    1998年

  • 契約就業者問題に関する調査

    日本労務研究所    1998年

  • 病気休暇制度に関する調査研究

    日本労働研究機構   調査シリーズNo.105  1998年

  • 単一通貨ユーロの現状

    官公労働    1998年

  • 先進国における非典型雇用の拡大

    日本労働研究雑誌   462  1998年

  • 社会的公正のアジアをめざして“アジアの労働市場制度”

    日本評論社    1998年

  • キャリア研究の周辺

    季刊労働法/総合労働研究所   181  1997年

  • 労働力の流動化に関する研究早大生OBのキャリア調査

       1997年

  • ヨーロッパの通貨統合の動向

    官業労働(官業労働研究所)    1997年

  • 非典型的雇用とコンティンジェント労働

    季刊労働法   183号  1997年

  • 内部労働市場理論の再検討

    季刊労働法(総合労働研究所)   182号  1997年

  • Economic Development and International Labour Standards in Asia

    Symposium Waseda University    1996年

  • Normes sociales et development économique:point de vue des pays asiatiques.

    Bulletin de droit comparé du travail et de la Sécurité Sociale(Bordeaux,France)    1996年

  • ユーロ通貨の統合問題

    官公労働/官業労働研究所    1996年

  • アメリカの労働市場の役割と機能

    季刊労働法/総合労働研究所   180  1996年

  • アメリカのカレッジ教育と労使関係研究

    季刊労働法/総合労働研究所   179  1996年

  • 就業形態の多様化と今後の労働市場規制

    労働科学研究所    1995年

▼全件表示