SUZUKI, Shuji

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences

Job title

Professor Emeritus

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/shujiwhs/index-j.htm

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1975

    ワシントン大学   体育学   運動制御  

  •  
    -
    1975

    The University of Washington   Graduate School, Division of Physical Education   Motor control  

  •  
    -
    1970

    Waseda University   School of Education  

  •  
    -
    1970

    Waseda University   Faculty of Education   Physical Education  

Degree 【 display / non-display

  • Chiba University   Ph.D.

  • The University of Washington   Master of Science

Research Experience 【 display / non-display

  • 1996
    -
     

    - 早稲田大学人間科学部 教授(現在に至る)

  • 1996
    -
     

    - School of Human Sciences,

  • 1991
    -
    1996

    Waseda University   School of Human Sciences

  • 1991
    -
    1996

    School of Human Sciences,

  • 1987
    -
    1991

    Waseda University   School of Human Sciences

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    国際バイオメカニクス学会

  •  
     
     

    日本体育学会

  •  
     
     

    国際電気生理運動学会

  •  
     
     

    日本電気生理運動学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Clinical pharmacy

  • Physiology

  • Neuroscience-general

  • Neuroscience-general

Research Interests 【 display / non-display

  • 体力科学

  • バイオメカニクス

  • 身体運動科学

  • 運動制御

  • 神経・筋肉生理学

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 「健康福祉」人間科学-健康福祉バイオメカニクス-

    朝倉書店  2008 ISBN: 9784254505283

Misc 【 display / non-display

  • A Japanese stretching intervention can modify lumbar lordosis curvature

    Kadono N, Tsuchiya K, Uematsu A, Kamoshita T, Kiryu K, Hortobágyi T, Suzuki S

    Journal of Spinal Disorders and Techniques   in press  2015

  • A Japanese stretching intervention can modify lumbar lordosis curvature

    Kadono N, Tsuchiya K, Uematsu A, Kamoshita T, Kiryu K, Hortobágyi T, Suzuki S

    Journal of Spinal Disorders and Techniques   in press  2015

  • A Behavioral Mechanism of How Increases in Leg Strength Improve Old Adults' Gait Speed

    Azusa Uematsu, Kazushi Tsuchiya, Norio Kadono, Hirofumi Kobayashi, Takamasa Kaetsu, Tibor Hortobagyi, Shuji Suzuki

    PLOS ONE   9 ( 10 )  2014.10

     View Summary

    We examined a behavioral mechanism of how increases in leg strength improve healthy old adults' gait speed. Leg press strength training improved maximal leg press load 40% (p = 0.001) and isometric strength in 5 group of leg muscles 32% (p = 0.001) in a randomly allocated intervention group of healthy old adults (age 74, n = 15) but not in no-exercise control group (age 74, n = 8). Gait speed increased similarly in the training (9.9%) and control (8.6%) groups (time main effect, p = 0.001). However, in the training group only, in line with the concept of biomechanical plasticity of aging gait, hip extensors and ankle plantarflexors became the only significant predictors of self-selected and maximal gait speed. The study provides the first behavioral evidence regarding a mechanism of how increases in leg strength improve healthy old adults' gait speed.

    DOI

  • A Behavioral Mechanism of How Increases in Leg Strength Improve Old Adults' Gait Speed

    Azusa Uematsu, Kazushi Tsuchiya, Norio Kadono, Hirofumi Kobayashi, Takamasa Kaetsu, Tibor Hortobagyi, Shuji Suzuki

    PLOS ONE   9 ( 10 )  2014.10

     View Summary

    We examined a behavioral mechanism of how increases in leg strength improve healthy old adults' gait speed. Leg press strength training improved maximal leg press load 40% (p = 0.001) and isometric strength in 5 group of leg muscles 32% (p = 0.001) in a randomly allocated intervention group of healthy old adults (age 74, n = 15) but not in no-exercise control group (age 74, n = 8). Gait speed increased similarly in the training (9.9%) and control (8.6%) groups (time main effect, p = 0.001). However, in the training group only, in line with the concept of biomechanical plasticity of aging gait, hip extensors and ankle plantarflexors became the only significant predictors of self-selected and maximal gait speed. The study provides the first behavioral evidence regarding a mechanism of how increases in leg strength improve healthy old adults' gait speed.

    DOI

  • A unique form of light-load training improves steadiness and performance on some functional tasks in older adults

    H. Kobayashi, Y. Koyama, R. M. Enoka, S. Suzuki

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF MEDICINE & SCIENCE IN SPORTS   24 ( 1 ) 98 - 110  2014.02

     View Summary

    Beginning Movement Load (BML) training is a unique form of light-load training that comprises a lengthening-shortening sequence of muscle actions about multiple degrees of freedom. The purpose of the study was to determine the effectiveness of BML training at improving the performance of old adults on four functional tasks and to identify some of the neuromuscular adaptations that contributed to these gains. Healthy old adults (67.5 +/- 5.23 years) were randomly assigned to either a BML training group (n=17) or a control group (n=7). The training group exercised with a 30% of the one repetition-maximum (1-RM) load and performed five to seven sets of 15 repetitions, three times per week for 8 weeks. BML training increased maximal voluntary contraction (MVC) force significantly for the knee extensors (31.6%), but not the elbow flexors (9.8%), and improved the steadiness of isometric contractions (10%, 30%, and 65% MVC forces). Training-associated changes in times for ascending and descending stairs and one-legged balance, but not the chair rise, were predicted by changes in selected combinations of MVC force and steadiness. The attributes of BML training that enabled it to elicit functionally meaningful adaptations in the neuromuscular system of older adults should be explored with more mechanistic studies.

    DOI

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 国際バイオメカニクス学会

    2011  

  • 2011 International Society of Biomechanics (Taiwan)

    2011  

Research Projects 【 display / non-display

  • 太極拳の動作特性

    Project Year :

    2010
    -
     
     

  • Motor Control and Biomechanics of Tai Chi Chuan

    Project Year :

    2010
    -
     
     

  • 正しい歩行姿勢を保ちやすいビモロシューズのバイオメカニクス的手法による効果検証

    Project Year :

    2009
    -
     
     

  • 初動負荷トレーニングの動作特性

    Project Year :

    2003
    -
     
     

  • Neuromechanics of begining movement load training

    Project Year :

    2003
    -
     
     

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 下肢筋力トレーニングは高齢者の歩行特性を変化させる

    第69回日本体力医学会大会 

    Presentation date: 2014

  • 慢性期非特異的腰痛者3症例に対する徒手理学療法と理学的所見の考察

    第49回日本理学療法学術大会 

    Presentation date: 2014

  • ISOGAI DYNAMIC THERAPY MODIFIES HEALTHY YOUNG ADULT’S SPINAL LORDOSIS ANGLE IN STANDING

    The 20th Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology, Rome – ITALY 

    Presentation date: 2014

  • Relationship between lumbar lordosis angle and physical function in community-dwelling elderly males.

    59th Annual Meeting of the American College of Sports Medicine and 3rd World Congress on Exercise is Medicine 

    Presentation date: 2012

  • 陳式太極拳における金剛搗碓動作の運動制御とバイオメカニクス

    第12回日本電気生理運動学会 

    Presentation date: 2011

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 気功における呼吸リズムの重要性

    2016  

     View Summary

    今回は、気功(八脈交会功)経験歴20年以上の女性2名・男性1名(年齢62.3±2.7歳・気功歴22.3±2.7年)、気功経験歴1年以下の女性3名(年齢57±16歳・気功歴0.6±0.4年)に協力頂き、動作中の呼吸とキネマティクスを調べた。その結果、この八脈交会功の継続的な実施は既存の心身症状を改善し、人々の健康寿命の延伸を図る運動として有効であることが示唆された。  

  • 気功の習慣化による心身健康状態の調査研究

    2015  

     View Summary

    本年度は、気功が心身の健康に及ぼす実感的な効果を定量化するため、導引養生功日本総本部第15回全国交流大会参加者1200名を対象にアンケート調査した。結果、抽出された代表的な身体症状の内、「身体の疲れ・だるさ (61%) 」,「冷え性 (55%) 」,および「体調を崩しやすい (53%) 」について改善を感じていると認められた。精神症状では、「疲れやすい (52%) について改善を感じていると認められた。また、身体症状については、性別を問わず60歳未満の方が気功による改善効果を感じていた。精神症状では,年代を問わず女性の方が改善効果を実感した。以上、気功 (導引養生功) によって、身体の疲れが改善され、疲れにくくなる効果があることが明らかになった。

  • 体幹姿勢と歩行動作の特性の関係に関するニューロメカニクス的研究

    2014  

     View Summary

     本研究は,若年者の体幹姿勢が歩行中の下肢関節運動に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした.被験者は,健常な成人男性3名(20~21歳)とした.実験試技として,1) 通常姿勢,2) やや背中を曲げる,3) 深く背中を曲げる姿勢での歩行とした.歩行速度は通常速度および最大速度とした.試技中の身体位置座標を三次元動作分析装置で取得し,股関節,膝関節,および足関節の運動学的データを算出した. その結果,体幹姿勢変化によって,通常速度歩行の踵接地時点において高齢者と類似した歩行キネマティクスが生成されることが明らかになった.

  • 加齢に伴うストレッチング効果の違いを神経生理学から探る

    2013  

     View Summary

    筋の長さ変化を検出する筋紡錘は加齢によって形態と機能が変化する (Kim et al., 2007).したがって,関節可動域向上や神経筋興奮性低下を目的に行われるストレッチングの効果は,若年者と高齢者で異なる可能性が考えられるが,これまでこの点について検討した研究はない.そこで本研究は,H反射法を用いて非侵襲的にストレッチング後の若年者と高齢者の脊髄運動ニューロンプールの興奮性を評価した. 被験者は若年者(男女各5名,19~22歳)と高齢者7名(男性3名,女性4名,65~79歳)とした.被験者に安静座位を取らせた.膝窩部から後脛骨神経に経皮的電気刺激 (~60V, 1 msec) を与えてヒラメ筋のH反射を誘発し,双極誘導法によって筋電図活動を記録した.テスト刺激強度はH反射が最大M波の20~25%としたが,このサイズのH反射が誘発できない被験者については最大H反射振幅値未満となる刺激強度を用いた.また,テストサイズにおいて小さなM波を伴わない被験者は,最大M波の5%程度のサイズを伴うH反射を別途誘発し記録した.被験者に安静状態を保たせたまま,実験者が被験者の足関節を手動で120°から徐々に背屈しヒラメ筋をストレッチングした.背屈範囲は被験者が痛みを感じない最大範囲とし,角度計を用いて毎回の背屈範囲が一定になるように配慮した.ストレッチング時間は最大背屈位での保持時間0秒,10秒,30秒および60秒とし,基準位置に足関節を戻したのち10分間H反射を記録した.ストレッチング時間は被験者毎にランダム順とした. 保持時間0秒の場合,両群においてH反射振幅は変化しなかった.若年者では保持時間が10秒以上になるとストレッチング後1分間はH反射振幅が20~30%程度低下するが,低下量においてストレッチング時間の影響は観られず,2分後には基準程度に回復していた.高齢者群では,ストレッチング後にH反射が有意に低下するには60秒間必要であり,基準レベルに回復するまでは3分間必要であった. これらのことから,神経筋興奮性低下を目的としたストレッチング効果を高齢者に与える場合は,ストレッチング時間を若年者よりも長くする必要があると考えられた.

  • 太極拳動作の解析およびその運動メカニズムの大脳生理学的解明

    2012  

     View Summary

    太極拳は1644年前後に中国で生まれた拳法と呼吸法を統合した格闘技として編み出された(李天驥,1992)。 その熟練者は身体バランスや筋力の維持・向上のみでなく、高次認知機能においても優れていることが近年明らかになってきた。身体機能と認知機能の両方に効果があることは、従来のリハビリテーション法やスポーツとは異なる太極拳の大きな特徴であり、今後、高齢者や認知症患者の機能回復や運動機能維持・向上への応用が期待できる。しかし、太極拳の動作そのものに関しては経験的な表現が多く、運動制御とバイオメカニクスの見地から詳細に解明した研究は殆どない。よって、本研究は太極拳、特に震脚が含まれる伝統陳式太極拳の動作を検証すること。また太極拳熟練者の神経系の調節機構、特に認知機能への効果についても脳波解析から検討した。太極拳動作は金剛搗碓における震脚動作、すなわちヒトが立った状態から左足に体重を移動し、反対側の右脚を持ち上げ、その姿勢から一気に右脚を床面に向かって伸展した時の地面反力を調べた。被験者は健常男性15名とし、8名が陳式太極拳熟練者(1名の達人を含む)、残り7名が初心者であった。結果、右脚震脚時の最大地面反力は熟練者群が初心者群と比べて有意に大であった。特に達人は10.7 kNで、自体重の15.5倍を記録した。軸足(左)地面反力における圧力中心の移動距離は、熟練者群が有意に短かった。キネマティクスでは、軸(左)脚に注目すると初心者は右脚の動きに同調するかのように膝が幾分伸展し、身体重心が鉛直方向に熟練者よりも有意に上昇した。右脚の最上段から床面衝撃に至るまでに注目すると、その間の各セグメントの重心移動時間は初心者群で有意に長かった。さらに、初心者群では接地後も動きが収まらず、身体重心の沈み込みが有意に大であった。ところが、熟練者群では右足接地後の身体重心の沈み込みの距離、胴体の鉛直加速度が両方とも有意に小であった。興味ある動きは熟練者、特に達人は右足接地までの間に骨盤の多角的な回旋運動が、右膝伸展の前に見られた。筋活動は最初に左外側広筋、次に左大腿直筋、左脊柱起立筋、そして右脊柱起立筋、左外側広筋、左大腿直筋の順に、右足接地前に現れた。このような筋活動に沿った運動エネルギーの流れが、短時間に円滑に左下肢から右下肢へと移ったことが明らかとなり、達人が体重の15倍もの衝撃力を生み出した理由が垣間見えた。 次に、なぜ太極拳達人が人並み外れた技を発揮できるのか、長年の太極拳修練者の脳波を太極拳未実践者と比較、検討した。被験者は太極拳未経験の健常成人男性6名と、太極拳を実践している健常成人男性3名(太極拳経験年数:22.3±10.0年)であった。結果、太極拳を長期に渡って実践することで、特異な刺激に対する応答性の向上、および反応・対処すべき事象に対する記憶判断処理の向上が示唆される結果が得られた。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 中高年者の健康維持増進のための合理的な体操の開発とその理論付け

    2010.04
    -
    2011.03

    アメリカ   コロラド大学

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 1985
    -
     

    日本生理学会  評議員

  •  
     
     

    日本電気生理運動学会  評議員

  •  
     
     

    日本体力医学会  評議員