SHIRAISHI, Masaya

写真a

Affiliation

Faculty of International Research and Education

Job title

Professor Emeritus

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1979

    The University of Tokyo  

  •  
    -
    1979

    University of Tokyo   Graduate School, Division of Sociology   Doctor Course in International Relations  

  •  
    -
    1970

    The University of Tokyo   College of Arts and Sciences  

  •  
    -
    1970

    University of Tokyo   Faculty of Liberal Arts   Section of International Relations, Department of Liberal Arts  

Degree 【 display / non-display

  • University of Tokyo   Doctor in International Relations

Research Experience 【 display / non-display

  • 1999.04
    -
    Now

    早稲田大学院アジア太平洋研究科教授、

  • 1999
    -
     

    April 1999 to Present Professor on International Relations,

  • 1995.04
    -
     

    -99年3月 横浜市立大学国際文化学部国際関係学科教授兼任

  • 1993.04
    -
     

    -99年3月 横浜市立大学大学院国際文化研究科教授兼任

  • 1992.05
    -
     

    -99年3月 横浜市立大学文理学部国際関係専攻課程教授

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本ベトナム研究者会議

  •  
     
     

    アジア政経学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Politics

  • History of Asia and Africa

Research Interests 【 display / non-display

  • 東南アジア地域研究

  • 国際関係論

  • Southeast Asian Studies

  • International Relations

  • Political Science

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Indochina, Thailand, Japan and France during World War Ⅱ: Overview of Existing Literature and Related Documents for the Future Development of Researh/第二次世界単戦期のインドシナ・タイ、そして日本・フランスに関する研究蓄積と一次資料の概観-研究のさらなる進展を目指して

    早稲田大学アジア太平洋研究センター  2015 ISBN: 9784902590401

  • Indochina, Thailand, Japan and France during World War Ⅱ: Overview of Existing Literature and Related Documents for the Future Development of Researh/第二次世界単戦期のインドシナ・タイ、そして日本・フランスに関する研究蓄積と一次資料の概観-研究のさらなる進展を目指して

    早稲田大学アジア太平洋研究センター  2015 ISBN: 9784902590401

  • 日本の「戦略的パートナーシップ」外交:全体像の俯瞰

    早稲田大学アジア太平洋研究センター  2014

  • "ASEAN Centrality and External Relations in the Asia-Pacific"

    Yasushi Kikuchi & Vesselin Popovski eds., Building ASEAN Identity on a Transitional Dimension, United Nations University  2014 ISBN: 9789280880373

  • "ASEAN Centrality and External Relations in the Asia-Pacific"

    Yasushi Kikuchi & Vesselin Popovski eds., Building ASEAN Identity on a Transitional Dimension, United Nations University  2014 ISBN: 9789280880373

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • カンボジア、ラオス、ベトナム国境「開発の三角地帯」に対する日本政府の支援事業:日本ASEAN統合基金(JAIF)を通じての支援(2008~2013)

    白石昌也

    アジア太平洋討究   24   1 - 37  2015

  • カンボジア,ラオス,ベトナム国境<開発の三角地帯>に対する日本政府の支援事業:2005~2007 年度

    白石昌也

    アジア太平洋討究   23   203 - 234  2014

  • 日本・ベトナム間の「戦略的パートナーシップ」:その経緯と展望

    白石昌也

    アジア太平洋討究   No.22   289 - 324  2014

  • カンボジア、ラオス、ベトナム国境三角地帯の開発構想に対する日本政府の支援:2008~2012年

    白石昌也

    アジア太平洋討究   No.21   23 - 37  2013

  • 翻訳「ベトナム文化遺産法」(2001年)、同「修正法」(2009年)

    訳者, 白石昌也, 三田翔平

    アジア太平洋討究   No.21   268 - 294  2013

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 文化戦士徽章(ベトナム政府)

    1999  

  • Medal of Cultural Combattant (Awarded by the Government of Socialist Republic of Vietnam)

    1999  

  • 発展途上国研究奨励賞(アジア経済研究所)

    1994  

  • Prize for Studies on Developing Countries (Awarded by Institute of Developing Economies)

    1994  

Research Projects 【 display / non-display

  • 文科省科研基盤(A)「第2次世界大戦期の日本・仏印・ベトナム関係研究の集大成と新たな地平」

    Project Year :

    2013
    -
     
     

  • 特定課題研究「第2次世界大戦期の日本・仏印・ベトナム関係研究の集大成と新たな地平」

    Project Year :

    2013
     
     
     

  • Research Project Basic A sponsored by Ministry of Education and Sciences "Comprehensive Study on Japan-French Indochina-Vietnam Relations during the Second World War"

    Project Year :

    2013
    -
     
     

  • Waseda University Research Project "Comprehensive Study on Japan-French Indochina-Vietnam Relations during the Second World War"

    Project Year :

    2013
     
     
     

  • 文科省科研基盤A「インドシナにおける越境交渉と複合回廊の展望」

    Project Year :

    2002
    -
    2006
     

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 第2次大戦期ラオス、カンボジアの政治・社会的ダイナミズムに関する萌芽的研究

    2016   村嶋英治, 笹川 秀夫, 菊池 陽子

     View Summary

    アジア太平洋研究科を拠点とする科研費基盤A「第二次世界大戦期日本・仏印・ベトナム関係研究の集大成と新たな地平」(代表者・白石昌也)や基盤B「植民地史を書き換える:東南アジアの日本占領行政からみた欧米植民地支配」(代表者・早瀬晋三教授)とも連携しつつ以下の活動を展開:①2016年5月早稲田大学で国際ワークショップ“Indochina during the SecondWorld War”開催②2015年9月ハノイで実施の国際シンポジウムのプロシーディングス刊行③ 朝日新聞大阪本社所蔵の第二次世界大戦期仏印関連映像資料のリスト刊行④『東京朝日新聞』1940~1945年の大陸部東南アジア関連記事のリスト化作業⑤仏印に駐在した外交官・横山正幸の仏語回想録邦訳編集(最終フェーズ)

  • 第2次大戦期ラオス、カンボジアの政治・社会的ダイナミズムに関する萌芽的研究

    2015   村嶋 英治, 笹川 秀夫, 菊池 陽子

     View Summary

    科研費基盤A「第二次世界大戦期日本・仏印・ベトナム関係研究の集大成と新たな地平」(研究代表者・白石昌也)と連携しつつ、2015年7月18日早稲田大学で研究会を実施した(9月国際シンポジウムに向けての準備、並びにゲストスピーカー・根本敬・上智大学教授の報告)。2015年9月18-19日ハノイで開催された国際シンポジウム "Vietnam- Indochina-Japan Relations during the Second World War: Documents and Interpretation" (早稲田大学アジア太平洋研究センターとハノイ社会人文科学大学との共催) に参加し、研究代表者の白石昌也は基調報告、連携研究者の村嶋英治、笹川秀夫、菊池陽子はそれぞれのペーパーを発表した。それらペーパーは、2016年度に刊行予定の国際シンポジウム・プロシーディングス(早稲田大学アジア太平洋研究センター発行)に所収される。上述の科研費基盤A及び科研費基盤B「植民地史を書き換える:東南アジアの日本占領行政からみた欧米植民地支配」(研究代表者・早瀬晋三教授)と連携しつつ、朝日新聞社大阪本社所蔵の第二次世界大戦期の仏領インドシナ関連資料のリスト化、ならびに東京朝日新聞に記載された1940~1945年のインドシナ、タイ、ビルマ関係記事のリスト化を実施した。白石はベトナム、村嶋はタイ、笹川はカンボジア、菊池はラオスにおいて関連資料調査などを実施した。

  • 第2次世界大戦期日本・仏印・ベトナム関係研究の集大成と新たな地平

    2013  

     View Summary

    ≪はじめに≫2013年10月に、科研費基盤(A)一般の年度中途採択通知を受けたために、その時点で特定課題の経費は打ち切られた。しかし、本報告においては、2013年10月以降、2014年3月まで科研費として実施した活動をも併せて記載する。ちなみに、採択された科研費と特定課題研究のタイトルは同一である。≪国内研究会≫特定課題研究費によって、7月と10月に2回の研究会、そして科研費によって、2013年2月に第3回の研究会を、早稲田大学で実施した。★第1回研究会(7月25日)①17:00~17:45 菊池陽子(東京外国語大学准教授)「第2次世界大戦期の日本・ラオス関係」②17:45~18:30 早瀬晋三(早稲田大学教授)「南方開発金庫調査資料のなかの仏印関係資料」③18:45~19:30 笹川秀夫(立命館APU准教授)「第二次世界大戦期カンボジアの政治動向とその研究状況」★第2回研究会(10月7日)①14:00~16:00 科研申請書についての打ち合わせ②16:00~17:30 湯山英子(北海道大学助教)「仏領インドシナにおける日本商の活動:1910年代から1940年代はじめを中心に」★第3回研究会(2月6日)①16:00-16:45 Vo Minh Vu(ハノイ社会人文科学大学東洋学部専任講師、東京大学に滞在中)「アジア・太平洋戦争期の仏印における日本の華僑対策:印度支那派遣軍司令部の華僑工作案及び森徳久の華僑対策提言を中心に」②16:45-17:30 岡田友和(日本学術振興会特別研究員PD/大阪大学文学研究科非常勤講師)「両大戦間期インドシナにおける『サロー主義』」③17:40-18:00 科研打ち合わせ≪国内調査≫★戦時中にインドシナに滞在していた横山正幸・公使(仏印資源調査団長、のちに安南王国最高顧問)の仏語回想録の翻訳。★戦前・戦中期の南方関係資料類の調査、整理。★関連邦語、欧米語、越語文献の整理。★また、学外の研究協力者・湯山英子は、上述の科研費により、2月21日~23日:京都大学での在台湾日本語関係資料ワークショップ「在台湾日本関係歴史資料の保存と利用」に参加し、関係者及び研究者から情報を収集≪海外調査≫★研究代表者・白石昌也自身は、本年度の特定課題の経費によって海外出張を実施することはなかったが、上述の科研費、およびそれ以外の財源によって、以下のように海外調査を実施した。8月27日~9月29日:ホーチミン市のベトナム第2国立文書館で関連資料調査、ハノイ大学で日越関係に関する国際シンポジウム参加11月20日~25日:ダナン大学で日越関係国際シンポジウム参加12月11日~21日:ホーチミン市のベトナム第2国立文書館で関連資料調査など2月18日~3月9日:プノンペンのカンボジア国立文書館、ホーチミン市ベトナム第2国立文書館で関連資料調査など3月16日~25日:ハノイのベトナム第1、および第3国立文書館で関連資料調査など★さらに、学内の連携研究者・早瀬晋三は上述の科研費により、3月17~24日にハノイ及びルアンパバーンにて、旧フランス領インドシナの戦争の記憶に関する博物館・記念碑の調査★学外の研究協力者・難波ちづるは、上述の科研費により、3月12日~28日:パリのL'Académie des sciences d'outre-Merにおけるシンポジウム”De l'Indochine coloniale au Vietnam actuel” に参加、“Propagandes et rivalité culturelles dans l'Indochine de Decoux” のタイトルで報告、またパリの国立図書館、エクサンプロバンスの海外文書館などで関連史料調査★学外の研究協力者・菊池陽子は、上述の科研費により、2月16日~23日:ビエンチャンにて関連資料調査、関係者へのインタビュー調査★学外の研究協力者・湯山英子は、上述の科研費により、3月4日~14日:台北の国立台湾大学、国立中央図書館台湾分館、中央研究院図書館などで関連資料調査、また埔里および高雄にて関係者へのインタビュー調査★学外の研究協力者・立川京一は、上述の科研費により、3月8日~16日:パリの外交資料館、軍事資料館などで関連資料調査≪おわりに≫特定課題から科研費へと研究プロジェクトが円滑に繋がり、今後2018年3月まで同一テーマによる共同研究を展開していく予定である。

  • インドシナにおける越境交渉と複合回廊の展望

    2003  

     View Summary

    本研究は科研基盤研究A(1)「インドシナにおける越境交渉と複合回廊の展望」(2002-2005年度)をサポートするものとして採用された。主として、関連図書、資料、消耗品の購入、通信費や雑費等に支出し、同上科研と相乗することによって、所期の成果を達成した。具体的には、同上科研の研究分担者や研究協力者との国内研究会の開催(メンバーによる報告、及びゲストスピーカーによる報告)、ベトナム、ラオス、タイ、カンボジア、雲南への現地調査を実施した。

  • インドシナ地域圏協力の現状と今後の展望

    1999  

     View Summary

    ①関連文献とりわけ日本語、英語及びベトナム語の定期刊行物より関連記事を収集する作業を学生アルバイトの助力を得て行なった。②外務省及び国際開発銀行(旧OECF)の担当者にインタビューし、意見交換を行った。③1999年8月のベトナム、中国、(広西、雲南)調査および12月のベトナム調査において、中国、ベトナム、当向者などから事情聴取を行なうとともに、中越国境交易の現地調査を行い、貴重な資料、情報を入手した。インドシナ地域圏には広西、雲南も包含されるため、それら地域とベトナムの国境を越えた物流、人的往来は不可欠なテ-マである。④目下、国際開発銀行開発金融研究所と、インドシナ地域圏協力、共同開発に関する基礎的調査のための共同研究プロジェクトについて協議中であり、2000年4月より自主研究会を立ち上げ、2001年4月より本格的研交プロジェクトに発展させる予定である。

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 日本・インドシナ関係の歴史的総括と展望

    2011.03
    -
    2012.03

    フランス   東アジア研究所