小室 輝昌 (コムロ テルマサ)

写真a

所属

人間科学学術院

職名

名誉教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1964年

    東京教育大学   理学部   生物  

学位 【 表示 / 非表示

  • 九州大学   医学博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 1973年
    -
    1991年

    愛媛大学医学部 助教授 (解剖学)   School of Medicine

  • 1973年
    -
    1991年

    Associate Professor

  • 1991年
    -
     

    - 早稲田大学人間科学部 教授

  • 1991年
    -
     

    - Professor

  • 1968年
    -
    1973年

    九州大学医学部 助手 (解剖学)   School of Medicine

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    国際自律神経学会(ISAN)

  •  
     
     

    日本平滑筋学会

  •  
     
     

    日本解剖学会

  •  
     
     

    日本顕微鏡学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 解剖学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 組織学

  • Embryology)

  • Anatomy in General (incl.Histology

  • Histology

Misc 【 表示 / 非表示

  • Three-dimensional demonstration of the interstitial cells of Cajal associated with the submucosal plexus in guinea-pig caecum

    Hiromi Tamada, Terumasa Komuro

    CELL AND TISSUE RESEARCH   344 ( 1 ) 183 - 188  2011年04月

     概要を見る

    The guinea-pig caecum was studied by using immunohistochemistry for Kit receptors and nerves to clarify whether interstitial cells of Cajal (ICC) were localized in association with the submucosal plexus (ICC-SP). A large area of the guinea-pig caecum was nearly devoid of longitudinal muscles, because they were concentrated into three bundles of the taenia caeci (coli) and this allowed clear observation of the myenteric and submucosal plexus as separate networks in whole-mount stretch preparations. The myenteric plexus was observed as a loose polygonal network consisting in elongated ganglia and long connecting nerve strands, whereas the submucosal plexus was identified as smaller ovoid ganglia connected to much thinner nerve strands in different tissue layers. Three-dimensional reconstruction of confocal images revealed multipolar-shaped ICC-SP located around the submucosal ganglion in a basket formation. Bipolar ICC-SP were also observed along the connecting nerve strands of the submucosal plexus. The functional involvement of ICC-SP in mucosal activity is discussed in relation to fluid transportation. This three-dimensional study of ICC-SP thus provides a candidate for the most suitable material available for functional experiments examining the physiological significance of ICC-SP.

    DOI

  • Three-dimensional demonstration of the interstitial cells of Cajal associated with the submucosal plexus in guinea-pig caecum

    Hiromi Tamada, Terumasa Komuro

    CELL AND TISSUE RESEARCH   344 ( 1 ) 183 - 188  2011年04月

     概要を見る

    The guinea-pig caecum was studied by using immunohistochemistry for Kit receptors and nerves to clarify whether interstitial cells of Cajal (ICC) were localized in association with the submucosal plexus (ICC-SP). A large area of the guinea-pig caecum was nearly devoid of longitudinal muscles, because they were concentrated into three bundles of the taenia caeci (coli) and this allowed clear observation of the myenteric and submucosal plexus as separate networks in whole-mount stretch preparations. The myenteric plexus was observed as a loose polygonal network consisting in elongated ganglia and long connecting nerve strands, whereas the submucosal plexus was identified as smaller ovoid ganglia connected to much thinner nerve strands in different tissue layers. Three-dimensional reconstruction of confocal images revealed multipolar-shaped ICC-SP located around the submucosal ganglion in a basket formation. Bipolar ICC-SP were also observed along the connecting nerve strands of the submucosal plexus. The functional involvement of ICC-SP in mucosal activity is discussed in relation to fluid transportation. This three-dimensional study of ICC-SP thus provides a candidate for the most suitable material available for functional experiments examining the physiological significance of ICC-SP.

    DOI

  • Distribution and morphological characteristics of the interstitial cells of Cajal in the ileocaecal junction of the guinea-pig

    Sachiko Miyamoto-Kikuta, Taichi Ezaki, Terumasa Komuro

    CELL AND TISSUE RESEARCH   338 ( 1 ) 29 - 35  2009年10月

     概要を見る

    The guinea-pig ileocaecal junction including the valve was studied by immunohistochemistry to clarify the organization of the muscle bundles, the enteric nerves and the interstitial cells of Cajal (ICC). This region clearly exhibited characteristic features in the distribution patterns of ICC in a proximal to distal direction: (1) the thickened portion of the terminal ileum immediately adjacent to the ileocecal junction contained many ICC throughout the circular (ICC-CM) and longitudinal (ICC-LM) muscle layers, but ICC were few or absent in the rest of the ileum; (2) the ileal side of the valve contained ICC associated with the deep muscular plexus (ICC-DMP) as in the small intestine, whereas ICC-DMP were absent in the caecal side as in the caecum; (3) the valve contained many ICC-CM and ICC-LM in both the ileal and caecal sides; (4) many ICC associated with the myenteric plexus were observed in both the ileal and caecal sides of the valve, whereas they were only sparsely found in the caecum; (5) ICC were also observed around the submucosal plexus in a confined area of the terminal ileum and the ileocaecal valve. These observations provide morphological evidence that the terminal ileum and ileocaecal valve are specially equipped for their active involvement in the movement of the junctional area.

    DOI

  • Distribution and morphological characteristics of the interstitial cells of Cajal in the ileocaecal junction of the guinea-pig

    Sachiko Miyamoto-Kikuta, Taichi Ezaki, Terumasa Komuro

    CELL AND TISSUE RESEARCH   338 ( 1 ) 29 - 35  2009年10月

     概要を見る

    The guinea-pig ileocaecal junction including the valve was studied by immunohistochemistry to clarify the organization of the muscle bundles, the enteric nerves and the interstitial cells of Cajal (ICC). This region clearly exhibited characteristic features in the distribution patterns of ICC in a proximal to distal direction: (1) the thickened portion of the terminal ileum immediately adjacent to the ileocecal junction contained many ICC throughout the circular (ICC-CM) and longitudinal (ICC-LM) muscle layers, but ICC were few or absent in the rest of the ileum; (2) the ileal side of the valve contained ICC associated with the deep muscular plexus (ICC-DMP) as in the small intestine, whereas ICC-DMP were absent in the caecal side as in the caecum; (3) the valve contained many ICC-CM and ICC-LM in both the ileal and caecal sides; (4) many ICC associated with the myenteric plexus were observed in both the ileal and caecal sides of the valve, whereas they were only sparsely found in the caecum; (5) ICC were also observed around the submucosal plexus in a confined area of the terminal ileum and the ileocaecal valve. These observations provide morphological evidence that the terminal ileum and ileocaecal valve are specially equipped for their active involvement in the movement of the junctional area.

    DOI

  • Characterization of interstitial cells of Cajal in the subserosal layer of the guinea-pig colon

    Hiromi Aranishi, Yumi Kunisawa, Terumasa Komuro

    CELL AND TISSUE RESEARCH   335 ( 2 ) 323 - 329  2009年02月

     概要を見る

    Interstitial cells of Cajal in the subserosa (ICC-SS) of the guinea-pig proximal colon were studied by immunohistochemistry for c-Kit receptors and by transmission electron microscopy. These cells were distributed within a thin layer of connective tissue space immediately beneath the mesothelium and were multipolar with about five primary cytoplasmic processes that divided further into secondary and tertiary processes to form a two-dimensional network. Ultrastructural observations revealed that ICC-SS were connected to each other via gap junctions. They also formed close contacts and peg-and-socket junctions with smooth muscle cells. Three-dimensional analysis of confocal micrographs revealed that the cytoplasmic processes of ICC-SS had contacts with interstitial cells in the longitudinal muscle layer. Taking account of the location and peculiar arrangement of the ICC-SS and the main functions of the proximal colon, i.e. the absorption and transport of fluids, we suggest that the superficial network of ICC-SS acts as a stretch receptor to detect circumferential expansion and swelling of the colon wall and triggers the contraction of the longitudinal muscle to accelerate the drainage of fluids from the colon.

    DOI

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 消化管運動調節機構の微細構造

  • 間葉系細胞の多能性

  • 自律神経系末梢部の支配機構

  • 消化管運動調節機構の形態学的解析

  • Multipotency of the mesenchymal cells

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • カハールの介在細胞と類似細胞の形態学的解析

    2009年  

     概要を見る

     カハールの介在細胞(interstitial cells of Cajal:ICC)は消化管運動のペースメーカーあるいは神経信号の伝達役として広く知られるようになったが、ICC を識別、同定しようとする研究の過程で、異種類似細胞の平滑筋運動への関与も示唆されるようになり、 (1)消化管運動調節機構を包括的に考察する上では、神経、筋、ICC に加えICC 類似細胞も含めた細胞要素の相互の関係を三次元的に捉えることが重要となって来ている。また、(2)ICC 自体についても、各サブタイプの個々の細胞学的特徴にとどまらず、ネットワークとしての広がり、相互の連続性の有無などの検索が、調節機能の考察に必要となって来ている。 ところで、ICC の同定にはc-Kit 受容体蛋白の免疫組織化学が特異的染色法として用いられているが、Kit 陰性ICC類似細胞の描出には、信頼性の高い確実な手法は無く、本研究においても、種々模索する段階にあった。しかしながら、本年、競合する研究者によりPDGFR (platelet-deribed growth factor receptor) の免疫染色を用いたマウス消化管でのKit 陰性ICC類似細胞が観察され、ICC とは異なる細胞性ネットワークの存在することが証明された。これに則り、成果の総合的検討の必要上、手元データとしてICC 観察の蓄積のあるモルモットでの同手法を試みたが、動物種差によるものかモルモットでの描出は困難であった。 そこで、以後、(2)の観点からの課題に絞り、モルモット結腸における ICC の立体的構築について検索した。 その結果、結腸筋叢間神経叢のICC-MPは、これまで報告してきた消化管部位に照らしてみると、胃幽門部とは異なる一方、小腸のICC-MPと同様、神経節周辺に籠状構造を作ることが明らかとなった。また、小腸に比して良く発達した輪走筋層内の ICC-CM は連続したネットワークを構成しており、ICC-MP とも組織層を越えて連絡していることが明らかとなった。

  • 消化管におけるICC類似細胞の形態学的解析

    2008年  

     概要を見る

     消化管の運動は、交感、副交感の自律神経によって調節されていると、考えられて来たが、近年では、これに加えて、内在性の腸管神経系とカハールの介在細胞(interstitital cells of Cajal:ICC)が制御機構の一員として、重要な役割を担うことが明らかとなっている。ICCは、消化管運動のペースメーカー或は神経からの信号を平滑筋に伝える興奮伝達機能をもつことが証明されているが、ICCの研究が進むなかで、更に、ICCとは細胞学的に異種類似の細胞の存在が判明し、平滑筋運動の包括的理解のための新たな課題となっている。ICCは線維芽細胞に似た特徴を示す間葉系の細胞で、c-kit遺伝子の支配を受けるKit受容体を細胞膜上に持つことから、Kit抗体を用いた免疫染色により陽性細胞として識別される。一方、本研究で注目する類似の細胞はKit染色陰性で、その分布の詳細は、これまでのところ不明である。 そこで、モルモット小腸および大腸を材料として、筋層におけるICC類似細胞の分布や他細胞要素との関係を明らかにすることを目的として、まず、間葉系細胞に特異的にみられるCD34抗体の免疫染色による描出を試みた。凍結切片では、小腸筋層内にCD34陽性細胞の存在は観察できたが、二次元的広がりの中の分布、ネットワークを知るための筋層剥離伸展標本では、充分な観察像は得られなかった。固定の強度など(ザンボニ固定、パラホルムアルデヒド固定、アセトン固定など種類、時間、濃度)を調節し、なお検討を続行している。免疫染色の不調を補うため、電子顕微鏡による微細構造上の検索に重点を移して観察を行い、モルモット小腸筋層に、ICCと異なる特徴を持ち、かつ、線維芽細胞と類似した細胞が、神経終末、平滑筋細胞と接着装置により結合するのを認めた。これらの所見は、平滑筋の運動制御に関与するKit抗体染色陰性のICC類似細胞に相当するものと推定した。

  • カハールの介在細胞各サブタイプの細胞学的特性とキット陰性類似細胞の解析

    2006年  

     概要を見る

    カハールの介在細胞(Interstitial Cells of Cajal :ICC)は、消化管筋組織における運動のペースメーカーおよび神経信号の伝達装置として働くことが、従来の研究によって明らかにされているが、その分布や形態学的特徴は消化管の部位によって異なる。本研究では、同一の器官内でも領域によってICCサブタイプの分布に相違を示す事が知られている胃について、ICC細胞網の三次元的構築、神経要素との関係等、詳細な解析を進めるためモルモットを材料として検索した。手法としては、Kit抗体(ICC),PGP9.5抗体(神経要素)による免疫組織化学的染色を用い、共焦点顕微鏡によって観察した。 輪走および縦走筋層内のICCは部位により相違を示し、胃底部では単純な双極性の形の細胞が多く、胃体部より幽門部にかけては一次突起の先端で分枝を示すものが多く観察された。分枝の傾向は、輪走筋層の内層(粘膜に近い側)でより多く見られる傾向にあった。筋層内のICCは輪走縦走両筋層とも、神経腺維と密接して観察されたが、これは、ICCの神経信号の伝達装置としての機能と良く符号する所見であった。また、幽門括約筋部に近い幽門前庭部の極く一部には、輪走筋層と粘膜下結合組織との境界部にICC-SMが観察された。 筋層間神経叢部のICC-MPは胃底部には存在せず、胃体部から少数出現し、幽門前庭部では非常に発達して認められた。全載伸展標本による観察から、この幽門前庭部のICC-MPは小腸で見られるような神経節を囲む明瞭な籠状構造は作らず、不規則な束状、集塊状をなして分布することが明らかとなった。胃では蠕動運動は胃体部から始まり幽門部に伝播することが生理学的実験から知られているが、これらの生理学的知見との関連のもとに上記の観察所見について考察した。

  • カハールの介在細胞の系統発生学的考察

    2004年  

     概要を見る

     ヒトを含むほ乳類消化管における蠕動運動のペースメーカーとして、カハールの介在細胞(Interstitial cells of Cajal: ICC)の独立した細胞型としての存在が確立されたが、この細胞の進化学的、系統発生学的位置付けを知る成績は皆無にちかい。そこで本研究では、ICC が脊椎動物中どのような動物群に認められるのか、免疫組織化学的ならびに電子顕微鏡的に検索した。 最初に広く検索することが可能なKit 受容体蛋白の抗体を用いた免疫組織化学染色による観察では、カナヘビ(は虫類)、ウシガエル、アフリカツメガエル(両生類)の消化管とも、ICCの細胞網と認められる構造は観察されなかった。しかし、は虫類、両生類のICCとほ乳類によって得られたKit 受容体抗体との適合性の問題、また Kit は発現しないがICCに相当する細胞がある可能性もあるため、次に、電子顕微鏡観察による、微細構造上の判断基準による検討を試みた。 その結果、アフリカツメガエルの小腸では、筋層間神経叢の位置に相当して、神経節細胞、神経膠細胞、線維芽細胞のいずれにも該当しない細胞が神経節細胞の周辺に観察された。この細胞は細胞質の電子密度が低く、豊富なミトコンドリアを含み、表面細胞膜にはカベオラが認められた。また、発達した細胞突起は互いにギャップ結合で結合し、細胞網を構成するのが観察された。これらの特徴は、マウスやラット等ほ乳類の実験動物で知られているICCの微細構造上の判断基準に合致するものであり、従来広く使用されているKit抗体(ACK2)による免疫組織化学では検出されないものの、アフリカツメガエル小腸筋層間神経叢部にはICCが存在するものと推定した。

  • 消化管運動調節に与る間質性細胞の細胞組織学的研究

    2004年  

     概要を見る

     間葉系由来のカハールの介在細胞(Interstitial cells of Cajal: ICC)が消化管蠕動運動のペースメーカーおよび平滑筋への興奮伝達機能を有することは、既に周知の事実となったが、その一方、多年に渡って蓄積されて来た腸管神経系の研究成果、例えば、各種ニューロンの支配領域、投射方向などを示す回路図に対応させ、どのように運動制御機構に関わっているのかを具体的に検討するまでの充分な成果は得られていない。 本研究では、このような考察のための基本的データを得るため、モルモットの小腸を材料として、ICC各型の三次元的構築、数量的特徴について検索を試みた。試料は全載伸展標本としてICCの描出にはc-Kit抗体、 神経要素にはPGP9.5抗体による免疫組織化学染色を施し、共焦点顕微鏡により観察した。 生後6週令、腸管の円周約20mmの動物の空腸では、筋層間神経節は小腸の長軸に対して、およそ700~800ミクロンの間隔で配列しており、筋層間神経叢のICC-APは個々の神経節をカゴ状に取り巻いているのが明瞭に観察された。多極性の細胞の突起間の距離はしばしば200μmを越え、円周に沿った長さは平均約150μmで、円周あたりの数は約130個であった。 このことは、蠕動運動が腸管の長軸上の一点を通る腸壁の円周から起ると考えるとき、少なくとも約130個のICC-APが同時に発火する可能性を示唆するものである。深部筋神経叢のICC-DMPは同じく多極性の細胞であるが、突起は輪走筋に沿って走行するため、円周方向の突起の長さは約200~300μm、円周あたりの数は約80個、腸管長軸方向の細胞列の間隙は平均50μmであった。また輪走筋層内のICC-CMは輪走方向に平行に位置する長さ約250~350μmの双極性の細胞で、非常にまばらに観察された。

全件表示 >>