円城寺 守 (エンジョウジ マモル)

写真a

所属

教育・総合科学学術院

職名

名誉教授

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1972年

    東京教育大学大学院   理学研究科   地質学鉱物学  

  •  
    -
    1972年

    Tokyo University of Education, Graduate School   Graduate School, Division of Natural Science   Deology and Mineralogy Course  

  •  
    -
    1967年

    早稲田大学   理工学部   資源工学  

  •  
    -
    1967年

    早稲田大学   Faculty of Science and Engineering  

学位 【 表示 / 非表示

  • 該当なし   理学博士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本地球化学会

  •  
     
     

    日本地質学会

  •  
     
     

    日本地熱学会

  •  
     
     

    日本地学教育学会

  •  
     
     

    日本岩石鉱物鉱床学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機・錯体化学

  • 固体地球科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 地球化学

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 地球環境システム

    学文社  2004年

Misc 【 表示 / 非表示

  • 老侯から諸君への伝言

    円城寺 守

    早稲田大学教育学部「がくぶほう」   ( 94 ) 6 - 7  2005年

  • Chemical Composition of ores from the Takara Volcanogenic massive sulfide deposit,Central Japan.

    YAKUSHI, Daigoro, ENJOJI, Mamoru

    Resource Geology   54 ( 4 ) 437 - 446  2004年

     概要を見る

    The Takara volcanogenic massive sulfide (VMS) deposit occurs in Miocene formation of the Misaka Mountain, the South Fossa Magna region, central Japan. The tectonic setting of the Misaka Mountain is reconstructed to be a part of the paleo Izu-Ogasawara arc which collided with the Honshu arc and to form accreted body in the present position. The Takara deposit, therefore. is considered to have formed in the paleo Izu-Ogasaswara arc.
    The ores from the Takara deposit are classified into pyrite-type ore, chalcopyrite-type ore. and sphalerite-type ore on the basis of chemical composition and their mineral assemblages. Some pyrite-type ores are characterized by their high Au content. The Au content is hardly recognized in the chalcopyrite-type and sphalerite-type ores.
    The ores from the Takara deposit have intermediate bulk chemical composition between those from the Besshi-type deposits and the Kuroko-type deposits that are two representative VMS deposits. However, the bulk chemical composition is closer to that from the Kuroko-type deposits. And moreover, chemical composition of tetrahedrite-tennantite series numerals (tetrahedrite) is similar to that from the Kuroko-type deposits. The bulk chemical composition (Cu, Z, Co, Ph, and As, contents) of ores is affected by the chemical composition of volcanic rocks associated with VMS deposit.

    DOI

  • 南部フォッサマグナ地域における鉱床の形成場と生成時期

    薬師大五郎, 円城寺 守

    資源地質   54 ( 2 ) 167 - 174  2004年

    DOI CiNii

  • 山梨県宝鉱床産の砒素に富む黄鉄鉱

    薬師大五郎, 円城寺 守

    資源地質   54 ( 2 ) 139 - 144  2004年

    DOI CiNii

  • 座談会「教育学部の未来を語る」

    円城寺 守

    早稲田大学教育学部報   ( 92 ) 2 - 15  2004年

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 形態および化学組成からみた漂砂金の生成環境に関する研究

    1997年
    -
     

  • 極東ロシア沿海地域における鉱物資源の賦存状況に関する研究

    1997年
    -
     

  • Genesis of placer gold, looking over the morphology and chemical conpositions

    1997年
    -
     

  • Metallogery in Coastal Province, Far East Russia.

    1997年
    -
     

  • ロシアトランスバイカル地方における鉱床学的調査

    1995年
    -
     

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 花崗岩中の融体および流体包有物の研究

    研究期間:

    1995年
    -
    2010年
     

  • 形態および化学組成からみた漂砂金の生成環境に関する研究

    研究期間:

    1995年
    -
    2010年
     

  • Melt and fluid mclusions in minerals from granitoids.

    研究期間:

    1995年
    -
    2010年
     

  • Genesis of placer gold, looking over the morphology and chemical compositions

    研究期間:

    1995年
    -
    2010年
     

  • 漂砂金の性質と成因

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年
    -
    1989年

    資源地質学会  評議員

  • 1984年
    -
     

    日本地学教育学会  評議員