大川 万里生 (オオカワ マリオ)

写真a

所属

理工学術院 理工学術院総合研究所

職名

次席研究員(研究院講師)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年03月
    -
    2011年04月

    東京大学   大学院新領域創成科学研究科   物質系専攻 博士後期課程  

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    東京大学   大学院新領域創成科学研究科   物質系専攻 修士課程  

  • 2002年04月
    -
    2006年03月

    東京理科大学   理学部第一部   応用物理学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京大学   博士(科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科   講師

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科   助教

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

    東京大学 物性研究所   日本学術振興会特別研究員(DC2)

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本放射光学会

  •  
     
     

    日本物理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 半導体、光物性、原子物理

  • 磁性、超伝導、強相関系

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 強相関電子系

  • 光電子分光

論文 【 表示 / 非表示

  • Electronic Structure of a Delafossite Oxide CuAlO2 in Comparison with CuCrO2

    Kenta Takahashi, Ryo Kato, Mario Okawa, Tetsuji Okuda, Akira Yasui, Eiji Ikenaga, Kanta Ono, Noriaki Hamada, Tomohiko Saitoh

    J PHYS SOC JPN   88   074701-1 - 074701-6  2019年06月  [査読有り]

    DOI

  • Temperature-dependent valence state within the metallic phase of BaV10O15 probed by hard x-ray photoemission spectroscopy

    S. Dash, M. Okawa, T. Kajita, T. Yoshino, R. Shimoyama, K. Takahashi, Y. Takahashi, R. Takayanagi, T. Saitoh, A. Yasui, E. Ikenaga, N. L. Saini, T. Katsufuji, T. Mizokawa

    PHYS REV B   99   035122-1 - 035122-6  2019年01月  [査読有り]

    DOI

  • Anomalous metallic state with strong charge fluctuations in BaxTi8O16+δ revealed by hard x-ray photoemission spectroscopy

    S. Dash, T. Kajita, M. Okawa, T. Saitoh, E. Ikenaga, N. L. Saini, T. Katsufuji, T. Mizokawa

    Physical Review B   97 ( 16 ) 165116  2018年04月  [査読有り]

     概要を見る

    We have studied a charge-orbital driven metal-insulator transition (MIT) in hollandite-type BaxTi8O16+δ by means of hard x-ray photoemission spectroscopy (HAXPES). The Ti 2p HAXPES indicates strong Ti3+/Ti4+ charge fluctuation in the metallic phase above the MIT temperature. The metallic phase is characterized by a power-law spectral function near the Fermi level which would be a signature of bad metal with non-Drude polaronic behavior. The power-law spectral shape is associated with the large Seebeck coefficient of the metallic phase in BaxTi8O16+δ.

    DOI

  • Quantum valence criticality in a correlated metal

    Kentaro Kuga, Yosuke Matsumoto, Mario Okawa, Shintaro Suzuki, Takahiro Tomita, Keita Sone, Yasuyuki Shimura, Toshiro Sakakibara, Daisuke Nishio-Hamane, Yoshitomo Karaki, Yasutaka Takata, Masaharu Matsunami, Ritsuko Eguchi, Munetaka Taguchi, Ashish Chainani, Shik Shin, Kenji Tamasaku, Yoshinori Nishino, Makina Yabashi, Tetsuya Ishikawa, Satoru Nakatsuji

    Science Advances   4 ( 2 ) eaao3547  2018年02月  [査読有り]

     概要を見る

    A valence critical end point existing near the absolute zero provides a unique case for the study of a quantum version of the strong density fluctuation at the Widom line in the supercritical fluids. Although singular charge and orbital dynamics are suggested theoretically to alter the electronic structure significantly, breaking down the standard quasi-particle picture, this has never been confirmed experimentally to date. We provide the first empirical evidence that the proximity to quantum valence criticality leads to a clear breakdown of Fermi liquid behavior. Our detailed study of the mixed valence compound a-YbAlB4 reveals that a small chemical substitution induces a sharp valence crossover, accompanied by a pronounced non-Fermi liquid behavior characterized by a divergent effective mass and unusual T/B scaling in the magnetization.

    DOI

  • Observation of a Pseudogap in the Vicinity of the Metal–Insulator Transition in the Perovskite-type Vanadium Oxides Nd1−xSrxVO3

    S. Yamamoto, D. Ootsuki, D. Shimonaka, D. Shibata, K. Kodera, M. Okawa, T. Saitoh, M. Horio, A. Fujimori, H. Kumigashira, K. Ono, E. Ikenaga, S. Miyasaka, S. Tajima, T. Yoshida

    Journal of the Physical Society of Japan   87 ( 2 ) 024708  2018年  [査読有り]

     概要を見る

    © 2018 The Physical Society of Japan. We have performed a photoemission study of the Mott–Hubbard system Nd1−xSrxVO3 (x = 0.20 and 0.30) to investigate the electronic structure in the vicinity of the metal–insulator transition. By using bulk sensitive hard X-ray photoemission spectroscopy, we have observed a large coherent spectral weight near the Fermi level compared to those observed with surface-sensitive low photons. In particular, a pseudogap with an energy of ~0.2 eV has been observed near the Fermi level, which is consistent with a prediction with a dynamical cluster approximation calculation. In order to understand the characteristic features in the Mott–Hubbard-type metal–insulator transition, particularly the pseudogap opening at x = 0.2 and 0.3, a phenomenological model of the self-energy has been proposed.

    DOI

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • Emergent photovoltage on SmB6 surface upon bulk-gap evolution revealed by pump-and-probe photoemission spectroscopy (vol 5, 8160, 2015)

    Y. Ishida, T. Otsu, T. Shimada, M. Okawa, Y. Kobayashi, F. Iga, T. Takabatake, S. Shin

    SCIENTIFIC REPORTS   5  2015年05月

    その他  

    DOI

  • 26pAD-5 Sr_3Fe_<2-x>Co_xO_<7-δ>の電子構造(26pAD 光電子分光(ドープ系ほか),領域5(光物性))

    内藤 理恵, 池永 英司, 組頭 広志, 坂井 延寿, 齋藤 智彦, 中野 裕太, 大川 万里生, 和達 大樹, 中村 亮太, 戸澤 純一郎, 赤木 暢, 桑原 英樹, 杉山 武晴

    日本物理学会講演概要集   67 ( 0 )  2012年

    CiNii

  • Two-Fermi-Surface Superconducting State and a Nodal d-Wave Energy Gap of the Electron-Doped Sm1.85Ce0.15CuO4-delta Cuprate Superconductor (vol 106, 197002, 2011)

    A. F. Santander-Syro, M. Ikeda, T. Yoshida, A. Fujimori, K. Ishizaka, M. Okawa, S. Shin, B. Liang, A. Zimmers, R. L. Greene, N. Bontemps

    PHYSICAL REVIEW LETTERS   107 ( 7 )  2011年08月

    その他  

    DOI

  • 23pGB-6 光電子分光法による二重ペロブスカイト型Co酸化物の電子構造(23pGB コバルト酸化物,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    長谷川 敦, 仲武 昌史, 姜 健, 島田 賢也, 生天目 博文, 谷口 雅樹, 上田 茂典, 山下 良之, 吉川 英樹, 小林 啓介, 西村 淳一, 齋藤 智彦, 大川 万里生, 小林 義彦, 寺門 悠樹, 新井 伸英, 浅井 吉蔵, 浜田 典昭

    日本物理学会講演概要集   66 ( 0 )  2011年

    CiNii

  • 22aGC-13 重い電子系価揺動物質α-YbAlB_4の鉄ドープ誘起量子臨界現象(22aGC 量子臨界,領域8(強相関系:高温超伝導,強相関f電子系など))

    久我 健太郎, O'Farrell E. C. T, 松本 洋介, 中辻 知, 大川 万里生, 高田 恭孝, 松波 雅治, 江口 律子, 田口 宗孝, Chainani Ashish, 辛 埴, 西野 吉則, 玉作 賢治, 矢橋 牧名, 石川 哲也, 木内 陽子

    日本物理学会講演概要集   66 ( 0 )  2011年

    CiNii

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Electronic structure of Pr1-xYxCoO3 probed by photoemission spectroscopy

    D. Kanai, R. Takayanagi, M. Okawa, Y. Kobayashi, M. Kobayashi, M. Minohara, K. Horiba, H. Kumigashira, A. Yasui, E. Ikenaga, T. Saitoh

    International Workshop on Trends in Advanced Spectroscopy in Materials Science (TASPEC)   (Hiroshima University, Higashi-Hiroshima, Japan) 

    発表年月: 2018年10月

  • 時間分解角度分解光電子分光によるLa1.2Sr1.8Mn2O7の電子構造の研究

    大久保晶平, 宮林麟太郎, 渡邉真莉, 大川万里生, 鈴木剛, 藤澤正美, 金井輝人, 石井順久, 板谷治郎, 野田正亮, 桑原英樹, 岡崎浩三, 辛埴, 齋藤智彦

    日本物理学会2018年秋季大会   (同志社大学京田辺キャンパス) 

    発表年月: 2018年09月

  • X線光電子分光によるBa3-xSrxNb5O15の電子状態

    安田辰徳, 大川万里生, 溝川貴司, 金銅勇輝, 梶田倫正, 勝藤拓郎, 齋藤智彦, 雀部矩正, 木康多, 保井晃, 中谷俊介, 宮林麟太郎

    日本物理学会2018年秋季大会   (同志社大学京田辺キャンパス) 

    発表年月: 2018年09月

  • 宇宙機ラジエータに応用するペロブスカイト型Mn酸化物の硬X線光電子分光法による価電子帯電子構造研究

    中谷俊介, 飯尾大貴, 大川万里生, 太刀川純孝, 桑原英樹, 保井晃, 高木康多, 池永英司, 齋藤智彦

    日本物理学会2018年秋季大会   (同志社大学京田辺キャンパス) 

    発表年月: 2018年09月

  • 硬X線光電子分光法による La0.775Sr0.225-xCaxMn1-yGayO3の電子構造

    飯尾大貴, 大川万里生, 保井晃, 池永英司, 高木康多, 桑原英樹, 太刀川純孝, 齋藤智彦

    日本物理学会2018年秋季大会   (同志社大学京田辺キャンパス) 

    発表年月: 2018年09月

全件表示 >>

 

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 卒業研究

    東京理科大学  

  • 応用物理特別講義4(振動・波動)

    東京理科大学  

  • 電磁気学1演習

    東京理科大学  

  • 応用物理学実験

    東京理科大学  

  • 量子力学1演習

    東京理科大学  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    2019年09月

    日本物理学会  領域8(強相関電子系分野)運営委員

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    高エネルギー加速器研究機構  PFニュース編集委員