2022/08/11 更新

写真a

ズオ ウェンミン
ズオ ウェンミン
所属
国際学術院 国際教養学部
職名
講師(任期付)
メールアドレス
メールアドレス

学歴

  • 2016年09月
    -
    2020年08月

    北京大学  

  • 2017年09月
    -
    2017年11月

    Seoul National University  

  • 2013年09月
    -
    2016年07月

    北京大学   Department of Sociology  

  • 2009年09月
    -
    2013年07月

    华中科技大学   School of Sociology  

学位

  • 2020年08月   Peking University   Ph.D. in Sociology

経歴

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学

所属学協会

  • 2021年09月
    -
    継続中

    日本社会学会

  • 2021年06月
    -
    継続中

    日本村落研究学会

  • 2021年04月
    -
    継続中

    日中社会学会

 

研究分野

  • 社会学

研究キーワード

  • Grassroots Governance; Rural China study; Chinese Social Thoughts; Confucianism

論文

  • Rural Class and Peasant Revolution: An Analysis Centered on Mao Zedong’s Early Rural Surveys

    ZUO Wenmin

    The Ideological Front    2022年01月

  • Distant Urbanization: “Working Enclaves” and Trans-regional Villages

    ZUO Wenmin

    Journal of Sichuan Institute of administration    2021年09月

  • From Industrial Urbanization, Land Urbanization to Population Urbanization: a Sociological Survey of Urbanization with Chinese Characteristics

    ZHOU Feizhou, WU Liucai, ZUO Wenmin, LI Songtao

    Social Development Research    2018年02月

  • Four Stages and Characteristics of Urbanization Evolution in P.R.China: an Investigation from the Perspective of Urban-Rural Relationship

    ZUO Wenmin, FAN Renjing, CHI Mengxin

    Journal of Hunan Agricultural University    2017年06月

  • Hengqu Village: Peasants’ Cooperation in Rural Society

    ZUO Wenmin

    Social Development Research    2017年02月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 須恵村再訪:熊本県農村の都市化と社会変遷

    研究期間:

    2022年06月
    -
    2023年03月
     

  • 石神村への再訪:日本東北農村の産業発展と社会構造

    早稲田大学 

    研究期間:

    2021年09月
    -
    2022年04月
     

  • Study on organizational mode of transnational mobility: Taking Chinese in Tokyo as an Example

    Waseda University 

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年04月
     

講演・口頭発表等

  • Rational Changes of Grass-roots Governance in Rural China in Recent Ten Years

    Conference of Japan-China Sociological Society(2022)  

    発表年月: 2022年06月

  • Diversifying Higher Education Internationalization Beyond Englishization Through CLIL Courses on Chinese Society

    ZUO Wenmin

    Asian Conference on Education (2021,TOKYO)  

    発表年月: 2021年11月

  • Preventing Social Fracture: Case Study on Poverty Alleviation Industry in China’s Village

    ZUO Wenmin

    Autumn Conference of Japan-China Sociological Society (2021)  

    発表年月: 2021年11月

  • Yong(踊) in Funeral Ceremony

    ZUO Wenmin

    Doctoral Forum of Department of Sociology in Peking University  

    発表年月: 2018年12月

  • On Fei Xiaotong's View of Gentry

    ZUO Wenmin

    Youth Doctoral Forum of Chinese Sociological Association Annual Conference  

    発表年月: 2018年07月

  • Ideal type, Historical Individual and Personality: Rethinking of Max Weber's Social Science Methodology

    ZUO Wenmin

    Classic Reinterpretation and Social Theory’s Contemporary Development Forum of Chinese Sociological Association Annual Conference  

    発表年月: 2018年07月

  • An Interpretation of Fei Xiaotong's Study of Chinese Culture from the Perspective of Cultural Cosmopolitanism

    HAN Sang-jin, ZUO Wenmin

    Global China Dialogue Forum, University of London, UK  

    発表年月: 2017年12月

▼全件表示

特定課題研究

  • 石神村への再訪:日本東北農村の産業発展と社会構造

    2021年  

     概要を見る

    早稲田大学特定課題研究費の助成を受けて、本研究チームは日本の岩手県石神村に5日間の実地調査を行い、約1200分間のインタビューを行い、3.3万字の調査報告書「石神村への再訪:日本東北農村の産業発展と社会構造」を書いた。調査報告書は石神村の人口変動、産業発展、公共生活、老年介護及び大屋変遷などの内容を述べ、中日農村を一定の対比を行った。1)石神村の高齢少子化現象は非常に深刻で、地域経済は「非全日制化」に向かっており、産業発展の遅れと人口の大量流出の悪循環が形成された。日本の農村は収入問題と農村公共サービスは主要な問題ではなく、文化伝承は主要な問題である。中国の農村振興戦略で、産業配置と文化伝承の問題にも注目しなければならない。2)日本社会の自己組織能力は非常に発達している。日本人は様々な社会組織を形成することができる。その根源は日本が共同体本位の社会であることにある。中国は発展で、時代の需要に適応する社会組織の育成を重視し、社会の自己組織能力を高めなければならない。

  • Study on organizational mode of transnational mobility: Taking Chinese in Tokyo as an example

    2021年  

     概要を見る

    With the support of Special ResearchProjects of Waseda University, my research group interviewed 42 persons andcompleted a survey report with 48,000 words, “Social Organizations andMindset of International Migrants: A Survey of Chinese in Tokyo”.The report briefly introduces the overseas study activities, economic activities,and social organizations of Chinese in Tokyo. Based on that, we analyzed themindset of Chinese immigrants in Tokyo. We found that:1). Chinese official organizations have formed large-scale networks and gained overall development, while non-official organizations are fragmented but more active on a local scale. 2). Chinese subjectivelyretain a dual identity that they have legitimized their both Japanese andChinese elements. Based on that, to Japanese society, Chinese have a strongersense of satisfaction from a functional perspective but a weaker sense ofbelonging in an emotional sense. 3). The process of Chinese immigration canalso be described as a process of rediscovery of “overseas Chinese society”. Ina broader sense, this immigration ecosystem, which consists of the businesssystem, state-administrative system, and the social system, constitutes anoverall framework for understanding Chinese in Japan.

 

担当経験のある科目(授業)

  • 現代中国地方政府の社会学研究(英語と中国語)

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • 論語:クローズリーディングのセミナー(中国語)

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 地域研究手法入門(英語)

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 20世紀の中国社会学の歴史(英語と中国語)

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 現代中国の農村社会とガバナンス(英語と中国語)

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    2022年02月