YAMADA, Maria

写真a

Affiliation

Affiliated organization, Aizu Museum

Job title

Research Associate

Education 【 display / non-display

  • 2018.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2012.04
    -
    2016.03

    Tohoku University   The Faculty of Arts and Letters  

Degree 【 display / non-display

  • 修士(文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    早稲田大学會津八一記念博物館   助手

  • 2020.04
    -
    2021.03

    栃木県立博物館   調査研究協力員

 

Research Areas 【 display / non-display

  • History of arts

Papers 【 display / non-display

  • 「小泉斐筆《盆景石画図》と郡山の雅友たち」

    山田麻里亜

    『早稲田大学會津八一記念博物館 研究紀要』   ( 22 ) 3 - 14  2021.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 「原在中筆「楊貴妃骨相図」の成立と慈雲尊者―美女を骨で描くこと―」

    山田麻里亜

    『美術史研究』   ( 57 ) 35 - 45  2019.12  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 「円山応挙筆「波上白骨坐禅図」に関する考察」

    山田麻里亜

    『美術史』   ( 186 ) 283 - 297  2019.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

Misc 【 display / non-display

  • 「日比義也コレクション追加寄贈資料について」

    山田麻里亜

    『早稲田大学會津八一記念博物館 研究紀要』   ( 22 ) 85 - 89  2021.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

Awards 【 display / non-display

  • 早稲田大学美術史学会賞

    2019   早稲田大学美術史学会   山田麻里亜「円山応挙筆「波上白骨坐禅図」に関する考察」(『美術史』第186冊、美術史学会、283~297頁、2019年3月)

Research Projects 【 display / non-display

  • 江戸時代における医学の発展が美術表現に与えた影響の研究

    研究活動スタート支援

    Project Year :

    2020.09
    -
    2022.03
     

    山田 麻里亜

    Authorship: Principal investigator

  • 日本近世美術史における髑髏・骸骨の諸相

    Project Year :

    2020.04
    -
    2022.03
     

    Authorship: Principal investigator

  • 円山応挙筆「波上白骨坐禅図」に関する考察

    Project Year :

    2017.07
    -
    2018.10
     

Presentations 【 display / non-display

  • The Development of the Image of Living Skeletons: From Hitting Grass in a Dream (Genchūsōda-ga) to Kawanabe Kyōsai

    Maria YAMADA

    International Symposium/Workshop in Japanese Literary & Visual Studies, Columbia University 

    Presentation date: 2020.02

  • 「円山応挙筆「波上白骨坐禅図」に関する考察」

    山田麻里亜

    美術史学会全国大会 

    Presentation date: 2018.05

Specific Research 【 display / non-display

  • 近代京都画壇に関する研究

    2020  

     View Summary

    近代京都画壇の主流をなした円山四条派は、18世紀中頃~19世紀初めの京都画壇において重要な役割を担った二人の絵師・円山応挙(1733~95)と呉春(1752~1811)を祖とする画派を合わせて呼称したものである。本研究では早稲田大学會津八一記念博物館が所蔵する近代京都画壇の画家たちの作品について、画家の来歴と作品情報の整理を行った。その中で当館の所蔵作品が、日本美術史においてどのような存在として位置付けられるのかを考察した。今回主たる研究対象とした「山内俊祐コレクション」については、その調査整理の成果を早稲田大学文化資源データベースにおいて2021年度中に公開すべく、現在準備を行っている段階である。