Updated on 2023/02/02

写真a

 
HAYASHI, Koki
 
Affiliation
Faculty of Law, School of Law
Job title
Research Associate

Education

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University  

  • 2018.04
    -
    2020.03

    Waseda University  

  • 2014.04
    -
    2018.03

    Waseda University  

Degree

  • 修士

Research Experience

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Law

Professional Memberships

  • 2021.09
    -
    Now

    Japan Association of Private Law

 

Research Areas

  • Civil law   民法学

Research Interests

  • 権利論

  • 帰属論

  • 法的処分論

  • 規範構造論

Papers

  • [研究ノート]末川博の権利論

    林 滉起

    早稲田法学   98 ( 1 ) 111 - 126  2022.11

  • La disposition juridique et la force obligatoire du contrat

    Kôki HAYASHI

    THE WASEDA LAW REVIEW   97 ( 4 ) 43 - 75  2022.07  [Refereed]

  • Essai sur la structure du droit de créance

    Essai sur la structure du, droit de créance

    WASEDA LAW JOURNAL   72 ( 2 ) 89 - 142  2022.03  [Refereed]

Awards

  • 成績優秀者表彰

    2020.03   早稲田大学法学会  

  • 修士課程修了生総代

    2020.03   早稲田大学大学院法学研究科  

Research Projects

  • 「法律行為の拘束力」法理の解明に向けて―財産権の帰属と処分の法的構造をめぐって―

    早稲田大学  特定課題研究 アーリーキャリア支援

    Project Year :

    2022.04
    -
    2023.03
     

    林滉起

  • 権利能力概念の再定位ー「法的処分論」の再構成に向けてー

    早稲田大学  特定課題研究

    Project Year :

    2020.10
    -
    2021.03
     

    林滉起

Presentations

  • 法的処分論における物概念と意思の位置づけ(所有権理論と「物のアナロジー」)

    関西フランス法研究会 

    Presentation date: 2022.08

    Event date:
    2022.08
     
     
  • 法的処分と「契約の拘束力」

    林 滉起

    北陸フランス法研究会 

    Presentation date: 2022.03

    Event date:
    2022.03
     
     
  • 債権の帰属の法的構造に関する試論

    林 滉起

    北陸フランス法研究会 

    Presentation date: 2020.02

    Event date:
    2020.02
     
     

Specific Research

  • 権利能力概念の再定位ー「法的処分論」の再構成に向けてー

    2020  

     View Summary

    民法における帰属論および法的処分論について、理論的進展が見られることが確認された。前者の問題については、具体的な権利のみならず抽象的な所有・帰属を観念することの有用性を説く学説が登場した。また、後者の問題についても、従来の見解と異なり、法的処分を所有権から分離することを主張する見解が有力となりつつある。しかし、近時の有力説に理論的課題が残されていることもまた確認された。すなわち、有力説は新たに提示された帰属の考え方を法的処分の根拠として捉えるのであるが、未だ帰属していない財の処分や、複数主体による処分の説明が困難となるのである。帰属と法的処分を架橋する理論を探求することが次なる課題である。