Updated on 2022/01/24

写真a

 
KATO, Atsushi
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Research Associate
Homepage URL
Profile

 物質使用障害者が、自らを語ることを通じて回復した状態を維持しています。体験の言語化が何をもたらしているのか、対象者と共にライフストーリー年表を作成するインタビュー方法を用いて、臨床心理学の立場から探索的に研究しています。

Education

  • 2018.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Education  

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Waseda University   Graduate School of Education  

  • 2014.04
    -
    2016.03

    Waseda University   School of Education  

Degree

  • 早稲田大学   修士(教育学)

  • 早稲田大学   学士(心理学)

  • 学士(法律学)

Research Experience

  • 2021.09
    -
    Now

    Takasaki University of Commerce Junior College   Department of Business and Administration

  • 2021.09
    -
    Now

    Gunma University of Health and Welfare   Faculty of Social Welfare

  • 2021.04
    -
    Now

    The University of Human Environments   Master Program of the Graduate School of Human Environment

  • 2021.04
    -
    Now

    Surugadai University   Faculty of Phychology

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Research Associate

  • 2016.04
    -
    2021.03

    National Hospital Organization

  • 2018.07
    -
    2019.03

    Keio University   School of Medicine Department of Neuropsychiatry

  • 2017.07
    -
    2017.08

    Keio University   School of Medicine Department of Neuropsychiatry

▼display all

Professional Memberships

  • 2021.12
    -
    Now

    日本トラウマティック・ストレス学会

  • 2019.05
    -
    Now

    JAPANESE SOCIETY FOR SOCIAL PSYCHIATRY

  • 2016.11
    -
    Now

    日本心理臨床学会

  • 2016.10
    -
    Now

    THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION

  • 2016.10
    -
    Now

    JAPAN SOCIETY OF PERSONALITY PSYCHOLOGY

  • 2016.09
    -
    Now

    JAPANESE MEDICAL SOCIETY OF ALCOHOL AND ADDICTION STUDIES

  • 2016.05
    -
    Now

    日本アルコール関連問題学会

▼display all

 

Research Areas

  • Clinical psychology

  • Psychiatry   臨床心理学

Research Interests

  • clinical psychology

  • パーソナリティ

  • 嗜癖

  • Alcohol use disorder

  • 心理療法

  • CBT

  • 治療同盟

  • NET

  • Narrative Based Medicine

  • M-GTA

▼display all

Papers

  • A review of the disease concept of alcohol use disorders and psychosocial intervention methods.

    Atsushi Kato

    Bulletin of the graduate school of education of Waseda University.   29 ( 1 ) 57 - 68  2021.09  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Corresponding author

  • A study of the psychosocial processes leading to Alcohol Dependence Syndrome in male patients: From analysis of interview data using the Modified Grounded Theory Approach.

    Atsushi Kato, Juno Ezura, Masashi Hori

      55 ( 3 ) 95 - 111  2020.06  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Corresponding author

Books and Other Publications

Misc

  • AUD患者が断酒を決意する転機に至るプロセスについて

    加藤篤士, 比企薫, 周雨菲, 堀正士

    日本社会精神医学会プログラム・抄録集   40th  2021

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

    J-GLOBAL

  • アルコール使用障害患者が完全断酒に至った一例 : 森田療法的プロセスが日常における断酒継続に奏功したAUD重症患者の一例

    加藤 篤士

    早稲田大学教育学会紀要   22 ( 22 ) 16 - 23  2020

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    CiNii

  • アルコール使用障害に至る心理社会的要因について M-GTAを用いたインタビューデータの分析から

    加藤 篤士, 堀 正士, 中山 秀紀, 美濃部 るり子, 湯本 洋介, 永田 英哉, 上野 文彦, 松下 幸生, 樋口 進

    日本アルコール・薬物医学会雑誌   52 ( 4 ) 221 - 221  2017.08

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • アルコール耐性が欠如した男性アルコール依存症患者の一例

    加藤 篤士

    早稲田大学教育学会紀要   19 ( 19 ) 47 - 54  2017

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

    CiNii

  • 下清内路神社の龍勢梯子

    加藤 篤士

    伊那   810  1995  [Invited]

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Rapid communication, short report, research note, etc. (scientific journal)  

Industrial Property Rights

Other

  • Sake Expert Assessor, NRIB

    2010.09
    -
    Now

     View Summary

    http://www.nrib.go.jp/index.html

  • 公認心理師(ストレスチェック実施者)

Research Projects

  • 報酬期待と遅延報酬の個人差の観点によるアルコール依存症予防研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    Project Year :

    2020.09
    -
    2022.03
     

    加藤 篤士

  • Development of early intervention methods for substance use disorders in young people.

    Waseda University 

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

  • Research on the relationship between environment, behavior change and addiction

    The Japanese Psychological Association. 

    Project Year :

    2020.06
    -
    2021.09
     

    Atsushi Kato

  • A Study on Psychosocial Vulnerability Factors of Patients with Substance Use Disorder and Effective Support Methods

    Waseda University 

    Project Year :

    2020.04
    -
    2021.03
     

Presentations

  • AUD患者が断酒を決意する転機に至るプロセスについて

    加藤篤士, 比企薫, 周雨菲, 堀正士

    第40回日本社会精神医学会 

    Presentation date: 2021.03

    Event date:
    2021.03
     
     
  • アルコール耐性が欠如した男性アルコール依存症患者の一例

    加藤 篤士

    早稲田大学教育学会 

    Presentation date: 2018.03

  • アルコール使用障害に至る心理社会的要因について M-GTAを用いたインタビューデータの分析から

    加藤 篤士, 堀 正士, 中山 秀紀, 美濃部 るり子, 湯本 洋介, 永田 英哉, 上野 文彦, 松下 幸生, 樋口 進

    Presentation date: 2017.08

  • 適正飲酒と香味の楽しみ

    加藤 篤士  [Invited]

    東京お茶の水ロータリークラブ 

    Presentation date: 2011.06

Specific Research

  • 物質使用障害患者が持つ心理社会的脆弱因子の探索と効果的な支援方法に関する研究

    2020   堀正士

     View Summary

     物質使用障害の中でも,アルコール使用障害(AUD)は内臓疾患のみならず精神的に深刻な影響を与えたり、社会生活が破綻するなど、本人にとっても社会にとっても大きな問題である。しかし、治療者側の立場から介入方法や成果が研究されることはあっても、患者側の苦悩や心理的プロセスに立脚した支援や治療の方法を検討されることは少ない。対象者からの時間をかけた聞き取りが医療現場では難しいことが原因であろう。本研究では,個人の体験や心理状態の経過を年表にしながら本人の語りを記録することを通じて、AUDがどのような経過をたどっているのか探索的に検討した。その結果、回復への転機として3因子が挙げられた。

 

Teaching Experience

  • learning psychology

    Gunma University of Health and Welfare  

    2021.09
    -
    Now
     

  • Life and Psychology

    Takasaki University of Commerce Junior College  

    2021.09
    -
    Now
     

  • Psychosomatic Medicine

    The University of Human Environments  

    2021.04
    -
    Now
     

  • カウンセリングⅠ(心理学的支援法)

    駿河台大学 心理学部  

    2021.04
    -
    Now
     

 

Social Activities

  • 日本酒の楽しみ方(適正飲酒の勧め)

    学校法人NHK学園 

    2010.04
    -
    2016.03

  • 日本酒の楽しみ方(適正飲酒の勧め)

    東急電鉄株式会社 

    2010.04
    -
    2015.09

  • 日本酒の楽しみ方(適正飲酒の勧め)

    NHK文化センター青山教室・横浜教室・柏教室・川越教室 

    2009.04
    -
    2015.09

  • 日本酒の楽しみ方(適正飲酒の勧め)

    毎日企画サービス 

    2008.04
    -
    2015.09

  • 銀座おとな塾

    産経学園 

    2011.04
    -
    2014.07