2022/08/16 更新

写真a

ヤマシタ レイ
山下 玲
所属
スポーツ科学学術院 スポーツ科学部
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    早稲田大学大学院   スポーツ科学研究科博士課程  

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    早稲田大学大学院   スポーツ科学研究科修士課程  

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    東海大学   体育学部   スポーツ・レジャーマネジメント学科  

学位

  • 早稲田大学   博士(スポーツ科学)

経歴

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   助教

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    東洋大学   ライフデザイン学部健康スポーツ学科   助教

所属学協会

  •  
     
     

    Asian Association for Sport Management

  •  
     
     

    日本スポーツ産業学会

  •  
     
     

    日本スポーツマネジメント学会

 

研究分野

  • スポーツ科学   スポーツマネジメント

研究キーワード

  • パラスポーツ

  • スポーツツーリズム

  • スポーツマーケティング

  • スポーツマネジメント

論文

  • Runners’ Pro-Environmental Behavior: The Role of Place Attachment and Environmental Concern

    Rei Yamashita, Bang, An

        1 - 18  2022年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • A quantitative scoping review of information search behaviour in sport tourism

    Rei Yamashita

        1 - 24  2022年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • 国際車いすバスケットボール大会観戦者の観戦動機と観戦意図における関係性に関する研究:スポーツへの心理的関与の違いに着目して

    棟田雅也, 山下玲

    スポーツ産業学研究   32 ( 3 ) 333 - 351  2022年07月  [査読有り]

  • How does spectator marketing in women's leagues differ from that in men's leagues

    Natsumi Adachi, Rei Yamashita, Hirotaka Matsuoka

      22 ( 1 ) 1 - 18  2022年02月  [査読有り]

    DOI

  • Spectators' perceived social benefits, subjective well-being and support intention: non-mega-parasporting events' educational perspective

    Rei Yamashita, Masaya Muneda

    International Journal of Event and Festival Management   ahead-of-print ( ahead-of-print )  2021年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    <sec><title content-type="abstract-subheading">Purpose</title>It is crucial to create an inclusive society through sport. Many researchers have focused on the social benefits of hosting events and identified the necessity of revealing the impact of parasport. There is inadequate knowledge of what local residents perceive from spectating non-mega-parasporting events. Therefore, this research aimed to reveal the influence of spectators' perceived social benefits, subjective well-being, and support for parasport events.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Design/methodology/approach</title>A survey was conducted with questionnaires distributed to spectators of two wheelchair basketball tournaments. Of the 2,100 questionnaires distributed, 1,996 were returned; of these, 1,544 were rejected because of not having local resident status. The final response rate of useable questionnaires was 22.6% (<italic>n</italic> = 452).

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Findings</title>Both community benefits and cultural/educational benefits positively affected subjective well-being, which also significantly affected support for the event. Further, there was no significant moderating effect of having family members or close friends with disability.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Practical implications</title>The results indicate that sporting event managers can collaborate with local educational boards and use sporting events as educational material for children to raise next-generation, highly diversity-minded leaders from the local area.

    </sec><sec><title content-type="abstract-subheading">Originality/value</title>This study revealed that parasporting events have educational value. Additionally, athletes with disabilities inspire spectators, which changes the perception of their educational impacts.

    </sec>

    DOI

  • Mega-Para-Sporting Event Social Impacts Perceived by Tokyo Residents: Comparison of Residents’ Vitality

    Rei Yamashita

    Sustainability   13 ( 16 ) 9311 - 9311  2021年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    There is a global shift in hosting international sporting events, and this is insisted to have social impacts on the host residents and increase their vitality and empowerment. From the academic perspective, numerous studies have revealed the social impacts of hosting mega-sporting events in several contexts. However, research remains scarce in the area of mega-para-sporting events. Therefore, this study examines the relationship between residents’ perceived social impact and supporting intention. Additionally, comparing the levels of vitality were also revealed. Conducting a confirmatory factor analysis and structural equation modelling using group comparison, this study revealed educational benefits as a new insight for hosting a para-sporting event, and their perception differed by the residents’ vitality level. Theoretical and practical implications are discussed.

    DOI

  • Segmentation of active international sport tourists by destination loyalty

    Rei Yamashita, Kosuke Takata

    Journal of Sport & Tourism   25 ( 3 ) 237 - 251  2021年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Gender differences in statistical interaction effects of perceived well-being and structural constraints on the intention to attend a game

    Rei Yamashita, Tae-Ahn Kang, Hirotaka Matsuoka

    Managing Sport and Leisure     1 - 14  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Research question: This research examined the effect of perceived well-being from a spectator experience on the intention to attend a sporting event, and the moderating effects of structural constraints on attending a game, depending on gender. Research methods: The authors conducted a questionnaire survey at a professional Japanese basketball game. A total of 172 participants were included (57.6% female). The authors conducted a confirmatory factor analysis to check the reliability and validity of the measurement scales, then tested the hypotheses using two-step hierarchical multiple regression analyses by gender. Results and Findings: The hypotheses testing indicated that spectators who perceived a high degree of well-being from their spectator experience had high intentions to attend a game. Furthermore, for female spectators, the positive effect of perceived well-being decreased when they perceived more constraints before arriving at the event venue, whereas for male spectators, it was reduced when they perceived more constraints at the venue. Implications: This research expanded current understanding of how perceived well-being from a spectator experience can increase intentions to attend a sporting event. Additionally, two sequential structural constraint constructs extended existing constraint studies. Lastly, the identified gender differences in the moderating effects of such structural constraints provided scientific contributions to the field of sport marketing.

    DOI

  • 目的地に対する事前知識が目的地評価と目的地ロイヤルティに及ぼす影響:インバウンドスポーツツーリストを対象とした性別による比較

    山下玲, 高田紘佑

    スポーツ科学研究   18   10 - 26  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Interdependencies of structural constraints, attachment and behavioural intentions of sport spectators

    Rei Yamashita, Kirstin Hallmann

    Managing Sport and Leisure     1 - 14  2020年05月

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Relationship between prior knowledge, destination reputation, and loyalty among sport tourists

    Rei Yamashita, Kosuke Takata

    Journal of Sport & Tourism   24 ( 2 ) 143 - 153  2020年04月

    DOI

  • 情報探索から得た事前知識が目的地評価とロイヤルティに及ぼす影響:ニセコを訪れた国内スポーツツーリストを対象に

    山下玲, 高田紘佑

    ライフデザイン学研究   15   205 - 215  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • What Motivates Wheelchair Basketball Spectators? Analysis of Moderating Effect on Intention to Attend Tokyo 2020 Olympic Paralympic Games

    Rei Yamashita, Masaya Muneda

    International Journal of Sport and Health Sciences    2019年08月  [査読有り]

  • ラグビー観戦者のセグメンテーション:構造的制約要因によるクラスター分析を用いた検討

    山下 玲, 姜泰安, 松岡宏高

    ライフデザイン学研究   14 ( 14 ) 89 - 100  2019年03月  [査読有り]

    CiNii

  • Motivational Differences of Attending a Sporting Event: Comparison of Local Residents and Non-Residents

    Rei Yamashita, Erika Yumita, Munehiko Harada

    International Journal of Sport and Health Science   16   220 - 230  2018年08月  [査読有り]

  • 国内におけるスポーツと都市公園の関係:スポーツ参画人口増加に向けて

    山下 玲, 過外真帆, 前田柊, 松山桂, 蔵並香

    ライフデザイン学研究   13   359 - 374  2017年03月  [査読有り]

  • Sport spectators’ decision making: Attendance and constraints

    Rei Yamashita, Munehiko Harada

    Sports Management and Sports Humanities     61 - 73  2015年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Twenty years have passed since the first professional sport league which represents the home town was established in Japan. After the sport marketing demand increased rapidly, much research was focused on sport marketing. Many variables were introduced to explain spectator attendance, but unfortunately only a few were hypothesized to describe why spectators may cease to attend games. Much research has focused on leisure field constraints
    this chapter reviews the few leisure constraints articles that have been applied in a few sport marketing fields. Late in the chapter, the recent research that focuses both on attendance and constraints in the sport marketing realm is reviewed. At the end, suggestions for future research related to spectator constraints are presented.

    DOI

  • Factors Influencing Varsity Rugby Spectators’ Decision Making

    Daichi Oshimi, Munehiko Harada, Rei Yamashita, Daisuke Iwata, Dai Takeuchi

    Asian Sport Management Review   9   55 - 75  2015年  [査読有り]

  • Constraints of Sport Spectators: Focusing on J. League Division 2 Spectators

    Rei Yamashita, Munehiko Harada

    Asian Sport Management Review   9   37 - 54  2015年  [査読有り]

▼全件表示

受賞

  • Asian Association for Sport Management Best Oral Presentation

    2017年07月   Asian Association for Sport Management   Motivational Difference of Attending a Sporting Event: Comparison of Local Residents and Non-Residents  

    受賞者: 山下 玲

  • Asian Association for Sport Management Best Oral Presentation

    2015年08月   Asian Association for Sport Management   Variables Explaining Spectators’ Continuous Attendance  

    受賞者: 山下 玲

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性

    早稲田大学  特定課題研究(研究基盤形成)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性

    早稲田大学  特定課題研究(若手・アーリーキャリア支援)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • パラスポーツイベントが開催地域住民に与える社会的インパクトと主観的幸福に関する研究

    早稲田大学  特定課題研究(研究基盤形成)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2021年03月
     

  • 外国人スノースポーツツーリストの目的地に関する事前知識が、目的地評価とロイヤルティに及ぼす影響:スポーツ関与と目的地訪問経験によるセグメンテーション

    日本スポーツマネジメント学会  研究助成

    研究期間:

    2019年07月
    -
    2020年03月
     

    山下 玲

  • 車いすバスケットボール観戦者調査

    日本財団パラリンピックサポートセンター  日本財団パラリンピックサポートセンター助成事業

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    山下 玲

  • インバウンドスポーツツーリストの事前知識が、目的地の評価とロイヤルティに及ぼす影響ースポーツ関与と訪問経験との関連性ー

    笹川スポーツ財団  研究助成

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    山下 玲

  • 車いすバスケットボール観戦者調査(天皇杯第46回日本車いすバスケとボール選手権大会)

    日本財団パラリンピックサポートセンター  日本財団パラリンピックサポートセンター助成事業

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    山下 玲

  • 車いすバスケットボール観戦者調査(三菱電機World Challenge Cup)

    日本財団パラリンピックサポートセンター  日本財団パラリンピックサポートセンター助成事業

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    棟田雅也

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Exploring the effects on parents' outdoor leisure participation with children: A comparison of Japanese and Thailand parents

    A. Uesugi and R. Yamashita

    Asian Association for Sport Management  

    発表年月: 2021年08月

  • Image Comparison of Adapted and Non-adapted Sport among Wheelchair Basketball Spectators

    R. Yamashita, M. Muneda

    Asian Association for Sport Management Conference 2019  

    発表年月: 2019年08月

  • 情報検索から得た事前知識が目的地評価とロイヤリティに及ぼす影響:ニセコを訪れたスポーツツーリストを対象に

    山下玲, 高田紘佑, 原田宗彦

    日本スポーツマネジメント学会第11回大会  

    発表年月: 2019年03月

  • What Motivates Wheelchair Basketball Spectators towards 2020 Tokyo Paralympic Games?

    R. Yamashita, M. Muneda

    Sport Management of Australia and New Zealand Conference 2018  

    発表年月: 2018年11月

  • The Trend and Development Strategies of Women Sports and Fashion Industry in Japan

    YAMASHITA Rei  [招待有り]

    International Symposium of the Development of Sport Industry  

    発表年月: 2018年06月

  • Motivational Difference of Attending a Sporting Event: Comparison of Local Residents and Non-Residents

    R. Yamashita, E. Yumita, M. Harada

    Asian Association for Sport Management Conference 2017  

    発表年月: 2017年07月

  • Do the Structural Constraints in Sport Spectatorship belong to Several Phases? Testing the Levels by Attendance Frequency

    R. Yamashita, N. Adachi

    Sport Management of Australia and New Zealand Conference 2016  

    発表年月: 2016年11月

  • Jリーグ観戦者の継続的観戦行動に影響を与える要因:構造的制約要因と心理的コミットメント要因の関係性

    山下玲, 原田宗彦

    日本スポーツマネジメント学会第8回大会  

    発表年月: 2015年12月

  • Variables Explaining Spectators’ Continuous Attendance

    R. Yamashita, M. Harada

    Asian Association for Sport Management Conference 2015  

    発表年月: 2015年08月

  • Spectators’ Characteristics and Motives in the Japanese Top Volleyball League

    N. Adachi, H. Matsuoka, A. Akiko, R. Yamashita

    Asian Association for Sport Management Conference 2015  

    発表年月: 2015年08月

  • スポーツ観戦者の観戦行動から知覚するベネフィットに関する研究:Jリーグディビジョン2所属チーム観戦者を対象に

    山下玲, 原田宗彦

    日本スポーツマネジメント学会第7回大会  

    発表年月: 2014年11月

  • 地域密着型プロスポーツチームの出現が地域愛着及びチームアイデンティフィケーションに与える影響

    原田宗彦, 中路貴大, 山下玲, 押見大地

    日本スポーツマネジメント学会第6回大会  

    発表年月: 2013年12月

  • Constraints of Spectators Sport -Focusing on the J. League Spectators

    R. Yamashita

    The 9th International Sport Science Symposium on “Active Life”  

    発表年月: 2013年11月

  • Jリーグアウェイ観戦者における意思決定要因

    山下玲, 原田宗彦

    日本体育・スポーツ経営学会第36回大会  

    発表年月: 2013年03月

  • 地域密着型プロスポーツチームの出現が地域愛着に与える影響

    原田宗彦, 安藤絵里奈, 山下玲, 田中浩基

    日本体育・スポーツ経営学会第36回大会  

    発表年月: 2013年03月

  • Jリーグにおけるアウェイ観戦者の意思決定要因に関する研究

    山下玲, 原田宗彦

    日本スポーツマネジメント学会第5回大会  

    発表年月: 2012年12月

▼全件表示

特定課題研究

  • インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性

    2021年  

     概要を見る

    当初の予定では、「インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性」と題する研究を実施予定であったが、新型コロナウィルスの見通しが立たなかったため、本報告書では、「メガスポーツイベント大会主催者への信頼と大会支援意図の関係:社会的便益と個人的便益の媒介効果の検証」について報告をする。東京2020大会のようなメガスポーツイベントを開催する際、開催地域住民のスポーツイベントに対する態度を把握することは重要であることが指摘されており、とりわけその中でも近年では大会主催者に対する信頼が重要な概念あると指摘されている。本研究では、開催地域住民の大会主催者への信頼と大会支援意図の関係性を、大会経験から認識する便益(個人的便益・社会的便益)に媒介効果があるかの検証を行うこととした。本研究では、実際に東京オリンピック・パラリンピックをテレビ観戦した都民を対象にインターネット調査を2021年9月に実施した。その結果、社会的便益の信頼から大会支援意図への媒介効果のみ確認をすることができた。本研究では、開催地域住民の政府や大会主催者への信頼は、大会支援意図に直接的な影響は見られたものの、社会的便益を認識することで、より大会支援意図が高まることが明らかとなった。

  • インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性

    2021年  

     概要を見る

    当初の予定では、「インバウンドスポーツツーリストの獲得した事前知識と目的地ロイヤルティの関係性」と題する研究を実施予定であったが、新型コロナウィルスの見通した立たなかったため、本報告書では、ランナーの環境配慮行動:場所への愛着と環境への懸念の役割についての研究報告を行う。スポーツ消費者の環境配慮行動がどのように形成されているかを理解することは、スポーツ組織がスポーツ政策を立案し、スポーツ分野のマーケティング戦略を確立する上で有用であると考える。本研究では、スポーツ消費者の環境配慮行動に関する文献を拡張するために、環境への懸念(environmental concern)を媒介変数として、住民の場所への愛着と3種類の環境配慮行動の関係性を検証した。日本国内でランニングを習慣的に行なっているランナーを対象にインターネット調査を実施した(N = 440)。その結果、場所への愛着と3つの環境配慮行動の関係性を明らかにする際、環境への懸念の正の媒介効果が確認された。

  • パラスポーツイベントが開催地住民に与える社会的インパクトと主観的幸福に関する研究

    2020年  

     概要を見る

    近年、メガスポーツイベントの開催地域としてアジアが台頭してきている。本研究ではメガスポーツイベントの中でも、障がい者スポーツイベントの最高峰とされるパラリンピックを対象とし、メガスポーツイベント開催が開催地域住民に対して与える社会的インパクト及びパラスポーツ大会に対する支援意図の関係性を明らかにすることを目的とした。また、住民の生活における活力(Vitality)の高低によって、支援意図に与える社会的インパクトが異なるかの検証も併せて行った。本研究では東京都民を対象にインターネット調査を実施し、都民の活力によってパラスポーツ支援意図に影響を与える社会的インパクトに差があることが明らかとなった。

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2020年03月
    -
    継続中

    日本スポーツマネジメント学会  運営委員

  • 2018年08月
    -
    2021年08月

    Asian Association for Sport Management  事務局長

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    日本スポーツマネジメント学会  編集委員(事務局担当)

  • 2011年12月
    -
    2017年03月

    日本スポーツマネジメント学会  事務局