2022/01/22 更新

写真a

クボタ ユウジ
久保田 裕仁
所属
理工学術院 理工学術院総合研究所
職名
次席研究員(研究院講師)

兼担

  • 理工学術院   創造理工学部

学歴

  •  
     
     

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科  

経歴

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院総合研究所   次席研究員(研究院講師)

  • 1996年04月
    -
    継続中

    興研株式会社

所属学協会

  •  
     
     

    The American Industrial Hygiene Association

  •  
     
     

    可視化情報学会

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    空気調和・衛生工学会

  •  
     
     

    日本空気清浄協会

  •  
     
     

    日本労働衛生工学会

  •  
     
     

    日本産業衛生学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 安全工学

  • 流体工学

  • 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

研究キーワード

  • 産業換気

  • 労働衛生工学

論文

  • Assessment of capacity to capture DNA aerosols by clean filters for molecular biology experiments

    Yuki Morono, Tatsuhiko Hoshino, Takeshi Terada, Taketo Suzuki, Takahiro Sato, Hisashi Yuasa, Yuji Kubota, Fumio Inagaki

    Microbes and Environments   33 ( 2 ) 222 - 226  2018年

     概要を見る

    Experimental contamination by exogenous DNA is a major issue in molecular biological studies for data quality and its management. We herein assessed DNA aerosols for the risk of contamination and tested the capacity of clean air filters to trap and remove DNA aerosols. DNA aerosols were generated by atomizing a DNA solution and introduced into a laminar flow clean air unit. Capture and detection performed upstream and downstream of the clean air unit showed that a significant fraction (>99.96%) of introduced molecules was trapped and removed by the filter. Although DNA aerosols appear to be an avoidable source of exogenous contamination, a clearer understanding and careful experimental procedures are needed in order to perform contamination-free, high-quality molecular biology experiments.

    DOI PubMed

  • Development of a bench-top extra-cleanroom for DNA amplification

    Hirokazu Takahashi, Takahiro Satoh, Hiroko Kanahara, Yuji Kubota, Tamaki Hirose, Hiroyuki Yamazaki, Kimiko Yamamoto, Yoshiko Okamura, Taketo Suzuki, Toshiro Kobori

    BioTechniques   61 ( 1 ) 42 - 46  2016年07月

     概要を見る

    Prevention of airborne contamination has become an important factor in biotechnology; however, conventional laminar-airflow cabinets (LAF-cabinets) are no longer sufficient as a countermeasure against nano-sized airborne contaminants in the laboratory. Here we present a bench-top extra-cleanroom classified as ISO-1 that can prevent contamination from airborne nanoparticles. This bench-top extra-cleanroom consists of a novel clean-zone-creating system that is equipped with nanofibrous, nonwoven filters. In addition, the cleanroom is also equipped with an ionizer to prevent plasticware from collecting dust by electrostatic charge attraction. This combination of features allows the cleanroom to prevent DNA contamination derived from airborne nanoparticles. Our extra-cleanroom with ionizer could be useful in various areas of biotechnology that are easily affected by airborne contaminants.

    DOI PubMed

  • 屋内排気型外付け式フードの漏えい濃度およびばく露濃度に対する歩行による外乱気流の影響

    久保田 裕仁, 金丸 直子, 岩崎 毅, 村田 克, 名古屋 俊士

    作業環境   37 ( 3 ) 102 - 113  2016年05月

    CiNii

  • 屋内排気型外付け式フード側面に沿って人が移動した時に必要となる排風量について

    金丸 直子, 久保田 裕仁, 村田 克

    作業環境   37 ( 2 ) 42 - 46  2016年03月

    CiNii

  • 屋内排気型外付け式フードの換気効果に関する基礎的研究

    金丸 直子, 久保田 裕仁, 村田 克

    作業環境   36 ( 4 ) 38 - 41  2015年07月

    CiNii

  • 漏えい濃度およびばく露濃度から求めた外付け式フードの必要排気風量

    久保田 裕仁, 金丸 直子, 岩崎 毅

    作業環境   36 ( 3 ) 48 - 55  2015年05月

    CiNii

  • ホルムアルデヒドに対する検知管法の測定精度の検証

    梅澤 敬, 上福元 清隆, 久保田 裕仁

    医学検査   61 ( 4 ) 798 - 802  2012年07月

     概要を見る

    ホルムアルデヒドに対する検知管法とDNPH-HPLC法の併行測定を実施した。デザインサンプリングは、A測定が切り出し室の平均的なホルムアルデヒド濃度測定で、床面上に等間隔で引いた縦と横の線の交点の床上120cmを測定点(5点)とした。B測定はホルムアルデヒド濃度がもっとも高くなると思われる作業時間、および作業位置で測定した。作業環境測定結果の評価は、幾何平均値M1は検知管法が0.014、DNPH-HPLC法が0.011、第1評価値EA1は検知管法0.057、DNPH-HPLC法0.037、第2評価値EA2は検知管法0.021、DNPH-HPLC法0.O14で、検知管法とDNPH-HPLC法の双方の結果ともEA1<E、CB<Eとなり、作業環境測定結果は第1管理区分であった。第1評価値EA1、第2評価値EA2、B測定値CBは、評価値/管理濃度が1以下に推移し、良好な作業環境が維持された。

    CiNii

  • 病理検査室のホルムアルデヒドばく露防止対策用換気システムとその効果

    久保田 裕仁, 上福元 清隆, 木村 一志

    作業環境   32 ( 1 ) 69 - 76  2011年01月

    CiNii

  • 慶應大学における解剖実習室空気環境改善対策

    今西 宣晶, 相磯 貞和, 仲嶋 一範, 久保田 裕仁, 上福元 清隆

    解剖学雑誌   83 ( Suppl. ) 152 - 152  2008年03月

  • 溶接ヒュームコレクタの吸引速度とヒューム抑制効果に関する研究

    久保田 裕仁, 上福元 清隆, 木村 一志

    作業環境   27 ( 5 ) 64 - 71  2006年09月

    CiNii

  • Some Engineering Countermeasures to Reduce Exposure to Welding Fumes and Gases Avoiding Occurrence of Blow Holes in Welded Material

    Takeshi IWASAKI, Yuki FUJISHIRO, Yuji KUBOTA, Jun OJIMA, Nobuyuki SHIBATA

    Industrial Health   43 ( 2 ) 351 - 357  2005年

    DOI

  • PUSH PULL型換気装置の流量比に関する研究

    久保田 裕仁, 木村 一志, 岩崎 毅

    作業環境   24 ( 5 ) 66 - 72  2003年09月

    CiNii

▼全件表示

Misc

受賞

  • 内閣総理大臣賞

    2015年10月   ものづくり日本大賞  

  • 会長賞

    2015年02月   日本機械工業連合会会長賞  

  • 功績賞

    2011年05月   日本紛体工業技術協会  

  • Best Poster Award

    2007年06月   American Industrial Hygiene Association  

 

現在担当している科目