2021/12/08 更新

写真a

ミヤザキ アツシ
宮崎 淳
所属
附属機関・学校 グローバルエデュケーションセンター
職名
助教

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    データ科学センター   兼任センター員

学位

  • 2012年03月   東北大学   博士(医学)

経歴

  • 2020年10月
    -
    継続中

    玉川大学   脳科学研究所   特別研究員

  • 2020年08月
    -
    継続中

    早稲田大学   データ科学センター   兼任センター員

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   グローバルエデュケーションセンター   助教

  • 2014年05月
    -
    2020年03月

    玉川大学   学術研究所   MRI研究支援員

  • 2012年04月
    -
    2014年04月

    エクスウェア株式会社   システムエンジニア

 

研究分野

  • 認知脳科学

  • 認知科学

研究キーワード

  • 包括脳ネットワーク

論文

  • Childhood exercise predicts response inhibition in later life via changes in brain connectivity and structure.

    Ishihara T, Miyazaki A, Tanaka H, Fujii T, Takahashi M, Nishina K, Kanari K, Takagishi H, Matsuda T

    NeuroImage   237   118196 - 118196  2021年08月  [査読有り]

    DOI

  • Multi-contrast magnetic resonance imaging of visual white matter pathways in glaucoma patients.

    Ogawa S, Takemura H, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Masuda Y, Yoshikawa K, Nakano T

    medRxiv     2021.06.29.21259608  2021年06月

  • Brain/MINDS Beyond Human Brain MRI Study: Multi-Site Harmonization for Brain Disorders Throughout the Lifespan.

    Koike S, Tanaka SC, Okada T, Aso T, Asano M, Maikusa N, Morita K, Okada N, Fukunaga M, Uematsu A, Togo H, Miyazaki A, Murata K, Urushibata Y, Autio JA, Ose T, Yoshimoto J, Araki T, Glasser MF, Van Essen DC, Maruyama M, Sadato N, Kawato M, Kasai K, Okamoto Y, Hanakawa T, Hayashi T, Brain/MINDS Beyond Human Brain MRI Group

    NeuroImage: Clinical   30   102600  2021年03月  [査読有り]

  • Characteristics of Japanese patients with Leber's hereditary optic neuropathy and idebenone trial: a prospective, interventional, non-comparative study.

    Ishikawa H, Masuda Y, Ishikawa H, Shikisima K, Goseki T, Kezuka T, Terao M, Miyazaki A, Matsumoto K, Nishikawa H, Gomi F, Mimura O

    Japanese Journal of Ophthalmology   65 ( 1 ) 133 - 142  2021年01月  [査読有り]

    DOI PubMed

  • V1 Projection Zone Signals in Human Macular Degeneration Depend on Task Despite Absence of Visual Stimulus.

    Masuda Y, Takemura H, Terao M, Miyazaki A, Ogawa S, Horiguchi H, Nakadomari S, Matsumoto K, Nakano T, Wandell BA, Amano K

    Current Biology   31 ( 2 ) 406 - 412  2021年01月  [査読有り]

  • Identification of the brain networks that contribute to the interaction between physical function and working memory: an fMRI investigation with over 1,000 healthy adults.

    Ishihara T, Miyazaki A, Tanaka H, Matsuda T

    NeuroImage   221   117152 - 117152  2020年11月  [査読有り]

    DOI

  • Cortical Regions Encoding Hardness Perception Modulated by Visual Information Identified by Functional Magnetic Resonance Imaging with Multivoxel Pattern Analysis.

    Kim Y, Usui N, Miyazaki A, Haji T, Matsumoto K, Taira M, Nakamura K, Katsuyama N

    Frontiers in Systems Neuroscience   1   13 - 52  2019年10月  [査読有り]

  • Diffusivity and quantitative T1 profile of human visual white matter tracts after retinal ganglion cell damage.

    Takemura H, Ogawa S, Mezer A, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Shikishima K, Nakano T, Masuda Y

    NeuroImage: Clinical   23   101826 - 101826  2019年04月  [査読有り]  [国際誌]

    DOI PubMed

  • Age-related macular degeneration affects the optic radiation white matter projecting to locations of retinal damage

    Shoyo Yoshimine, Shumpei Ogawa, Hiroshi Horiguchi, Masahiko Terao, Atsushi Miyazaki, Kenji Matsumoto, Hiroshi Tsuneoka, Tadashi Nakano, Yoichiro Masuda, Franco Pestilli

    Brain Structure and Function   223 ( 8 ) 1 - 12  2018年06月  [査読有り]

     概要を見る

    We investigated the impact of age-related macular degeneration (AMD) on visual acuity and the visual white matter. We combined an adaptive cortical atlas and diffusion-weighted magnetic resonance imaging (dMRI) and tractography to separate optic radiation (OR) projections to different retinal eccentricities in human primary visual cortex. We exploited the known anatomical organization of the OR and clinically relevant data to segment the OR into three primary components projecting to fovea, mid- and far-periphery. We measured white matter tissue properties—fractional anisotropy, linearity, planarity, sphericity—along the aforementioned three components of the optic radiation to compare AMD patients and controls. We found differences in white matter properties specific to OR white matter fascicles projecting to primary visual cortex locations corresponding to the location of retinal damage (fovea). Additionally, we show that the magnitude of white matter properties in AMD patients’ correlates with visual acuity. In sum, we demonstrate a specific relation between visual loss, anatomical location of retinal damage and white matter damage in AMD patients. Importantly, we demonstrate that these changes are so profound that can be detected using magnetic resonance imaging data with clinical resolution. The conserved mapping between retinal and white matter damage suggests that retinal neurodegeneration might be a primary cause of white matter degeneration in AMD patients. The results highlight the impact of eye disease on brain tissue, a process that may become an important target to monitor during the course of treatment.

    DOI PubMed

  • レーベル遺伝性視神経症におけるイデベノン投与前後の脳視覚野反応

    増田 洋一郎, 石川 裕人, 敷島 敬悟, 宮崎 淳, 寺尾 将彦, 小川 俊平, 堀口 浩史, 松元 健二, 仲泊 聡, 中野 匡

    神経眼科   34 ( 増補1 ) 62 - 62  2017年10月

  • 片側臨床的無眼球の脳視覚野反応と脳視路白質構造変化

    増田 洋一郎, 小川 俊平, 吉嶺 松洋, 堀口 浩史, 寺尾 将彦, 宮崎 淳, 常岡 寛

    日本眼科学会雑誌   120 ( 臨増 ) 193 - 193  2016年03月

  • Neuronal activity in the prefrontal cortex during performance of a dual task consisting of a main- and an interrupting-task.

    Miyazaki A, Nakajima T, Shima K, Mushiake H

    Advances in cognitive neurodyanamics   3   795 - 803  2013年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響--近赤外線分光法による検討

    奈良原光隆, 松井三枝, 宮崎淳, 小林恒之, 西条寿夫

    人間環境学研究   9 ( 1 ) 1 - 7  2011年  [査読有り]

  • 順序動作課題と割込課題からなる二重課題を制御する神経機構

    中島敏, 宮崎淳, 嶋啓節, 虫明元

    日本神経回路学会誌   18 ( 1 ) 129 - 134  2011年  [招待有り]

  • メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動

    宮崎淳, 松井三枝, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    人間環境学研究   8 ( 1 ) 55 - 65  2010年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

▼全件表示

Misc

  • Characteristics of Japanese patients with Leber's hereditary optic neuropathy and idebenone trial: a prospective, interventional, non-comparative study (Nov, 10.1007/s10384-020-00789-2, 2020)

    Hiroto Ishikawa, Yoichiro Masuda, Hitoshi Ishikawa, Keigo Shikishima, Toshiaki Goseki, Takeshi Kezuka, Masahiko Terao, Atsushi Miyazaki, Kenji Matsumoto, Hiroki Nishikawa, Fumi Gomi, Osamu Mimura

    JAPANESE JOURNAL OF OPHTHALMOLOGY   65 ( 1 ) 143 - 143  2021年01月

    その他  

    DOI

  • Therapeutic effects of Idebenone in Japanese patients with Leber hereditary optic neuropathy: A multicenter prospective study

    Hiroto Ishikawa, Yoichiro Masuda, Fumi Gomi, Keigo Shikishima, Toshiaki Goseki, Hitoshi Ishikawa, Takeshi Kezuka, Masahiko Terao, Atsushi Miyazaki, Kenji Matsumoto, Hiroki Nishikawa, Rika Okamoto, Osamu Mimura

    INVESTIGATIVE OPHTHALMOLOGY & VISUAL SCIENCE   59 ( 9 )  2018年07月

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

     概要を見る

    0

  • レーベル遺伝性視神経症におけるイデベノン投与前後の脳視覚野反応

    増田洋一郎, 石川裕人, 敷島敬悟, 宮崎淳, 寺尾将彦, 小川俊平, 小川俊平, 堀口浩史, 松元健二, 仲泊聡, 中野匡

    神経眼科   34  2017年

    J-GLOBAL

  • 片側臨床的無眼球の脳視覚野反応と脳視路白質構造変化

    増田洋一郎, 小川俊平, 小川俊平, 吉嶺松洋, 吉嶺松洋, 堀口浩史, 寺尾将彦, 宮崎淳, 常岡寛

    日本眼科学会雑誌   120  2016年

    J-GLOBAL

受賞

  • 若手奨励賞

    2019年03月   第21回日本ヒト脳機能マッピング学会   健常成人における体力・運動機能とワーキングメモリーの関係  

    受賞者: 石原暢, 宮崎淳, 田中大貴, 藤井貴之, 高橋宗良, 松田哲也

  • 若手奨励賞

    2018年03月   第20回日本ヒト脳機能マッピング学会   中学高校の運動経験と成人後の認知機能の関連性に関する研究:HCPパイプラインを用いた脳マルチモーダルMRIによる検討  

    受賞者: 石原暢, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 田中大貴, 山岸俊男, 松田哲也

  • 優秀抄録賞

    2018年02月   第2回国際磁気共鳴医学会日本支部   Retinal ganglion cell damage affects diffusivity but not quantitative T1 along the optic radiation.  

    受賞者: Takemura H, Ogawa S, Mezer A, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Shikishima K, Nakano T, Masuda Y

  • 優秀論文賞

    2011年12月   人間環境学研究   メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動  

    受賞者: 宮崎淳, 松井三枝, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 認知特性に関する神経基盤の解明:マルチモーダルMRIによる検討

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2026年03月
     

    宮崎 淳

  • ワーキングメモリと脳の構造的関係性の検討

    早稲田大学  特定課題研究助成

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

    宮崎淳

  • 機械学習による個人の認知機能特性の予測

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2022年03月
     

    宮崎 淳

  • ワーキングメモリにおける大脳皮質・皮質下ネットワークの機能解明

    早稲田大学  特定課題研究助成

    研究期間:

    2020年06月
    -
    2021年03月
     

    宮崎淳

講演・口頭発表等

  • 社会環境が思春期の子どもの脳構造に与える影響

    山田順子, 宮崎淳, 寿秋露, 結城雅樹, 松田哲也, 高岸治人

    第32回日本発達心理学会  

    発表年月: 2021年03月

  • クラスター分析ー似た者同士をグループ分けするー

    宮崎淳

    早稲田大学2020年度後期データ科学オンラインセミナー第3回  

    発表年月: 2021年01月

  • Negative association of body mass index with working memory and theory of mind in young and middle-aged adults: a task-fMRI study

    石原暢, 宮崎淳, 田中大貴, 松田哲也

    第43回日本神経科学大会  

    発表年月: 2020年07月

  • 繰り返しの無い利他行動の計算論的過程とその神経基盤

    田中大貴, 宮崎淳, 高岸治人, 松田哲也

    第43回日本神経科学大会  

    発表年月: 2020年07月

  • AMED「国際脳」調和プロトコル策定とトラベリングサブジェクトプロジェクト計画.

    小池進介, 植松明子, 岡田知久, 福永雅喜, 五月女康作, 東口大樹, 宮崎淳, 合瀬恭幸, 定藤規弘, 松田哲也, 田中沙織, 川人光男, 岡本泰昌, 花川隆, 笠井清登, 林拓也, 国際脳WG

    第3回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2019年09月

  • Harmonized Brain MRI Protocols/Preprocessing for Brain/MINDS-beyond.

    Hayashi T, Koike S, Okada T, Fukunaga M, Togo H, Miyazaki A, Ose T, Uematsu A, Saotome K, Matsuda T, Sadato N, Okamoto Y, Tanaka SC, Hanakawa T, Kasai K, Kawato M

    第3回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2019年09月

  • The relationship between obesity and age-related structural brain changes: A multimodal MRI study using the Human Connectome Project-style paradigm.

    石原暢, 宮崎淳, 田中大貴, 藤井貴之, 高橋宗良, 松本良恵, 清成透子, 高岸治人, 松田哲也

    第42回日本神経科学大会  

    発表年月: 2019年07月

  • Over-attribution of agency to objects and its neural mechanisms: A large-scale sample study using Human Connectome Project pipeline.

    田中大貴, 宮崎淳, 藤井貴之, 石原暢, 高橋宗良, 松田哲也

    第42回日本神経科学大会  

    発表年月: 2019年07月

  • Free finger tapping tempo reflects intrinsic brain rhythms (2): assessed by resting-state fMRI.

    高橋宗良, 藤井貴之, Sun Sai, 宮崎淳, 明石卓也, 古舘守通, Zhang Chao, 石原暢, 田中大貴, 高岸治人, 下條信輔, 松田哲也

    第42回日本神経科学大会  

    発表年月: 2019年07月

  • The relationship between implicit leadership in interpersonal rhythmic interaction and trust in a partner.

    藤井貴之, 高橋宗良, Sun Sai, 宮崎淳, 石原暢, 田中大貴, 高岸治人, 下條信輔, 松田哲也

    第42回日本神経科学大会  

    発表年月: 2019年07月

  • Relationship of multiple aspects of physical fitness to cognitive control: An fMRI investigation with over 1,000 young and middle-aged adults.

    Ishihara T, Miyazaki A, Tanaka H, Fujii T, Takahashi M, Matsuda T

    24th Annual Congress of the European College of Sport Science  

    発表年月: 2019年07月

  • Microstructural property of human visual white matter pathways after retinal ganglion cell damage.

    Takemura H, Ogawa S, Mezer A, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Shikishima K, Nakano T, Masuda Y

    Organization for Human Brain Mapping Annual Meeting  

    発表年月: 2019年06月

  • Social preference associated with the GABA level in the right DLPFC but not in the left DLPFC.

    Fujii T, Miyazaki A, Takahashi M, Ishihara T, Tanaka H, Kuribayashi H, Takagishi H, Matsuda T

    Organization for Human Brain Mapping Annual Meeting  

    発表年月: 2019年06月

  • Relationship between pro-social behavior and myelination level in right DLPFC.

    Takagishi H, Miyazaki A, Ishihara T, Tanaka H, Kanari K, Nishina K, Fujii T, Takahashi M, Matsuda T

    Organization for Human Brain Mapping Annual Meeting  

    発表年月: 2019年06月

  • Modeling the relationship of physical fitness to working memory via fMRI activation and performance.

    Ishihara T, Miyazaki A, Tanaka H, Fujii T, Takahashi M, Matsuda T

    Organization for Human Brain Mapping Annual Meeting  

    発表年月: 2019年06月

  • 健常成人における体力・運動機能とワーキングメモリーの関係

    石原暢, 宮崎淳, 田中大貴, 藤井貴之, 高橋宗良, 松田哲也

    第21回日本ヒト脳機能マッピング学会  

    発表年月: 2019年03月

  • 先天発症若年性黄斑変性における視索、視放線の拡散強調MRI変化

    小川 俊平, 増田洋一郎, 竹村浩昌, 宮崎淳, 松元健二, 林孝彰, 敷島敬悟, 中野匡

    第56回日本神経眼科学会  

    発表年月: 2018年12月

  • 過去の運動経験と認知機能および安静時脳機能的結合の関係: Human Connectome Project style paradigm を用いた検討

    石原暢, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 田中大貴, 山岸俊男, 松田哲也

    第8回社会神経科学研究会  

    発表年月: 2018年11月

  • 規範に適応するための社会的意思決定とその神経基盤: Human Connectome Project パイプラインと大規模サンプルを用いた検討

    田中大貴, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 石原暢, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 松本良恵, 清成透子, 山岸俊男, 松田哲也

    第8回社会神経科学研究会  

    発表年月: 2018年11月

  • 社会的価値志向性における脳の機能的・構造的な特徴: Human Connectome Project style paradigm を用いた検討

    高岸治人, 宮崎淳, 石原暢, 田中大貴, 金成慧, 仁科国之, 藤井貴之, 高橋宗良, 山岸俊男, 松田哲也

    第8回社会神経科学研究会  

    発表年月: 2018年11月

  • Insula shows different activation profiles for initial taste detection and aftertaste discrimination while tasting coffee.

    Takahashi M, Fujii T, Miyazaki A, Ishihara T, Tanaka H, Shimojo S, Matsuda T

    第2回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2018年09月

  • Association between the concentration of GABA in the right DLPFC and social preference.

    Fujii T, Miyazaki A, Takahashi M, Ishihara T, Tanaka H, Kuribayashi H, Takagishi H, Matsuda T

    第2回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2018年09月

  • Switching social behavior in response to a social norm: A multi-modal imaging study using the Human Connectome Project (HCP) pipeline and a large-scale sample.

    Tanaka H, Miyazaki A, Takagishi H, Fujii T, Ishihara T, Kanari K, Nishina K, Takahashi M, Yamagishi T, Matsuda T

    第2回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2018年09月

  • Childhood sports activity predicts later-life inhibitory control: A multimodal MRI study using HCP-style paradigm.

    Ishihara T, Miyazaki A, Takagishi H, Fujii T, Kanari K, Nishina K, Takahashi M, Tanaka H, Yamagishi T, Matsuda T

    第2回ヒト脳イメージング研究会  

    発表年月: 2018年09月

  • Functional brain connectivity of homo economicus: A multi-modal imaging study using the Human Connectome Project pipeline.

    Kanari K, Miyazaki A, Ishihara T, Tanaka H, Nishina K, Fujii T, Takahashi M, Matsuda T, Yamagishi T, Takagishi H

    Human Behavior and Evolution Society 30th Annual Meeting  

    発表年月: 2018年07月

  • Social value orientation regulates the function of the right DLPFC on pro-social behavior.

    Takagishi H, Miyazaki A, Ishihara T, Tanaka H, Kanari K, Nishina K, Fujii T, Takahashi M, Yamagishi T

    Human Behavior and Evolution Society 30th Annual Meeting  

    発表年月: 2018年07月

  • Disease in retinal ganglion cells affects diffusivity but not myelin volume along the optic radiation.

    Takemura H, Ogawa S, Mezer A, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Shikishima K, Nakano T, Masuda Y

    THE 14TH ASIA-PACIFIC CONFERENCE ON VISION  

    発表年月: 2018年07月

  • Different involvement of insula in initial taste detection and aftertaste discrimination in flavor perception.

    高橋宗良, 藤井貴之, 宮崎淳, 石原暢, 田中大貴, 下條信輔, 松田哲也

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Cortical mechanisms underlying solidness perception under influence of visual information revealed by multivoxel pattern-based fMRI.

    金 侑璃, 臼井信男, 宮崎淳, 土師友巳, 松元健二, 中村克樹, 泰羅雅登, 勝山成美

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Suppressing prosocial preferences to switch behavior: A multi-modal imaging study using the Human Connectome Project (HCP) pipeline and a large-scale sample.

    田中 大貴, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 石原暢, 金成彗, 仁科国之, 高橋宗良, 山岸俊男, 松田哲也

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Association between metabolite concentrations in right dorsolateral prefrontal cortex and social preference

    藤井貴之, 宮崎淳, 高橋宗良, 石原暢, 田中大貴, 栗林秀人, 高岸治人, 松田哲也

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Influence of childhood exercise on cognitive functions and related brain structure and neural network in adulthood: Evaluation using Human Connectome Project pipeline.

    石原暢, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 田中大貴, 山岸俊男, 松田哲也

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Structural and functional brain connectivity of prosocial behavior: Evaluation using Human Connectome Project pipeline.

    高岸治人, 宮崎淳, 石原暢, 金成慧, 仁科国之, 藤井貴之, 田中大貴, 高橋宗良, 松田哲也, 山岸俊男

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Structural and Functional Brain Connectivity in Homo Economicus: A multi-modal imaging study using the HCP pipeline.

    金成慧, 宮崎淳, 藤井貴之, 石原暢, 田中大貴, 仁科国之, 高橋宗良, 松田哲也, 山岸俊男, 高岸治人

    第41回日本神経科学大会  

    発表年月: 2018年07月

  • Insula activity during initial taste detection and aftertaste discrimination in flavor perception.

    Takahashi M, Fujii T, Miyazaki A, Ishihara T, Tanaka H, Shimojo S, Matsuda T

    The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping  

    発表年月: 2018年06月

  • Association between concentration of GABA in right DLPFC and social preference.

    Fujii T, Miyazaki A, Takahashi M, Ishihara T, Tanaka H, Kuribayashi H, Takagishi H, Matsuda T

    The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping  

    発表年月: 2018年06月

  • Childhood sports and adulthood inhibition: A large-scale multimodal imaging study using HCP pipeline.

    Ishihara T, Miyazaki A, Takagishi H, Fujii T, Kanari K, Nishina K, Takahashi M, Tanaka H, Yamagishi T, Matsuda T

    The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping  

    発表年月: 2018年06月

  • Switching social behavior from default preferences: A multi-modal imaging study using HCP pipeline.

    Tanaka H, Miyazaki A, Takagishi H, Fujii T, Ishihara T, Kanari K, Nishina K, Takahashi M, Yamagishi T, Matsuda T

    The 24th Annual Meeting of the Organization for Human Brain Mapping  

    発表年月: 2018年06月

  • 風味評価プロセスにおける初期の口当たりと後味の判断に関連した島皮質の活動

    高橋宗良, 藤井貴之, 宮崎淳, 石原暢, 田中大貴, 下條信輔, 松田哲也

    第20回日本ヒト脳機能マッピング学会  

    発表年月: 2018年03月

  • 向社会的行動と背外側前頭前野の関連:HCPパイプラインを用いた検討

    高岸治人, 宮崎淳, 石原暢, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 田中大貴, 山岸俊男, 松田哲也

    第20回日本ヒト脳機能マッピング学会  

    発表年月: 2018年03月

  • 中学高校の運動経験と成人後の認知機能の関連性に関する研究:HCPパイプラインを用いた脳マルチモーダルMRIによる検討

    石原暢, 宮崎淳, 高岸治人, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 田中大貴, 山岸俊男, 松田哲也

    第20回日本ヒト脳機能マッピング学会  

    発表年月: 2018年03月

  • デフォルトの選好に反する社会的意思決定に及ぼすリスク回避傾向の影響:HCPパイプライン及び大規模サンプルを用いた検討

    田中大貴, 宮崎淳, 高岸治人, 石原暢, 藤井貴之, 金成慧, 仁科国之, 高橋宗良, 山岸俊男, 松田哲也

    第20回日本ヒト脳機能マッピング学会  

    発表年月: 2018年03月

  • Retinal ganglion cell damage affects diffusivity but not quantitative T1 along the optic radiation.

    Takemura H, Ogawa S, Mezer A, Horiguchi H, Miyazaki A, Matsumoto K, Shikishima K, Nakano T, Masuda Y

    第2回国際磁気共鳴医学会日本支部  

    発表年月: 2018年02月

  • レーベル遺伝性視神経症におけるイデベノン投与前後の脳白質組織変化

    小川俊平, 増田 洋一郎, 石川裕人, 敷島敬悟, 宮崎淳, 堀口浩史, 松元健二, 中野匡

    第55回日本神経眼科学会  

    発表年月: 2017年11月

  • レーベル遺伝性視神経症におけるイデベノン投与前後の脳視覚野反応

    増田洋一郎, 石川裕人, 敷島敬悟, 宮崎淳, 寺尾 将彦, 小川俊平, 堀口浩史, 松元健二, 仲泊聡, 中野匡

    第55回日本神経眼科学会  

    発表年月: 2017年11月

  • 加齢黄斑変性患者の視放線内拡散強調変化の質的検討

    小川俊平, 堀口浩史, 吉嶺松洋, 宮崎淳, 林孝彰, 増田洋一郎, 中野匡, 常岡寛

    第6回日本視野学会  

    発表年月: 2017年04月

  • 視野偏心度に基づいた加齢黄斑変性患者の視路白質変化

    吉嶺松洋, 小川俊平, 堀口浩史, 宮崎淳, 寺尾将彦, 林孝彰, 増田洋一郎, 常岡寛

    第5回日本視野学会  

    発表年月: 2016年05月

  • 片側臨床的無眼球の脳視覚野反応と脳視路白質構造変化

    増田洋一郎, 小川俊平, 吉嶺松洋, 堀口浩史, 寺尾将彦, 宮崎淳, 常岡浩史

    第120回日本眼科学会総会  

    発表年月: 2016年04月

  • 網膜色素変性による視索、視放線の拡散強調MRI変化

    小川俊平, 竹村浩昌, 堀口浩史, 寺尾将彦, 土師知己, 林孝彰, 宮崎淳, 吉嶺松洋, 常岡寛, 増田洋一郎

    第63回日本臨床視覚電気生理学会  

    発表年月: 2015年08月

  • The effect of interrupting a memory-guided sequential motor task on neuronal activity in the dorsal premotor area.

    宮崎淳, 中島敏, 嶋啓節, 虫明元

    第34回日本神経科学学会  

    発表年月: 2011年09月

  • メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動

    松井三枝, 宮崎淳, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    第34回日本高次脳機能障害学会  

    発表年月: 2010年11月

  • メタ記憶過程における記憶方略選択と脳活動:近赤外分光法による検討

    松井三枝, 宮崎淳, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    第32回日本生物学的精神医学会  

    発表年月: 2010年10月

  • Recall error of a memorized motor sequence after performance of aninterrupting motor task -A behavioral analysis-.

    中島敏, 宮崎淳, 嶋啓節, 丹治順, 虫明元

    包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ  

    発表年月: 2010年07月

  • Brain activation related to memory organization: a near-infrared spectroscopy.

    Matsui M, Miyazaki A, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H

    International Neuropsychological Society Mid Year Meeting 2010  

    発表年月: 2010年06月

  • The influence of interrupting a memory-guided sequential motor task on prefrontal neuronal activity.

    中島敏, 宮崎淳, 嶋啓節, 丹治順, 虫明元

    第32回日本神経科学大会  

    発表年月: 2009年09月

  • 自己意識的情動の生起がモラル意識に与える影響-光トポグラフィによる検討

    松井三枝, 奈良原光隆, 宮崎淳, 小林恒之, 西条寿夫

    第14回認知神経科学会学術集会  

    発表年月: 2009年07月

  • The interrupting effect of a visually-guided motor task on retrieval of a memorized motor sequence

    Miyazaki A, Nakajima T, Shima K, Mushiake H

    第36回世界生理学会  

    発表年月: 2009年07月

  • 割り込み課題遂行中の前頭前野の働き

    宮崎淳, 中島敏, 嶋啓節, 虫明元

    第14回東北大学グローバルCOE若手フォーラム  

    発表年月: 2009年04月

  • メタ記憶が記憶方略に及ぼす影響―NIRSによる脳活動との関連

    宮崎淳, 松井三枝, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第5回領域内研究報告会  

    発表年月: 2008年03月

  • Study of brain activation related to memory organization by near-infrared spectroscopy.

    Miyazaki A, Matsui M, Narahara M, Kobayashi T, Nishijo H

    7th Tsukuba International Conference on Memory  

    発表年月: 2008年03月

  • Study of brain activation related to memory organization by near-infrared spectroscopy.

    宮崎淳, 松井三枝, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    第30回日本神経科学大会  

    発表年月: 2007年09月

  • 光トポグラフィによる記憶の組織化に関わる脳機能の検討

    宮崎淳, 松井三枝, 奈良原光隆, 小林恒之, 西条寿夫

    研究領域「脳の機能発達と学習メカニズムの解明」第4回領域内研究報告会  

    発表年月: 2007年03月

▼全件表示

特定課題研究

  • ワーキングメモリにおける大脳皮質・皮質下ネットワークの機能解明

    2020年  

     概要を見る

    ワーキングメモリー(WM)は、情報の短期的な抽象化と操作であり、日常の機能において不可欠な神経認知プロセスである。本研究の目的は、WMに関わる神経ネットワークと行動との関係性を明らかにすることである。Human Connectome Projectのデータベースに登録されている1200名のデータから、身体機能(有酸素性の持久力、手指の巧緻性)とWMの脳活動の関係を分析した。その結果、身体機能の能力によって、前頭―頭頂ネットワークやデフォルトモードネットワークの活動に影響を与え、WMの課題成績にも影響を及ぼすことが明らかとなった。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • データ科学入門

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • 統計リテラシー

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中
     

  • Rによる統計解析

    早稲田大学  

    2020年04月
    -
    継続中