松田 圭悟 (マツダ ケイゴ)

写真a

所属

理工学術院 理工学術院総合研究所

職名

主任研究員(研究院准教授)

ホームページ

https://matsuda.yz.yamagata-u.ac.jp/

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2005年03月

    東京工業大学   理工学研究科   化学工学専攻  

学位 【 表示 / 非表示

  • Tokyo Institute of Technology   Doctor (Engineering)

  • 東京工業大学   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2010年12月
    -
    継続中

    山形大学   大学院理工学研究科   准教授

  • 2021年04月
    -
    継続中

    東北大学   大学院工学研究科 化学工学専攻   特任准教授

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院総合研究所   主任研究員(研究院准教授)

  • 2015年04月
    -
    2020年03月

    産業技術総合研究所   再生可能エネルギー研究センター   クロスアポイントメントフェロー

  • 2007年04月
    -
    2010年11月

    山形大学   大学院理工学研究科   助教

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    米国化学工学会( AIChE)

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    日本エネルギー学会

  •  
     
     

    分離技術会

  •  
     
     

    石油学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 反応工学、プロセスシステム工学

  • 移動現象、単位操作

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 分離工学

  • 化学工学

  • エネルギーシステム

  • プロセスシステム工学

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of a power generation system that integrates multiple Kalina cycles and absorption heat pumps

    Ryosuke Akimoto, Takehiro Yamaki, Masaru Nakaiwa, Keigo Matsuda

    Case Studies in Thermal Engineering   28   101363 - 101363  2021年12月

    DOI

  • Microwave-Assisted Heating Reactions of N-Acetylglucosamine (GlcNAc) in Sulfolane as a Method Generating 1,6-Anhydrosugars Consisting of Amino Monosaccharide Backbones

    Kaga, H, M. Enomoto, H. Shimizu, I. Nagashima, Keigo Matsuda, Seigou Kawaguchi, Atsushi Narumi

    molecules   25 ( 8 ) 1944  2020年01月  [査読有り]

  • Effects of Steam on Toluene Hydrogenation over a Ni Catalyst

    Atsumi, R, K. Kobayashi, C. Xieli, Tetsuya Nanba, Hideyuki Matsumoto, Keigo Matsuda, T. Tsujimura

    Applied Catalysis A: General   590 ( 1173747 ) 1 - 8  2020年01月  [査読有り]

  • Effect of Chemical and Physical Properties of Titanium Oxide Support Surface During Nitrogen Monoxide Reduction by Carbon Monoxide in Presence Water over Titanium Oxide Supported Platinum Catalyst

    Kobayashi, K, S. Ogawa, Hideyuki Matsumoto, Keigo Matsuda, Tetsuya Namba

    J. Japan. Petrol. Inst   63 ( 1 ) 28 - 37  2020年01月  [査読有り]

  • A Study on the Regional Value Creation by Impression Evaluation Method of Hot Spring Qualities

    Yumi Takasawa, Naoki Kodama, Keigo Matsuda

    Journal of the Japan Association of Regional Development and Vitalization    2019年03月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • プロセス強化(PI)の技術

    松田圭悟( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「蒸留分離プロセス」を担当)

    三恵社  2017年11月

  • Energy Technology Roadmap of Japan: Future Energy Systems Based on Feasible Technologies Beyond 2030

    松田圭悟( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第5章「Geothermal Power Generation」を担当)

    Springer  2016年06月 ISBN: 9784431559498

  • 分離技術のシーズとライセンス技術の実用化

    松田圭悟( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「蒸留」を担当)

    分離技術会  2014年11月

  • いま必要な蒸留技術

    化学工学会, 化学工学会分離プロセス部会( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 「反応蒸留」を担当)

    化学工学会関東支部,三恵社 (発売)  2012年12月 ISBN: 9784864870238

  • いま必要な蒸留技術 (最近の化学工学 62)

    松田圭悟( 担当: 分担執筆)

    三恵社  2012年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 高分子膜を用いたCO2分離プロセスのテクノエコノミック解析

    藤田翔, 鈴木泰彦, 松田圭悟

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   86th  2021年

    J-GLOBAL

  • コンビナート・地域連携によるカーボンニュートラル推進

    かん蔗寂樹, 能村貴宏, 則永行庸, 松田圭悟, 久保田伸彦

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   86th  2021年

    J-GLOBAL

  • 熱交換ネットワークを用いた有機ランキンサイクルのエネルギー統合プロセス開発

    秋元良祐, 秋元良祐, 鈴木泰彦, 松田圭悟

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   86th  2021年

    J-GLOBAL

  • プロセス機器開発の新展開 カリーナ複合サイクルを用いた発電技術開発

    秋元良祐, 松田圭悟

    ケミカルエンジニヤリング   65 ( 2 )  2020年

    J-GLOBAL

  • 高分子膜を用いたCO2分離回収プロセス設計と経済性評価

    藤田翔, 秋元良祐, 鈴木泰彦, 松田圭悟

    化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM)   85th  2020年

    J-GLOBAL

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • プロセスシステム設計とLCAの統合によるCO2排出量の評価

    研究期間:

    2018年
    -
    2022年
     

  • CO2分離機能とエイジング耐性を兼備した多孔性複合膜

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年03月
     

  • 産業活動由来の希薄な窒素化合物の循環技術創出―プラネタリーバウンダリー問題の解決に向けて

    研究期間:

    2020年
    -
     
     

  • サイバーフィジカルシステムを用いたスマート化学プロセスの設計

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    松田 圭悟

    担当区分: 研究代表者

  • ハイブリッドイオン液体を利用した二酸化炭素吸収分離再生プロセスの開発

    研究期間:

    2017年
    -
    2018年
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • A Rate-Based Model Approach To Internally Heat Integrated Distillation Columns (HIDiC)

    Koichi Iwakabe, Keigo Matsuda, Masaru Nakaiwa, Kinpei Horiuchi, Toshinari Nakanishi, Akio Horiguchi, Kazuya Kubo, Takao Ohmori, Takuji Yamamoto, Sho Kataoka

    AIChE Annual Meeting 2007   (Salt Lake City)  AIChE  

    発表年月: 2007年11月

  • Process Intensification for the Distillation with Heat-Integration

    Keigo Matsuda, Koichi Iwakabe, Masaru Nakaiwa, Takeshi Higuchi, Masayuki Toda

    AIChE Annual Meeting 2007   (Salt Lake City)  AIChE  

    発表年月: 2007年11月

  • Dynamic Behavior of Reactive Distillation with Heat-Integration

    K. Matsuda, T. Ohmori, K. Iwakabe, A. Endo, T. Yamamoto, K. Huang, M. Nakaiwa

    Fifth International conference on un-steady state processes in catalysis  

    発表年月: 2006年11月

  • Towards the Practical Application of the Internally Heat-Integrated Distillation Columns (HIDiC)

    M. Nakaiwa, K. Huang, K. Iwakabe, K. Matsuda, T. Ohmori, A. Endo, T. Yamamoto, S. Kataoka

    AIChE Annual Meeting 2006  

    発表年月: 2006年11月

  • A Rate-Based Model Approach to the Separation of Twelve-Component Hydrocarbons Mixture

    K. Iwakabe, K. Matsuda, M. Nakaiwa, K. Horiuchi, K. Iuchi, S. Hodumi, T. Nakanishi, T. Ohmori, A. Endo, T. Yamamoto, S. Kataoka

    AIChE Annual Meeting 2006  

    発表年月: 2006年11月

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    国際電気標準会議(IEC)PC126(Binary Power Generation Systems)  国際議長

  •  
     
     

    分離技術会総務委員会  委員

  •  
     
     

    石油学会東北支部  幹事

  •  
     
     

    化学工学会ダイナミックプロセス応用分科会  副分科会長

  •  
     
     

    化学工学会蒸留分科会  副分科会長

全件表示 >>