2022/11/26 更新

写真a

キム ジヒョン
金 知賢
所属
国際学術院 国際教養学部
職名
助教

学歴

  • 2018年04月
    -
    2022年03月

    Waseda University   Graduate School of International Culture and Communication Studies(Interpretation Studies)  

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    Waseda University   Graduate School of International Culture and Communication Studies(International Legal Studies)  

学位

  • 2022年03月   早稲田大学   博士

所属学協会

  • 2018年09月
    -
    継続中

    法と言語学会: Nagoya, JP

  • 2018年02月
    -
    継続中

    日本通訳翻訳学会: Tokyo, JP

  • 2018年02月
    -
    継続中

    International Association of Forensic Linguists: Melbourne, AU

  • 2018年02月
    -
    継続中

    Critical Link International: Canada, CA

 

研究キーワード

  • court interpreting, access to justice, interpreting in legal settings, bilingual courtrooms

論文

  • Challenges of practices in Japan’s court interpreting system: Case analyses of interpreter-mediated trials 1991-2016

    J. Kim

    Language and Law   ( 5 ) 25 - 66  2020年10月  [査読有り]  [国内誌]

    担当区分:筆頭著者

受賞

  • Shinzaki Research Encouragement Award for Outstanding Research Activities

    2022年09月   Japan Association for Interpretation and Translation Studies  

    受賞者: J. Kim

  • MEXT Scholarship with Embassy Recommendation (2015-2020)

    2015年04月   Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (Tokyo, JP)  

    受賞者: J. Kim

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Defining the meaning of accuracy in court interpreting: A selection of views from practitioners in the Japanese context

    Waseda University  Grants for Special Research Projects

    研究期間:

    2022年06月
    -
    2023年03月
     

    J. Kim

  • Revisiting the interpreter’s role in bilingual courtrooms: Normative roles, users’ expectations, and the status quo of court interpreting in Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grant-in-Aid for Scientific Research

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2023年03月
     

    J. Kim

     概要を見る

    本研究は、実践と理論における法廷通訳者の役割考察に向け、現地調査(観察)、関係者への取材、法務関係諸機関(最高裁判所、法務省、日弁連、法テラスを含む)へのヒアリング調査、関係資料の採集を、17ヶ月にわたって実施した。この研究の基礎となる、25 名の法曹関係者と通訳者の実務経験に基づいた要通訳裁判の特徴を踏まえ、研究者の視点から現体制における法廷通訳の役割規範の実効性を検証した。さらに、裁判観察記録と取材録をもとに、実践における通訳者への役割期待の多元性とその複数の役割間の競合関係を明らかにし、法曹関係者と法廷通訳者間の通訳の役割に対する理解や期待不一致がもたらす影響や現場が抱える協働の課題を分析した。本研究の今後の課題として、実践と理論の法廷通訳の役割に対する認識の相違を明らかにした上で、法廷通訳者の担うべき実践的役割について深い考察を加える。

  • 問われる公平性〜法廷通訳の傍聴ノートから〜

    Waseda University  Grants for Special Research Projects

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2022年03月
     

    J. Kim

  • Revisiting the Interpreter’s Role in Bilingual Courtrooms

    Waseda University  Grants for Special Research Projects

    研究期間:

    2020年06月
    -
    2021年03月
     

    J. Kim

講演・口頭発表等

  • Pragmatic issues in interpreting the silence of a defendant at trial

    J. Kim

    Japan Association for Interpreting and Translation Studies  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • Perceptions, expectations, and the opinions of court interpreting in Japan

    J. Kim

    発表年月: 2019年07月

    開催年月:
    2019年07月
     
     
  • Court interpreting in Japan: Exploring the expectations and evaluation of interpreting services through in-depth interviews with service users

    J. Kim

    発表年月: 2019年06月

    開催年月:
    2019年06月
     
     

学内研究費(特定課題)

  • 問われる公平性〜法廷通訳の傍聴ノートから〜

    2021年  

     概要を見る

    本研究の目的は、公判における通訳人の介入行為の実例を紹介し、法廷通訳実践の場で遭遇する倫理的課題とその背景について議論することである。本研究では、2019年から14ヶ月間にわたって実施した裁判傍聴と通訳人の行動観察記録に基づき、通訳人の介入行為の倫理的妥当性を介入根拠とともに検証を行った。さらに、介入に伴う裁判の公正性への影響を踏まえ、司法通訳全般に共通する倫理となる「中立公正な立場で」および「原文に忠実で正確に」は、通訳の倫理的責任に対する理解を深め、通訳者自らの行動を厳正に律する十分な行動指針となるか考察を重ねた。この倫理指針については、個々の通訳人が自律的に対応を行なってきたところであるが、本研究の事例調査では、被告人質問や証人尋問に際して通訳人による介入行為が度々発生し、一部の介入によっては、被告人弁解とそれに基づく弁護人の主張が遮られたり、被告人の供述の任意性や信頼性が否定され、弁護機能が阻害されるという事案が目立った。このような事例を通じて、個々の通訳人の倫理観が被告人の諸権利に及ぼす影響は甚大であることに鑑み、通訳の公平性を確保するためには、実践的な対応能力向上に向けた通訳訓練とその通訳教育を支える制度的な仕組みを整備する重要性を指摘する。

  • Revisiting the Interpreter’s Role in Bilingual Courtrooms: Normative Roles, Users’ Expectations and the Status Quo of Court Interpreting in Japan

    2020年  

     概要を見る

    The overall goal of this study is to link research and practice towards improved policy development and implementation of interpreting services for foreign defendants and witnesses in the bilingual courtroom. The study aims to identify the gap between de-facto norms, practitioners’ views, and the status quo in Japan with regard to the role of court interpreters. Over 20 months between 2018 - 2020, a total of 29 interviews with legal practitioners (i.e., judges, prosecutors, defense counsels), interpreters, and relevant institutions (i.e., Ministry of Justice, Supreme Court of Japan, JFBA) were carried out, along with field observation of court hearings and document research. Drawing on transcripts, field-notes, and a selection of government documents, the results were analyzed to validate the norms that constitute interpreting practices in terms of its content and internal coherence. The results will be further analyzed to discuss whether the current norms provide quality interpreting in alignment with the professional roles of court interpreters perceived by service users. The preliminary results indicate that high compliance by interpreters towards institutional guidelines has largely contributed to the development of their shared identities as an ‘intermediary’. However, the results also show persistent challenges of reaching consensus on the notion behind this intermediary role. 

 

現在担当している科目