2022/12/09 更新

写真a

コイタ タケトシ
小板 丈敏
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 3

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 創造理工学部
職名
講師(任期付)

学歴

  • 2010年04月
    -
    2014年03月

    東北大学大学院   工学研究科   航空宇宙工学専攻 博士課程  

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

    東京電機大学大学院   工学系研究科   機械工学専攻 修士課程  

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    東京電機大学   工学部   機械工学科  

学位

  • 東北大学   博士(工学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院 創造理工学部 環境資源工学科   講師

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    早稲田大学   理工学術院総合研究所   主任研究員(研究院講師)

  • 2015年10月
    -
    2020年03月

    埼玉工業大学   工学部 機械工学科   講師

  • 2014年04月
    -
    2015年09月

    東北大学   多元物質科学研究所 希少元素高効率抽出技術拠点   研究支援者

所属学協会

  •  
     
     

    日本衝撃波研究会

  •  
     
     

    International Shock Wave Institute

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    数理科学会

  •  
     
     

    火薬学会

  •  
     
     

    化学工学会

▼全件表示

 

研究分野

  • 流体工学   衝撃波工学

  • プラズマ応用科学   パルスパワー

研究キーワード

  • 衝撃波

  • 圧縮性流体力学

  • 水中衝撃波

  • キャビテーション

  • マイクロバブル

  • 放電

  • 爆発

  • 光学的可視化

  • 電気パルス

  • パルスパワー

  • 高電圧

▼全件表示

論文

  • Study of the Metal Sphere Explosion Driven by Pulsed Discharge for Separating Adherends

    Masataka Kondo, Taketoshi Koita, Soowon Lim, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    IEEE Transactions on Plasma Science   50 ( 11 ) 4636 - 4649  2022年11月  [査読有り]

    DOI

  • Comparison of Positive Electrode Separation by Electrical Pulsed Discharge in Underwater and Air Environments

    Soowon Lim, Kaito Teruya, Fuki Mizumoto, Minori Asao, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    IEEE Transactions on Plasma Science   50 ( 10 ) 3625 - 3634  2022年10月  [査読有り]

    DOI

  • Utilization of underwater electrical pulses in separation process for recycling of positive electrode materials in lithium-ion batteries: Role of sample size

    Kaito Teruya, Soowon Lim, Kazuhiro Mochidzuki, Taketoshi Koita, Fuki Mizumoto, Minori Asao, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    International Journal of Plasma Environmental Science and Technology   16 ( 1 )  2022年02月  [査読有り]

     概要を見る

    The amount of generated waste of lithium-ion batteries (LiBs) that are used in automobiles is expected to increase because of increases in EV usage. Thus, it is required to recover strategic elements, such as lithium, cobalt, nickel, and manganese in the positive electrodes (PEs) found within LiB. In recent years, a direct application of electrical pulsed power to PEs has been reported to separate the active material layer from the aluminum foil in PEs. The electrical pulsed-discharge treatment enables the separation of the active materials from the aluminum foil without changing in a significant manner the chemical composition of the materials. In this study, we investigated the influence of length of rolled PE samples on the separation of active material from the aluminum foil of PE via the electrical pulsed-discharge treatment. Calculated energy and charging voltage for specific sample sizes were applied to PE samples installed in discharging electrodes in water. After the electrical pulsed-discharge treatment, up to 98.8% cobalt and 6.7% aluminum were recovered from liberated particles of 8 mm or less. For a longer length of PE sample, the separation efficiency of cobalt for aluminum was higher, and the aluminum contamination for active material particles was lower. The internal circuit resistance should be reduced as much as possible to reduce the circuit energy consumption. In terms of energy efficiency, a longer, narrower, and thinner aluminum foil had positive effects in the separation of the positive electrode by the electrical pulsed-discharge treatment.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • Application of Simple Notch to Selective Separation of Adherend Bonded With Resin Adhesive by Pulsed Discharge in Air

    Taketoshi Koita, Masataka Kondo, Soowon Lim, Manabu Inutsuka, Takao Namihira, Satoshi Oyama, Chiharu Tokoro

    IEEE Transactions on Plasma Science   49 ( 12 ) 3860 - 3872  2021年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    This study reports the application of a simple conical notch punched on a bonded structure set in air for the selective separation of an adherend by pulsed discharge, with the discharge passage inside the adhesive bonding adherend. A simulation of the electrical field indicated that the field around the notch tip was highest compared with that at the edge where the field concentrated in the normal model without the notch. The tilted model with the sloped adherend resulted in real adhesion during bonding. The optical visualized images of the discharge passage showed that the notch allowed discharge passage control inside the adhesive because of the concentration of electrical field that was presented by the simulation. In the normal model without the notch, separation did not occur because the current passed only on the surface structure because of the lower dielectric breakdown voltage of the air that surrounded the structure compared with the adherend. The adherend with the notch was liberated under the same discharge conditions. The separation of adherend with the notch was investigated by optical visualization and displacement measurement of the surface on the notched adherend. The separation mechanism using the notch was that the adherend was detached by cohesive fracture of the adhesive that was caused by expansion of the gasified adhesive induced by discharge around the notch. These results and mechanism indicate that the notch on the adherend is useful for the selective separation of adherends from bonded structures by adhesive peeling.

    DOI

  • Application of electrical pulsed discharge to metal layer exfoliation from glass substrate of hard-disk platter

    Masataka Kondo, Soowon Lim, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    Results in Engineering   12   100306 - 100306  2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    The platter, which is the data-storage component of hard-disk drives, contains platinum group metals on a substrate. It is necessary to separate the metal layer from the substrate to recover the platinum group metals and other valuable elements. The separation of the metal layer from the glass substrate were investigated by using two types of pulsed-power generators (PPGs), namely a nanosecond and a microsecond PPG. By conducting repetitive pulse discharges to the platter surface, the metal layer was peeled off and the maximum exfoliation rate reached about 60% for both the nanosecond PPG and the microsecond PPG. The higher the single pulse energy, the higher the exfoliation efficiency. The maximum peeling energy efficiency were 16%/kJ and 30%/kJ for the nanosecond PPG and microsecond PPG, respectively. It was demonstrated that the pulse width affected the formation of the discharge plasma. In the nanosecond PPG, a discharge plasma was formed between the edge of the metal layer and the electrode, whereas in the microsecond PPG, a discharge plasma channel was formed across the metal layer. SEM images of the substrate surface after discharge treatment showed that part of the removed metal layer was molten and reattached to the glass substrate. The reattached particles were spherical with a diameter of similar to 10 mu m, and were enriched by 20% in terms of ruthenium mass. The exfoliation process of the metal layer by electric pulses and the generation of metal particles were explained.

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Investigation of Separation of Metal Layers Including Platinum Group Metals from Glass Substrates by Pulsed Power

    Masataka Kondo, Soowon Lim, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    Journal of the Society of Powder Technology, Japan   58 ( 9 ) 474 - 480  2021年09月

    DOI

    Scopus

  • 電気パルス法によるガラス基板からの白金族金属含有金属層分離の検討

    近藤 正隆, イム スウォン, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    粉体工学会誌   58 ( 9 ) 474 - 480  2021年09月  [査読有り]

  • Recovery of Silver From Waste Crystalline Silicon Photovoltaic Cells by Wire Explosion

    Soowon Lim, Yuto Imaizumi, Kazuhiro Mochidzuki, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    IEEE Transactions on Plasma Science   49 ( 9 ) 2857 - 2865  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • Separation of cathode particles and aluminum current foil in lithium-ion battery by high-voltage pulsed discharge Part II: Prospective life cycle assessment based on experimental data

    Yasunori Kikuchi, Izuru Suwa, Aya Heiho, Yi Dou, Soowon Lim, Takao Namihira, Kazuhiro Mochidzuki, Taketoshi Koita, Chiharu Tokoro

    Waste Management   132   86 - 95  2021年08月  [査読有り]

     概要を見る

    This series of papers addresses the recycling of cathode particles and aluminum (Al) foil from positive electrode sheet (PE sheet) dismantled from spent lithium-ion batteries (LIBs) by applying a high-voltage pulsed discharge. As concluded in Part I of the series (Tokoro et al., 2021), cathode particles and Al foil were separated in water based on a single pulsed power application. This separation of LIB components by pulsed discharge was examined by means of prospective life cycle assessment and is expected to have applications in LIB reuse and recycling. The indicators selected were life cycle greenhouse gas (LC-GHG) emissions and life cycle resource consumption potential (LC-RCP). We first completed supplementary experiments to collect redundant data under several scale-up circumstances, and then attempted to quantify the uncertainties from scaling up and progress made in battery technology. When the batch scale of pulsed discharge separation is sufficiently large, the recovery of cathode particles and Al foil from PE sheet by pulsed discharge can reduce both LC-GHG and LC-RCP, in contrast to conventional recycling with roasting processes. Due to technology developments in LIB cathodes, the reuse of positive electrode active materials (PEAM) does not always have lower environmental impacts than the recycling of the raw materials of PEAM in the manufacturing of new LIB cathodes. This study achieved a proof of concept for resource consumption reduction induced by cathode utilization, considering LC-GHG and LC-RCP, by applying high-voltage pulsed discharge separation.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • 放電誘起水中衝撃波の干渉による固体壁付着マイクロバブル挙動の可視化

    小板 丈敏, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    年次大会   2021   J022-06  2021年

    DOI

  • Control of the discharge path in adhesive for separation of the bonding structure

    Masataka Kondo, Taketoshi Koita, Soowon Lim, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    IEEE International Pulsed Power Conference   2021-December  2021年

     概要を見る

    Recently, the easy disassembly of bonding structures used in lightweight automobile bodies is needed. This is because these bonding structures are difficult to separate efficiently as there are joints using chemicals with a high adhesive strength and are commonly separated manually. In this study, we applied a pulsed discharge for the separation of bonding structures consisting of two adherends bonded by epoxy adhesive. The separation was carried out by controlling the discharge path inside the adhesive with a notch punched on the adherend and peeling the adhesive by the explosive force caused by the discharge. The discharge path in the adhesive was generated by the concentration of electric field at the tip of the notch. The effect of notch geometry on the electric field strength was studied by simulation with the AC/DC module of COMSOL Multiphysics. Simulation results indicated that the notch height affected the electric field concentration, and likewise, that the electric field strength at the notch was higher than the one at the edge of the adhered material. The discharge path of the bonding structure with the notch was visualized using the shadowgraph method. The fracture surfaces of structure without and with the notch after the pulsed discharge were also observed to confirm the discharge crater. The visualized images indicated that the discharge path occurred inside the adhesive from the tip of the notch and that the structure was separated by the expansion of gasified adhesive caused by the discharge when the notch was punched to the structure. A discharge crater was observed in the adhesive surface near the notch. In the case of the structure without a notch, the discharge luminescence appeared not in the adhesive but at the edge of the adherend because of the electric field concentration at the edge, resulting in non-separation due to surface discharge in the structure. These results indicated that the notch was responsible for controlling the discharge path inside the adhesive and caused the separation of the bonding structure.

    DOI

    Scopus

  • Copper/Silver Recovery from Photovoltaic Panel Sheet by Electrical Dismantling Method

    Chiharu Tokoro, Soowon Lim, Yukihiro Sawamura, Masataka Kondo, Kazuhiro Mochidzuki, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Yasunori Kikuchi

    International Journal of Automation Technology   14 ( 6 ) 966 - 974  2020年11月  [査読有り]

     概要を見る

    The volume of spent photovoltaic (PV) panels is expected to grow exponentially in future decades. Substantial material resources such as silver (Ag), copper (Cu), aluminum (Al), silicon (Si), and glass can potentially be recovered from silicon-based PV panels. In this paper, we targeted the recovery of Cu and Ag from a cell sheet separated to a glass panel from a spent PV panel. The technical feasibility of a novel electrical dismantling method was experimentally studied. This method employed a pulsed power technology that releases high energy in a short time. It allowed a selective separation of the Cu/Ag wires from the sheet once per discharge in water. The experimental results indicated that 95.6% of the total Cu and 17.2% of the total Ag in the sample were successfully separated from the cell sheet using a 3.5-kJ capacitor bank circuit. Moreover, 3.66% of the total Si in the sample was contaminated by the separated Cu/Ag particles from the cell sheet, mainly by shockwaves generated by plasma expansion, and some of them formed a compound with Cu and Ag by eutectic melting, resulting in low liberation. At the lower energy of 3.5 kJ, eutectic melting of Cu and Ag with Si was more suppressed than 4.6 kJ, and 94.3% of Cu and 77.5% of Ag in the separated particles were liberated, which would be acceptable for further wet gravity and/or shape separation of Cu and Ag.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Experimental Study on Effect of Microbubble Diameter Attached to Metal Thin Plate on Deformation by Underwater Explosion Forming

    T. Koita, T. Namihira, M. Matsuda, S. Kobayash

    32nd International Symposium on Shock Waves     2953 - 2959  2019年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Experimental Study on the Influence of Underwater Explosion Depth on the Disintegration of Thin Resin Plate Attached Microbubbles

    T. Koita, M. Sun, Y. Fukushima, L. Guo, X. Zhao, S. Kobayashi

    31st International Symposium on Shock Waves 2     491 - 497  2019年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Contribution of Cavitation Generation to Shock Wave Sterilization Effects in a Narrow Water Chamber

    J. Wang, A. Abe, T. Koita, M. Sun

    31st International Symposium on Shock Waves 2     375 - 382  2019年04月  [査読有り]

    DOI

  • Study of sterilization effects on marineVibriosp. using interaction of cavitation with shock wave in a narrow water chamber

    Jingzhu Wang, Akihisa Abe, Taketoshi Koita, Mingyu Sun, Yiwei Wang, Chenguang Huang

    Journal of Applied Physics   124 ( 21 ) 213301 - 213301  2018年12月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • 管オリフィス端からの低速流れ誘起騒音の単純修正理論式の開発および実験的評価

    小板丈敏

    数理科学会論文集   19 ( 2 ) 1 - 7  2018年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Oblique Shock Reflection over a Membrane

    S. Kobayashi, H. Hemmi, T. Adachi, T. Koita

    Shock Wave Interactions     135 - 144  2018年03月  [査読有り]

    DOI

  • 樹脂射出成形品の高効率バリ取りに向けた衝撃波バリ破砕法の開発

    小板丈敏, 福島祥夫, 小林晋

    埼玉工業大学先端科学研究所アニュアルレポート   ( 16 ) 52‐61  2018年03月

    J-GLOBAL

  • The Motion of a 2 mm Tantalum Block Induced by Underwater Explosion

    T. Koita, T. Gonai, M. Sun, S. Owada, T. Nakamura

    30th International Symposium on Shock Waves 2     965 - 970  2017年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Experimental study of the water jet induced by underwater electrical discharge in a narrow rectangular tube

    T. Koita, Y. Zhu, M. Sun

    SHOCK WAVES   27 ( 2 ) 257 - 270  2017年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    This paper reports an experimental investigation on the effects of explosion depth and tube width on the water jet induced by an underwater electrical discharge in a narrow rectangular tube. The water jet formation and bubble structure were evaluated from the images recorded by a high-speed video camera. Two typical patterns of jet formation and four general patterns of bubble implosion were observed, depending on the explosion depth and tube width. The velocity of the water jet was calculated from the recorded images. The jet velocity was observed to depend on not only the explosion depth and energy, but also on the tube width. We proposed an empirical formula defining the water jet velocity in the tube as a function of the tube width and explosion depth and energy.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • 衝撃波研究の最新動向(2)―応用研究編 その1―

    小板丈敏, 山本裕朗

    機械の研究   69 ( 2 ) 119‐127 - 127  2017年02月

    CiNii J-GLOBAL

  • Experimental Study of Underwater Shock Wave and Cavitation Generated by Underwater Electric Discharge in a Narrow Container

    T. Koita, K. Hayashi, Mingyu Sun

    29th International Symposium on Shock Waves 2     1505 - 1510  2015年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Investigation of Bubble Collapse and Water Jet Induced by Underwater Explosion in a Rectangular Tube

    T. Koita, Y. Zhu, M. Sun

    28th International Symposium on Shock Waves     27 - 32  2012年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • The Behavior of Bubble and Water Jet Induced by Underwater Explosion in a Rectangular Tube

    Taketoshi Koita, Yujian Zhu, Mingyu Sun

    49th AIAA Aerospace Sciences Meeting including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition    2011年01月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • 空気エジェクタの内部流れの可視化に関する研究

    小板 丈敏, 岩本 順二郎

    数理科学会論文集   11 ( 1 ) 53 - 59  2009年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    CiNii

▼全件表示

書籍等出版物

  • マルチフィジックス有限要素解析シリーズ 1 資源循環のための分離シミュレーション

    所 千晴, 林 秀原, 小板 丈敏, 綱澤 有輝, 淵田 茂司, 髙谷 雄太郎( 担当: 共著,  担当範囲: 第4章 分離技術開発のための電流伝熱および応力シミュレーション,付録 A.2 COMSOL Multiphysicsのモデル開発GUI)

    2022年08月

Misc

  • 電気パルスによる細線爆発の選択的分離への適用を目的とした細線爆発誘起の衝撃波発生エネルギーの解明

    小板丈敏, 江川世士輝, LIM Soowon, 浪平隆男, 所千晴

    資源・素材学会春季大会(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 白金族金属元素回収を目的とした電気パルス法によるハードディスクガラスプラッタからの金属薄膜剥離に関する調査

    近藤正隆, LIM Soowon, 小板丈敏, 浪平隆男, 所千晴

    資源・素材学会春季大会(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 電気パルスによる接着体分離への接着剤添加金属球の影響の調査

    近藤正隆, 小板丈敏, LIM Soowon, 浪平隆男, 所千晴, 所千晴

    資源・素材(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 水中での電気パルス放電を利用したリチウムイオン電池の正極活物質層の分離過程観察

    照屋海人, LIM Soowon, 小板丈敏, 浪平隆男, 所千晴, 所千晴

    資源・素材(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 高電圧パルス放電を用いた細線爆発法による廃結晶シリコン太陽電池からの銀の回収の検討

    今泉友斗, LIM Soowon, 望月和博, 小板丈敏, 浪平隆男, 所千晴, 所千晴

    電気学会基礎・材料・共通部門大会(Web)   2021  2021年

    J-GLOBAL

  • 衝撃波工学の学際的応用研究~殺菌技術,加工技術,医工学への応用~

    小板丈敏

    埼玉工業大学若手研究フォーラム論文集   16th   18‐25  2018年07月

    J-GLOBAL

  • 可視化計測による放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた放電成形の現象解明

    小板丈敏, 浪平隆男

    平成29年度 熊本大学パルスパワー科学研究所 一般公募 共同研究 成果報告書    2018年03月

  • 放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた高効率な樹脂薄板破砕法の確立に関する研究

    小板丈敏, 孫明宇, 福島祥夫, 小林晋

    東北大学流体科学研究所共同利用・共同研究拠点流体科学国際研究教育拠点活動報告書   2016   75‐76  2017年11月

    J-GLOBAL

  • 放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた放電成形の高効率化

    小板丈敏, 浪平隆男

    平成28年度 熊本大学パルスパワー科学研究所 一般公募 共同研究 成果報告書    2017年03月

  • 水中衝撃波を活用した高効率破砕技術の研究開発と事例

    小板丈敏

    産学連携フェア(彩の国ビジネスアリーナ2017)    2017年02月

▼全件表示

産業財産権

  • 電気パルス分解方法、複合材、複合材分解方法

    小山哲史, 岸本直輝, 所千晴, イムスウォン, 小板丈敏, 近藤正隆, 浪平隆男

    特許権

  • 電気パルス分解方法、複合材、複合材分解方法

    小山哲史, 岸本直輝, 所千晴, イムスウォン, 小板丈敏, 近藤正隆, 浪平隆男

    特許権

  • 接着層の接着強度を低下させる方法

    所千晴, 犬束学, 林秀原, 小板丈敏, 近藤正隆, 小川亮, 太田啓介

    特許権

  • 易解体方法および易解体可能な構造体

    所千晴, 林秀原, 小板丈敏, 近藤正隆, 浪平隆男

    特許権

  • 電気パルス分解方法、複合材、複合材分解方法

    小山哲史, 岸本直輝, 所千晴, イムスウォン, 小板丈敏, 近藤正隆, 浪平隆男

    特許権

  • バリ取り装置及びバリ取り方法

    渋谷敬一, 小板丈敏

    特許権

  • 浄化装置及び浄化方法

    孫 明宇, 小板 丈敏, 郷内 稔也, 阿部 晃久, 王 静竹

    特許権

    J-GLOBAL

▼全件表示

その他

  • 研究紹介

    2019年
     
     

     概要を見る

    さんぽう進学ネットにて研究紹介
    URL http://www.sanpou-s.net/school/html/1757/school_7.html

  • 研究紹介

    2019年
     
     

     概要を見る

    埼玉工業大学2020年パンフレットの「研究室ピックアップ」にて研究紹介

  • プレスリリース

    2018年03月
     
     

     概要を見る

    プレスリリース「さいたま市研究開発人材高度化事業での成果発表」
    本事業の「ダクト騒音の予測理論式の実用化研究」(研究代表 小板)の研究成果および人材育成ついて
    プレスリリースURL https://www.sit.ac.jp/news/180307_01/

受賞

  • 平成29年度後期 ベストレクチャー賞

    2018年10月   埼玉工業大学  

    受賞者: 小板丈敏

  • 平成28年度衝撃波シンポジウムBest Presentation Award

    2017年03月  

    受賞者: 小板丈敏

  • 第84回(平成26年)マリンエンジニアリング学術講演会 学術講演会優秀講演賞

    2014年01月  

    受賞者: 王静竹, 阿部晃久, 孫明宇, 小板丈敏

  • 日本機械学会関東学生会第47回学生員卒業研究発表講演会Best Presentation Award

    2008年03月  

    受賞者: 小板丈敏

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 電気パルスを外部刺激とした高選択性分離技術確立のための機構解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2025年03月
     

    所 千晴, 小板 丈敏

  • 3Dプリンタ造形樹脂型を用いたマイクロバブル活用高効率放電成形法の研究開発

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2021年03月
     

    小板丈敏

  • 放電発光を抑えた高速度可視化によるマイクロバブル活用水中放電成形の過程および最適放電成形条件の解明

    熊本大学パルスパワー科学研究所  平成31年度 熊本大学パルスパワー科学研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    小板丈敏

  • パルスパワー電源の抵抗変化によるマイクロバブル活用放電成形促進の調整に関する研究

    熊本大学パルスパワー科学研究所  平成30年度 熊本大学パルスパワー科学研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2019年03月
     

    小板丈敏

  • 水中衝撃波とマイクロバブルを活用した射出成形品の革新的バリ破砕加工法の開発

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

    小板丈敏

  • 放電とマイクロバブルを利用した衝撃波選択的微細金属バリ取り技術の研究開発

    科学技術振興機構(JST)  平成29年度 地域産学バリュープログラム

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年09月
     

    小板丈敏

  • ダクト騒音の予測理論式の実用化研究

    公益財団法人さいたま市産業創造財団  さいたま市研究開発人材高度化タスクフォース事業

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    小板丈敏

  • 可視化計測による放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた放電成形の現象解明

    熊本大学パルスパワー研究所  平成29年度 熊本大学パルスパワー研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    小板丈敏

  • 水中放電とマイクロバブルを用いた樹脂薄板破砕へのマイクロバブル径の影響の実験的研究

    東北大学流体科学研究所  平成29年度 東北大学流体科学研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

    小板丈敏

  • レアメタル回収に向けた放電破砕と衝撃波収束を利用した超高効率革新的破砕法の確立

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    小板丈敏

  • ダクト内圧縮性流体騒音の予測理論式算出と実験的評価

    公益財団法人さいたま市産業創造財団  平成28年度政策対応型技術開発調査研究事業

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    小板丈敏

  • 放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた放電成形の高効率化

    熊本大学パルスパワー研究所  平成28年度 熊本大学パルスパワー研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    小板丈敏

  • 放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルを用いた高効率な樹脂薄板破砕法の確立に関する研究

    東北大学流体科学研究所  平成28年度 東北大学流体科学研究所 一般公募共同研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    小板丈敏

  • 都市鉱山からの希少元素の回収・再生技術の高度化による元素循環の実現

    文部科学省  東北発素材技術先導プロジェクト(素材技術研究開発事業)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2016年03月
     

    中村崇

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Fundamental study of separation of different resin plates bonded by solvent using wire explosion by pulsed discharge

    ICCCI 2022, The 7th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • Study of the application of pulsed discharge to separation and recovery of carbon fiber from laminated CFRP

    ICCCI 2022, The 7th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • Silver recovery from spent photovoltaic panel sheets using high voltage pulse crushing

    ICCCI 2022, The 7th International Conference on the Characterization and Control of Interfaces for High Quality Advanced Materials  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 電気パルス法を用いた廃太陽光パネルからの有価金属選択分離・回収の検討

    今泉 友斗, 高谷 雄太郎, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    化学工学会新潟大会202  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • 放電誘起水中衝撃波の干渉を受けたマイクロバブル付着金属表面の性状に関する研究

    小板丈敏

    日本機械学会2022年次大会  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • Demonstration of the effectiveness of the separation technique of lithium-ion battery cathode materials using the electric pulse method for efficient separation

    Kaito Teruya, Taketoshi Koita, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    19th Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE2022)  

    発表年月: 2022年08月

    開催年月:
    2022年08月
     
     
  • 電気パルス法による廃シリコン結晶系太陽光パネルからの有価金属の選択的分離の検討

    今泉友斗, 小板丈敏, 林秀原, 浪平隆男, 所千晴

    第19回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    発表年月: 2022年08月

  • 電気パルスによる細線爆発を用いた異種樹脂接着体の界面剥離に関する基礎的検討

    江川世士輝, Soowon Lim, 浪平隆男, 所千晴

    第19回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    発表年月: 2022年08月

  • 循環利用に向けた電気パルス法によるリチウムイオン電池正極分離の基礎的検討

    中原萌絵, 小板丈敏, 所千晴

    第19回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    発表年月: 2022年08月

  • 電気パルス法を用いたCFRP積層板からの炭素繊維の分離・回収の基礎的検討

    佐藤啓太, 小板丈敏, 所千晴

    第19回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    発表年月: 2022年08月

  • 電気パルスによるリチウムイオン電池正極分離における集電体温度基礎的検討

    照屋 海人, 林 秀原, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    環境資源工学会第140回学術講演会  

    発表年月: 2022年06月

  • 電気パルス集合粉砕によるCFRP積層板からの炭素繊維の分離・回収の基礎的検討

    佐藤 啓太, 小板 丈敏, 清水 浩二, 福永 光成, 所 千晴

    環境資源工学会第140回学術講演会  

    発表年月: 2022年06月

  • 電気パルスによる細線爆発を用いた異種樹脂材分離への適用に関する検討

    江川 世士輝, 小板 丈敏, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    2022年度粉体工学会春期研究発表会  

    発表年月: 2022年05月

  • 水中衝撃波の干渉による固体壁付着マイクロバブルの崩壊に関する研究

    小板丈敏

    2021年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2022年03月

    開催年月:
    2022年03月
     
     
  • 電気パルスを用いた細線爆発による衝撃波および異種樹脂材分離に関する研究

    小板 丈敏, 江川 世 士輝, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    2021年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2022年03月

    開催年月:
    2022年03月
     
     
  • Control of the discharge path in adhesive for separation of bonding structure

    Masataka Kondo, Taketoshi Koita, Soowon Lim, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    発表年月: 2021年12月

  • Separation of positive electrode active materials from spent Lithium-ion battery via electrical pulsed discharge

    Soowon Lim, Kaito Teruya, Taketoshi Koita, Kazuhiro Mochidzuki, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    PPC-SOFE2021  

    発表年月: 2021年12月

  • High-Quality Recovery of Cathode Active Material from Spent Li-ion Battery by Pulsed Power Discharge

    Kaito Teruya, Soowon Lim, Kazuhiro Mochizuki, Takao Namihira, Taketoshi Koita, Chiharu Tokoro

    PACRIM14  

    発表年月: 2021年12月

  • 全固体LIBリサイクルの基礎技術確立

    所 千晴, 山口 勉功, 髙谷 雄太郎, 小板 丈敏

    第6回SOLiD-EVシンポジウム  

    発表年月: 2021年12月

  • Silver Recovery from Spent Photovoltaic Panel Sheets using Electrical Wire Explosio

    Yuto Imaizumi, Soowon Lim, Taketoshi Koita, Kazuhiro Mochizuki, Yutaro Takaya, Takao Namihira, Chiharu Tokoro

    EcoDesign2021  

    発表年月: 2021年12月

    開催年月:
    2021年12月
     
     
  • Development of innovative separation technology to create a new resource circulation loop

    Chiharu Tokoro, Taketoshi Koita, Soowon Lim, Takao Namihira

    EcoDesign2021  

    発表年月: 2021年12月

  • Investigation of pressure of shock wave induced by silver wire explosion using pulsed discharge

    T. Koita, Y. Egawa, S. Lim, T. Namihira, C. Tokoro

    The 8th Asian Particle Technology Symposium  

    発表年月: 2021年10月

  • Investigation of phenomena of wire explosion by pulsed discharge and of the required energy for phenomena generation

    Y. Egawa, T. Koita, S. Lim, T. Namihira, C. Tokoro

    The 8th Asian Particle Technology Symposium  

    発表年月: 2021年10月

  • 転動容器の混合解析を対象としたにおける粗視化モデルへの粗視化率の適用上限の検討

    古作吉宏, 小板 丈敏, 綱澤 有輝, 所千晴

    粉体工学会第56回夏期シンポジウム  

    発表年月: 2021年10月

  • 水中での電気パルス放電を利用したリチウムイオン電池の正極活物質層の分離過程観察

    照屋 海人, 林 秀原, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    資源・素材2021(札幌)-2021年度資源・素材関係学協会合同秋季大会-  

    開催年月:
    2021年09月
     
     
  • 電気パルスによる接着体分離への接着剤添加金属球の影響の調査

    近藤 正隆, 小板 丈敏, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    資源・素材2021(札幌)-2021年度資源・素材関係学協会合同秋季大会-  

    開催年月:
    2021年09月
     
     
  • 放電誘起水中衝撃波の干渉による固体壁付着マイクロバブル挙動の可視化

    小板 丈敏, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    日本機械学会2021年度年次大会  

    発表年月: 2021年09月

  • 高電圧パルス放電を用いた細線爆発法による廃結晶シリコン太陽電池からの銀の回収の検討

    今泉 友斗, イム スウォン, 望月 和博, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    令和3年電気学会基礎・材料・共通部門(a部門)大会  

    開催年月:
    2021年09月
     
     
  • Investigation of phenomena caused by electrohydraulic discharge applied to coal by optical visualization

    Kong Yanhui, Yoshiki Egawa, Taketoshi Koita, Soowon Lim, Yoshiko Hiei, Hisao Makino, Takao Namihira, Shuji Owada, Chiharu Tokoro

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 電気パルス法を用いた金属接着体分離に適する易分解性接着剤の基礎的検討

    近藤 正隆, 小板 丈敏, Soowon Lim, 浪平 隆男, 所 千晴

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 新規電気パルス法を用いた廃シリコン結晶系太陽光パネルからの有価金属の選択分離の検討

    今泉 友斗, Soowon LIM, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 電気パルスによる細線爆発を用いた異種樹脂材剥離への適用に関する基礎的検討

    江川 世士輝, 小板 丈敏, Soowon Lim, 浪平 隆男, 所千晴

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 電気パルス放電を利用したリチウムイオン電池正極材の分離手法の検討

    照屋 海人, Soowon LIM, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 導電体/絶縁体積層膜の剥離への電気パルス法の適用の基礎的検討

    佐藤 啓太, 小板 丈敏, 近藤 正隆, Soowon LIM, 浪平 隆男, 樋口 真一, 所 千晴

    第18回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • 全固体LIBリサイクルの基礎技術確立

    所 千晴, 山口 勉功, 高谷 雄太郎, 小板 丈敏

    第5回SOLiD-EVシンポジウム  

    開催年月:
    2021年07月
     
     
  • 電気パルス法を用いた石炭の粉砕技術および単体分離性の検討

    江川 世士輝, 小板 丈敏, 林 秀原, 日恵井 佳子, 牧野 尚夫, 大和田 秀二, 所 千晴

    粉体工学会2021年度春期研究発表  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • 電気パルスによる細線爆発の選択的分離への適用を目的とした細線爆発誘起の衝撃波発生エネルギーの解明

    小板 丈敏, 江川 世士輝, 林 秀原, 浪平 隆男, 所 千晴

    資源・素材学会2021年度春季大会  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • 白金族金属元素回収を目的とした電気パルス法によるハードディスクガラスプラッタからの金属薄膜剥離に関する調査

    近藤 正隆, 林 秀原, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    資源・素材学会2021年度春季大会  

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • 電気パルス法を用いたハードディスクガラスプラッタからの白金族元素含有金属層剥離の検討

    近藤 正隆, Lim Soowon, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    粉体工学会秋期研究発表会2020  

    開催年月:
    2020年11月
     
     
  • セラミックコーティング剥離への電気パルス法による細線爆発の適用に関する検討

    江川 世士輝, 近藤 正隆, 今泉 友斗, 照屋 海人, 小板 丈敏, Soowon LIM, 浪平 隆男, 所 千晴

    第17回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • 新規電気パルス法を用いた廃シリコン結晶系太陽光パネルからの金属選択分離の検討

    今泉 友斗, 近藤 正隆, 江川 世士輝, 照屋 海人, 小板 丈敏, Soowon LIM, 浪平 隆男, 所 千晴

    第17回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • 電気パルス法を用いたガラス基板ハードディスクプラッタからの貴金属層分離の検討"

    近藤 正隆, Soowon LIM, 小板 丈敏, 浪平 隆男, 所 千晴

    第17回「資源・素材・環境」技術と研究の交流会  

    開催年月:
    2020年10月
     
     
  • 医療用インプラントへのマイクロバブル付着現象および水中 爆発の干渉の可視化

    小板 丈敏, 渋谷 敬一, 所 千晴

    2020年度年次大会  

    発表年月: 2020年09月

  • 爆風模擬衝撃波管を用いた爆風圧負荷によるダイラタント流体中の圧力変動

    小板丈敏, 小林晋

    2019年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2020年03月

  • 3Dプリンタ造形樹脂型の放電誘起 水中爆発成形への適応に関する研究

    小板丈敏, 浪平隆男, 松田樹也, 龍輝優, 王斗艶

    2019年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2020年03月

  • 高空隙媒体によるヘルメット模擬 モデル背後の爆風圧減衰に関する実験的研究

    小板丈敏, 小林晋

    2019年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2020年03月

  • 放電誘起水中衝撃波によるマイク ロバブル群付着模擬生体の損傷の再現性に関する研究

    小板丈敏

    2019年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2020年03月

  • Study on Effect of Discharge Resistance on Electrical Discharge Forming in Water

    Taketoshi Koita, Takao Namihira, Mikiya Matsuda, Masaki Furuta, Taro Nagano

    Sixteenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2019年11月

  • Effect of Width of Porous Foam on Pressure Attenuation Behind Simple Helmet Model Subjected to Shock Wave Loading

    Kazuki Ueguri, Shota Kajii, Taketoshi Koita, Susumu Kobayshi

    Sixteenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2019年11月

  • Influence of Porosity of Porous Foam on Pressure Attenuation of Shock Wave Through Simple Helmet Model

    Shota Kajii, Kazuki Ueguri, Taketoshi Koita, Susumu Kobayshi

    Sixteenth International Conference on Flow Dynamic  

    発表年月: 2019年11月

  • 爆風負荷を受けたヘルメット装着頭部模擬モデルへの緩衝材の影響に関する研究

    小板丈敏  [招待有り]

    爆傷フォーラム2019  

    発表年月: 2019年11月

  • 爆風圧負荷を受けたヘルメット装着模擬頭部内の密度勾配の可視化

    小板丈敏, 小林晋

    高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2019  

    発表年月: 2019年11月

  • マイクロバブル群付着医療用インプラントへの放電誘起水中爆発の干渉の可視化

    小板丈敏, 長野太郎, 永松マルセイロ秀幸, 渋谷敬一

    2019年度日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

  • 放電誘起水中衝撃波負荷によるマイクロバブル群付着模擬生体の損傷への放電回数の影響

    小板丈敏, 山口尚泰

    2019年度日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2019年09月

  • 顕微鏡設置高速度カメラによるマイクロバブル付着現象の拡大撮影

    長野太郎, 永松マルセイロ秀幸, 小板丈敏, 渋谷敬一

    第38回数理科学講演会  

    発表年月: 2019年08月

  • ヘルメット模擬モデルの緩衝材厚さの爆風伝播への影響

    植栗和輝, 梶井翔太, 小板 丈敏, 小林晋

    第38回数理科学講演会  

    発表年月: 2019年08月

  • ヘルメット模擬モデルの緩衝材空隙率の爆風擾乱への影響

    梶井翔太, 植栗和輝, 小板丈敏, 小林晋

    第38回数理科学講演会  

    発表年月: 2019年08月

  • 円筒容器を利用した水中衝撃波負荷によるパルス放電成形の放電回数の影響

    古田雅貴, 小板丈敏

    第38回数理科学講演会  

    発表年月: 2019年08月

  • 水中衝撃波フォーカッシングを用いたパスル放電成形への金属薄板設置モデルの影響

    小板丈敏, 趙希禄

    第17回埼玉工業大学若手研究フォーラム  

    発表年月: 2019年08月

  • Experimental Study on Effect of Microbubble Diameter Attached to Metal Thin Plate on Deformation by Underwater Explosion Forming

    T. Koita, T. Namihira, M. Matsuda, S. Kobayashi

    32nd International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2019年07月

  • 小板研究室の衝撃波工学の応用研究の紹介

    小板丈敏  [招待有り]

    火薬学会第52回爆発安全専門部会  

    発表年月: 2019年06月

  • Experimental Study on Effect of Porosity of Porous Media on Pressure Behind Simulated Head Model with Helmet Subjected to Simulated Blast Wave

    Taketoshi Koita, Kou Miyashita, Hiromitsu Hisano, Shouta Kajii, Kazuki Ueguri, Susumu Kobayashi

    4th International Forum on Blast Injury Countermeasures 2019  

    発表年月: 2019年05月

  • 多孔質媒体の空隙率によるヘルメット装着頭部模擬モデルへの爆風減衰効果の実験的研究

    小板丈敏, 宮下康, 久野寛光, 小林晋

    平成30年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • 閉鎖空間内での放電誘起水中衝撃波フォーカッシングによる金属薄板変形に関する研究

    吉田拓矢, 小板丈敏

    発表年月: 2019年03月

  • パルス放電誘起水中爆発による連続的マイクロバブル付着樹脂薄板の変形への気泡径の影響

    小板丈敏, 関洋佑, 小松優貴

    平成30年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • 放電誘起水中爆発によるマイクロバブル付着インプラントの微細バリ取りへの気泡直径の影響

    小松優貴, 小板丈敏, 関洋佑, 渋谷敬一

    平成30年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • 光ファイバによるアイソレーションを用いた放電誘起水中衝撃波の磁場ノイズ絶縁圧力計測

    小板丈敏, 浪平隆男, 松田樹也

    平成30年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • 放電誘起水中衝撃波とマイクロバブルの干渉による模擬生体損傷への気泡径の影響

    山﨑佑太, 村山隆弘, 小板丈敏

    平成30年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2019年03月

  • 爆風圧模擬衝撃波管の最適高圧室長さに関する理論的および実験的研究

    小板丈敏, 小林晋

    火薬学会2018年度秋季研究発表会  

    発表年月: 2018年11月

  • Experimental Study of the Effect of Number of Discharge Times on Motion of Thin Resin Plate Attached Microbubbles Induced by Underwater Pulse Discharge

    Taketoshi Koita, Yousuke Seki

    Fifteenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2018年11月

  • 放電誘起水中爆発とマイクロバブルを利用した 医療用インプラントバリ取りへの放電回数の影響

    小板丈敏, 小松優貴, 関洋佑, 村山隆弘, 山﨑佑太, 吉田拓矢, 渋谷敬一

    2018 年度日本機械学会年次大会  

    発表年月: 2018年09月

  • 高圧室長さの変化による負圧を伴う衝撃波管特性の解析

    宮下康, 小板丈敏, 小林晋

    第37回数理科学講演会  

    発表年月: 2018年08月

  • マイクロバブル活用パルス放電誘起樹脂薄板破砕への放電回数の影響

    関洋佑, 小板丈敏, 吉田拓矢, 村山隆弘, 小松優貴, 渕上天夏, 山﨑佑太

    第37回数理科学講演会  

    発表年月: 2018年08月

  • 放電誘起水中衝撃波負荷による 剛体壁付着マイクロバブル群崩壊時の衝撃圧の理論解析

    小板丈敏

    第37回数理科学講演会  

    発表年月: 2018年08月

  • 衝撃波工学の学際的応用研究~殺菌技術,加工技術,医工学への応用~

    小板丈敏

    第16回埼玉工業大学若手研究フォーラム  

    発表年月: 2018年07月

  • An Engineering Study on Interaction between Shock Wave with Negative Pressure and Simulated Head Models without and with Helmet

    Taketoshi Koita, Susumu Kobayashi

    3rd Japan-US Technical Information Exchange Forum on Blast Injury (JUFBI 2018)  

    発表年月: 2018年05月

  • 負圧を伴う衝撃波を発生させる衝撃波管の開発と評価

    重清悠太, 小板丈敏, 小林晋, 渡辺直貴, 中澤将大, 小口模那

    日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年03月

  • マイクロバブルと放電誘起水中爆発を用いた樹脂薄板破砕現象に関する基礎研究

    小池貴大, 小板丈敏, SUN Mingyu

    日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年03月

  • オリフィスを有するダクト端からの低速流れの騒音測定および騒音予測式の評価

    小林航, 小板丈敏, 小林晋

    日本機械学会関東支部総会・講演会講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2018年03月

  • 放電誘起水中爆発とマイクロバブル を活用した放電成形促進に関する研究 (パルスパワー科学と衝撃波工学の融合研究)

    小板丈敏

    平成29年度 熊本大学パルスパワー科学研究所 共同研究成果報告会  

    発表年月: 2018年03月

  • ヘルメット装着頭部模擬モデルへの負圧を伴う衝撃波の干渉および伝播挙動

    小板丈敏, 小口模那, 中澤将大, 重清悠太, 小林晋

    平成29年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2018年

  • マイクロバブル付着三角錐への放電誘起水中衝撃波および単一気泡の干渉の可視化

    沼田雅哉, 小板丈敏, SUN Mingyu, 渋谷敬一

    平成29年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2018年

  • マイクロバブルを活用した水中放電誘起爆発成形の促進に関する研究

    小森谷未星, 小板丈敏, 浪平隆男, 松田樹也, 川岡宏典, 矢野誠明

    平成29年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2018年

  • Experimental Study of the Effect of Microbubble Diameter on Fragmentation of Thin Resin Plate by Underwater Explosion

    T. Koita, M. Sun, T. Koike, M. Numata

    Fourteenth International Conference on Fluid Dynamics  

    発表年月: 2017年11月

  • Experimental Study on the Influence of Underwater Explosion Depth on the Disintegration of Thin Resin Plate Attached Microbubbles

    Taketoshi Koita, Mingyu Sun, Yoshio Fukushima, Linshi Guo, Xilu Zhao, Susumu Kobayashi

    31st International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2017年08月

  • Transmitted wave of shock wave through various materials

    Hiroki Henmi, Susumu Kobayashi, Taketoshi Koita

    31st International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2017年08月

  • Contribution of Cavitation Generation to Shock Wave Sterilization Effects in a Narrow Water Chamber

    Jingzhu Wang, Akihisa Abe, Taketoshi Koita, Mingyu Sun

    31st International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2017年08月

  • マイクロバブルの放電成形誘起塑性変形高さへの影響の実験的調査

    小森谷未星, 小板丈敏, 浪平隆男, 松田樹也, 郭林世, 趙希禄, 福島祥夫

    第36回数理科学講演会講演会  

    発表年月: 2017年08月

  • 低マッハ数圧縮性流れの流速のダクト端からの騒音への影響の実験的調査

    小林航, 小板丈敏, 郭林世

    第36回数理科学講演会講演会  

    発表年月: 2017年08月

  • LS-DYNAを用いた放電成形発生させる水中衝撃波の応力解析モデル調査

    郭林世, 小板丈敏, 趙希禄, 浪平隆男, 松田樹也, 小森谷未星

    第36回数理科学講演会講演会  

    発表年月: 2017年08月

  • マイクロバブル利用放電成形による塑性変形を誘起する応力の解析的研究

    郭林世, 小板丈敏, 孔呈海, 小森谷未星, 趙希禄

    埼玉工業大学若手研究フォーラム論文集  

    発表年月: 2017年07月

  • 放電誘起水中衝撃波と単一気泡のマイクロバブルへの干渉を用いた樹脂薄板破砕に関する研究

    小板丈敏, 孫明宇, 郭林世, 福島祥夫, 小林晋

    平成28年度衝撃波シンポジウム  

    発表年月: 2017年03月

  • 水中衝撃波を活用した高効率破砕技術の研究開発と事例

    小板丈敏

    彩の国ビジネスアリーナ2017  

    発表年月: 2017年02月

  • 爆風模擬衝撃波管の開発における爆風過圧持続時間に対する最適な高圧部長さの理論解析

    小板丈敏, 小林晋, 浅野基和, 福島祥夫

    第36回数理科学講演会講演会  

    発表年月: 2017年

  • Experimental Study on Disintegration of Thin Resin Plate Using an Underwater Shock Wave Induced by Electrical Discharge and Microbubbles

    T. Koita, M. Sun, Y. Fukushima, S. Kobayashi

    Thirteenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2016年10月

  • The Optical Measurement of Pressure near an Overexpanded Bubble

    M. Sun, H. Imaeda, J. Yang, N. Apazidis, A. Abe, T. Koita

    Thirteenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2016年10月

  • 放電誘起水中衝撃波負荷による薄板に付着したマイクロバブル群崩壊時の衝撃圧の理論解析

    小板丈敏, 小林晋, 孫明宇, 郭林世, 趙希禄, 福島祥夫

    第35回数理科学講演会  

    発表年月: 2016年08月

  • 「衝撃波工学と異分野融合による衝撃波応用研究-殺菌技術,破砕技術,加工技術,医工学への応用-

    小板丈敏  [招待有り]

    東京電機大学理工学部第9回機械工学セミナー  

    発表年月: 2016年08月

  • 放電誘起水中衝撃波と気泡を活用した金属薄板塑性変形の促進法の開発

    小板丈敏, 小林晋, ZHAO X, GUO L, 福島祥夫

    埼玉工業大学若手研究フォーラム論文集  

    発表年月: 2016年07月

  • Oblique Shock Reflection over a Membrane

    S. KobayashiEmail authorH, HemmiT. AdachiT. Koita

    22nd International Shock Interaction Symposium  

    発表年月: 2016年05月

  • 放電誘起水中衝撃波と気泡によるアルミニウム薄板変形の促進に関する実験的研究

    小板丈敏, 郷内稔也, SUN Mingyu, 柴田悦郎, 中村崇, 大和田秀二, 小林晋

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2016年

  • 水中放電によるタンタルコンデンサ破砕技術に関する実験的研究

    郷内稔也, 小板丈敏, SUN Mingyu, 大和田秀二, 中村崇

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2016年

  • 膜面上における衝撃波の斜め反射

    小林晋, 足立孝, 小板丈敏, 邉見啓希, 関谷伸一

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2016年

  • Experimental Study of Separating Two Solid Materials by Underwater Electric Discharge

    T. Gonai, T. Koita, M. Sun, S. Owada, T. Nakamura

    Twelfth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2015年10月

  • Study on Improvement in Sterilization Effect of Shock Wave for Marine Bacteria

    J. Wang, T. Gonai, A. Abe, M. Sun, T. Koita

    Twelfth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2015年10月

  • The Motion of a 2 mm Tantalum Block Induced by Underwater Explosion

    T. Koita, T. Gonai, M. Sun, S. Owada, T. Nakamura

    30th International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2015年07月

  • 放電誘起水中衝撃波および気泡によるタンタルブロック移動の可視化計測

    郷内稔也, 小板丈敏, SUN Mingyu, 大和田秀二, 中村崇

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2015年

  • 水中放電による廃電子部品破砕機構および衝撃波の解明に関する実験的研究

    小板丈敏, 郷内稔也, SUN Mingyu, 大和田秀二, 中村崇

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2015年

  • Numerical Investigation of a Tantalum Block Subjected to Underwater Shock Wave Loading

    T. Koita, T. Gonai, M. Sun, S. Owada, T. Nakamura

    Eleventh International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2014年10月

  • 放電誘起の水中衝撃波によるタンタルの移動解析

    小板丈敏, 郷内稔也, SUN Mingyu, 大和田秀二, 中村崇

    理論応用力学講演会講演論文集(Web)  

    発表年月: 2014年

     概要を見る

    廃回路基板内のレアメタルのリサイクル技術の研究開発において,タンタル(Ta)コンデンサの破砕に放電誘起の水中衝撃波を用いた電気パルス破砕が適応されている.TaコンデンサのTaと筺体(樹脂)を効率的に破砕分離するために, Taと樹脂の2種類の固体に作用する水中衝撃波によって誘起されるTaの移動の解析が重要である.水中爆発荷重による水中に置かれた平板の変位の理論,数値的研究は行われてきたが,2種類の固体に干渉する水中衝撃波による固体の移動の解析はあまり行われていない.よって,本研究ではアクリル樹脂(PMMA)に置かれたTaに対し,TaとPMMAとの動摩擦力を考慮した水中衝撃波の干渉によるTa移動の理論解析モデルを構築し,Taの移動解析を行った.また,解析値と実験値を比較し,解析モデルの評価を行った.

  • 薄型水槽内の放電誘起の水中衝撃波および気泡現象の可視化

    小板丈敏, SUN Mingyu

    衝撃波シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2014年

  • Cavitation Generation near Narrow Container Walls Induced by Underwater Explosion

    Taketoshi Koita, Mingyu Sun

    Tenth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2013年11月

  • Experimental Study of Underwater Shock Wave and Cavitation Generated by Underwater Electric Discharge in a Narrow Container

    T. Koita, K. Hayashi, M. Sun

    29th International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2013年07月

  • 薄型容器内で放電による水中衝撃波およびキャビテーション現象に関する研究

    小板丈敏, 林健太郎, SUN Mingyu

    衝撃波シンポジウム講演論文集  

    発表年月: 2013年03月

  • 薄型水槽内で放電による水中衝撃波誘起キャビテーションおよび発生電圧閾値に関する研究

    小板丈敏, SUN Mingyu

    混相流シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2013年

  • Experimental Study on Shock Wave and Bubble Evolution Induced by Underwater Electric Discharge

    Kentaro Hayashi, Taketoshi Koita, Mingyu Sun

    Ninth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2012年09月

  • Numerical Study of the Effect of Cavitation Models on the Cavitating Flow Induced by Underwater Explosion in a Rectangular Tube

    Taketoshi Koita, Mingyu Sun

    Ninth International Conference on Flow Dynamic  

    発表年月: 2012年09月

  • Numerical and Experimental Study of Secondary Cavitation Induced by Underwater Electric Discharge in a Tube

    Mingyu Sun, Taketoshi Koita

    8th International Symposium on Cavitation  

    発表年月: 2012年08月

  • 水中爆発により誘起されるセカンドキャビテーション近傍の圧力における研究

    林健太朗, 小板丈敏, SUN Mingyu

    衝撃波シンポジウム講演論文集  

    発表年月: 2012年03月

  • Secondary Cavitation Induced by Underwater Electric Discharge in a Tube

    Taketoshi Koita, Kentaro Hayashi, Mingyu Sun

    Eighth International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2011年11月

  • Experimental Study of Water Jet Formation by Electric Discharge in Tubes with Various Width

    Kentaro Hayashi, Taketoshi Koita, Mingyu Sun

    Eighth International Conference on Flow Dynamics,  

    発表年月: 2011年09月

  • Investigation of Bubble Collapse and Water Jet Induced by Underwater Explosion in a Rectangular Tube

    T. Koita, Y. Zhu, M. Sun

    28th International Symposium on Shock Waves  

    発表年月: 2011年07月

  • 水中点爆発気泡現象の初期条件の設定に関する研究

    小板丈敏, SUN Mingyu

    衝撃波シンポジウム講演論文集  

    発表年月: 2011年03月

  • The Behavior of Bubble and Water Jet Induced by Underwater Explosion in a Rectangular Tube

    49th AIAA Aerospace Sciences Meeting including the New Horizons Forum and Aerospace Exposition  

    発表年月: 2011年01月

  • 水中放電により誘起される強非定常なセカンドキャビテーションの数値解析

    小板丈敏, SUN Mingyu

    数値流体力学シンポジウム講演論文集(CD-ROM)  

    発表年月: 2011年

  • Experimental and Numerical Study of Water Jet induced by Underwater Explosion

    Taketoshi Koita, Yujian Zhu, Mingyu Sun

    Seventh International Conference on Flow Dynamics  

    発表年月: 2010年11月

  • A Study on Flow Behavior inside a Simple Model of Ejector

    Taketoshi Koita, Junjiro Iwamoto

    The 10th International Conference on Fluid Control, Measurement, and Visualization  

    発表年月: 2009年08月

  • A Study on Flow Behavior inside a Simple Model of Ejector

    Taketoshi Koita, Junjiro Iwamoto

    The 1st ASME English Presentation Competition for Japanese Student and Yong Engineers  

    発表年月: 2009年07月

  • 空気エジェクタの内部流れの可視化に関する研究

    小板丈敏, 岩本順二郎

    第28回数理科学講演会  

    発表年月: 2009年

  • オリフィスを持つ管内の脈動流での縮流部の挙動について

    小板 丈敏, 西村 彬, 田村 恵万, 岩本 順二郎

    日本機械学会関東学生会第47回学生員卒業研究発表講演会  

    発表年月: 2008年

  • ダクト騒音の予測理論式の実用化研究

    小板丈敏

    平成29年度さいたま市研究開発人材高度化タスクフォース事業発表会  

▼全件表示

 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 理工学基礎実験1B

    早稲田大学  

    2022年
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験2A

    早稲田大学  

     
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験1A

    早稲田大学  

     
    -
    継続中
     

  • 流体力学及び演習I

    埼玉工業大学  

  • 空気力学

    埼玉工業大学  

  • 流体機械

    埼玉工業大学  

  • 応用数値計算法

    埼玉工業大学  

  • 工学プロジェクト

    埼玉工業大学  

  • 工学実験I

    埼玉工業大学  

  • プレゼンテーション技法

    埼玉工業大学  

  • 卒業研究I

    埼玉工業大学  

  • 卒業研究Ⅱ

    埼玉工業大学  

  • 流体力学演習I(再)

    埼玉工業大学  

  • 流体力学I(再)

    埼玉工業大学  

▼全件表示

 

委員歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    日本衝撃波研究会  幹事

  • 2018年
    -
    継続中

    日本機械学会  年次大会 バイオエンジニアリング部門「衝撃波・超音波の医療・産業応用とその現象解明」オーガナイザー

  • 2016年10月
    -
    継続中

    数理科学会  運営委員

  • 2016年10月
    -
    継続中

    数理科学会  編集出版委員

  • 2016年
    -
    継続中

    数理科学会  数理科学講演会実行委員

  • 2020年04月
    -
    2022年03月

    日本機械学会 関東支部  東京ブロック商議員

  • 2018年12月
    -
    2020年03月

    火薬学会  爆発安全専門部会員

▼全件表示

社会貢献活動

  • 子ども大学ふかや「Let's enjoy making !! みんなで、ウインドカーを作ろう!!」

    埼玉県教育委員会  平成29年度子ども大学 

    2017年10月