2022/12/02 更新

写真a

セキグチ サキ
関口 佐紀
所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
助手

学歴

  • 2020年09月
    -
    継続中

    パリ高等師範学校   博士課程  

  • 2015年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治学研究科   博士課程  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学   政治学研究科   修士課程  

学位

  • 2015年   早稲田大学   修士(政治学)

経歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学術院   助手

  • 2018年04月
    -
    2020年08月

    立正大学   法学部   非常勤講師

  • 2018年09月
    -
    2019年08月

    ソルボンヌ大学   文学部哲学科   訪問研究員(日本学術振興会H30年度若手研究者海外挑戦プログラム)

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    日本学術振興会   特別研究員(DC2)

所属学協会

  •  
     
     

    国際18世紀学会

  •  
     
     

    日本18世紀学会

  •  
     
     

    社会思想史学会

  •  
     
     

    日本政治学会

  •  
     
     

    政治思想学会

 

研究分野

  • 哲学、倫理学   政治哲学

  • ヨーロッパ史、アメリカ史   フランス史

  • 政治学   政治思想史

研究キーワード

  • 18th-century France

  • 政治と宗教

  • History of Political Thought

  • Political Thought

  • Political Philosophy

  • Political Science

  • 18世紀フランス

  • 政治理論

  • 政治学

  • 政治思想史

  • 政治哲学

▼全件表示

論文

  • ルソーの政治思想における狂信批判

    関口佐紀

    『社会思想史研究』   ( 44号 ) 74 - 92  2020年09月  [査読有り]

  • 市民宗教は不寛容か?ールソーにおける寛容の問題の考察ー

    関口 佐紀

    『早稻田政治經濟學雑誌』   ( 392 ) 18 - 26  2017年09月  [査読有り]

  • ルソーの市民宗教論における寛容―近代寛容論への批判と発展

    関口 佐紀

    『政治思想研究』   17   294 - 326  2017年05月  [査読有り]

  • 科学と哲学のあいだの政治学―ベルトラン・ド・ジュヴネル『純粋政治理論』読解

    関口 佐紀

    『政治哲学』   ( 21 ) 99 - 120  2016年11月  [査読有り]

  • 市民宗教の政治的効用―ルソーにおける立法者と狂信批判とを手掛かりとして―

    関口 佐紀

    『政治哲学』   ( 19 ) 66 - 91  2015年10月  [査読有り]

書籍等出版物

  • 『よくわかる政治思想』

    野口雅弘・山本圭・髙山裕二編( 担当: 共著,  担当範囲: II-9「ルソー」(関口佐紀))

    ミネルヴァ書房  2021年04月

  • 『ルソー論集 ルソーを知る、ルソーから知る』

    永見文雄, 小野潮, 鳴子博子編( 担当: 共著,  担当範囲: 第11章「国民から人民へールソーにおけるキャラクテール・ナショナルをめぐる考察ー」(関口佐紀))

    中央大学出版部  2021年03月

  • 『レオ・シュトラウスの政治哲学ー『自然権と歴史』を読み解くー』

    石崎嘉彦・厚見恵一郎編( 担当: 共著,  担当範囲: 第13章「古代への回帰と近代の推進―シュトラウスによるルソー再評価」(関口佐紀))

    ミネルヴァ書房  2019年05月 ISBN: 9784623083930

  • 『純粋政治理論』

    ベルトラン・ド・ジュヴネル著, 中金聡, 関口佐紀訳( 担当: 共訳)

    風行社  2014年 ISBN: 9784862580818

Misc

  • 【翻訳】ゲアハルト・クリューガー「書評:レオ・シュトラウス『その聖書研究 の基盤としてのスピノザの宗教批判』」

    関口 佐紀

    『政治哲学』   ( 23 ) 116 - 123  2017年  [招待有り]

    その他  

    DOI

  • 【講演翻訳】スーザン・メルド・シェル「シュトラウス–クリューガー往復書簡(1928-1968)」

    関口 佐紀

    『政治哲学』   ( 24 ) 57 - 73  [招待有り]

    その他  

    DOI

受賞

  • フランス政府給費留学奨学生

    2020年  

    受賞者: 関口佐紀

  • 研究奨励賞

    2017年   政治思想学会  

    受賞者: 関口 佐紀

  • 論文コンクール佳作

    2009年   早稲田大学政治経済学術院  

    受賞者: 関口 佐紀

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 狂信なき祖国愛の醸成:ルソーの政治思想における制度と市民の形成

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

    関口 佐紀

  • ルソーの制度論におけるパトリオティズムの醸成

    早稲田大学  特定課題研究助成費・研究基盤形成

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2021年03月
     

    関口佐紀

  • ルソーの政治哲学における政治的諸原理と市民宗教

    日本学術振興会  若手研究者海外挑戦プログラム

    研究期間:

    2018年09月
    -
    2019年08月
     

    関口佐紀

  • ルソーの政治哲学における政治的諸原理と市民宗教の構想

    早稲田大学  SGUグローバルアジア研究拠点大学院生海外渡航補助制度

    研究期間:

    2018年09月
    -
    2019年01月
     

    関口佐紀

  • 近代フランスの狂信をめぐる言説と市民宗教の構想:ルソーの政治思想からの一考察

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2018年03月
     

    関口 佐紀

     概要を見る

    本研究は、「狂信(fanatisme)」を手掛かりとして近代フランスの思想家が直面した政治と宗教をめぐる問題を浮き彫りにしつつ、とくにジャン=ジャック・ルソーの政治思想の分析から、かれが『社会契約論』で説示した市民宗教を共同体における宗教の脅威に対する応答として解釈することを目指すものである。本年度の研究は、(1)ルソーの狂信批判および市民宗教の教説を規定した同時代の文脈に関する調査、さらに、(2)市民宗教が宗教の形式を具えることの必要性および意義に関する考察を重点的に進めた。
    (1)については、同時代のテクストとの比較から、ルソーの狂信批判に見出される独自の観点を審らかにした。世俗的秩序にとって破壊的であるという理由で狂信を批判する近代の通念からさらに進んで、ルソーはそれが隷従への傾向性をもつことを看破し、理性では対抗できない現象と捉えた。最終的に本研究では、ルソーは狂信の特徴である熱狂のうちに力強い情念を見出し、それを理性や説得で抑制するのではなく、その情念の対象を宗教的事柄から政治的事柄へと向け変えることで狂信の危険性を克服しようとしたことを示した。
    (2)については、『エミール』第4篇の脚註で展開された狂信と無神論との比較論に着目した。本研究では、ルソーにおける「自我(moi)」の用語法の分析をとおして、一方で無神論の利己主義的で懐疑主義的な傾向が批判され、他方で自我の外部へと向かおうとする狂信の情念に一定の有用性が認められていることが明らかとなった。ここから本研究は、市民の自発性や宗教の熱意を損なわずに宗教的な情念を市民の義務や国家に対する忠誠へと向け変える構想として市民宗教の教説を定式化することを試みた。
    以上の研究成果は、2017年度中に学会や研究会で口頭発表を行った。現在は、査読誌への投稿を目指して加筆修正を進めている。

講演・口頭発表等

  • 共和国における国民の形成とナショナルな制度―ルソーの公教育思想を中心に

    関口佐紀

    第44回政治哲学研究会  

    発表年月: 2022年03月

  • 18世紀フランス政治思想におけるアリストテレスの受容と批判 ―ルソーの政治思想を中心に

    関口佐紀

    第46回社会思想史学会研究大会  

    発表年月: 2021年10月

  • ルソーにおける祖国愛の醸成とナショナル・キャラクターの効果

    関口佐紀

    第45回社会思想史学会  

    発表年月: 2020年10月

  • Historiography and Fanaticism as the Problem of the Civil Society: On the Dialogue between Rousseau and Voltaire

    関口 佐紀

    15th International Congress on the Enlightenment  

    発表年月: 2019年07月

  • 啓蒙の複数化と歴史家の問いの行方:J.イスラエル『精神の革命』について

    関口 佐紀

    第13回一橋哲学・社会思想セミナー  

    発表年月: 2018年03月

  • ルソーの政治哲学における狂信批判と共同体の情念

    関口 佐紀

    中央大学人文学研究所ルソー研究会  

    発表年月: 2018年02月

  • 18世紀フランスの歴史叙述にかんする一考察

    関口 佐紀

    18世紀啓蒙と歴史叙述研究会  

    発表年月: 2018年01月

  • ルソーにおける狂信批判の両義性

    関口 佐紀

    18世紀研究会(日本フランス語フランス文学会内)  

    発表年月: 2017年10月

  • ルソーにおける無神論者批判および狂信者擁護の意義―自我 « moi » と共同体の関連から―

    関口 佐紀

    18世紀啓蒙と歴史叙述研究会  

    発表年月: 2017年06月

  • ルソーの市民形成論における無神論者と狂信者の位置づけ

    関口 佐紀

    政治思想学会  

    発表年月: 2017年05月

  • ルソーの市民論における無神論者のアポリア

    関口 佐紀

    近代思想研究会  

    発表年月: 2017年01月

  • 科学と哲学のあいだの政治学―ベルトラン・ド・ジュヴネル『純粋政治理論』 読解―

    関口 佐紀

    第32回政治哲学研究会  

    発表年月: 2016年08月

  • 市民宗教は不寛容か?――ルソーの狂信批判を手掛かりとした一考察

    関口 佐紀

    第7回政治経済学会  

    発表年月: 2016年03月

  • ルソーの市民宗教と立法者の関係についての一考察――狂信批判を手掛かりとして

    関口 佐紀

    第30回政治哲学研究会  

    発表年月: 2015年08月

▼全件表示

学内研究費(特定課題)

  • 狂信なき祖国愛の醸成:ルソーの政治思想における制度と市民の形成

    2021年  

     概要を見る

    In this research, I examined Jean-Jacques Rousseau’s political works known as the Social Contract,  the Considerations on the Government of Poland and the Plan for the Constitution of Corsica, and elucidated how the civil institutions could form the people as the sovereign. The purpose of my research was to assume that Rousseau deals with fanaticism as an obstacle to the civil association composed of free and equal individuals and he proposes in his political works a way to overcome this problem. First, I have identified why it is considered a danger in the 18th century. According to Rousseau, the danger of fanaticism does not lie in the radical characteristic of opinions and dogmas, but in the people’s inclination toward obeying the agitators without examining their discourses reasonably. These considerations allowed me to shed light on Rousseau’s intention to change the people’s inclination for servitude. Second, I explained the psychological mechanism and institutional structure of making the people autonomous and active. In summary, the institutions planned by Rousseau, especially the economic system, the tax system and the assembly per tax jurisdiction were supposed to preserve the freedom and the equality among the people and make them love their country.

  • 狂信なき祖国愛の醸成:ルソーの政治思想における制度と市民の形成

    2021年  

     概要を見る

    In this research, I examined Jean-Jacques Rousseau’s political works known as the Social Contract, the Considerations on the Government of Poland and the Plan for the Constitution of Corsica, and elucidated how the civil institutions could form the people as the sovereign. The purpose of my research was to assume that Rousseau deals with fanaticism as an obstacle to the civil association composed of free and equal individuals and he proposes in his political works a way to overcome this problem. First, I have identified why it is considered a danger in the 18th century. According to Rousseau, the danger of fanaticism does not lie in the radical characteristic of opinions and dogmas, but in the people’s inclination toward obeying the agitators without examining their discourses reasonably. These considerations allowed me to shed light on Rousseau’s intention to change the people’s inclination for servitude. Second, I explained the psychological mechanism and institutional structure of making the people autonomous and active. In summary, the institutions planned by Rousseau, especially the economic system, the tax system and the assembly per tax jurisdiction were supposed to preserve the freedom and the equality among the people and make them love their country.

  • ルソーの制度論におけるパトリオティズムの醸成

    2020年  

     概要を見る

    This research examined the ways to develop patriotism proposed in Jean-Jacques Rousseau’s political works written for Poland and Corsica. Rousseau’s patriotism has been considered as the source of modern nationalism and accused of the tendency toward exclusiveness in emphasizing the national character of each political institution. In order to clarify Rousseau’s intention, this research first analyzed what “love of country” means in his texts. This analysis shed light on two aspects of love of country: a passion for maintaining republican government and a passion for defending the independence from other countries. Secondly, this research pointed out that the taxation system based on agricultural economics would contribute to cultivating an attachment to the country by removing inequality and poverty. Thirdly, this research elucidated the reason for Rousseau’s emphasis on the national character in each political institution. According to Rousseau’s observation, taking into consideration the geographical features and the trade balance with other countries, the agriculture is supposed to be the best economic system for Poland and Corsica. In conclusion, Rousseau attaches importance to the national character of each political institution because he intends to establish the constitution suitable for each nation, and thereby to cultivate love of country. 

 

担当経験のある科目(授業)

  • 政治思想史

    立正大学法学部  

    2018年
    -
    2020年
     

  • 政治分析入門(TA)

    早稲田大学政治経済学部  

    2015年
    -
    2020年