2022/06/30 更新

写真a

シノダ タロウ
篠田 太郎
所属
政治経済学術院 政治経済学部
職名
助手

学歴

  • 2017年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院経済学研究科   博士後期課程  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    早稲田大学   大学院経済学研究科   修士課程  

  • 2010年04月
    -
    2014年09月

    早稲田大学   政治経済学部   経済学科  

経歴

  • 2021年04月
    -
    継続中

    共立女子大学   ビジネス学部   非常勤講師

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   政治経済学部   助手

所属学協会

  • 2020年04月
    -
    継続中

    行動経済学会

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本経済学会

 

研究分野

  • 理論経済学   実験経済学

  • 理論経済学   ゲーム理論

研究キーワード

  • 実験経済学

  • 協力ゲーム

  • 非協力ゲーム

  • ゲーム理論

論文

  • Invitation Games: An Experimental Approach to Coalition Formation

    Takaaki Abe, Yukihiko Funaki, Taro Shinoda

    Games   12 ( 3 ) 64 - 64  2021年08月

     概要を見る

    This paper studies how to form an efficient coalition—a group of people. More specifically, we compare two mechanisms for forming a coalition by running a laboratory experiment and reveal which mechanism leads to higher social surplus. In one setting, we invite the subjects to join a meeting simultaneously, so they cannot know the other subjects’ decisions. In the other setting, we ask them sequentially, which allows each subject to know his or her predecessor’s choice. Those who decide to join the meeting form a coalition and earn payoffs according to their actions and individual preferences. As a result, we obtain the following findings. First, the sequential mechanism induces higher social surplus than the simultaneous mechanism. Second, most subjects make choices consistent with the subgame-perfect Nash equilibrium in the sequential setting and choose the dominant strategy in the simultaneous setting, when a dominant strategy exists. Finally, when the subjects need to look further ahead to make a theoretically rational choice, they are more likely to fail to choose rationally.

    DOI

受賞

  • 行動経済学会奨励賞

    2020年12月   行動経済学会   Unstructured Bargaining Experiment on Three-person Cooperative Games  

    受賞者: 篠田太郎

講演・口頭発表等

  • Linguistic Analysis of Three-person Unstructured Bargaining Experiment

    篠田太郎

    CEFM Online Workshop  

    発表年月: 2022年02月

    開催年月:
    2022年02月
     
     
  • Invitation Games: An Experimental Approach to Coalition Formation

    Taro Shinoda

    Summer Workshop on Game Theory and Experimental Economics 2021  

    発表年月: 2021年08月

    開催年月:
    2021年08月
     
     
  • Three-person Unstructured Bargaining Experiment: Effect of Communication

    Taro Shinoda

    16th European Meeting on Game Theory  

    発表年月: 2021年07月

    開催年月:
    2021年06月
    -
    2021年07月
  • Three-person Unstructured Bargaining Experiment: Effect of Communication

    Taro Shinoda

    The 20th Annual SAET Conference  

    発表年月: 2021年06月

    開催年月:
    2021年06月
     
     
  • Three-person Unstructured Bargaining Experiment: Effect of Communication

    Taro Shinoda

    International Workshop for Lab and Field Experiments  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Linguistic Analysis of Unstructured Bargaining Experiment

    Taro Shinoda

    政治経済学会 第12回研究大会  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Unstructured Bargaining Experiment on Three-person Cooperative Games

    Taro Shinoda

    行動経済学会 第14回大会  

    発表年月: 2020年12月

    開催年月:
    2020年12月
     
     
  • Unstructured Bargaining Experiment on Three-person Cooperative Games

    Taro Shinoda

    政治経済学会 第11回研究大会  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     
  • Linguistic Analyses of Unstructured Bargaining Experiment

    Taro Shinoda

    Game Theory Summer Camp 2020  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     

▼全件表示

特定課題研究

  • 三人協力ゲームにおける提携形成と利得分配の実験研究

    2021年   Takaaki Abe, Yukihiko Funaki

     概要を見る

    本研究では二つの側面から、実験に直面している三人が互いに協力し合うために必要な条件を探求する。一つは協力ゲーム理論において重要な「コア」の存在が協力の形成を促すことを発見した。この論文は完成し、現在査読中である。もう一つは、被験者間のコミュニケーションが協力の形成を促すことを明らかにした。こちらの研究では条件差による影響だけではなく、協力が形成されたグループとされなかったグループについて、コミュニケーションにどのような違いがあったかについての言語分析を行った。こちらの論文は初稿が完成し、投稿準備を進めている。この他に国内外問わず、いくつかの学会で報告を行った。

  • 三人協力ゲームにおける提携形成と利得分配の実験研究

    2020年   船木由喜彦

     概要を見る

    2020年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、新たな実験室実験は行わず、それまでに行っていた実験データの分析と、学会での研究発表、そして論文執筆に従事した。特筆すべき成果としては、12月に開催された行動経済学会第14回大会にて、奨励賞を受賞。その他にもポスター発表を1回、口頭発表を4回行い、聴講者より多くの建設的なコメントを受けることができた。また、より具体的な研究内容としては、本課題の実験内で被験者同士が行った交渉的会話のログを分析し、実際の結果との関連を紐解いた。その結果、理論ではブラックボックスとされている交渉の過程が、実験室実験の被験者にはどのようなものとなるかを明らかにした。