2022/01/23 更新

写真a

ヨウ ケツ
楊 潔
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
助手

学歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院人間科学研究科  

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   大学院人間科学研究科  

  • 2013年09月
    -
    2016年06月

    中国西安交通大学   大学院外国語研究科  

  • 2009年09月
    -
    2013年07月

    中国西安交通大学   外国語学部  

 

研究キーワード

  • 会話分析、ヒューマン・エージェント・インタラクション、音声対話システム

論文

  • 雑談対話ロボットの言語的協同によるユーザの共感促進と対話継続欲求の向上

    楊 潔, 菊池 英明

    情報処理学会論文誌   62 ( 2 ) 772 - 781  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    言語的協同は対話参加者が相手の発話の一部を繰り返すなどの発話によって対話に参与する行為であり,対話の成功に重要な役割を果たす.本研究では人間同士の自由対話における繰返し型の言語的協同の特徴を明らかにしたうえで,対話ロボットによる言語的協同がユーザに与える効果を検証する.大学(院)生38人を対象としてWizard of Oz法による人間・ロボットの対話実験を行った.一対話中の繰返し発話の頻度によって実験の条件を低頻度・中頻度・高頻度に分け,同じ被験者が実験群(繰返し発話)と対照群(相槌)ですべての頻度条件の実験に参加した.被験者は対話ごとに共感と対話継続欲求に関わる3つの項目に対する5段階評価を行った.その結果から,高頻度の言語的協同は共感促進と対話継続欲求の向上に効果があることを明らかにした.また,言語的協同の頻度が高いほど共感の効果が顕著であることが分かった.被験者の属性と関連付けた分析から,ロボットへの否定的態度が強い・ロボットへの不安感が強いほど言語的協同の効果が高まることが示唆された.

    CiNii

  • 日語弁論会話策略分析

    楊潔, 趙剛

    日語学習与研究    2015年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

講演・口頭発表等

  • 雑談対話ロボットの言語的協同によるユーザの共感促進と対話継続欲求の向上

    楊潔, 菊池英明  [招待有り]

    情報処理学会インタラクション2021  

    発表年月: 2021年03月

  • 対話ロボットの言語的協同による共感促進の効果とユーザの対話継続欲求への影響

    楊潔, 菊池英明

    2020年度人工知能学会全国大会(第34回)  

    発表年月: 2020年06月

  • 対話ロボットの言語的協同によるユーザの共感と対話継続欲求への効果

    楊潔, 菊池英明

    HAIシンポジウム2020  

    発表年月: 2020年03月

  • 対話ロボットの言語的協同による共感促進の効果とユーザの対話継続欲求への影響

    楊潔, 菊池英明

    人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第87回研究会  

    発表年月: 2019年12月

  • 非タスク指向対話における言語的協同の分析

    楊潔, 浅井拓也, 菊池英明

    人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第84回研究会  

    発表年月: 2018年11月

 

担当経験のある科目(授業)

  • 情報リテラシー実践

    東京都立大学  

    2021年04月
    -
    継続中